人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サイババグリーンと、ほのかにピンクを纏ったアンダラたち

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)



c0347597_11044411.jpg

先日、鈴木美保子さんが届けてくださったアンダラたち。

ジュエリーになるのはまだこれからです。

今日はジュエリーに変身する前の、まだワイヤーを巻いていない素の姿を先にご覧いただきたいと思います(^_^)


まず1点目は、シエラ産ダスティローズピンク。
「ダスティピンク」とは、くすんだピンク、グレーっぽいピンクを指すそうです。

確かに、最初に見た時は以前に取り寄せたローズアンバーがもう少しグレー寄りになって、薄まったような色だと感じました。

例えばゴールドは混合する素材の割合によって色合いが変わり、イエローゴールド(オーソドックスな金色)、ホワイトゴールド(見た目はシルバーのような白っぽい色)、ピンクゴールド(銅の割合が多めに混合されたピンクがかった金色)などがありますが、このダスティローズピンクの色はちょうどピンクゴールドに似ているように思います。
c0347597_11030779.jpg
↑白い生地の上で撮影したところ
c0347597_11065249.jpg
↑白い台紙の上で撮影したところ



甘過ぎない、透明に近い不思議な色合い、ダスティローズピンクさんでした(^_^)



2点目は、シエラ産希少サイババグリーン。何とも爽やかな、淡いグリーンです。
「サイババグリーン」の名称はかつて北米、オレゴン州で故サイババが寺院建立にあたって基礎部分に大きなグリーンアンダラを埋めたそうで、その際にインドから遠隔で祝福を与えたとのことで、そのエピソードに由来しているようです。
鈴木美保子さんのサイババグリーン紹介文には「サイババに縁のある方もない方も、いろいろなマジカルなパワーを感じる体験をされておられますね」との記述もありました。

ミッキー氏は「サイババ・グリーンアンダラ」を小さくして多くの人に行き渡るようにしたという事で、鈴木美保子さんのプロジェクトに当時その一部を分けていただいたのだそうです。

c0347597_11051859.jpg
↑白い生地の上で撮影したところ

c0347597_11072553.jpg
↑白い台紙の上で撮影したところ


純正シエラ産グリーン、「サイババ」と呼ばれている、シエラ産グリーンの中でも極めて優美で上品な色合いのこのグリーンアンダラは、近年本物がだんだん少なくなっているそうです。



3点目は、シエラ産超希少うっすらピンク。
本当に、極々「うっすら~」なピンクです(^_^;)

こちらは以前取り寄せたプリマホワイトの、微かにピンクがかっていた部分に似ています。
そして全体ではなく、一部がピンク色に染まって見えるような具合です。
透明に近い部分もシャープさはなく、目に優しい、柔らかな光を放っています。
c0347597_11035877.jpg
↑白い生地の上で撮影したところ

c0347597_11075066.jpg
↑白い台紙の上で撮影したところ


わかりやすくピンクそのものな色はもちろん、極うっすらでも、ピンクを纏ったアンダラはやはり超希少な存在です。




今日ご紹介したアンダラたちは、みんな最長部でほぼ17㎜ぐらいの大きさになります。

ジュエリーに仕上がったら、また改めてお披露目したいと思います。



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2018-09-29 15:56 | アンダラクリスタル | Comments(0)

惹きつけられる顔・ルーヴル美術館展


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)



c0347597_16184533.jpg


大阪市立美術館に“ルーヴル美術館展”がやって来る!

先週ニュースを目にしてすぐ、長女と「行こう!」と即決しました。
ずっと「大阪にも見応えある大きな展示が来ないかなあ~」と話していたので、やっとという感じでした。
しかもテーマは「顔」です。私の好きな、人物モチーフの作品がたくさん観られる機会です。


そんなわけで、先日行って来ました^^

20年以上前、旦那さんとのデートで訪れて以来の、大阪市立美術館です。

駅周辺も当時は雑多な感じだったように思うのですが、今は“てんしば”が出来ていて小ぎれいになり、広場のあちこちで座って寛ぐ人たちの姿が見られます。
保育園の子供たちも連れて来てもらっていました。
原っぱに座ったり、シャボン玉に喜んだりとめいめいが好きに遊んでいる中で、一人ドッグランで遊ぶ子犬の様子を夢中で見つめている子が居て、真剣な眼差しは正に集中している!といった表情で、微笑ましかったり(^^)

そんなてんしばを抜けると、もう美術館です。

美術館の前まで来た時、「何の声??」とビビる娘。
近くの天王寺動物園から聞こえてくる、様々な動物たちの鳴き声でした(^^;)


c0347597_16190571.jpg
訪れた人は皆代わる代わる美術館を背に写真を撮るので、人がなるべく写り込まないよう、ちょっと外れて外観を撮りました↑

やはり有名どころの展示だけあって、次々と人が訪れます。


入ってすぐの展示は、エジプトの棺に由来するマスクでした。
マスクは故人の容貌に似せて作られたものではなく、来世に向けての理想化された顔立ちを形にしたものであったのだそうです。


部屋から部屋へと抜けていく暗く短い廊下から見て、ちょうど正面に『マラーの死』が展示されていました↓
c0347597_09580129.jpg
英雄の死に相応しいドラマティックな場面を描き表そう、という作者の意図がひしひしと伝わってくるかのようです。

子供の頃、百科事典をパラパラとめくっては、絵画の載っているページを探すのが好きでした。
『マラーの死』もそうやって触れた絵の中の1枚です。
浴槽に浸かったまま女性に刺されて亡くなった指導者というセンセーショナルな状況と、その犯人であるシャルロット・コルデーがまた美しかったことから、この絵も強く印象に残っていました。

マラーは皮膚病を患っていたため、治療を兼ねて入浴しながら用事をする事があったのだそうです。
しかしここに描かれたマラーの肌には、皮膚の疾患の痕跡は見られません。
敢えて美しく悲劇的に描く事で、マラーの英雄としての最期の瞬間を、見事に理想化された姿で後世まで残したかったのでしょうか。


「理想化された英雄」と言えばもう一人、有名なナポレオン1世。

ナポレオンの肖像画は実際よりも大分男らしく立派に描かれていたという事で知られていますが、大理石で作られたナポレオンの像も、とても立派な姿でした。
戴冠式の正装の生地はレースの質感や刺繍の絵柄など細部に至るまで緻密に再現されていて、触れそうなぐらい。姿かたちも凛々しく整っていました。
これが大理石で出来ているなんて…と、その繊細さに圧倒されました。



対して、デスマスクはそのままの「顔」です。本物の顔が持つ存在感に、また違った意味で視線を持っていかれました。
c0347597_09582596.jpg
↑ナポレオンのデスマスクを間近に観た印象は、「鼻、高っ!」という感じでした。
実際は小男で冴えなかったなんて言われていますが、やはり西洋人なので彫りは十分深かったです。


数々の肖像画、特に貴族を描いたものは皆、肌の血色や質感が内側から光を放つかのように、滑らかに美しく描かれていました。

マリー・アントワネットは家系の遺伝的な特徴を受け継いで少し受け口で、素晴らしい美人という顔立ちではなかったようです。
胸像にもその特徴がそのまま表現されていました。ただ、その肌はとても美しかったとか。

人の目を惹きつけるのは整った顔立ちであると思われがちですが、実際は肌の美しさの方が重要なのかもしれないな…なんて、数々の理想や現実の肖像に触れて思いました。



展示を観終わった後の楽しみ、ミュージアムショップ。

来る前は、今回は図録を買おう!と思っていたのです。

が…。

特に思い入れのある作品が無かったため、見本を手にとっては「うーん」と何度も見返し、結局のところ買わずじまいに…(-_-)

マスキングテープと次女へのお土産にチョコレートを買い、出た所で別の本(1冊しか無かった)が目に留まり、買って帰ったのでした(^^;)



↓来年の秋には、クリムトとシーレの展示がやって来ます。こちらも観に行きたいなと考えています(^_^)
c0347597_09584545.jpg

お昼は軽くモスバーガーで済ませ、MIOを練り歩いてから帰宅すると、アリゾナの鈴木美保子さんよりアンダラが届いていました(^_^)

こちらもまた紹介しますね。


お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-09-27 15:32 | 好きなこと | Comments(0)

シエラ産・アクアブルーとプリマゴールデンアンバーのアンダラジュエリー


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




うだるような暑さから解放され、汗ばむ日はあってもようやく秋らしくなってきたかなと思えるこの頃。

私は虫は苦手ですが、秋の夜や朝のまだ暗い時間に微かに聴こえる虫の声は結構好きだったりします。

そんなゆったり静かに過ごせる季節がやって来たと思いきや、様々に突発的な出来事に見舞われる日常ですが、何事も受け止め方というか、重たくならずに流していくよう心掛けています(^^;)


さて、今日はタイトル通り久し振りに新色アンダラのジュエリーたちをご紹介したいと思います(*^^*)



c0347597_14491862.jpg
c0347597_08340380.jpg
c0347597_08332272.jpg

↑1点目は、シエラ産アクアブルーのアンダラジュエリーです。
綺麗な空色・アクアブルー、カラフルで明るく、それでいて爽やかな、澄んだ空を思わせるようなブルーをしています。
どちらかというと1、2枚目の写真の色の方が実物に近いです。


ジュエリータイトル【成熟の美】

メッセージ:「無理な自己主張は必要ありません。落ち着き、静かであってもあなたの華やかさは自然に醸し出されます」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.9cm、横 約1.3cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥14,000-


c0347597_14495298.jpg
c0347597_08351763.jpg
c0347597_08343562.jpg
↑2点目は、シエラ産プリマゴールデンアンバーのアンダラジュエリーです。
小さくても十分華のある、実りの秋に相応しい黄金色の輝きです。


ジュエリータイトル【見出される美】

メッセージ:「欠点に拘らず、あなたの全体を見てください。あなたを最も美しく、魅力的に見せてくれる美点が必ず見つかります」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.7cm、横 約1.3cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥13,000-



ご紹介したジュエリーは、上記のブログ連携ショップとiichiにて販売予定です。(ジュエリーの違った角度からの画像も見られます)もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。



今日ご紹介したジュエリーたちに続き、ピンク系やサイババグリーンのアンダラたちも近々入荷予定です^^


お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2018-09-18 14:53 | アンダラクリスタル | Comments(0)

念願の訪問☆

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)


c0347597_21140587.jpg


前回の記事を書いた翌日、今度は北海道で大きな地震がありました。

崩れた山やあちこちで陥没した地面、明かりが消えていく町の様子、これが人々が一番寝入っているはずの午前3時に起こったなんて…!ニュースを見た時は俄かに信じられませんでした。

テレビで見る限り避難された人たちは皆落ち着いて行動されていて、半日停電しただけで慌てていた自分が恥ずかしくなりました。

1週間も復旧のめど立たずと聞いていたので、予測されたよりも早く停電が解消に向かって本当に良かったです。

一日をやっとのことで過ごされている方、自分の生活の心配だけでなく家族や友人の安否状況などでいっぱいの方などいろんな立場の人を思うと、地震や災害については簡単にお見舞いの言葉など出せないように感じてしまい、この場ではいつも敢えて書けなかったりしました。
今ここに居て出来る事として、これまでと同じように募金という方法を取りました。


長女も、1人安否が不明だった友達から無事を知らせる連絡が来たと喜んでいました。



先日は、そんな長女と、難波の友人のお店を訪問しました。

私は約1年振り。
行こうと思うと他に予定が入ったりするので、今回は田舎のお土産も渡したいし先の台風のように天候が荒れたりするとまた出にくくなると思い、サッと日にちを決めました。
長女は確か小学生の頃に一度連れて行ったきり。
あれからいつも「また行きたい」と羨ましがっていた分、長女にとってはやっと叶った訪問となりました。


いつもそうなのですが、会うとまずは互いの近況を話します(^_^)

地震や台風の後にメールで互いの無事は知らせ合っていたので、その他のエピソードなどなど。
ひと通り話してから、商品を見させてもらいます。


今回は秋用のブラウスなどを探していたのですが、久し振りに行くとやはり目移りしてしまい、結果当初の目的とは違ったアイテムを選んでしまうのでした(^^;)


c0347597_21134627.jpg

「自分で作れる」と思うとついついスルーしてしまう、だけど自作の物だけでは飽きるから、本当は欲しいピアス。

友人のお店に置いてあるアクセサリーは海外の古いものなのでパーツ自体が面白く、繋げただけでも個性的なものが多い(^^)

数ある中で目に留まったのが、↑の猫ちゃんピアスたち。

向かって左のピアスは何故か「怒っているところ」を再現した姿。
猫好きの人は大概このピアスに目を留め、「何でこれ、こんなに怒ってんの~?」と面白がるのだそう(*^^*)

私も「おもろいな~」と気になったのですが、素材が真鍮だったので、silver925だった右の猫ちゃんピアスにしました。
こちらは座っている姿。全体にマットな中にちょっとキラキラする部分があるのに惹かれました。軽くて着けやすく、家族にもなかなか好評です(^^)


他にパンプスとショートブーツの中間(?)みたいな革靴を履かせてもらったら、見た目細身のデザインに寄らず、足にフィットし、感激しました☆彡

私の足はどんな靴を試しても必ずと言っていいほどどこかに支障が出るのに、友人のお店の1点ものの靴の中には不思議とピッタリくるものが見つかったりするのです。

これまでにもずっとお気に入りのショートブーツを始め、何足か靴を買わせてもらっています。
この度また増えました(^^)



一番上の写真の他にも、ブーツ、スニーカー、ミュールなど実に様々な品揃え。探すのが楽しくなります♪



長女も何足か履かせてもらった中に、足を入れた瞬間「うわ、このシンデレラ感!(笑)」と思わず言葉が出たぐらい、ピッタリ足に合ったレースアップシューズがありました。
ヒール高めでもフィットしている分、とても履き心地が良さそうでした。
結局「靴か服か」で迷い、服を買う事に決めました☆



長女が選んだのはこちら↓
c0347597_13135261.jpg
シルク素材の赤い水玉スカートです。(上下↑↓とも、お店のサイトより画像をお借りしています)
c0347597_13133673.jpg

↑こんな風に組み合わせると可愛いですよね(^^)

普段からトップスはほぼ黒ばかり着たがる傾向があるので、ちょうどいいかも。

その場ですぐ娘のウエストに合わせてお直しもしてもらえて、初めてジャストサイズでスカートを買えた事に感動していました☆彡

長女の場合ウエストが細過ぎるため、キッズサイズぐらいでないとみんな脱げてしまうので、ベルトで何とかごまかしてきたのです(^^;)





私も夏のお気に入りスカートのウエストお直しをお願いしてあるので、また次回に受け取り予定です。


今回夏物でお安くなっていたスカート、サラサラのフレアであまり無いタイプの色柄が気に入っています↓

c0347597_14593710.jpg


始終話も弾んで楽しい時間を過ごさせてもらいました(*^-^*)


お読みくださり、ありがとうございました☆






by anandab4 | 2018-09-13 15:58 | 友人のこと | Comments(0)

まさかの事態、マンションの弱点

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





今年続々と発生しては、やって来る台風。

21号発生と聞いて「またか!」とうんざりしていたら、今度の21号は今年一番の猛烈な勢いを保ったまま上陸すると、しきりに警戒を呼び掛けるニュースが。
それよりも「4日は休校」のニュースに喜ぶ子供たち。
私も「すぐに過ぎ去っていくだろうから、外出さえ控えれば大丈夫だろう」と、そう思っていました。

そんな21号が上陸した昨日は、朝のうちは全く台風のやって来る気配も感じられないような空模様でした。

「昼頃来るみたいやけど、朝の感じやったらいつもなら(暴風域にも入ってないし)登校してたやろね」なんて旦那さんと話していました。

お昼に近づくにつれ、だんだん風が出てきました。

そのうち雨も降り始め…。

正午をまわると風雨が急速に激しさを増していき、窓から外を見ると紙切れともビニール袋ともつかないようなものが、あちこちで風に巻き上げられて飛び交っていました。
最初の頃こそ「見て!何か飛んでる!」なんて代わる代わる外を見ていた私たち。

そのうち、叩きつけるような強風が建物にぶつかり、揺れ始めました。
ベランダの物干し台(引っ越して来た時からあったものです)も、激しい風に煽られて大きく揺れています。
「倒れないだろうか?」と心配になりましたが、もうとても窓を開けられる状態ではありませんでした。今までに経験したことのないような激しさに、少しずつ不安になってきました。

「危ないから窓から離れといた方がいいで」と旦那さん。窓ガラスが割れる恐れがあるからです。
そのぐらい、もの凄い勢いの風でした。

と、部屋の電気が度々暗くなり始めました。

スマホを見ながら「今この辺まで台風来てる」と進み具合をチェックしつつ、同じ区域に住む友達とやり取りしていた長女が「○○のとこ、停電したって」と。
「うわー、うちもやばいかも!」なんて言っていたら、切れては点く状態を繰り返していた電気が、14時前ぐらいにとうとう消え、そのまま点かなくなってしまいました。

長女の友達の所は復旧したとのこと。
同じ区内だし、うちもすぐに復旧するだろうと思っていました。

冷蔵庫の中身、特に冷凍食品が気掛かりでしたが、出来るだけ開けないようにしておけば数時間はセーフなはずとの旦那さんのアドバイスに、皆冷蔵庫を開けないようにしつつ、うちわで暑さを凌ぎながらラジオを聴いたりしていました。
眠たくなった私は和室へ入って横に。「こんな事態に寝るとかクレイジーやな」との長女の声にも構うことなく、昼寝をしました。

16時頃目を覚ましましたが、依然としてまだ復旧せず。
うちの洗面所やトイレ(お風呂も)は窓が無いため一日中真っ暗なのですが、次女がすかさずトイレと洗面所に電灯を設置してくれていたので、とりあえずトイレだけ行っておきました。

そうこうするうちに日も暮れ始め、辺りは暗くなってきました。
隣りのマンションはまだみたいだけど、ほとんどの家やマンション、建物には明かりが灯っている。何で⁇

このままでは真っ暗な浴室で水風呂に入らないといけなくなるけど、どうしようか…なんて話していたところ、ほどなくして水も止まってしまいました。

旦那さんいわく「そうか!停電になったら水を汲み上げるポンプも止まるんやった!マンションの弱点やったな」と。

うわー!!とうとう一番恐れていた事態が起こってしまった…(゚д゚)!
トイレの問題が…‼

断水の時のように、浴槽にも水は溜めていなかったのです。

すっかり日も落ちたので蝋燭に火を灯してリビングのテーブルに置き、部屋の明かり代わりに。
後は懐中電灯と娘のスマホの電灯が頼りとなった我が家。

そんな中テーブルを囲み、買い置きのペットボトルの水だけでは心許無いし、近所のホームセンターの閉店前にトイレを借りがてら水も買い足しに行こうと相談しました。
非常時のためのトイレセットもありますが、暗い中で慣れない設置をするのは困難なので、可能な間にせめて行きやすい所で行っておこうという事になったのです。


c0347597_09071132.jpg
普段からトイレにあまり行かない長女は留守番すると言うので、旦那さんと次女と私の3人でホームセンターへ。

8階から懐中電灯の明かりを頼りに滑らないよう用心しながら階段を下りていきました。
と、あちこちの部屋が玄関の戸を少し開け、涼んでいるようでした。
外の様子を見に出る人の姿もちらほら。「水出ませんよね?」と尋ねてくる人も。
やはり皆このマンションの一角だけが取り残されている事に疑問を感じている様子で、うちだけじゃないんだと何だかホッとしました。

マンションの玄関を出て、やっと原因が分かりました。
マンション前の電線が切れて、道路に垂れ下がっていたのです。
パトカーが停まっており、警官が二人電線を見上げながら「まだ連絡つかへんのか~」と会話しているのが聞こえました。
マンションの人も出て来ているし、事情は伝わっている様子。
原因が分かったのと、これで直しに来てもらえるかもと希望が湧いたので、少し元気が出ました。

しかも、「いつもより閉店時間が1時間ぐらい早くなるかも」と旦那さんが予測していた通り、早目に行ったらちょうど閉店時間前だったのです。危なかった~(*_*;
無事トイレを済ませ、水とウェットティッシュを買って帰りました。

子供たちは食べたいものを少しつまんだりしていましたが、私と旦那さんはトイレが使えないと思うと、何も食べる気がしませんでした。

少し希望は芽生えたものの、もし朝になっても復旧しなかったら?
トイレも洗濯機も掃除機も使えない…と頭の中をいろんな考えが巡ります。
こんな市内で取り残されるとは思ってもみなかったけど、でも、まだ自宅に居られるのです。
避難所でいつ自宅に戻れるかわからないような状況に置かれる事を考えたら、有り難いとも感じます。
当たり前に生活出来る事が一番有り難いといつも感じていましたが、今回また更に日常生活を維持出来る事への有り難さが実感として深まりました。

何とか日付が変わる前に復旧してくれるよう願いながら、窓を開けたまま雑魚寝しました(お風呂に入っていないので布団で寝る気がしなかったのです)。
なかなか涼しく、汗ばむ事もなく眠れていたところ、パッと部屋が明るくなりました。

時計を見ると、23時57分。
日付が変わる直前に、めでたく復旧したのです!(^^)!

冷蔵庫の中も無事でした☆こんなに長く持ちこたえてくれるとは…大袈裟かもしれないけど、奇跡でした。

順番にお風呂に入ってスッキリ、ようやく長い一日が終わったのでした。


思わぬ災害に見舞われた今回の台風で、地震の時以外にもしっかり備えをしておかなくては…と実感させられました。
まだ日付をまたぐ事無く復旧を迎えられただけ、運が良かった方だと思います。


心配してメールをくれた友人が「滅多にない経験かも」と言っていた通り、誕生日のお祝い以外に家族で蝋燭の火を囲む事になろうとは、夢にも思っていなかったのですから★



お読みくださり、ありがとうございました☆





by anandab4 | 2018-09-05 15:44 | 日常のこと | Comments(0)