人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

物語の絵・7年前に描いたアリスのその後


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





先日の記事にて、7年前にグループ展用に描いた絵をご紹介しました。

↓こちらの絵です。タイトル『食べられない御馳走』(『鏡の国のアリス』より)。
c0347597_09560431.jpg
今 改めてじっくり眺めると、何だか全体に寂しい感じ…。

見れば見るほど、「今ならもっとこうする」という気持ちが湧いてきてしまい…。
この絵にあの頃には描き切れなかった部分を更に加えてみたくなりました。



この絵に描いたのは、『鏡の国のアリス』の終盤近く、ディナーパーティーの場面です。

赤の女王と白の女王の間の席に着いたアリスは、運ばれてきた羊の腿肉を紹介されます。いざ食べようとすると「お辞儀をした者を食べるなんて無礼です」というような注意を受けて腿肉はそのまま下げられてゆき、アリスは結局何も食べられない…といった場面。

夢ってこういう不条理なことがあるよな~と思います。赤の女王といえば、突然アリスの手を取って全速力で走った後に、喉が渇いているアリスにビスケットを勧めるような場面もあります(^^;)

そんなアリスの夢?の中の、筋が通っているようで通っていないような世界。

原作の世界に出来るだけ忠実にと目指して描いた当時の自分の絵に、今の自分のエッセンスも少し加えてみる事にしました。

そうしてリニューアルしたのが、こちら↓

c0347597_10075729.jpg
描いた当時を思い、あまりにガラッと変えてしまわぬよう、色を重ねていきました。
最初に取り掛かったのは、バックの色。黒だったのを紺色に変えました。

両脇に位置する女王たちに、もう少し立体感を。


c0347597_10385815.jpg
↑アリスもちょっぴりリニューアル。コントラストをつけました。
c0347597_10383960.jpg

c0347597_10381797.jpg
↑リニューアルした豚と兎の他に、新しく加わった動物たち。向かって左端に犬、右端にドードー。
これを見て、「何で皆こっち見てるん?」と当時アリスのモデルとなった長女。「何か増えてる~」と次女。

豚以外の動物たちがこちらを振り返っているかのようなカメラ目線なのは、その方がちょっと面白いかなと思ったからですが
「ほら、こんな感じで食べられないんだよ」と皮肉な表情で密かにこちらに訴えかけている、というような意味合いも少し込めています(^_^)




今回リニューアルしたこちらの絵、またピッタリの額縁が見つかったら、iichiかどこかに出品するかもしれません。

絵のリニューアルはこれまでした事が無かったのですが、当時の自分の描き方を思い出し、新鮮でした。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2017-05-31 17:18 | 絵画 | Comments(0)

内向きと外向き

c0347597_10180633.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




ここ数年で随分開けてきたなあと感じる枚方。
昨日はお昼前にまあこさんと待ち合わせて、リニューアルした枚方市駅近辺を巡って来ました(^^)

まあこさんにホロスコープを作っていただいてから、直接会えるのは数か月振り。
会う度に「可愛くなったな~」と感じるまあこさん(*^^*)
昨日も待ち合わせ場所に現れたまあこさんを見て、また違った雰囲気に一瞬わからなかったぐらい☆
何でも、私と会うのでいつもより楽しみながら支度してきてくださったのだとか。同性の方からそんな風に言ってもらえるのもまた新鮮で、私も嬉しい☆彡

駅を出てT-SITE(写真上。うず高く並んだ本に圧倒される蔦屋書店。スタバも大人気↑)をちょっと覗いてから、まあこさんの案内で野菜が美味しいお店へ移動しました。


c0347597_10184367.jpg
↑オープンしたところだったので、限定10食の海鮮丼(野菜バイキング付き)を食べられました^^
“くら寿司”以外のお寿司を食べる機会が普段なかなか無いだけに、美味しさもひとしお。野菜も甘かったです。




食後、市役所近くの大きな公園をぐるっと回ってから再びT-SITEへ。
私は平日のいいお天気の日に公園を歩くと、いつも娘たちが小さかった頃の日々の感覚が蘇ってくるような気がしてしまいます。



c0347597_10191340.jpg

↑蔦屋にて、レコードがずらっと並べられた棚。

c0347597_10193851.jpg

↑スマパンレコードも。ビリーの曲解説が付いてる『サイアミーズ・ドリーム』のリマスター国内盤、いつか欲しい。

c0347597_10195886.jpg

↑『ブリーチ』は9000円以上もしてた!付加価値?



c0347597_10201974.jpg

↑連絡通路を渡って古いサンプラザ3号館へも行ってみましたが、あまりの昭和な雰囲気に(昭和生まれにもかかわらず)テンションが下がりかけ、T-SITE1階のパンケーキのお店に落ち着いたのでした(^^;)

それにしても、T-SITEはATMコーナーに至るまで、全てがお洒落な造り。あの閑散とした近鉄百貨店がこんなに生まれ変わるとは…。

パンケーキのお店に入りましたが、パンケーキはボリューミーなのでカフェモカのみにしておきました。
甘い飲み物が欲しかったのに、飲み終わってみると長い間胃に残っている感じが★
角砂糖も一緒に運ばれてきましたが、無しでも十分過ぎる甘さでした。ここに砂糖を更に投入していたら、帰りの京阪電車はグロッキーになっていた事でしょう。
会社帰りに同期の子とパフェやドーナツを梯子した、あの頃の若さ溢れる?胃袋の私は何処へ…。


寛いでお話しながら、まあこさんにこの間作ってもらったホロスコープの内容も詳しく解説していただけました。ホロスコープのデータからは、驚くほどいろんな事が読み解かれるのですね。星読みをされる人によっても、また違ってくるそうです。
カウンセリングを織り交ぜつつ、娘たちの特性などを掘り下げてもらいました。
星を読んだ感じでは、私は内向き、娘たちは外向きなんだそうです。

内向きとは…意識が外の世界より、内に向いている感じ(そのままですね)。
私の場合なら、意識が家庭に向いている傾向があるといった感じでしょうか。確かに、そうです。
そうですが、「何でも家族団らんでなければ!」とかいうのはありません。

子供の頃がそうだったように、私は単に「家が好き」なのかもしれません。
幼稚園でよく泣いていたのも、お母さんに会いたいというよりは ただひたすら家に帰りたかったからでした(-_-)

家でごそごそ、家族の居る時間も居ない時間も過ごすのが好きなんだと思います。だから、出掛けるのは“たまに”でちょうどなのです。
「空いてる日がないぐらいスケジュールが埋まっている」なんて、ゾッとするかも(-_-;)

子供たちも私に似て、どちらかというと出不精になるかな…と思っていましたが、外向きの傾向があるとどんどん外の世界へ出ていきたいと思うそうなので、ちょっと安心しました(^^)

そう、「子供たち元気で留守がいい」私としては、将来娘たちが身も心も、精神的にもしっかり自立してくれる事が一番の願いなのです。
家族皆がそれぞれ自分の生活を自ら充実させていける暮らしが、私の理想です。

たくさんの子供たちと関わりながらその一人一人の心に寄り添う仕事もされているまあこさんと話す中で、長女との関わり方で「これで良かったのかな?」と内心思っていたエピソードを肯定してもらえた事も嬉しかったです。

子育ては自分の思うように、自分のやり方でいいのだと思いながらも、全てに自信を持てるかというとそうではないので。

時には家族以外の人からの客観的な視点での捉え方や考えを聴かせてもらえる事は、自分を再確認出来るいい機会となったり、良いヒントを与えてくれるものとなったりします。
そしてそれは必ずしも子育てを経験されている人が相手でなければならない事はないと思います。
子育てしている同士だと、どうしても互いの日頃の愚痴や自虐的な話題で終わってしまう事もあり、発展的でなかったりもするので★

まあこさんとの時間、今の私にとてもいい時間でした(*^_^*)

c0347597_10160753.jpg
↑娘たちへのおみやげ、京宇治茶のポップコーンも1階で買いました(^_^)
試しにつまんでみたら、カリッとした軽い食感で美味しい!
キャラメル味は次女に、抹茶味は長女に。
抹茶大好き♡の長女はその美味しさに、「抹茶は日本が生んだ素晴らしい味」と絶賛していました(^^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2017-05-27 22:52 | 日常のこと | Comments(0)

7年前に描いた絵

c0347597_09560431.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





時々スイッチが入ると唐突に机周りを片付け始める長女。

こういう時は大概 勉強や課題など、「やりたくない事」が後に控えている事が多いのですが…。

今回はそれプラスいっぱいになってきた本とCD、最近集めだしたレコードをいかにきれいに飾りつつ収納するかに特化して片付け作業をやり始めました。

そんな中で置き場がなくなった写真上の絵↑。
タイトル『食べられない御馳走』(『鏡の国のアリス』より)。
7年前、初めてのグループ展に出すために描いた絵です。

全部で5点描いたうちの1枚です。「これは私が持っておきたい」と長女が欲しがったため、唯一手元に残っていたのです。
最近 増々つかみどころがなくなってきた長女。ずっと持っていたこの絵を手放そうと決めたのも、何だか長女の心理面での変化の一部分を物語っているように感じました。

『アリスの世界』がテーマだったグループ展、私のアリスのモデルは、当時ちょうど10歳(誕生日がまだだったので正確には満9歳)の長女でした。

その後、小学校5年生から6年生の1年間で急に少女らしさが抜けて大人の顔へと変わっていきました。
今でも丸顔なところは変わっていませんが(^^)
周囲の友達から見ると「顔、小っさ!ずるい!」と言われるんだとか…。確かに今時の子、娘や甥っ子たちの顔の小さいことには本当に羨ましくなります☆

そんなこんなで再び私の元へと戻ってきたこの絵。眺めていると、描いた当時の心境を思い出しました。

『アリス展』へ参加するにあたり伝えられた制作の際の要望は、現在の広く世界に親しまれているアリスのイメージとは異なった、原作の少し暗めの世界観を表現してほしいというものでした。

なるべく色のトーンなども低めの方がいいのかな?と思い、静かな画面を表現しようと全体に抑え目に仕上げたのですが…、
いざ蓋を開けてみると、私の展示は地味な印象でした。構図も平凡。他の人に混ざって展示する事で、その時点での自分を見せられました。1人で描いている時には見えなかった自分です。
他の常設作家さんなどは、いつもとほとんど変わらない表現をされているようでした。アリスも、可愛らしいキャラクターのようだったり、シュールであったりと様々。
この時から長い間、私はずっと自分の表現方法について悩むことになります。

今だったら、もうちょっとこうするな…。
感じた部分を、不意に実行に移したくなりました。

そんな訳で、昨日から少しずつ色を重ねてみています。

リニューアル?したら、またupしたいと思います(^^)



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2017-05-23 12:12 | 絵画 | Comments(0)

お気に入りの一点ものとの出合い

c0347597_09240425.jpg

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





日曜日に怪しくなり、月曜治まったと見せかけて火曜日に再発した左眼のアレルギー。多分黄砂が原因かと思われます★

アレルギーによる腫れを何とか治めた昨日は、友人に会いに難波の古着屋さん、シュガー・スパン・シスターさんへ行って来ました。

オーナーを務める友人も買い付けからゴールデンウイークまでずっと忙しくしていたそうなので、ちょうどいい時期に会いに行けたかも(^^)

買い付けした商品がアメリカから到着した後は、毎回ひたすらメンテナンスと洗濯・アイロンがけに追われるそう。出来たものからお店に並びます。
出した途端売れてしまう商品もあるので、気に入ったものとの出合いは正にタイミング☆縁とも言えるかもしれません。
パッと見てこのデザイン、生地、柄が好き!と思ったらサイズをチェック。全て一点ものでサイズも様々なため、ピッタリきた時は本当に嬉しい(*^^*)

友人も言うように、試着は大切です。見るだけと実際に着てみた感じとではイメージが変わる事もあるからです。テロッとした生地がいい感じ…と眺めていて、着てみたらすごく身体のラインが出るデザインだったなんて事もあります☆

何点か候補を選んでおいて試着へ。
後で紹介する商品の他に、昨日はブルーのシルクのシンプルなTシャツにも惹かれたのですが、洗うとシワができるためスチームアイロンをサッとかける必要があると聞き…断念(ーー;)
お客様の中にもアイロンがけの有無で判断される方、結構多いそうです。そのちょっとの手間を惜しまなければいいだけの話なのですが、滅多とアイロンを出さない者からすると、これがなかなか面倒だったりするのです(^^;)


友人のお店は仕事帰りに夕方から来られるお客様が多いので、私はオープン後すぐに訪問する事が多いです。
昨日は比較的落ち着いていたようで、ゆっくり話す事も出来ました(^_^)
共に中高の学生時代を過ごした友人と私とでは現在それぞれの生活環境は違っていますが、話題はオールマイティ。偏らず話せる楽しさは変わりません。
打てば響く感じに、昨日はいろんな面で軽くなりました(*^_^*)

ひと通り近況報告をして、店内を撮影させてもらいました。
↑一番上の写真:メンズコーナーより、大胆に狼が描かれたワイルドなTシャツ。

c0347597_09242153.jpg
↑アクセサリー用の戸棚の中を、上からガラス越しに(^_^)この他にも個性的なビンテージものがたくさん!

c0347597_09244233.jpg

↑靴いろいろ。秋冬に登場するお気に入りブーツなど、うちにも何足かこちらの革靴があります。
c0347597_09260343.jpg

↑昨日の買い物①(※商品画像をお借りしています)
花柄ワンピース。生地が柔らかく、つかず離れずのちょうど良いシルエット。流行り廃りなく着られそうです。
c0347597_09263657.jpg

↑昨日の買い物②(※商品画像をお借りしています)
上半分がペイズリー、下側が花柄のスカート。ウエスト少し大き目ですが生地の落ち方がきれいでゆったり履けます。
c0347597_09250076.jpg

↑昨日の買い物③
サブ・ポップのトートバッグ。
猫ちゃん画像を見せてもらう際に友人が取り出したスマホ、ケースがサブ・ポップだったのです。「おー、よく気づいてくれた」と友人。(サブ・ポップはニルヴァーナが最初に契約していたレーベル、後にゲフィンに移籍しましたね)
そして何気なくお店を見渡したらサブ・ポップトートも発見!シンプルだし、あまり持っている人いないし…とつい欲しくなり、こちらも買うことにしました。アルバムレコードの入る大きさです(^_^)
c0347597_09253849.jpg
↑「シナモン好き?」といただいたクラッシュゼリーのようなソース。
リンゴ&シナモン好きの私には嬉しいお味(*^^*)絵柄がユーモラス。
アメリカの子供たちはこのままチューっとおやつ代わりにするんだとか。確かにこのままでも美味しい。そのままでちょっと味見してから、私はラスクにのせて食べました(^_^)
美味しかった♪


こんな所にこんなものが…!な発見もある友人のお店。細部までじっくり見るとディスプレイなどもいろいろ工夫されてて面白い(*^_^*)
ネットでお店を知っていて遠方から来られるお客様、常連さんなど、好きな人はハマる空間だと思います。

Sugar Spun Sister
大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963ビル  2F

お店のブログもシンプルで、買い付け日記なども見られます。
実は私がブログを始める際にエキサイトにしたのは、お店のブログの雰囲気が好きだったからでもあります(^_^)


お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2017-05-18 16:22 | 好きなこと | Comments(0)

“これから先”の更にもっと先についての話

c0347597_10343430.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




私は現在40代ですが、以前より疲れやすくなったよな~と感じる事があります★

久し振りにヒールのある靴を履いて歩き回ったら膝が痛くなったり、腹筋については1回も起き上がれなくなってしまっています(-_-;)
そんな時、「出来ない事って年齢に比例して増えていくのかな?」なんて思ったりするのです。

年齢が高くなると、肉体はあちこちメンテナンスが必要になってきます。美容の面でも、健康の面でも。

美容の面では、なるべく自分の肌に合ったスキンケア用品を気持ち良く使いたいのであれこれ試してみたりしていますが、基本時間を掛けたくない。
何段階もステップを重ねたくないので、結局オールインワンジェルに落ち着くという…。昼間はその上に日焼け止め下地とフェイスパウダーのみです。(ポイントメイクはもちろんしますよ)
「ここがもうちょっとこうだったらなあ」と気になる所もありますが、明らかに何かしている人の不自然な顔のハリ具合は見るとわかるし、どんな形であれ異物を体内に取り入れる事には抵抗があるので(>_<)
髪が多くて軽く見えるよう染めていましたが、ちょっと前から止めているので地の色に戻りつつあります。洗った後は乾かすだけで何もつけません。

こうして書き出してみるとメンテナンスどころか、ほったらかしに近い状態ですね…(^^;)
要はなるべく自然に、かつ納得いく姿勢で年を重ねたいのです。

実家や田舎で何年か振りに近所の人に会うと「○○ちゃんは高校生の頃から変わらんね」「あんた ちっとも年取らんね」など嬉しい言葉をもらいますが、例えば20歳頃の私のみを知っている会社員時代の人などに会ったとしたら、「うわ~、変わったな…」と思われるかもしれない。主観は人によって違いますから。
でも次女の情報、クラスメイトからの「○○ちゃんのママきれいね」は素直に受け取っておいていいでしょうか(^^;)

「前より髪が短くなった以外特に変化ない。お母さんはほんま普通」by長女←これは褒め言葉か?

長女がお腹に居た頃 私の顔を覗き込んで「皺とかシミとか出来るんかな?」なんて言っていた旦那さんも「皺は無いな」と言ってくれますが、「こんな所にほくろあったかな?」と感じる事は(言わないだけで)きっと増えているはず…(-_-)
私のコンプレックスのポツポツ、レーザーなどを使わない方法でなるべくきれいにしていきたいと計画中です。


つい、美容面の話が長くなりましたね(^^;)

今日のお題の「うんと先」というのは、私にとってのエンディングに関する話です。
「うんと先」なんて言って、実際いつになるかなんて分かりませんが…。

私は今44歳なので、平均寿命からみると折り返しに入ったところぐらいだと思います。
先程の話でも出た健康面でのメンテナンスが必要となってくる状態は極力避けて、元気で人生を全うしたいというのが望みですが、人生何があるかは分かりません。
そこで、どうしてもこれだけは頼みたいと思う事は何かの書類やノートにしたためておく必要があるのかな?と思ったのです。
まだ書き出しこそしませんが、家族にちょっと口頭で伝えてみました。

・延命治療だけはしないでほしい(自然に終えたい)
・葬儀をするなら、より近い家族だけにしてほしい
・戒名は要らないけど、どうしても必要なら短大時代に知恩院でもらったもので
・私の僅かな貯金は全てお父さん(旦那さん)に

などです。

延命治療については、文面通り。そのままの理由からです。
葬儀については、普段交流のない人たちにお義理で来てもらいたくないのと、家族にいろんな面で負担を掛けたくないからです。
祖母が亡くなった時 田舎なので自宅で葬儀をしたのですが、一人娘である母の、急なことなのにゆっくり悲しむ暇もなくもてなしに追われている様子に、誰のための葬儀なのだろうと感じたからです。これが一番の理由かもしれません。
戒名は、浄土宗の短大入学後に知恩院でもらったもの。この事は前にも書いたかもしれませんが、知恩院宿泊の際に先生から一人一人に手渡されました。「何や男みたいな名前やな」と言いながら渡された私の戒名は「法道」。あゆみだけに、法道なのです(^_^;)

最後の私の貯金はお父さん(旦那さん)に…というのは、14歳差という私たちの年齢差からすると矛盾していますが、これはあくまでも私の希望。私が先にというのが大前提であっての話です。
旦那さんに「自分は相続せなあかんねんで」と「平均寿命から言っても、どう考えても俺の方が先やで」と笑われましたが、私が先に、というのは変な事を言っているのは承知の上ですが、私の希望なのです。「お父さんの居ない世界なんて嫌だー」と冗談交じりに言ったら、「順番、順番」と言いながらも、何だか旦那さん嬉しそうでしたね。
もちろん、今だからこんな風に言えるんですよね。本当はこの世で最期を迎えたら、肉体を抜け出て、ひたすら上っていかなければなりません。その時が来たら、互いが足手まといにならないように、(残された方も)執着も脱ぎ捨てる事が出来るようになっているのでしょうか。




↑写真は、『B&D』より。チイチイの「将来の夢」の作文、全文が読んでみたいです(^_^)


お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2017-05-13 15:47 | 日常のこと | Comments(0)

レコードはいいけどビデオテープは

c0347597_10451481.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





春休みに帰省もしたので、今年のゴールデンウイークは我が家は特別な予定はなし☆

次女は友達と遊ぶ予定を入れたり(^_^)
長女も小学生の頃までは誘われるままにしょっちゅう遊びに行っていましたが…。現在は余程気の合う友達、会いたいと思える友達とでないと約束しなくなりました。
かと思えば、他県に住む共通の趣味を持つ人と親しくなり、そんな趣味の仲間で待ち合わせて念願の『デヴィッド・ボウイ展』を観に東京へ行って来たりもしました。
彼女の中では音楽の趣味が合う事が一番大事なポイント?なのかもしれません。

特に好きな音楽CDを探し始めると本当に長いので、あれは確かに、同じくマニアな人とでないと無理かも(ーー;)


そんな長女の要望で、この休みは梅田の中古レコード屋さん巡りにつき合いました。
↑の写真が、今回娘が買ったレコードとCDたち(謎の組み合わせ)。
ほぼ毎月、娘のアルバイト代はこうして趣味へと費やされていく…ちょっとしたお店が開けそうな勢い(-_-)

今回買った中で何より嬉しかったのは、イハさんのソロアルバム(手前左)なんだとか(^_^)
イハさんの存在と声は、娘にとってたまらなく「癒し」なんだそうです。特に顔が好きらしい。

イハさんも確かにかっこいいですが、私は断然ビリー。
珍しいところでスマパンのビデオも1つ売ってましたが…。


つい最近の“ビデオテープ巻き込まれ事件”を思い出し、断念しました。


この間 久し振りに昔の音楽ビデオを観ようとしたところ、デッキ内でからまったのです"(-""-)"
テープは古くなるとこれがあるから残念★
昔、長時間用のカセットテープとかでもやらかしたよな…と苦い思い出が蘇りました。

私の保管しているビデオテープは、内容的にお目当ての曲のために頑張ってスタンバイしてテレビから録画したものなので、上手く削れなかった無駄なものがたくさん入っていたりします。
物理的にも、いつか観ようと自己満足で手元に置いているだけで、かさばって場所を取っている。


手元にあってもプレーヤーが無いので聴けないという点では、レコードも似たようなものです。

でも、レコードには何だか色褪せない魅力というか、価値があるように感じます。昔「ジャケ買い」をする人がたくさんいたのも、うなずけます。好きなジャケットの絵や写真を堪能出来るのは、レコードならでは。
そして中身も傷や埃に気をつけて保管しておけば、プレーヤーさえあれば聴けます。テープのように音がのびてしまったりする心配もありません。

実は田舎にプレーヤーがあります。母の古いレコードも、ちゃんと変わらず聴く事が出来ます(^_^)
母のコレクションは、昔のヨーロッパの映画音楽など。本もセットになっていて、子供の頃よく取り出して眺めたのを覚えています☆彡

今回 娘が買ったレコードも、田舎に持って行けば聴けるのですが…。送るにしろ持って行くにしろ、遠距離の道中 割れたりしないよう気をつけなければならないので、ちょっと難しいところ。
CDとは違う、レコードの音を聴いてみたいのだそうです。
c0347597_10443806.jpg
↑の写真は、私の手元にあるレコードの中の一部。中学生の頃に買ったものなので、ほぼ30年近く前になりますね(^^;)
一番手前のスティーヴ・ウィンウッドのジャケットはそのまま飾っておきたいかっこよさで、私も娘もお気に入り。
実家に置いて来たものなどもあったのですが、何故か私が「これはもういいかな」と手放したレコードやCDに限って、現在娘が欲しいものだったりする事が多々あり…(^_^;)
こんな事なら置いておいてあげれば良かった、と後悔しきりなのでした。

ただ、今は中古CDが市場にたくさん出回っている時代。レンタルも豊富。好きな曲のダウンロードなども可能です。
昔はほぼ定価、そうでなければ輸入盤…の選択肢ぐらいしかありませんでした。(他にも探せばあったのかもしれませんが)
好きな1曲のために、わざわざアルバムを買ったりもしました。

好きな動画が探せるのも、テープをセットして眠たい中待機していたMTV全盛期世代にとっては有り難い限り(^^)
娘からすると、「お母さんの頃の音楽はいいなあ。今のチャートはつまらなくて見る気せえへん。私は生まれてくる時代を間違えた」らしいですが…。

そして「お母さん、ライヴ動画漁りだしたらだいぶやで…」と、そのハマり具合にちょっと笑われたのでした(^^;)↓



ビデオテープ、あの1本以外は大丈夫かもしれないのでもう少し置いておきます(^^;)


お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2017-05-05 16:04 | 映画・音楽 | Comments(0)

ほどほどが良い、と思うこの頃

c0347597_13092710.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




先日のお昼。
家族で焼き立てパンがおかわり自由のレストランへ行きました。

いつもよりパンを1個増やし(この1個が多かった)、メイン料理をカツレツにしたためか、お腹がいっぱいに★
若い頃は平気でしたが、昼間から揚げ物はやはりヘビーだったようです。
何となくスッキリしないまま夜を迎え…お腹を壊しました"(-""-)"

お風呂は先に済ませていたので、晩御飯のセッティングを終え、私はちょっと布団に入らせてもらうことにしました。ここで食べたら、えらいことになりそうだったので。
そして、そのまま2時間ほど寝ていたようです。

次女が寝に来たところで目が覚めると、片付けも終わり、洗濯物も全部きれいに干してありました。お父さんと次女で一緒にしてくれたのです。(滅多と動かない長女とは対照的に、次女はよく手伝ってくれるのです)

「パンがちょっと多かったかな~」と旦那さん。
夕方 旦那さんも頭痛で横になったりしてたのに、申し訳なかった…それと同時に、本当に有り難かったです。
旦那さんと次女にありがとうをいっぱい言って、またすぐ眠り…。久し振りに心身共にゆっくりさせてもらったのでした。


こんな風なので、数年ぐらい前からお腹いっぱいになるまで食べる事はほとんどないです。
若い頃は「もっと食べたいけど、太りたくないからやめておこう」と自分に言い聞かせながらセーブしていましたが、現在は「後でしんどくなるからやめとこう」に変わりました。

新婚時代に「太るのだけはやめて」と言っていた旦那さんも、「もう太らんやろ」と安心?しているようです。
そこで、「私がめっちゃ太ったらどうする?」ともう一度 新婚時代と同じ質問をしてみました。
旦那さんの答えは「食べ物を隠す。それで『俺も一緒に歩くからウォーキングしよう』って一緒に運動する」と。

新婚の頃の「うーん、蒸発する…」から、大きく進歩しました。
今年で20年連れ添うので情もあるのでしょう。もう見捨てられる心配もなさそうですね。
でも、自分の管理は今まで通りしっかり続けます。


写真上↑は、『幸せなふたりづれ』というタイトルの小冊子。
ベンジャミン・バニーが主人公です。

ピーターの妹フロプシーと結婚するベンジャミン。ベンジャミンファミリーは子だくさん。
旦那さんも長女が生まれた頃は「経済的に余裕があるなら、子だくさんでもいいかなと思う」なんて言っていましたが、次女出産後の私の経過の問題などもあったので、今は子供たち二人でいいと思っているようです。
私も、二人がいてくれればもう十分だと思っています。


そんなに常にベッタリはしませんが、旦那さんとの生活を選んで良かったとしみじみ感じています。

c0347597_13094267.jpg
↑こちらは、ドイツのシュタイフ社が1904年頃に作ったとされるピーターラビットの人形。
作者のビアトリクス・ポターはこれを見てがっかりし、「とても、不格好です。靴と、コートの色合いも、すごく嫌な感じです」と話していたとか。
アメリカでも原作とはかけ離れた絵で海賊版の本が出版されたりしました。

これはピーターラビット以外でもある事ですが、原作が売れて人気が出ると、作者の意に沿わない形でキャラクターが独り歩きしてしまう事態が多々あります。
ポターはピーターラビットの人形やゲームなども作り、原作の世界観が荒らされないよう商標登録などもして、細心の注意をはらっていたそうです。
ウォルト・ディズニーからの「ピーターラビットの映画を作りたい」という申し出も断ったそうです。もしも承諾していたら、今頃『くまのプーさん』みたいになってしまっていたかも…。
目先の利益よりも、愛着のあるキャラクターのこれからずっと先の事まで考えていたポターの先見の明に感心します。
原作の良さを伝えていく姿勢が、根強いファンが増え続けている理由でもあると思います。

手を広げ過ぎるのは良くないと、あるべき姿勢を示してくれているかのようです。
最初は好きで貴重な存在だったキャラクターも、あちこちに(時には変な絵になって)グッズが溢れてしまうと、途端に価値が下がるというか、「もう要らない」という気持ちになります。


テレビや雑誌、SNSなど…どこを見回しても、過剰な宣伝広告で溢れています。
食べ物でお腹いっぱいになる以外にも、要らない情報で「お腹いっぱい」状態になってしまいそう。


いろんな意味で何事もほどほどが良い、と思う今日この頃です。


お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2017-05-01 15:54 | 日常のこと | Comments(0)