人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




先日はまたまた娘に付き合って梅田スカイビルへ。

写真家の鋤田正義さんのドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』を観て来ました。

とある用事の後そのまま向かったのもあり、開演時間は正確に把握出来ておらず、「着いた時点で観られる時間のにしよう」というアバウトなスケジュールでした(^^;)↓


c0347597_16054435.jpg

ちょうどお昼時だったので、チケットのみ買って先にご飯を済ませる事に。
そのままレトロな街並みを再現した地下レストラン街「滝見小路」へ下りました。

娘が選んだのはお好み焼きのお店。
店内はあまり広くなく、私たちは僅かに空いてたテーブルにすぐ案内してもらえましたが、その直後から観光客の人たちなど次々来店して順番待ちとなっていました。

大阪と言えばお好み…な感じで人気なのかな?
壁一面に来店したお客さんからのメッセージがびっしり貼られていました。

私たちが頼んだのはオーソドックスな豚玉。
大きさもほど良くて、昔ながらの厚みのある生地で美味しかったです♪
紅生姜の他にシソも入っているのが良かった(*^-^*)
いつも究極の猫舌でなかなか食が進まない娘も、難なくペロッと食べてしまいました。

順番待ちの方がたくさん居たので、食後すぐにお会計を済ませて外へ。


開演時間までもう少しあったため暫しそのまま散策(^^)

c0347597_16060434.jpg
↑有名なビクターのワンちゃん。
「何か悲し気な表情やなー」と娘と立て看板をよく見たら、この“ニッパー君”、亡くなった飼い主の声が入った蓄音機に耳を傾けているところだったのですね(;_;)
小首を傾げて右耳をピョコっと立て、一生懸命聞き入ってる様子がいじらしいです。

「ビクターだけに、音楽聴いてんのか~」なんて能天気に思っていただけに、こんな切ない背景があったとは…と「ニッパー君ごめん」と思いました。


次女のお土産にきな粉餅を買い、再び映画館のある階へ。



小さな劇場でひっそりと鋤田さんのドキュメンタリーを鑑賞しました。
c0347597_12263782.jpg
↑初めてカメラを手にした高校生の頃に撮ったという写真の内の1枚。もうちゃんと躍動感を捉えられていて上手いのにびっくり。

c0347597_12265926.jpg
↑有名な「ヒーローズ」のジャケット写真撮影時の中の1枚。この時のデヴィッド・ボウイはイギーと一緒に居たらしく、寛いでいる様子。実にいろんな表情が撮られています。
京都を巡るボウイの姿もすごくきれいで、どんな時も本当に絵になるなあと改めて思いました。
鋤田さんはマーク・ボランを撮りに行った先でボウイの存在を知り、「すごくいいのを見つけた」と思われたのだとか(^-^)


途中(ボウイなど関心のあるアーティスト以外の部分)で睡魔と闘わなければなりませんでしたが(^^;)、鋤田さんが国内外のいろんな方から信頼を寄せられている様子が伝わってくるのがいいなと思えた、というのが素直な感想です。
娘には「お母さんにはミック・ロックの『ショット』の方がライヴ感があって面白かったかも」と言われました(^^;)

ボウイ関連はほぼ全て押さえている娘は両方とも観ています。「ショット」は昨年ボウイファンの友達と観に行っていました(^_^)


まあ時々こんな風に連れ出されるのも、いろんなものが見られて楽しいです☆
私が一緒に歩きたくないタイプのお母さんでない限り、誘ってくれるんだとか(^_^;)
娘一人だとよく変なのに声を掛けられるので、ボディーガード?も兼ねてかな★



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2018-05-31 11:30 | 映画・音楽 | Comments(0)

鮮やか色(オレンジイエローバイカラー、オーシャンブルー、グリーン)のアンダラジュエリーたち


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




先日の母の日。思わぬ事から体調を崩してしまいました★

母の日と誕生日には晩御飯を私の希望で選べるので、献立を考える必要もなく好きなものをリクエスト出来て、本来ならとても楽しみな日のはずが…。
ピザをリクエストしたものの食欲もなく、早めに床に就いたのでした"(-""-)"
違う意味で、あまり家事をせずに済む日で助かったような(-_-;)

プレゼントしてもらったお花やコーヒー&チャイの詰め合わせセットにもいつものような満面の笑顔が出来ませんでしたが、昨日からようやくゆっくり味わっています。美味しい(*^-^*)


そんな不調から抜け出しつつある今日は、新緑の季節に相応しい鮮やか色のアンダラジュエリーたちをご紹介したいと思います。


c0347597_12491524.jpg
c0347597_12494557.jpg
↑まず1点目は、こちら。
シエラ産オレンジイエローバイカラーのアンダラジュエリーです。
1枚目の写真を見ていただくと、バイカラーになっている箇所がよく分かるかと思います。

鈴木美保子さんによると、「そこにあるだけでパワーハウス!」で「パワフルに第1,2チャクラをサポートし、グラウンディングを助ける」のだそうです。


ジュエリータイトル【稀有な存在感】販売終了

メッセージ:「ひと言では言い表せない複雑さも、それもまたあなたの魅力です。あなたの個性に惹かれて人が集まるでしょう」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.7cm、横 約1.5cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥16,000-


c0347597_12501681.jpg
c0347597_12504224.jpg
↑2点目は、シエラ産オーシャンブルーのアンダラジュエリーです。
ロイヤルブルーを思わせる、カラフルだけど上品な雰囲気のあるブルーです。

このオーシャンブルーはミッキーさんの所から来たオールドストックのひとつなんだそうです。


ジュエリータイトル【変わらぬ純粋さ】販売終了

メッセージ:「子供の心の目に映るカラフルな夢。そこに広がる曇りのない景色のように、無邪気で純粋な世界観を大切にしてください」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.5cm、横 約1.1cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥15,000-


c0347597_12512304.jpg

c0347597_12515579.jpg

↑3点目は、シエラ産グリーンアンダラ(マーリン)のアンダラジュエリーです。
「グリーンはヒーラーであり、物事の具現化、アバンダンスのワークにぴったりのパワフルな仕事人」と鈴木美保子さん^^
正に新緑の季節をイメージさせるグリーン、どちらかというと1枚目の写真の色の方が実物に近いです。


ジュエリータイトル【喜びと繋がる】販売終了

メッセージ:「あなたが親しみを感じる人と繋がりましょう。心から楽しめる事でゆとりが生まれ、あらゆる喜びへ導いてくれるでしょう」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.5cm、横 約1.3cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥14,000-



ご紹介したジュエリーは、上記のブログ連携ショップとiichiにて販売予定です。(ジュエリーの違った角度からの画像も見られます)もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。




よろしくお願い致します☆

by anandab4 | 2018-05-17 11:37 | アンダラクリスタル | Comments(0)

『スティーヴ・ジャンセン写真展』


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先日はすごく久し振りの京都行きでした。

目当ては京都伊勢丹で開催されていた元JAPANのスティーヴ・ジャンセンの写真展『Through A Quiet Window』。
私はJAPANについてはほとんど知らないに等しいぐらいなのですが、娘が大好きなのです。
娘はYMOも好きなので、この写真展は情報が入った時から行きたいと思っていたのだそう。

娘と同世代の女の子たちにも意外とYMOファンは多いらしいのですが、そういう趣味を同じくする交流のあるのは遠方住まいの子ばかり。後は娘よりうんと年上の男性とか。
なので高校生の間は、娘がそんな仲間と予定が合わない場合、私が付き合う事が多くなっています…。

娘の親しくしている同い年の女の子は高橋幸弘さんの大ファンなのだとか。
高橋幸弘さんは娘の愛するイハさんとも親しく交流があったりと、そんな推し同士の繋がりがある事が娘にはとても嬉しいそうです^^


今回の写真展、てっきり個室のように展示会場が設けられているとばかり思っていました。
百貨店でよくある感じの展示会場を想像していたのです。

実際は6階メンズフロアの一角にエスカレーターを背にするような形で展示されていて、点数も少なかったので一瞬「これだけ?」とちょっと意外でした。


c0347597_10052551.jpg
↑ちょっとピントがズレました(^_^;)

JAPANとして活動していた頃は兄弟揃って驚くほど美形でしたが、あれから年月が過ぎ、兄デヴィッド・シルヴィアンは当時とはガラッと変わった風貌に…。
スティーヴ・ジャンセンはいい感じに年を取っているなあと思います。
c0347597_10050567.jpg
↑1枚ごとの撮影は禁止となっていたので、遠いですが雰囲気だけ(^^;)
個人的には左から2枚目のミック・カーンの横顔の写真が好き。

志摩あつこさんの漫画『8ビートギャグ』のデヴィッド・シルヴィアンとミック・カーンのやり取りの場面を不意に思い出してしまい、不謹慎にも笑いそうになってしまいました(どっちも似過ぎ^^;)
私たちが行った次の日に、何と志摩あつこさんも来られてたんだそうです。
「めっちゃ会いたかった~!!」と娘、とても残念がっていました★
c0347597_10054038.jpg
↑スティーヴ・ジャンセンへのメッセージを書き込む娘。
ノートのメッセージは英文で書いている人もたくさんありました。



目的を果たしたのでどこかで休憩しようかと言っていたのですが、目ぼしいお店は見つからず…。
とにかく観光客でごった返している京都を脱出すべく、駅の券売機で切符を買っていたら「すみません」と隣りから声が。
まただ…!
私は出先でほぼ必ずと言っていいほどよく道などを尋ねられるのです。方向音痴なのに(-_-;)

見たところ韓国人らしい男性が「嵐山…」と。行きたいけどわからない、といった様子。
そこで運賃表を見ますが、私たちも一向に見つけられず(>_<)娘がスマホで検索して、ようやく「嵯峨嵐山」の表示である事がわかりました。
切符を買うのを手伝い、乗り場もわからない様子なので教えると「ありがとう」とそちらへ向かわれました。
関西人の私たちでも一瞬勝手がわからなかったりするのに、よく他国から来て1人で知らない所へ行ってみようと思うよな~と娘と言い合いました。


そんな感じで行先などもよく聞かれますが、春休みにはこんな事もありました。

次女の中学入学準備でイオンにスニーカーを買いに行った時の事。
あれこれ良さげなものを探しながらふと後ろを振り返ると、保育園か幼稚園児ぐらいの男の子が立っていました。
「ママがどこにも居ないんだけど~」

(゜o゜)!

そんなに慌てている風でもなく、のんびりとした口調で独り言のように「ママどこに行ったのかな~、どこにも居ないんだよね~」としきりに繰り返していますが、明らかにこちらに助けを求めています。

うわー、迷子か!!

「どんなママかな?」などと自分でも意味の分からない対応をしていると、現れた次女が「サービスコーナーに行ってみよう」と提案してくれました。なるほど!(←咄嗟に思いつかなかった)

次女がサービスコーナー目指して駆け出すと、遊んでくれていると思ったのか、男の子も「キャーッ」とはしゃいで後に続きます。
と、ちょうどその先にお母さんが居たらしく…。男の子の背に手を回してしきりにこちらへ頭を下げているお母さんの姿が目に入りました。

良かったー(^▽^;)!!

お母さんは抱っこ紐に赤ちゃんも抱えていたので、小さな男の子を走って追い掛けるわけにもいかず、見失ってしまったのでしょう(^^;)

出不精の私、出掛けるとこんな感じでいろいろ声を掛けられます(^_^;)


昨日は昨日で、朝起きると変なメールが届いていました。

iichiを介してと、仕事用アドレスへの2件。
どちらも同じインドネシアの人から、英文で。
どうも「うちのサイトにてアンダラをたくさん取り扱っているので、良かったら見に来て、仕入れませんか」みたいな内容でした。

私はアンダラの仕入れ先に関しては、鈴木美保子さんから直接以外はお取引はしませんので…。
アンダラを扱っているなら顧客になるかも、と思ったのでしょうが、iichiのメッセージ欄を使って宣伝してくるのはやめて欲しい。そういう場ではないので。

そう言いたいところですが、取り寄せ先についてはiichiの商品ページにも明記してあるし、英文で送ってくるところからして日本語も理解が怪しいので、無視しました。



そんなこんなで写真展について書くはずが大分話が逸れていってしまいましたが、またそろそろアンダラの新作についてもup予定です。


お読みくださり、ありがとうございました☆










by anandab4 | 2018-05-14 16:23 | 日常のこと | Comments(0)

連休「どちらかというと出掛けない派」の過ごし方


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





連休の間は毎日すごい風でしたね。
休みに入る直前に左眼アレルギーを発症させてしまった私としては、極力外へは出たくないモードに…。

先月末のミネラルショーだけは、好きなお店からハガキも届いていたのもあり「行こうかな~」とギリギリまで迷いましたが、他に出費予定があるので、ちょっと心残りではありましたが見送りました★

元々私たち夫婦は連休にはあまり出掛けない方です。
何処へ行っても混雑しているので、旅行などの予定も世間の賑わいと少し外れたところで取ったりします。

子供たちも小さい頃とは違うので、「出掛けないのー?」とか言いながらも何となくのんびりモード。
それぞれ友達との予定を入れたり、好きなように過ごしていました。


ただ、次女は家の中でもやりたい事がある様子。
久し振りに「お菓子作りがしたい」とクッキーを作ったりしていました。

そしてもう一つ、熱心に作っていたものが…。

それは『すみっコぐらし』のキャラクター、しろくまのぬいぐるみに着せるもの。

c0347597_09004350.jpg
↑こういうのを作りました。

誕生日にお姉ちゃんに買ってもらったしろくまのぬいぐるみ^^
しろくまは寒がりの設定らしく、寒さ対策として水玉模様の布を身に着けている時があります。

次女はその布を纏った姿を再現したかったんだそうです。
なので、簡単な作業で終わるなと思っていました。

と、続けて何やらゴソゴソ…。
「ほら、ピッタリじゃない?」と不意に見せにきたのは“耳カバー”。それも片っぽだけ。
でも確かにピッタリです。

「?」

何ともリアクションしにくかったのですが「うん、よう出来てるやん」と流しておきました。

取り合えず満足気な様子の次女、また作業へと戻っていきました。
まだ何か作るのか…。


それからしばらくの後、「出来た!!」と次女。

ずっと熱心に作っていたのは耳付き帽子(ほっかむり?)だったのでした(^^;)↓
c0347597_08593484.jpg
c0347597_09001987.jpg

ちょっと適当な部分もありますが、なかなかの立体裁断です(^^;)

顔だけ出しているのとフィット具合が妙に可笑しく、微笑ましい(^▽^;)

「なかなか上手やんな」と旦那さんと二人感心し、次女もちょっと喜んでいました。

作ったアイテム2つを組み合わせてみたりもしていました。「寒さ対策も万全やな~」と私(^_^)

と、それを見た長女からこんなコメントが。
「ちょっと“防災”っぽくない?」

なるほど、言われてみれば…。
2つを組み合わせると防空頭巾っぽく見えてしまうのは否めませんでした。

そこで思わず長女と一緒に爆笑してしまったのでした(^^;)

だからでしょうか、しろくまは結局、力作だったほっかむりは被らず、写真一番上の姿に落ち着いています(笑ってごめんね^^;)

器用なんだけどどこかひと味違う?次女の手作りなのでした。


連休も終わり、今日も放課後、次女は家庭科部の部活です。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-05-08 10:57 | 日常のこと | Comments(0)

スタウロライトジュエリー☆リフォームの流れと完成に至るまで

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)







先月、リフォーム済みのハーキマージュエリーと入れ替わる形でお預かりしたスタウロライトのジュエリー。
今回はそのリフォーム過程を順に書いていきたいと思います^^
※掲載については許可をいただいています。

c0347597_10163034.jpg
↑まずこちら。
本来のお預かりしてきたままの姿です。(2013年制作)

使用石:トップはスタウロライト、チェーン部分はホワイトマザーオブパール。

金具:アーティスティックワイヤー、丸カンはロジウムのシルバーカラー、留め具はカレンシルバーです。

ここでちょっと、カレンシルバーについて…(^_^)

カレンシルバーはタイ北部からミャンマーにかけて先住しているカレン族が手作りしている高純度のシルバーです。
通常のシルバーは92.5%の純度ですが、カレンシルバーはそれを上回る95~97%の純度で作られているとか。

以前アジアの雑貨を扱っているお店のスタッフさんに聞いたのですが、カレンシルバーのアクセサリーは使わずに置いておくより、日常的に身につけた方が肌や衣服などと擦れ合うので、変色しにくい状態が続くんだそうです。

そして一つ一つ手作りのカレンシルバーには、文様(モチーフ)が刻印されています。

スタウロライトのジュエリーに使用した留め具に刻印されているのは、多分カレン族の言葉で「パドゥア」と呼ばれている花の文様ではないかと思います。
古い時代の貨幣にも刻印されている「パドゥア」は、祝いの日の神への供物を表すそうです。
何だか素朴でいいですね(*^-^*)


c0347597_10170594.jpg
↑全てバラしたところです。
カレンシルバーの留め具は愛用してくださっていた分、手元に保管していた新品パーツよりもきれいなぐらいだったので、そのまま磨いて使用する事にしました。
ワイヤーと丸カンは劣化・変色が見られるため全て取り換える事にします。

こうして並べてみると、ちょっとEテレ『デザインあ』のコーナー・いろんなものを分解してパーツを並べてみせてくれる「解散!」みたい(^^)


c0347597_10173982.jpg
↑使用石と留め具の浄化・クリーニング後。


c0347597_10181060.jpg
↑ワイヤリング後です。
今回のワイヤー素材は全てアルゲンティウムシルバーを使用しました。
トップに使用したデッドソフトワイヤーは軟らかめなので作業しやすいですが、チェーン部分の眼鏡留めに使用したハーフハードワイヤーは硬めなので、久し振りの眼鏡留めを個数分作り終えた後はさすがに指先が痛かったです(^^;)

今回は丸カンもシルバー925を使用します。
ホワイトマザーオブパールを眼鏡留めしたもの、スタウロライトのワイヤリングトップ、留め具これら全てを丸カンで繋ぎ合わせて完成です!(^^)!


完成したところ↓
c0347597_10282814.jpg

c0347597_10200220.jpg
c0347597_10210466.jpg



今回は完成をお知らせしたところ「早く見たいです!」とのご希望いただいたので、一足お先に発送させていただく事になりました。

以前と雰囲気が変わったため、信頼してお任せしてくださっているとは知りつつも「どう感じられるかな?」とドキドキしていたのですが、箱を開けた瞬間から気に入ってくださったようで良かったです(*^_^*)♡

「このスタウロライトジュエリーをつけて白いドレスを着たくなりました」と嬉しいお言葉も(*^-^*)

ショートの髪が似合うスラッとした方で短めのチェーンがしっくりくるので、
初めて制作した当時に選んでいただいた当初から、本当にピッタリの方と出会えたのだな、相性が抜群なのだなあと感じています(^^)


ジュエリーは本当に身につけていただいてこそのものなので、出番が多い事は私にとっても本望なのです。


これからもどうか末永くお供させてくださいね(^-^)



この度は誠にありがとうございました☆彡

by anandab4 | 2018-05-05 06:29 | 制作のこと | Comments(0)

私の左眼アレルギー事情

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

c0347597_12575842.jpg



5月に入りましたが、我が家は私以外、まだ花粉症の薬が手放せない状態です★

旦那さん、長女、次女の3人が年齢や症状に合わせてそれぞれ違う薬のお世話になっています(^^;)

代わりと言っては変ですが、花粉症はスルー出来た私もPM2.5の影響か?
とにかく春はいろんなものが飛び交っているからか、数日前からまた左眼にアレルギーの症状が…。
先週から異様なほどの眠気なのに、アレルギー症状の気持ち悪さで熟睡出来ず…という悪循環なのでした"(-""-)"


そもそもこの“左眼アレルギー”が始まったのは、長女が生まれてから。

お腹に居る時にも少し違和感を感じた事はありましたが、その時点ではそれ以上酷くはなりませんでした。

ところが、長女が1歳ぐらいだったか、夜長女を寝かした後にテレビを観ながら日記を書いていたら(育児日記的なやつを日課としていたのです)
左眼だけ、涙が溜まっているようにぼやける感触が。
「何だろう?」と思い、ティッシュで拭う事を繰り返してもすっきりせず。
その晩は旦那さんは夜勤だったため、そのまま寝る事にしました。

と、夜中に不意に目を開けようとしたら、一瞬くっついて開かないのです。

パッと目を開けた瞬間、涙が流れ落ちるような感覚が。

明らかにおかしい…。


朝、鏡を見たら、見た事のない顔がそこにありました(゚Д゚;)

左眼がほとんど開いていないぐらいに瞼が晴れていて、涙が溜まったようになっているのです。
あまりに腫れているため、眉の高さが左右で違うほど。

えーっっ、何これ…!!

恐ろしくなった私は、昼夜逆転の旦那さんに代わって長女を見に来てくれるよう母に頼み、眼科へ行ったのでした。


お医者さんによると、左の瞼の裏にアレルギー性のブツブツが出ていて、白眼が腫れてブヨブヨになっている状態なのだそうです。

あの涙が溜まっているような違和感は、白眼が腫れていたからだったのか…。
そこをティッシュで拭ったりしたために、細かな繊維が更に刺激となって腫れを悪化させてしまったのでしょう。

何より、「うつるものではない」と聞いて安心しました。
家族にうつったら大変。特に長女にうつらないかと心配だったので(>_<)

眼を洗ってもらった後、目薬を出してもらって帰りました。
2種類の目薬を5分の間をおいて点すのですが、これが一番よく効きます。

アレルギーが出たら速やかに眼科へ行って診察後に眼を洗ってもらい、処方される目薬を使うのがベストだとは分かっているのですが、行きたくない理由が様々あり…(-"-)
先生は親切で丁寧なのですが数人居る看護師さん(年配の女性)が揃って無愛想なのと、
苦手な眼圧の検査や視力検査(近頃明らかに下がったのでショックを受けそう)などなど、つい足が遠のいてしまいます(子供か)

最も症状の酷い時はそうも言っていられないので、行って診てもらいますが★

出来たらあの目薬だけ、大量にストックが欲しい(^^;)


花粉症で眼が辛そうな人も、きっとほぼ同じ症状なのではないかと思います。
長女も私と同じ目薬を出されていたので。


爆発的?に症状が出たあの時以来、外にいろんなものが飛んでいるような風の強い日や身体が疲れた時などに、決まって左眼にアレルギーが出るようになってしまいました。

ちょっと違和感を感じた時は「来るな」と分かるので、早目に眼を洗ったり目薬を点すようにしています。
アレルギーになりかけると、今や旦那さんも私の顔を見ていつもと違うな、と
「あ、また出ちゃったね」と分かるようになっています(^^;)


予防しつつやり過ごしていますが、症状の出ている最中は熟睡出来ないので…。
更に眠たい(*_*)
目化粧は控えますが、眉毛の高さをなるべく左右対称に近づけるよう、微調整が必要です(-_-)

腫れが引いて治っていく過程では、膨らんだ風船が萎む時のように腫れた部分が萎むため、左側だけ小皺があるかのようになってしまいます。そして目の周りの皮がポロポロとめくれた後、やっと元通りになるのです(-_-;)

今から徐々に萎んでいくと思われます(-_-;)


以上、今日はほぼ恒例のようになってしまっている左眼アレルギーについての愚痴でした(^_^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2018-05-02 14:44 | 身体のこと | Comments(0)