絵、そしてジュエリー。時々日常なども絡めながら、制作についての背景や好きなものなどについてマイペースで綴っています。
by *あゆみ*
カテゴリ
全体
絵画
クリスタルジュエリー
ヒーリング
私自身の体験から思うこと
クリスタルたちのこと
シータを通じて出会った人たち
お知らせ
感想
好きなこと
家族のこと
友人のこと
オルゴナイトジュエリー
ワークショップ
制作のこと
日常のこと
アンダラクリスタル
身体のこと
映画・音楽
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ANANDA shop
最新の記事
シフトの時に・シエラ産グリー..
at 2018-04-19 15:41
滞在に纏わるエピソード
at 2018-04-08 15:41
それぞれの新しい始まり
at 2018-04-02 16:22
“お母さん”の在り方に思った月
at 2018-03-29 15:48
年度末のお休みについて
at 2018-03-20 09:54
ワイト島のドアーズ
at 2018-03-03 13:20
ポイントメイクの色選び☆
at 2018-02-26 16:57
鼻風邪と最後の参観・今だから..
at 2018-02-18 16:41
好き嫌いの感覚に纏わる話
at 2018-02-13 15:10
今年のバレンタイン予定
at 2018-02-06 17:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


“もの作り好き”の原点

c0347597_06281687.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





私は作る事が大好きです。

自分で作るだけでなく、ひとつのものが誕生するまでの過程、行程、背景などについて見たり聞いたりするのも大好きです♪

携わった人達の思いやこだわりがそこに加わると、更にワクワクが倍増します♪

そして大概、自分でもやってみたくなります☆

それは、いつからだったか…。

アンデルセン童話の『白鳥の王子』はご存じですか?
魔法で白鳥に変えられてしまった兄さん王子たち(結構な人数でした)を元の人間の姿に戻すため、
妹である姫はイラクサを編んでその間ひと言も口をきかずに全員の服を作らなければならなくなるのですが、
子供の頃 このお話を読んで自分でも草を編んで服を作ってみたい!と思ったのを覚えています。
(気の遠くなるような苦労をしたお姫様には失礼ですが)

機織りにも憧れました☆
私の祖母は昔 家で蚕を世話していて(糸染めの工程はよそへお願いしていました)、
手織りで織った丹後ちりめんで、母の着物を仕立ててくれたのだそうです。
母の着物は姉や私、そしてひ孫にあたる娘たちも代々着せてもらっています(*^▽^*)
その機織り機の一部分だけが物置に残っていて、それを見た私は「機織りしたい!」と言ったのですが
叶いませんでした。
私が機織りをしたがったその頃 機織りを続けている家は近所に一軒ぐらいしかなく、
それも既に自動の機械に代わってしまっていたのです(--〆)

他にも紙芝居、本、あねさま人形(確かこんな名前の紙人形でした)など紙ものにトライしたり フェルト人形、端切れでクッションを手縫いしたり
何故か石を削って鍵を作ろうとしたり (?_?)、
家が一部リフォームする際に大工さんたちが出した廃材を使って近所の男の子たちと木工作品を作ったりしました。

そう考えると、私はやっぱり子供の頃から作る事が好きなんですね^^

母も器用で、自宅で背広の下請け工程の内職をしていました。
幼稚園の発表会の衣裳を作る時なんかも、お母さん方の中で活躍していました☆彡
実家にはまだ足踏みミシンが残っています。

そんな母を見て育った私。

…にもかかわらず、ミシンが苦手で娘たちに服を作ってあげる事は出来ませんでしたが…(>_<)

昨年ぐらいから小学校低学年の次女が作る楽しさに目覚め、創作意欲がどんどん上昇しています

アクセサリー、紙のドールハウス、ケーキ(次女は主にデコレーションメインです☆ハンドミキサーが無いため、混ぜるのはお父さんの担当)、その他諸々…見たらとにかく何でもかんでも作りたがります☆
高学年になったら、部活は手芸・家庭科クラブ希望なんだそうです(*^^*)

次なる我が家の“もの作り部門・期待の星”かな?

きっと次女の好き!は、大人になっても変わらないんじゃないかな…^^

自分なりに工夫しつつオリジナルの工作に集中している姿を見ていて、そんな事を思いました。

自分には特に成りたいものはなかった…と思い 会社勤めを経験してそこで出会った旦那さんと結婚、
その後も特にやりたい事はなく、子育ての日々に突入しました★

けれど旦那さんとの結婚、長女そして次女の存在が、私の好きだったことをまた
思い出させてくれました。


この間シータ仲間の方に私のこれまでのディバインタイミングについて見てもらったら、
ちゃんとそこに結婚と、次女の誕生が含まれていたのです!

一見 次女が私の影響を受けてもの作り好きになったように見えて、

実は次女の存在が先に、私の好きだった道を思い出させてくれてたんですね。

不思議な巡り合わせを感じます…。

ディバインタイミングとは、生まれる前に魂がこの人生で経験すると決めてきたこと、
必ず通る道なのだそうです。

ディバインタイミングについては、後日の記事でまた書きますね☆



写真は次女がテレビのクラフト番組を見ながら作った布のお花です(*^-^*)

なかなかかわいいかも?


本日も最後までお読みくださり、ありがとうございました☆










[PR]
# by anandab4 | 2015-01-31 07:20 | 好きなこと | Comments(0)

心が喜ぶお買い物

c0347597_20292305.jpg
今日はちょっといつもとは違う話題について書いてみたくなりました。

それは、“ものを買うこと”についてです☆

先日 磯部初音さんとお話していた時に、「本当に気に入ったものだけを身に着けたいですよね♡」という話題になりました^^

初音さんがブログに書かれた記事『気持ちが上がるものを選ぶ』

私はこの記事、うなずきながら読みました。本当にそう!と共感し、この思いを伝えたいな~と思っていたら、

初音さんからのジュエリーオーダーという嬉しいかたちで連絡をいただき、お会いする事が叶ったのです^^

好きなことについてお互いに共感しながら話せるって本当に楽しい(≧▽≦)!!

こういうお話をしている時、私は心が満たされているな~と感じます。


初音さんは続きの記事で赤いスカートを買ったお話も書かれているのですが、昨年末 私もちょうど赤いスカートが穿きたくなり、
ボルドーに近い赤のスカートを買っていたのです。これまた、嬉しいシンクロ(^_^)


服に関しての買い物は、今まで数えきれないぐらい、失敗の連続でした(>_<)

散々迷って悩んだあげく、これでいいか!と“よく考えて”決めたはずなのに、

まだ1回しか着ていないのに、「やっぱり いらない…」となり

リサイクル行き…というパターンを、何度繰り返してきた事か(ーー;)


お財布と相談しながら慎重に決定したはずなのに、何で納得いかないんだろう??


実はこの私の決め方にこそ、失敗の原因がありました★

それは これが好き!という気持ち、これが着たい!という私の『本当の気持ち』を

無視したこと。

初音さんがブログに書かれていた印象的な言葉、“「とりあえず」で選ばない”

「とりあえず」は「妥協」。ということは…039.gif

妥協しないこと!(素材、値段など)

そこに「好き!」をプラスすると…かなり満足いく買い物が出来るのでは。

私の「好き!」の基準って?
☆肌触りがいい
☆着心地がいい(あちこちが気にならない)
☆ちょっと個性的なデザイン

石屋さんのお手伝いに行っていた時、オーナーさんから教えていただいたお店があります。

ちょっと変わったデザインの、品質の良いものを扱っているセレクトショップで、
お値段は少し高めです^^;
頻繁にはお買いもの出来ませんが、時々寄っては選ぶのが楽しみになりました012.gif

そこで気になっていた商品がありました。それは、“走れるパンプス”。

私の足は幅広&甲高(-_-;)
ピッタリで選べば足周りがきつく、ゆとりで選べば踵がカパカパする。

“足に優しい靴”はデザインがいまいちのものがほとんど…。
華奢なパンプスはずっと憧れでした☆

“走れるパンプス”を試着させてもらったところ、いつもよりワンサイズ下のもので
ちょうどよく、
何よりデザインが足を小さく見せてくれます♪(何だか宣伝みたいになっていますね^^;)

バースデーチケットの使える今月を待って、購入しました(*^^*)

まずは定番の黒、私のサイズはラストの1点でした☆

素材違いでスエードのパステルカラーやエナメルなんかにもトライしたいなあと、
店内に並ぶ色とりどりのパンプスたちを見て思いました☆彡

心が喜ぶお買い物、これからも続けたい!

初音さんとの交流で、更にそのワクワクが加速したのでした(*^-^*)


最後までお読みくださり、ありがとうございました♡


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
◆ショップの詳しい説明についてはこちら→
◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについてはこちらから→









[PR]
# by anandab4 | 2015-01-29 22:27 | 好きなこと | Comments(0)

相手に何を求めますか?

c0347597_13542950.jpg
あれは確か、高校2年生の時の授業中(保健の授業だったような…)でのことです。

先生(女性です)がみんなにこんな質問をしました。「どんな人だったら結婚したいと思いますか?」

先生は適当に誰彼無しに当てて聞いていきます。

何となく来るかな~(~_~;)と思っていたら、案の定当てられてしまいました★

先生:「○○さんは、どんな人だったら結婚したいと思う?」
私:「自分の事だけ見てくれる人です」(これだけ聞くとかなり身勝手な感じですね(*_*;)
先生:「自分の事だけ見てくれる人だったら結婚するの?」
私「・・・」(内心逆に『じゃあ先生は何で結婚したんですか?』と聞き返してみたかったですが、聞けませんでした)

当てられた人はみんな、自分なりの答え「優しい人」(これがダントツでした!)や「一緒に居て楽しい人」などを

考えて答えていましたが、私と同じくみんなことごとく先生に「じゃあ、~な人だったら結婚するの?」と聞き返されて

無言で席に着いて終わり、でした。

当の先生は、自分の結婚観については語りませんでした。さしたる理論も結論も述べられる事なく、その授業は終わりました。

私は何故か、その時の事をよく思い出します。

多分あの時のモヤモヤとした気持ちが、強く印象に残っているからだと思います。
先生は一体何を、みんなに伝えたかったのか・・・。


高校2年生と言えば、そこそこ分別もついている年頃です。
当時のみんなの答えも、完全に間違っている!とは思いません。

実を言うと、私の答え自体も、あまり変化はありません☆誠実さは、私の中で大きな要素だからです。

でも本当は、当時私が1番疑問だったのは…。
「~だから」と相手に条件というか、その決め手を委ねる事にありました(>_<)
何故なら、本当に人を好きになる時には、そこに「理由」や「条件」はないはず!と強く信じていたからです。

でも先生の質問は“結婚”についてでした。
先生の質問の真意は、結婚の定義についての問い掛けであったのかもしれません。
私たち生徒の歳では、恋愛と結婚とはほぼ同類項だったため、そこに既婚者である先生との開きがあったのかもしれません。

よくお見合い結婚に比べて恋愛結婚のカップルの方が離婚率が高い★とか言われていますが、
私は、恋愛結婚です(^▽^;)

離婚はしていませんが、
確かに、私の中で何度か危機を迎えました(ーー;)


どうしてうまくいかないのか??

2人の関係がうまくいかない時は、全てとは言いませんが、その場合のほとんどは、相手に求めるからなんだと思います。
恋愛結婚の場合は特に、恋愛中に相手のいいところを優先的に見てよく知っているだけに、
結婚してから「こんなはずじゃなかった!」のオンパレードに陥ってしまうのだと思います。
そこに加えて、別々の環境で育った者同士、生活習慣から一般常識の概念に至るまで、理解し難い部分もたくさん★
そんな2人が生活を共にして、揉めない方が不思議なぐらいです(-_-;)

じゃあどうするか?
相手に自分に合わせて変わってくれるよう、求めますか?
あるいは、相手に合わせて自分が変わる事で、愛される事を求めますか?

残念ながら、これは両方とも無理です(;'∀')
相手を変えようとすると反発され、かといって自分が合わせるばかりではその場は何とか凌げたとしても、
無理をしているので結局 後でしんどくなってしまいます(>_<)
両方やろうとして自滅した経験のある私は、そう思います。

それでは、相手に何も求めてはいけないの?

そんな事はありません☆
誰にだって、恋人は、旦那さんは、こうあってほしい!という譲れないポイントはあるからです☆
まっさらで、誰でも&どんな人でもOK!なんてあり得ませんよね(^^;)

共に生活するために、私が必要だと思うもの。それは…。

まず最初にその人に対する愛情があるということ。その上で
しいて相手に求めるとするなら、 その人が自分と同じぐらい大切だと思える人かどうか。

相手は、今これからの人生を共に過ごそうと思う人なのです。「~だから」という条件に当て嵌まっていれば、どんな人でも変わらず一緒にいられるわけではありません。

相手に対する愛情があり、その人を自分と同じぐらい大切に思う気持ちが根底にあれば、
2人の間に行き違いが生じた時も、
自分も相手も大切にしながら自然に歩調を合わせられるよう、寄り添う努力をする事は決して難しくないはずです(^-^)

何故なら、相手は自分自身でもあるからです。私はそう思っています。

ソウルメイトと出会う前に自分を愛せるようになっておく必要があるのは、
同じぐらい相手を愛せる自分になるためではないかと私は思います。

私が旦那さんと出会った当時準備不足だった(自分を愛せてなかった)ように、この順番は逆になってしまう事もあると思いますが…、その場合は結構大変だったりしますが…、
やっぱりうまくいく秘訣としては

自分も相手も、同じぐらい愛せること。
自分も相手も、同じぐらい大切だと思えること。

この2つが大事なように思います(*^_^*)♡

****

写真の絵は、“愛の広がりプロジェクト”第2弾より【妖精とソウルメイトの絵】です。
個性を認め、自分らしい美しさを愛せるようになった彼女は、やがてソウルメイトと出会います。
今は緑に隠れてその姿は見えませんが、間もなく彼女の前に姿を現すことでしょう^^

本当の自分で、大切な人に出会いたいですね☆彡

最後までお読みくださり、ありがとうございました☆


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
◆ショップの詳しい説明についてはこちら→
◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについてはこちらから→








[PR]
# by anandab4 | 2015-01-28 17:31 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)

奇跡の法則の絵がくれた出会い


c0347597_16142859.jpg


c0347597_13582389.jpg

c0347597_13575762.jpg



c0347597_13572812.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




以前の記事でもupした、写真1番上の【輝く命を抱いて】は私が奇跡の法則の絵を学んだ際、全3回のセッションを通して描き上げた絵です。

この絵が描き上がった際、私に技法を教えてくださった麻里奈さんが写真を撮ってブログで紹介してくださったのですが、

数日後、私は麻里奈さんからこんなお話を聞かせていただきました。
upされた私の絵を見て、何故か涙が溢れ、号泣されたという方から麻里奈さんにセッションのご依頼があったと。

それを聞いた瞬間、ただ驚き、すごく嬉しく…。

どんな人なのかなあ…と私が気になっていた方、それが初音さんでした。

まだお会いした事がなかったその間、初音さんは麻里奈さんのセミナーを受講された際に私が麻里奈さんのサロンにて委託販売していたジュエリーを購入してくださったり、

愛の広がりプロジェクトの絵 第1弾の販売開始時にも絵を購入してくださいました(*^^*)→初音さんの購入された絵はこちら

「私たちのプロジェクトも気に入ってくれてるみたい♡」との麻里奈さんの言葉に益々会いたい気持ちが高まる中、
一昨年の豊かさセミナー直後の練習会で、やっとお会いする事が叶いました。

初音さんは優しく、柔らかい笑顔が印象的な方でした(*´▽`*)

すっかり嬉しくなって、会いたかった気持ちを伝え合いました☆彡

その日に「ずっと気になってて…」と新たに購入してくださったスタウロライトのネックレスは、少し短めのデザイン。
いつもよく身に着けてくださっていて、初音さんのほっそりとした首に、本当にあつらえたみたいにピッタリなんです。

ジュエリーたちは自分と相性の良い、持ち主となられる方を待っていて、惹き合って旅立っていくのだなあ…と初音さんを見ていると思います(*^-^*)


そんな初音さんがこの度マリアライトジュエリーをオーダーしてくださる事になり、先日直接お会いして

初めて2人きりでじっくりお話する機会に恵まれました。

初音さんは絵を見て泣いた時は自分でも驚いたと、何故号泣したのか理由は分からないと仰っていましたが、

あの絵が麻里奈さんや私との出会いに繋がり、自分の人生を新しい方向に進ませてくれたと伝えてくださり、

何と!!プレゼントにとピンク色の花を集めた可愛い花束までいただいてしまったのです!
花束を貰ったのは会社の送別会以来☆めちゃくちゃ感激でした( *´艸`)

初音さんの“新しい方向”とは…。

実は、初音さんも麻里奈さんから奇跡の法則の絵のセッションを受けられた方なんです☆彡

これからたくさんの絵を描いていかれる予定です。

そんな初音さんの絵のポストカードもプレゼントにいただきました(*^^*)



初音さんのマリアライトジュエリー。ダンビュライトでお作りさせていただく事になりました☆彡

候補のクリスタルを2つ持参して来られていたのですが、前日ピンと来て用意していたダンビュライトをお見せしたところ、

即答で「それがいいです!」と^^

選んでもらえたダンビュライト、写真下のような姿に変身し、本日 初音さんの元へと行きました☆彡

箱を開けてジュエリーと対面した初音さん、涙ぐんで喜んでくださったのです。直接お渡し出来て本当に良かった!

作り手として、これ以上の嬉しい事はありません。
最高に感動した瞬間でした(´艸`*)

初音さんの胸に輝くジュエリー、想像していた通りよくお似合いで、相性バッチリだなと感じました(^^)


ジュエリーからのメッセージにあったように、これからきっと、初音さんの新しい人生が始まるのだと思います。

奇跡の法則の絵によってもたらされた、初音さんとの出会い。
その出会いに感謝すると共に、
新しく生きられる初音さんに、心からの愛と祝福を贈りたいと思います。

どうもありがとうございました☆彡















[PR]
# by anandab4 | 2015-01-27 15:03 | シータを通じて出会った人たち | Comments(0)

過去生の能力を取り戻す体験☆その②

シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




1つ前の記事で書きました、私のハイレベルヒプノ体験の後半、2つ目の前世のお話になります。

前半の1つ目の前世は人と違った能力を持つ事で珍しがられ、閉じ込められて孤独のうちにその生涯を終えた人生でしたが、

2つ目の前世は、好きな事をしながら(能力を発揮しながら)自由で愛され、誇らしく生きた幸せな人生でした☆彡

それでは、どんな人生が見えたか…?

その内容を書いていきたいと思います^^☆

〔場面1〕
まず、裸足の足を洗う波の感覚が伝わってきました。
夕日を浴びて浜辺に立っている私は、赤茶色の長い髪をした女性でした。
風を感じ、足元には寄せては返す波があり、五感の全てを開いて心地良くそこに存在していました。
駆け寄って来る子供たちの姿がありました。上が男の子、下が女の子です。
私は愛する家族がいて幸せだと感じています。
夫は後から来るか、あるいはもういない(先立っている)ようでした。

〔場面2〕
木造の小屋の中、椅子に腰かけて糸車を回しながら糸を紡いでいる私。
夫らしき男性が壁に寄り掛かって立ち、その様子を微笑みながら眺めていました。
会話の内容は分かりませんが、笑顔で言葉を交わし、幸せそのものでした。
この人生で最も幸福な時だったようです。
彼女の才能は、輝く布が織れたこと。
それは他に誰も織る事が出来ないもので、それを売って収入を得ていたようです。
純粋でいる事で天使と会話する事が出来、輝く布を織るコツを教えてもらっていたようです。

この前世の私に、聞いてみたいと思うことを質問してみました☆
「そんな自分のことをどんな風に思っている?」→「私は私だから、私は自分を誇りに思っている」
「旦那さんにどんな風に見られているか、気にならない?」
→「好きな事をしていて、笑顔にならない人なんている?そんな姿を見て笑顔にならない人なんているかしら」


彼女にとって、今の“自分”の在り方は、極々自然な事であるようでした。
彼女は、輝きそのものでした。
赤茶色の髪、白い肌、青い目、赤い唇、全てが輝いて美しく、
自分という存在、自分のしている事に何の疑問も後ろめたさもない様子でした。
それは私がこう在りたい!と思い描き、望んでいる姿、そのものでした。

〔場面3〕
そして、その死に際は…家のベッドに横たわり、子供たちに囲まれて見送られた、安らかな最期でした。
夫はやはり、もういないようでした。


****

2つの前世を見終えて催眠誘導から覚めた後、麻里奈さんから芸術家として活動するにあたって必要なダウンロードを
たくさんしてもらいました(*^-^*

このハイレベルヒプノ体験を通して観た2つのビジョンは、

まず自分がどう在りたいのかということ。(ここは重要なポイントだと思います!)

“能力を発揮する”という事は、

それは何も尊大なことだったり奇異なことではなく、

自分自身を認め、信頼して心から好き、楽しい!と思える感覚にただ素直に身を任せて生きた時、

それだけでこんなにも満ち足りて幸せな“私”でいられる人生を選択する事は可能なんだ、という事を
私に再確認させてくれました(^^)☆彡


「どう見られるだろう?」という私の気持ちが、“理解されない私”を現実につくり出していたんですね。

シータを学びたい!と言った時、その内容を見た旦那さんの反応は不信感でいっぱい、私が変わってしまうのではないかととても心配していました(超現実主義なのです)

でもこのヒプノ体験以来 私の心の持ち方が変わったせいか、私がしている事を違和感なく見てくれるようになってきました(*^-^*)

パソコン作業でわからないところを普通に相談にのってくれたり、発送に関する苦手な事務手続きを
すすんで手伝ってくれるようにもなりました(*^^*)

ハイレベルヒプノはヒーリングを取り入れて制作をするにあたっての、とても大切な自分の軸を教えてくれる体験でした。


☆私は今のところ布を扱ってはいませんが布好きなので、もしかしたらこの先、布との出会いもあるかな?と期待したいところです(*^_^*)

前世の自分が何者だったか、、という好奇心から始まった過去生を見る体験は、
私に新しい収穫をもたらしてくれるものとなりました。

みなさんもぜひ、関心ある事、面白そうだなと思う事などあれば、体験してみてくださいね。


最後までお読みくださり、ありがとうございました☆









[PR]
# by anandab4 | 2015-01-25 07:34 | ヒーリング | Comments(0)