人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

谷町・松屋町エリアを散策

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




夜から降っていた雨も止み、お天気になった昨日、「お母さんと一日中出掛けてみたい」という次女と谷町・松屋町エリアを散策してきました。

カフェや雑貨屋巡り希望の次女にはどこがいいかなあ…。近場は大した所ないしなあ…。
あれこれ考え…(-_-)
「あっ、そうだ!」と手作りを始めた頃に探索してみた谷町6丁目駅界隈のお店が浮かび、久し振りに行ってみるのもいいかも、と思いました(^_^)

そんな感じで行き先も決まり、次女と共に繰り出しました。


お姉ちゃんに譲ってもらったお古のスマホを「一応持って行っていい?」と次女。

おもちゃ的に譲ってもらった状態なのでそんなにいろいろ出来ないのですが、このスマホが、まさか大活躍する事になろうとは思いませんでした(^^;)



最初に目指す雑貨屋さん、『ひなた』は午後からの開店。
とりあえず空堀商店街のどこか適当なお店で先にお昼を済ませようと、いい感じのカフェを見つけたので入りました。

私たちが一番乗りだったようで席は自由に選べたので、中庭が見える奥のテーブルへ。
私たちが席について間もなく続々とお客さんが来店、あっという間に全ての席が埋まってしまいました☆

鶏肉にソースとレモンを振りかけてご飯と一緒に食べるチキンライス、スープとサラダ付きであっさりしていて多過ぎず、美味しかったです(*^^*)
残念ながらお店の名前を忘れてしまったのですが、店員さんも親切で人気のありそうなお店でした。


『ひなた』開店時間までまだ間があったので、少し足を延ばしてイタリアアンティーク雑貨のお店『トポ・デ・ミーノ』へ。
前に覗いた時は気が付かなかったのですが、店内に『カリメロ』の絵本が。

カリメロってイタリア生まれのキャラクターだったのか!!

そしてトッポジージョもイタリアのキャラクターだったとは…今更ながら知りました。
カリメロ、可愛いので結構好きです^^
カリメロもトッポジージョも知らない次女は、アンティークの錠前に夢中でした(^^;)


そして第一目的のお店『ひなた』へ。

手作り雑貨好きの次女はたくさん並んだ可愛らしいものに目が行くだろうと思いきや、欲しがったのは小物をディスプレイして置けそうな木製の飾り棚。
置き場所に困るため断念しましたが、今度はお店のディスプレイ用の古いタイプライターに目を奪われ、売り物ではないと分かってはいても欲しくてたまらない様子でした(^^;)

私は小鳥のラベルが可愛い紅茶と、延長に継ぐ延長で個展を開催されているcubic Sさんのピアスを買いました。
自分でも作れると言えばそうですが、細長い形状にカットされた天然石のピアスが繊細で綺麗だったので(*^-^*)
フックは14kgfに付け替えていただきました。
店内は割と照明が薄暗いので、最近パソコン作業で遠視気味の私には、ここで細かい作業をされることに心の中で「すごいな~」と妙に感心してしまったのでした。

昨日のお店番インコは文鳥ちゃんでした。緑のセキセイちゃんは先週来ていたんだそうです^^

続けて隣のお店、『carbon』へ。

以前にここでリスベート・ツヴェルガーのアリスの絵本を見かけたのでちょっと期待していたのですが、アリスはもう在庫がありませんでした。
オーナーさんもツヴェルガーの絵がお好きだそうで、在庫があるツヴェルガーの他の絵本を何冊か見せてくださいました。

絵本の他に牛乳と混ぜるだけで手軽に出来る美味しいチャイやSMITHの紅茶、文具なども置かれていて、ハッと目を留めた次女、小さな鋏とミニ色鉛筆のセットを買いました。
マサラチャイのサンプルもひとついただけたので、味見が楽しみです^^


私がうろ覚えで案内出来るのはここまで。

ひとまず休憩にお茶しようと入ったのは、『ビーンズカフェ&ギャラリー片岡』。

豆に拘ったお店で、次女のココアも丁寧な製法で淹れられていました↓

c0347597_10340633.jpg
「バタートーストも美味しい♡」と次女。
c0347597_10344513.jpg
↑店内奥の壁一面がギャラリーになっていて、異なるタイプの3人の作家さんの絵が展示されていました。
その中のお一人であるボールペンイラスト作家さん(写真の作品の作家さん)が来店されて、少しお話を伺いました。
ボールペンには疎く知らなかったのですが、金色や銀色もあるんですね!
近づいて見ると本当に繊細で、色の組み合わせもきれい。
新作は黒の用紙に銀色などで潔くシンプルに線が引かれており、空間が洗練されて見えるような作品だな~と思いました(^^)


カフェを後にした時点で、午後3時半。

「まだ散策しよう」と次女、スマホで地図を見ながら「近くに公園があるから行ってみよう」とどんどん歩いて行きます。
いざ着いてみたら近所にある公園とあまり変わらなかったので、裏道を通って駅に向かっていたら…お屋敷を再生した複合ショップ『練』を発見!↓
c0347597_10354813.jpg
行ってみたいなと思っていたけど行き方が分からなかった場所です。
まさかこんな偶然に前を通りかかる事になるとは…!

c0347597_10352823.jpg
↑階段を上がって、靴を履いたまま入れます。

ブロカント雑貨やアンティーク雑貨を取り扱っているお店も入っており、またもや次女、天秤などの古道具に夢中。用途不明の道具類に目を留めては「これどうやって使うの?」と興味津々でした。
ここでは可愛いメモ帳をチョイス^^
c0347597_10350443.jpg
↑お茶はもう済ませてきたので、ここ『エクチュア』にてお土産にテイクアウトのチョコレートのみ買うことに。
店内はWi-Fiが使えたので、チョコ選びもそこそこにすかさず辿り着けなかった東欧雑貨のお店『チャルカ』を検索する次女。

「結構近いかも!行ってみよう!」と『練』を出て地図を見ながらさっさと歩き出し、何と無事到着出来たのでした。
地図を読めない私より、よっぽど頼りになります(^^;)

『チャルカ』はここ数年の間にお引越しされてたんですね…。

以前行った時はカフェも併設されていてお皿や布類もたくさん置かれてましたが、現在はカフェはなくして主に手芸用品と紙ものがメインになっていました。

小さな手回し式の古いミシンが置いてあり、ここでも次女、目を輝かせて見入っていました。
チェコの糸の色に見とれ、いろいろ見て回って最後にハンガリーの刺繍キットを買い、やっと駅に向かいました。

c0347597_10363963.jpg
↑私の買ったものたち。
無花果が大好物の旦那さんへのお土産は無花果のチョコ^^
『ひなた』で買った紅茶“ミルキッシュクレメ”、早速飲んだらほのかに甘くて美味しかったです☆彡
c0347597_10360370.jpg
↑次女の買い物。
文具中心に、実用的なものばかりになりました☆


そして夜から早速刺繍に取り掛かり、仕上がったハンカチをプレゼントしてくれました。ありがとう(*^-^*)↓
c0347597_12414765.jpg
満足顔の次女、「また行こう!」と(^^)



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-10-28 18:09 | 好きなこと | Comments(0)

安心して任せられること

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




先週、初めて宅配買取サービスを利用して読まない本を出しました。

本1点ごとの査定額を明記してもらえるのと、サイトの内容も分かりやすく書かれていて信頼出来そうだったことから、定番屋さんを選びました。

受付はもちろん、荷物の到着から査定→振込に至るまで終始スムーズで、きちんと連絡をいただけました。
査定額も今までで一番良い方だったし、選んで正解でした。


買取先を決めるまでにいろんなサイトやレビューを見ましたが、中には荷物を送ったものの、それきり連絡が途絶えてしまった…なんていい加減な所もあるようです。



進んで怪しい所に頼もうという人はいないと思います。
でも、気をつけてはいても「まさか」という展開があったり、ましてや連絡がつかないとなると、もうこちらからはどうする事も出来なくなってしまいますよね…。

情報はいっぱいあるけれど、新しい事をする際には何かと注意が必要な世の中なんだな、とつくづく感じます。
油断すると「如何にしてより多く取ってやるか」と張り巡らされている思惑に飲み込まれてしまうような、そんな危うさがあちこちに潜んでいます。


私のように物を作って出していたりすると、向こうから怪しい思惑で接近して来るというパターンが結構あります。


よくあるのが、「出品(絵なら出展)しませんか」系の勧誘。
特に○○市場と○○○アートはしつこいです。片っ端から案内を送りまくっているのだろうと思われます。
長々としたメッセージが残されますが、知らない電話には出ず、メールはスルーに限ります。

共通しているのが、出品・出展するためにこちらがまず料金を支払う形になっているという点です。
どこかに委託販売や展示をする際には手数料などの料金は発生するものですが、わざわざ勧誘してくる所は最初に多く出させようという意図がはっきりしているように思います。


手作りを始めたばかりの頃は特に、大抵の人は「見てもらわないと始まらない」という気持ちが強くあると思います。
絵なんかはもっとそう。
「あなたの作品を拝見しました。海外に出展しませんか?」なんて連絡が来た日には、そんな貴重な機会ならとお金をたくさん払っても惜しくないと感じる人も居るでしょう。

そんなきっかけが欲しい人の心理をついて、運営資金をかき集めているのだろうなと思います。


「スカウト=怪しい」みたいな認識でいるぐらいでちょうどいいのかも。

娘が3歳当時、ひらパーでスカウトの女性から名刺とパンフレットを渡され、後日電話が掛かってきましたが、お断りしました。
我が子可愛さの親心をついた、オーディション用の写真代などで儲ける商法のようです。

現在、私服だと高校生に見えないのか、娘が一人で歩いていると変なスカウトに声を掛けられる事があったりします。

友達がインスタグラムに飲み物の写真を載せる時などによく「手貸して!」と撮影用に手を使われたり、「手やストッキングのモデルやったらいいのに」と周りの人に言われる娘、「やってみたいけど…」と本人も憧れる気持ちはありながら、例の変なスカウトの事が頭を過ったりもしていたようです。

そんな悶々としていた矢先、ひょんなことから友人のお店の商品の“”着た感じモデル”のお手伝いをさせてもらう事になりました。
c0347597_08395955.jpg
c0347597_08401561.jpg

先日お試しで何通りかのコーディネートやアクセサリーの写真を撮ってもらいました。

メンズコーナー担当のオーナーさんと音楽の好みが似ているようで、店内には大好きなキュアーやイギーが流れてるし、話も弾んでとても楽しかったようです^^

いつもは好きなお店1つに絞って好きな色の服しか着ないので、普段着ないような服装が見られて私も新鮮でした☆彡
何より友人のお店なので、安心です(^_^)

c0347597_08403533.jpg
↑いただいた本と一緒に(服は着て行ったものです)


今回は初めてなのでお直ししていただいたスカートを受け取りがてら私も付き添いましたが、次回からは娘一人で行く予定(^^)


お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-10-23 11:23 | 日常のこと | Comments(0)

欲しい古本を買うための、読まない古本整理計画

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先週末、もう使わないおもちゃ、溜まった漫画雑誌の付録、置いてても着ないであろう服などを纏めてリサイクルに出しました。

分厚いコートなども出して、クローゼットもスッキリしましたが…。


ここから更に、今回は本を整理しました(^_^)

これまでは買い物ついでに近所のBOOKOFFや古本市場などに持って行ってたのですが、重いのを我慢して持ち込んだ割に年々ビックリするほど査定額は安くなっていくし、「こちらの本に関しましてはお値段つきませんでした」なんて原因不明で一部返却になったりする事もしばしば。
結局返された本を持ったまま、買い物しなければならなかったりして★

そんな風で最近は持ち込みも億劫になり…一度宅配買取を利用してみよう!と思い立ちました。

あちこち見比べたりして調べてみましたが、どこも大体宅配での買取は20~30冊以上からとなっています。

ちょくちょくマメに出していた分、現時点で私の読まない本、必要ない本を頑張ってかき集めてみたところで、とてもそんな冊数には届きません(>_<)


それでも、定期的に取り寄せたくなってしまう本。既に何冊か目ぼしい本を見つけてしまっています。
最近は特に古い本が好きなので、貴重な在庫が無くならないかも気掛かりです。


ここのスペースが空いたら、スッキリ収まるのになあ。
もう読み返さないと分かっているのに、場所だけ取って置いてるのも嫌だなあ。


諦めきれない私は、旦那さんにも協力を呼び掛けてみました。
そうしたら、何と!
これを機会に?やっとめでたく60冊以上の本を整理する事にこぎつけたのです(^_^)

「やっと」というのは、以前から、本棚に大量に保存されている旦那さんの本を整理したいな~と思っていたからです。
でもいきなり「片付けて!」と言われても、物持ちの人はなかなか動いてはくれません。
そこで「協力してもらう」という形にしてみたら、意外とスムーズでした(*^^*)


結果、とても助かりました!(^^)!




c0347597_09401800.jpg
↑新しく本を取り寄せる前に、もう一度気になった手持ちの本を読み返しました。こちらは中学生の頃に買って読んだゴーゴリの『狂人日記』です。

何でカバー無いんでしょう。気に入らなくて外したんでしょうか。
薄い半透明のパラフィン紙カバーのみ掛けてありましたが、劣化・変色して破れ、ポロポロ落ちるので外しました。(←これがカバーだったのかな?)

3篇の話が収録されていますが、どれも印象に残った下り以外は記憶がおぼろげになっており…(*_*)
改めて読み返してみると、大人になってそれなりに人生経験も増え、書かれている事の意味が理解出来るようになった分、面白さが増して感じられました。

当時はさほど印象に残らなかった2つ目の『肖像画』が、今読むと面白く…。

ひとつの絵を仕上げるまでの画家の複雑な心境や、芸術のあり方に対する考えなどすごく深く入り込んで描かれているなあと思ったら、ゴーゴリ自身芸術を学んだ時期があり、画家の心の描写はその時の経験に基づいて書かれたものであったようで、それでか!と納得しました。(あとがきを読んでいなかったので、今になって知りました^^;)
1つ目の『ネフスキイ大通り』にも画家の青年が出てきます。

そして表題作ともなっている3つ目の『狂人日記』。
これはもう↑の写真の帯の通りのお話なのですが、主人公の官吏は長官の令嬢に一目惚れしたその日、令嬢の飼い犬メッジィが親しくしている犬フィデリと手紙のやり取りをしているらしい会話を聞き取ります。
そして令嬢の身辺の事を知りたさにフィデリの元からメッジィの手紙の束を奪い取り、そこに書かれていた令嬢の婚約について読んだ辺りから、目に見えて様子がおかしくなっていくのですが…。

気になるのは、これ(犬同士の会話、手紙のやり取り)が元々精神的に病の兆候があったためによる主人公の幻聴や妄想だったのかどうなのか、という点です。

メッジィの手紙には犬の視点から見た飼い主たちの様子や会話なども書かれていて、そこにはメッジィの主観による感想も述べられています。
それを読んだ主人公は出だしは「なかなかよく書けている」と感心しながらも、脈絡なく脱線する内容に「ひどくむらのある書き方だなあ!」とやはり人間によって書かれた文章との違いを感じたり、メッジィの自惚れを交えた私はモテるのよ的な恋話が始まると、「こんな愚にもつかぬことばかり書きくさって!」と怒ったりしています。

その様子を想像すると何だか滑稽で、同時に人間と犬との微妙な感覚の違いなど、とてもリアルな感じがするのですが…。

そして手紙の内容は纏まりのない文面ながら、ちゃんと筋は通っているし、事実メッジィの手紙の通りに令嬢は結婚する運びとなっているのです。

主人公の記述による日記という形をとっているため、主人公の奇妙な言動に驚き引いている周囲の様子は伝わってきますが、本当のところはどうだったのか(主人公は最初から正気でなかったのか)は最後まではっきりとは分からないままなのです。

『狂人日記』は買取には出していません(^^)

c0347597_09403619.jpg
↑品揃えのいい古本屋さんを見つけ、早速取り寄せてしまいました(^^;)
頼んだ2冊ともとてもきれいに包まれていて感動し、対応も丁寧で良かったので、欲しい本があったらまたここでお願いしたいなと思いました(*^^*)

ちょっと前にBOOKOFFで文庫本を頼んだ時なんかは所々に付箋が貼ってあるままだったりして、中身をチェックしていないんだなあと思いました。
娘がCDを頼んだ時も、ケースと中身が違っていた事がありました。

届いた品物の状態から、お店の様子が伝わってくるようです。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-10-17 14:22 | 好きなこと | Comments(0)

グリム童話の絵【白雪姫】

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





衣替えをした次の日に、見計らったかのように台風の影響で夏の暑さが戻って来るという…クローゼットの奥底にしまい込んだ半袖Tシャツが恋しいです★



そんな今日は、8年前に描いた絵をこの度新たに見直しましたので、ご紹介したいと思います。
c0347597_11375423.jpg
8年前、「童話の国」がテーマのグループ展に出展するために描いた【白雪姫】です。

c0347597_11420872.jpg
↑額縁はその頃フュージングガラスのアクセサリーを置かせていただいていた雑貨と古道具のお店・MUKUさんのもの。
搬入の際、ギャラリーのオーナーさんに「額縁と絵がすごく合ってますね」と言っていただけたのを覚えています^^
古いものなので裏面はこのように経年による傷などが部分的に見られる状態ですが、飾る分には支障はないと思われますので、絵の雰囲気と併せて味として楽しんでいただければと思います。

c0347597_11383033.jpg


今回、自分でも気に入って大事に保存していたこの絵をしっかり完成させて新たに出したいと思い、部分的な修正を加えました。
特にこだわったのは、白雪姫の顔です。
真っ赤なリンゴを手にした白雪姫。
その視線はこちらを向いているようですが、微妙に焦点が合わないようでもあり…。
白雪姫の表情、白雪姫を見つめる小鳥の視線。どことなく不穏な空気が流れています。

純粋でありながらどこか不安定さを漂わせる白雪姫は、それ故に魅力的なのかもしれません。



こんな風に構図を考えて下絵を描き、作品として仕上げていた当時はきっちりと描く事に拘ってしまう自分の絵を、窮屈だと感じていました。
そこから飛び出すべく違った技法で描いてみたりもし、そこでは思わぬものが描ける楽しさも経験しました。

けれども最近、やはり繊細な線に惹かれている自分を感じています。

当時の絵を今見返すと、「私の絵だな」と感じ、嬉しくなるのです。

改めて繊細に描いていきたい気持ちが湧いてきています。

c0347597_11392502.jpg
c0347597_11401663.jpg
当時は何故かサインもせずに出していたのです(-_-;)
サインもちゃんと描き添えました。
c0347597_11431240.jpg
用紙:画用紙
画材:アクリルガッシュ
額縁サイズ:縦約35.5㎝×横約29㎝

¥50,000-



ご紹介した絵は、上記のブログ連携ショップとiichiにて販売予定です。
もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。


お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2018-10-10 14:22 | 絵画 | Comments(0)

サイババグリーンとピンクカラーのアンダラジュエリーたち

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先週末はまたしても「非常に強い勢力の台風がやって来る」とニュースで盛んに警戒を呼び掛けていました。

我が家では窓には養生テープを米印に貼って補強、物干しは飛んで行かないよう固定し、早くからお風呂を済ませて浴槽に水を溜めておくなどして備えましたが、思ったほどの激しさはなく、いつも通りに過ごしていても特に問題は無かったようでしたが…。

ただ、それらの備えが活かされるような事態になってしまうのはやはり避けたいので、何事もなく過ぎ去るに越したことはありません★



早速ですが、前回ご紹介させていただいたサイババグリーン、超薄っすらピンク、ダスティローズピンクのアンダラたちがジュエリーに成りましたので、今日はそのお披露目をしたいと思います(^_^)


c0347597_10523568.jpg
c0347597_10530459.jpg

↑まず1点目は、シエラ産希少サイババグリーンのアンダラジュエリーから。
色味がとにかく爽やかで、組み合わせによっては大人しい雰囲気になりそうだったので、コントラストをつけるべくmixトルマリンを1粒添えました。


ジュエリータイトル【奇跡のかけら】販売終了

メッセージ:「訪れる出来事にポジティブさを持って受け取ってみてください。一瞬一瞬を大切に過ごすと、いろんな事が変わってきます」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約3cm、横 約1.7cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥17,000-


c0347597_10550635.jpg
c0347597_10554668.jpg

↑2点目は、シエラ産超希少薄っすらピンクのアンダラジュエリーです。
ワイヤーをシルバーにしようかとも思いましたが、寂しくならないよう、やはりこちらもゴールドで少し華やかさが出るようにしました。
アクアマリンを1粒添えています。


ジュエリータイトル【信頼と共に】

メッセージ:「あなたを深く穏やかな安心感で満たすのは、信頼の心です。あなたの信じる心を育みましょう」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.5cm、横 約1.3cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥15,000-

c0347597_10535322.jpg
c0347597_10542694.jpg

↑最後は、シエラ産ダスティローズピンクのアンダラジュエリーです。
こちらは元々がピンクゴールドを薄めたような色合いだったので、迷わずゴールドワイヤーを合わせました。
ピンクサファイアも1粒添えて、心なしかワイヤーまでピンクがかって見えるようです。


ジュエリータイトル【深まる喜び】販売終了

メッセージ:「あなた本来の価値観に基づく好きなもの、楽しみを感じられる事柄をあなたはちゃんとわかっています。内側からの幸福感で、あなたを満たしましょう」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.8cm、横 約2cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥15,000-



ご紹介したジュエリーたちは、上記のブログ連携ショップとiichiにて販売予定です。(ジュエリーの違った角度からの画像も見られます)もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。



ジュエリーたちは全て白を背景に撮影していますが、これからの季節、シンプルな黒のニットに合わせても綺麗だと思います(^^)
最近小さ目のジュエリーが好きなため皆大きさ控え目ですが、身に着けた時のバランス的にはちょうどいいのでは…と思っております(^_^)



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2018-10-05 13:02 | アンダラクリスタル | Comments(0)