人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春休み、4年振りのひらパー等々

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)






この春長女も無事に高校を卒業し、次女も中学生になって初めての春休みを迎えました。

昨年に続いて仲良しのYちゃんと春休み企画として「ひらパーに行こう!」と約束していた次女に付き添って、先日は4年振りでひらパーへ^^

普段は割と空いているひらパーですが、春休みという事もあり、大勢の人‼
入場してフリーパスを買うところまではひたすら行列でした(^^;)

フリーパスさえ手に入れば、後はバラけるのでそんなに混雑しません。
行きたい所目指してどんどん歩き出す子供たちを呼び止めて、綺麗に咲いた花で溢れている園内を慌ただしく撮影。


c0347597_10280154.jpg
↑観覧車を入れて撮れた♪と思ったら、通り掛かった人の頭も入ってしまいました。
c0347597_10283891.jpg
↑今度はお花をメインに☆
c0347597_10291238.jpg
↑ウサギたちの表情がユーモラスでなかなか可愛い♪


それにしても、お年頃になると何で写真を撮らせてくれなくなるんでしょう★
4年前お父さんと来た時は、いっぱい撮らせてくれたのになあ…。
Yちゃんのお母さんとせっかくだからと説得し、何とか1枚だけは二人並んだ姿も撮らせてもらいました。

午前中最初のうちはまだ太陽も出ていて少しは暖かかったのですが、曇り始めた頃から次第に寒くなっていき…。
家で一番寒がりな私、子供たちからも普段から「お母さんは冬が長い」と言われているためもうさすがに冬の格好はおかしいかとコートはやめておきましたが、普通にコートでもよかったです。
午後からは薄着であちこち回る子供たちとは後で落ち合う事にして、私たち大人は室内へと早々に避難したのでした。

園内の乗り物は見た感じそんなに変わっていませんでしたが、どういう事情からか運転中止になっている乗り物が2つほどありました。
そしてあのちょっと独特な雰囲気が味だったファンタジーキャッスルが無くなっていたのは、個人的にちょっとショックでした。これは帰って旦那さんにも報告★

Yちゃんのお母さんとお話しながら過ごし、夕方やっと戻ってきた子供たちと合流してお土産選びへ^^


c0347597_10293564.jpg
↑お土産屋さんにて。足を組んだ姿がいっちょのまえで、何か面白かったので(^^)
c0347597_10295779.jpg
↑違う角度からも撮影。帰ってウサギ大好きの長女に見せたら、「可愛い!買って来てくれたら良かったのに~」と言われました(^^;)
お土産は家族のみんな大好きクランチチョコレートでした☆

次女とYちゃん、まだまだ遊び足りないとばかりに帰り際まで別れを惜しんでいました。
仲良しの二人を見て、お母さん同士も心から嬉しく思っています(*^-^*)



月末に予定が集中した今月、ホワイトデーには旦那さんから私と娘たち全員に一人につき2箱ずつのチョコレートを貰いました(*^^*)

c0347597_11581406.jpg
↑下の箱は何と2段構成。お返しの方が断然数が多かった!
「貰い過ぎじゃない?」と長女。
何日かに分けて、美味しくいただきました♡


c0347597_10301472.jpg
↑昨日も風がありましたが、いいお天気でした。
久し振りの方と会ってお話にも花が咲きました(^^)

でも外にはいろんなものが飛び交っており…先週何とか治まったはずの左眼アレルギーが、また再発してしまいました(>_<)
私にとっての花粉症は眼に現れるのかも?



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2019-03-27 16:40 | 日常のこと | Comments(0)

北欧神話の女神【フレイヤ】

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)






最近、作ったり描いたりなどの作業に手放せなくなった拡大鏡メガネ。

細かい所までよく見えるものの、普段掛けない分、長く掛けていると眉間辺りに違和感があります(-_-;)


そんな拡大鏡メガネの助けを借りつつ、新しい絵を描きました。

c0347597_11334423.jpg

今回描いたのは、北欧神話で知られる女神・フレイヤ。

ギリシャ神話でいうところのヴィーナスのような存在で、愛と豊饒の女神だそうです。


c0347597_11342920.jpg

パソコンの画面上で実際の色がなかなか再現出来ないのですが、実際は特に背景の色などはもう少し黄色よりで緑がかっており、全体に落ち着いた色調となっています。

c0347597_11371799.jpg

フレイヤは大変美しく、奔放な性格だったとされています。

戦いの神でもあったといわれ、2匹の猫に牽かせた車に乗った姿などがよく描かれていますが、今回描いたのは、そんなフレイヤが猫たちと寛いでいる姿です。
その表情も、女性らしさ溢れる魅力の中に女神としての気品を漂わせた感じを目指して描きました。

c0347597_11352194.jpg

ノルウェージャンフォレストキャット、胸の辺りに襟巻のような毛がふさふさしているのが特徴です。全身を豊かな毛に覆われた姿は愛らしくもありながら頼もしくもあり、確かに北欧の厳しい寒さにも耐えられそうです。

c0347597_11364185.jpg

フレイヤの足元に、春の植物たちが芽生える様子を描き添えました。

c0347597_11361413.jpg

淡い月光もフレイヤを包むように輝いています。

c0347597_14120026.jpg


【フレイヤ】
¥53,000-

用紙:ケント紙
画材:アクリルガッシュ、鉛筆
額縁サイズ:A4サイズ

ご紹介した絵は、上記のショップとiichiにて販売予定です。
もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。



描き始めた頃はまだ寒かったので、アリスを描いていた冬に友人から「冬におすすめ」と借りた事のあるこちらのCDが懐かしくなり、聴きながら描いた日もありました↓



暖かめの日も、花粉多めの日も増えてきましたね(^_^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-03-08 17:23 | 絵画 | Comments(0)

宝物のような絵画

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先月は次女のインフルエンザや自身の体調も今一つすっきりせず…な中で過ごしていたら、いつの間にか終わっていました★

そしてもう3月!
ああ、私の苦手な春がやって来る…。何となく落ち着かない春が、私は好きではないのです。

花粉症の子供たち、特に症状の酷い長女にとっては「何となく苦手」どころの話ではありませんが…(^^;)

でも花粉症対策用のマスク、あれは良さそうです。化粧も付きにくく外した痕も残らないし、着け心地はなかなか快適みたいです。
普通の紙マスクで出掛けていた時に比べたら帰宅後のくしゃみや鼻詰まりも減ったよう。
うんと楽そうにしています^^



そんな春があまり得意でない我が家において、今私が描いている最中の絵は、ちょっと春に向けてな内容となっています。

c0347597_09092373.jpg
↑新しい絵の具と極細筆を新調したのはもうずっと前、年末の事でした。

ただ、そこからなかなか構想が進まず…。

「これ!」と決まらないと描けない傾向にあるので、長い間下絵のイメージを部分ごとに描き出したりしながら、ようやく取り掛かれたのは先月に入ってからとなってしまいました。

昨年から改めてじっくり構想を練って描くのが楽しくなっており、自分にとっての宝物のように思える絵を丁寧に作り出して残したいと考えるようになりました。


「宝物のよう」と言えば、こちらは最近魅かれて欲しくなり、取り寄せたフラ・アンジェリコの画集↓
c0347597_15523363.jpg
とても繊細で細密な画風から、すごく生真面目な人だったのでは…と思ったら、僧籍に入っている信仰心の篤い人物だったのですね。
「アンジェリコ(天使のような)」という呼び名も、まるで聖人のように誠実で善良な人柄であったがゆえに、そう呼ばれるようになったのだそうです。

c0347597_09503662.jpg
『われに触れるな』

鮮やかな青や赤の色彩が使われた絵も目が覚めるように荘厳で美しいですが、少しくすんだような淡い色彩のフレスコ画の雰囲気の方が好きかも。

復活したイエスがマグダラのマリアの前に現れるこの場面、タイトルが表しているように「まだ父のもとに上ってはいないのだから」と手を差し伸べるマリアを諭すイエスの姿なのですが、フラ・アンジェリコの描いたイエスの表情は穏やかで、拒絶という強い印象ではなく、どこか優し気な気がします。

最初にお祈りをしてからでないと決して筆を執らず、イエスの磔刑を描く時には涙で頬を濡らしていたといわれるフラ・アンジェリコ。

そのような聖人たちの姿を描く際の志の深さや人柄について書かれた記述に、宗教画を描くためにその素晴らしい才能を授かって生まれてきたような存在だったのかな…と画家の人物像に想像を巡らせました。

フラ・アンジェリコの画集、取り寄せられて満足です。


観るのも描くのも好きな絵、いろんなものに触れるのがただただ楽しい。


あっ、制作途中の絵も、春に間に合いますように。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-03-01 14:33 | 好きなこと | Comments(0)