人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

もう一度会いたい香り

c0347597_15032632.jpg
絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





小学校の夏休み、やっと後1日となりました☆

昨日の雨を境に今日は涼しくなったので、宿題も無事終わって「図書館へ行きたい」という次女の希望に添って、何か月振りかで図書館へ行って来ました。

美術書などと一緒に、読んでみたかった小説を借りました。

映画化もされたパトリック・ジュースキントの『香水』です。

まだ前半までしか読んでいないのですが、冒頭から凄まじい臭いの描写のオンパレード(~_~;)
敢えて「臭い」と表現した方が相応しいほど、18世紀のパリは様々な悪臭で満ちていたとか。

それは身分にも関係なかったよう。
かのヴェルサイユ宮殿も、男性たちが壁に向かって用を足す習慣から悪臭が漂い、所々が朽ちていたと何かで読んだ事があります。要は不潔でもあまり気に留める人はいなかった時代だったのでしょう。

フランスで香水が発展したのも頷けますね(-_-;)

物語の主人公であるグルヌイユには、生まれながらに匂いがありません。
彼自身は一切の匂いも持ち合わせてはいないのに、どんな遠くの匂いも嗅ぎ分ける程の、類稀なる鋭敏な嗅覚の持ち主として誕生します。

不潔な環境の中でそんなに嗅覚が発達していたら日常生活に支障をきたしそうですが、
グルヌイユはその嗅覚で彼の一生を左右する程の芳しい匂いの元を嗅ぎ分け、知ってしまった事でそれを追い求めていきます。


c0347597_15102393.jpg
私には、忘れられない、もう一度会いたい香りがあります。

それは1993年頃にクラランスから発売されていた“エリジウム”。
(1番上の写真がそうです。※画像はお借りしています)

「至福の楽園」をイメージした香りだそうですが、私のつけた感じではじわ~っとした温かさがありながらくどくない香り、
それをシャワーのように浴びているようなイメージでした。

上手く言えないのですが、とても心地良かったのです。

私が持っていたのは、クラランスのカウンターでもらった小さなサンプルのみ。
いずれ買おう、なんて思っているうちに限定販売だったため、販売が終了していたのです(´・_・`)

このエリジウムを忘れられないのは私だけではなく、廃盤後も探し続けているファンが多いそうです。



気に入ったものは何故 廃盤が多いのでしょう。
好きだった香りのシャンプーに限って、いつからか店頭に並ばなくなったり。

近頃 これ!といういい香りのシャンプーに巡り合う機会が少なくなりました。
いいな、と思うとお高かったり(´・_・`)

昔はもっと爽やかな香りもあったように思うのですが…。いつ頃からか、巷にやたらと甘ったるい、押しつけがましい香りが増えたように思います。

柔軟剤などのきつい香りもそう★衣服全体からプンプン匂いがしているのに、汗に反応してさらに香るともなればそれは香害です(>_<)

天然の不潔な臭いも嫌ですが、清潔感?を意識し過ぎる故の人工香料の匂い攻撃もたまったものではありません。

「さあ、嗅ぎなさい」という強制的なものではなく、良い香りはふわっと香るからこそ心地良く、また再び会いたくなるのでしょうね。


お読みくださり、ありがとうございました☆







by anandab4 | 2016-08-30 17:39 | 好きなこと | Comments(0)

シエラ産ブルーアンダラ・アヴァロンの入荷予定

c0347597_10214313.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)



本日は、アンダラクリスタル、2回目の入荷予定をお知らせします。

前回 アメリカの鈴木美保子さんの元から届けていただいたのは、クリア、シーフォーム、ブラウンたちでした。

次に届けてもらうなら、緑色が美しいマーリンなど色のはっきりしたアンダラをお願いしようかなあなどと考えていたのですが、鈴木美保子さんのブログでシエラ産のブルーアンダラを見てとても惹かれてしまいました。

その色合いの魅力について、こう語っておられました。(↓鈴木美保子さんのブログより。鈴木美保子さんのブログはこちら)

夏らしいすっきり涼しげな純正もののブルーです。アヴァロンのミステリーをたくさん内包していて被膜が輝いていたり、虹が出ていたり・・・それにこの深い青色!これをこそ、シエラのブルー、アヴァロンというんですよ!、と強調したいくらい深いブルーの色合い。間違っても、いま市場の99%を席巻している中国産の色つきガラスには出せない深い神秘的な色合いです。これ以下のものはブルーアンダラと呼んで欲しくない!というくらいの自信作(といっても私が作ったわけじゃなくて、シエラの大地が30万年かけて創り上げたものですけどね!)、そのくらい誇りを持って世に(おそらく初めて?)提供できる本物のシエラ産ブルーアンダラです。

私が届けていただくのは、上の写真の2つになります。(画像を送っていただきました)

写真ではクリアに近い印象ですが、きっと澄んだ透明感あるブルーなのだと思います。


c0347597_10221889.jpg
↑2つ並んだ写真のうち、向かって左側のブルーアンダラ。28mm。
c0347597_10223653.jpg
↑2つ並んだ写真のうち、向かって右側のブルーアンダラ。23mm。

ジュエリーにする予定なので、どちらも小さめです(^^)



鈴木美保子さんによると、このアヴァロンたちはおそらく他にはどこにもないもので、アンダラ世話人の鈴木美保子さんの元でずっと眠っていたのだそうです。

そして、メールのやり取りの中で「この後 アヴァロンたちを外に出すこともないと思われます」と仰っていました。



アヴァロンは静寂な安らぎ、調和、喉と第3の目のチャクラの活性化を助けてくれるのだそうです。

つい最近、私も身近な人(旦那さんではないですよ^^)に、ずっと溜め込んでいた思いを伝える機会がありました。

そういう意味でも、このアヴァロンに惹き合うものを感じたのかもしれません。


私の手元にやって来てくれるまでには1週間ほど掛かるかと思いますが、到着を楽しみに待ちたいと思います(*^^*)

到着したら、私の唯一の私物のアンダラ、アクアレムリアと色味の違いを比べてみたいと思っています。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2016-08-24 11:55 | アンダラクリスタル | Comments(0)

私のパワースポット・日切りのお不動さん

c0347597_06530964.jpg
c0347597_06550085.jpg
c0347597_06520228.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




一昨日、蒸された窯の中に居るかのような暑い自宅マンションに帰って来ました(-_-;)

またエアコン不可欠の毎日の始まりです★


そこでちょっと向こうでの楽しかった思い出を振り返りたいと思います(^_^)

写真の場所は、日切りのお不動さん。如意寺です。
子供の頃から田舎へ帰るとよく連れて行ってもらうお寺。
海に面した場所にある関西第七の花の寺です。
c0347597_06535717.jpg

↑鐘を突く私(次女撮影)。「撮ってあげる~」と写してくれました(^^)
c0347597_06560300.jpg

↑閼伽井(あかい)の水。眼を洗う事も出来ます。いつも洗わせていただいてるのですが、この日は水が出ていませんでした。
c0347597_06565440.jpg

↑海を挟んで向かい合う“かぶと山”。大文字焼きの跡が見えます。

お不動さんは緑いっぱいの、本当に美しいお寺です(*^^*)
どんな有名なお寺よりも、私にとっては来ると心がスーッと晴れる一番のパワースポットなのです☆彡

お正月以来で引いたおみくじも、大吉でした(^O^)♪

ちなみに不動明王は酉年の神様。
私の母と次女は酉年で、顔も性格もよく似たところがあります(*^-^*)



↓の写真は、田舎の家の庭で見つけた水晶。実物はもう少し透明に近いです。

何故 庭で拾ったかというと、庭には川砂を撒いてあるからです。

昔 田舎では水晶がよく採れたため、大勢の人が採りに来てほとんど無くなってしまったのだそう。
でも今でもこうして、川砂の中から時々見つかる事があります。最近 川掃除を手伝っていた男の子も、ひとつ見つけて宝物にしたのだとか(^_^)

子供の時 祖父が「カラスがくわえて持って来た」と畑で拾った大き目の水晶をくれました。中に虹色の部分もあり、気に入って持っていたのにどこかへ無くしてしまい、見つからないのです。残念(´・_・`)

c0347597_13595945.jpg
以上、自然の中で過ごした思い出いろいろを綴ってみました(*^-^*)



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2016-08-22 15:17 | 好きなこと | Comments(0)

恐怖の夜・ムカデ襲来事件

c0347597_08330263.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。





昨晩、恐ろしいものと遭遇してしまいました。

山や竹藪が側にある環境にお住まいの方ほどその遭遇率は高くなると思われる、それは…ムカデ。

これまでにも何度か見かけた事はありましたが、昨晩のは、もう、本当に至近距離だったのです。


私はお風呂を先に済ませていたので、食後の片付けも終え、すっかり寛いで長女とたわいもない話をしていました。

と、突然長女が「うわーっ!!」と立ち退いたので「え、何?」と私も反射的に足を引っ込ませたところ
それまで私が足を出していたちょうどその場所に、20cm近くはあるかと思われる巨大なムカデがガサガサと這って来たのです。

ぎゃーーーっΣ(゚Д゚)!!!

あまりの恐怖に、パニックになりながら「ムカデ出た!!」と急いで側でうたた寝していた父を起こしました。


ムカデを放っておく事は、死活問題です。逃げられたら、いつ何時また出て来て噛まれるかもしれないからです。
子供の頃「ムカデおったよ」なんて祖母に言うと(不思議と今ほど驚かなかったのですね^^;)、「まあ!何処に!?早よ捕っとかんと!!」といつも穏やかな祖母が必死になっていました。

昔の家は茅葺屋根だったので、今より高い頻度で出没していたようです。

祖母は見つけ次第、火鋏で掴んでおくど(釜戸)の火の中へポイッと投げ込んでいました。
生命力があるので、しっかり処分しておくためには燃やしてしまうのが一番なのだとか。

ちょっと気持ち悪い話になりますが、半分に切れたらそれぞれが反対方向に逃げていった…なんて話もあるぐらいですから(~_~;)


昨晩は父が新聞紙の束で叩いて仕留め、旦那さんがキッチンペーパーで包み、外で燃やして処分しました。


こちらに長く居れば居るほど帰りたくなくなるものですが、
初めて目にした恐ろしい光景に、次女は「帰りたくないな~、と思ってたけど昨日でちょっと帰りたくなったかも」と★


その気持ち、わかるわ~(^^;)

自然の中で暮らしたいけど、虫がダメな私。こればっかりは一生無理そうです"(-""-)"


空気も良くて美しい緑に囲まれた快適な環境ですが、虫の恐怖と隣り合わせの田舎生活。

が、住む人にとっては問題はもっと別のところにあります。

山の動物も下りて来ては畑の作物を食い荒らし、花は蕾から全部食べ、せっかく芽が出たばかりの球根も掘り返す。
あちこち柵で囲まなければならなくなり、景色は昔の在るがままの自然とは違ってきています。

人口が減って商売にならないので、購買車も来なくなりました。

病院が遠いので、元気で車を出せないと不便な環境でもあります。


父母もいずれは大阪へ戻る事を視野に入れているようです。
子供たちが田舎を満喫出来る今この瞬間は、私や姉がそうであったように、とても貴重な時間なのです。

そんな夏休みの貴重な時間も、いよいよ今日までです。


お読みくださり、ありがとうございました☆









by anandab4 | 2016-08-19 11:17 | 日常のこと | Comments(0)

他の誰かでない自分で

c0347597_13205060.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。




昨日の早朝に姉一家を見送りました。
いとこ同士大きくなっても変わらず仲良しで、賑やかな姉一家が大好きな子供たちは寂しそう。

私も(´・_・`)
離れて住んでいるのはもちろん、互いの予定も合いそうでなかなか合わせるのが難しかったりするからです。

そんな状態なので、結婚して間もない頃は比較的長く共に過ごせるお盆休みは、とても貴重で待ち遠しいものでした。

子供たちが生まれてから、状況は少しずつ変化していきました。




いつもシャキッとしていて、悩み多く子育てに奮闘しながらも、はっきりと自分の意見を持って行動出来る姉。

そんな姉が眩しく、
「お姉ちゃんは本当によくやってる。あなたもあれぐらいでないと」と、両親に比較するような事を言われては、落ち込む私。

私だって一生懸命やっているのに。

私も姉のように、テキパキと主張し行動して認められたい。

そんな想いだけが先走り、「今度はこう言われないようにしよう」、「今度はこうしてみよう」、「今度こそ!」と
変に肩に力が入り、空回りを繰り返すようになっていきました。

身構えて家族との再会に備えるようになっていったのです。


ヒーリングを学んでから自分自身を少しづつ客観的に見られるようになっていき…。
ここ数年で、私は家族(特に父)の価値観を通して自分自身をジャッジしていた事に気が付きました。


そこを理解したら、
自分が今 幸せであるとかそんな事は自分が心からそう思えて、わかっていたらそれでいい。
独りよがりになるのではなく、ただ自分が大切にしたい軸をしっかり理解して持っていればいい。
それを周囲に認めさせようとする事は必要ないんだ。
そう思えるようになりました。


今年、今までで一番ゆったりとした気持ちで家族との再会を喜べている自分が居ます。

母からも、「今が一番幸せ♡」という言葉を昨日の会話の中で聴かせてもらう事が出来ました(^_^)
「私と同じ気持ちだ!」と嬉しくなりました(*^^*)

子供たちもそれぞれが自分の在り方を確立させてきていて、成長を感じました☆

姉とお義兄さんも、いい感じみたい(*^-^*)



昔の迷走していた自分を振り返って今、思うのは

誰かの価値観で行動しようとしないこと
誰かのようになろうとしないこと
周囲の評価を気にして認められるように振る舞おうとしないこと

これをしてしまうと、どんどん自分の軸が無くなっていき、すればするほど格好悪い自分になっていき、結果 自分が嫌いになってしまう。
という、悪循環を繰り返してしまうということです。

私は子育てにおいて、どんなに頑張っても姉にはなれないのです。

私には私に合ったやり方があり、それでいいんだと自分で認めてやる事が必要だったのに。

コンプレックスの塊だった私には、「自分は自分でいいんだ」と言い聞かせようとしても、頭ではそれをわかっていても、どうしたら心からそう思えるようになるのか、なかなか腑に落ちなかったのです。


(仕事や肩書などの面で)何者かに成ろうとする事をやめて、ただ私としてここに在ることを幸せだと感じられるようになった今になって、それらがやっと腑に落ちました。




写真は田舎の玄関に飾ってもらっている短大時代の私の油絵です。
タイトルは忘れてしまいました(^^;)

お読みくださり、ありがとうございました☆









by anandab4 | 2016-08-15 16:01 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)

熱い夏休み

c0347597_14040679.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。





昨日から田舎にて家族全員揃っての夏休みに入りました。

父母、姉一家と分家のミーちゃん(写真↑寛いでいます^_^)も一緒に☆

こちらは抜けるような青空の下、空気はいいですが遮るものが無い分、日差しが痛い!

赤くなるまでもなくいっぺんに焼けてしまう肌質である私は、要注意です(ーー;)


そして身長180cmを超す甥っ子のハグで、更に熱い夏休みとなっています(^▽^;)

160cm足らずの私が小さな甥っ子を抱き上げていた日が遥か昔のことのよう。


アルバイトを始めた話も聴かせてもらい、大きくなったな~と感無量です(:_;)


山際なので、朝晩は寒さを感じるぐらいに涼しくなります。

そして、やっぱり電波届きにくいです(^^;)



そんなこんなで暫くの間、ブログは時々更新しつつ、SNSから距離を置いた日々を過ごす予定です☆


お読みくださり、ありがとうございました☆











by anandab4 | 2016-08-12 14:39 | 家族のこと | Comments(0)

屋号と名前

c0347597_13090212.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。






会社やお店を立ち上げる際、又は個人で商品やサービスを提供する側として活動を始める際、「屋号」(法人の場合は商号)が必要となりますね。

名前は必要なもの。
「名前を付ける」時は、そこにたくさんの願いや期待、希望が入ります。まるで子供の名付けのようですね(*^^*)

子供の名付けには、私も気合が入りました!

これだけは外せないという一番の条件は、ありふれていなくて、且つ誰でも読みやすい名前であることでした。

自己紹介をした時に「何て?」と訊き返されたり、読み方が謎、性別があやふやでどちらか分からない…など紛らわしい名前だけは付けまい、と心に決めていました。そんなところで無駄な労力を使わせたくなかったからです。何だか、出だしからつまづいてしまいそう。

何より毎回 読み間違えられたり訊き返されたりしたら、しまいには自分の名前が嫌いになってしまいそうです★

かくいう私も、名前はともかく旧姓が何度も訊き返されたり、間違われる苗字だったため嫌いだったのです。今の方が、しっくりきている感じ(*^_^*)


そしてもう一つ重視したのが、画数です。画数は大事です。

総画数だけでなく、苗字との兼ね合い、あらゆる画数を綿密にチェックしました(結婚したらまた変わりますが^^;)
どうせなら前途洋々な名前を付けたい。これも親心(?)です。

そして二人共、共通の付けたかった文字がお揃いで一つ入っています(^^)

特に長女は、自分の名前をとても気に入ってくれているみたい(*^-^*)


…と長くなりましたが、、ここまでは子供の名付けについての私のこだわり部分です。


商品の名前では、響きも重視されるようです。法則と言った方がいいでしょうか。

たとえばお菓子の名前は「パピプペポ」が入っている方がヒットするのだとか(^^)

「ポテトチップス」、「ポッキー」、「ぷっちょ」など、そう言われると確かにヒットしたお菓子の商品名には「パ行」がよく使われていますね(^^)
どこかPOPな響きがあるといいのかも。


でも、「屋号」となると、ちょっと違ってきます。
願いや響きだけでなく、活動内容に繋がる意味なども込められている方が、より良いのではないでしょうか。

或いは、その屋号から活動内容がイメージ出来るような、シンプルで分かりやすいものなど。


私の屋号はANANDA(アナンダ)です。
屋号の由来についてはこれまでにも書いた事がありますが、古代ヒンドゥーの原理「サット・チット・アーナンダ」より「無上の幸福」を意味する“アーナンダ”からもじって付けさせてもらいました。

どういう事をしていきたいのか、と思った時
絵画やジュエリーなどを制作して、人に届けたい。私の制作したものを届ける事で、手にした人の幸せの後押しが出来たら。
そういう想いがあったからです。そこで、「至福」を意味するANANDAがいいと決めたのでした。

他には、“全ての音の始まり”と言われる「あ」の文字から始まる屋号にしたかったから。その条件ともピッタリだったのです。


先程触れた画数についての考え方は、屋号にも当てはまるのだそうです。

業種によって若干変わってくるのですが、
全般的に1、3、5、6、7、8と、その系列数が良いとされている吉数であるようです。

私の屋号はカタカナでもアルファベットでも〈吉〉の部類に入るようです。
ご自分の屋号の画数が気になられる方は、調べてみてくださいね(^^)


↓こちらは、子供たちの名前を考える際、新たに購入した本
c0347597_21463560.jpg
↓こちらは、短大時代に友達から譲ってもらった本。この野末陳平さんの姓名判断は、周りの人を当てはめてみると不思議とピッタリ当たっていて、面白かったです(^^)
現在の私の総画数は確か「独立独行運」。よく言えばマイペースです。元々群れで行動するのが嫌いなので、ちょうどいいかも(^-^)
c0347597_21462399.jpg
ちなみに、田舎の母の実家の屋号は「どんど」だったそうです。

現在は余所の家の敷地になっている場所に小さな滝があるのですが、実家は昔ちょうどその場所に在り、後に今の場所へと移動したのだとか。滝の側に在るから「どんど」。分かりやすいですね(^_^)

普通の家にも屋号があったとは知らなかったのと、家が昔は別の場所に在ったと知らなかったのとで、意外なエピソードでした。

所在地の特徴を表すものだったのかな?

例えば同じ苗字だったりする場合に「あの辺の…。えーと、どう言ったらいいかな」となった場合にも「どんどの○○です」と言えば「ああ。どんどの○○さんね」と通じたりして、会話が成立したのかな?なんて考えたのでした(^^;)



以上、屋号と名前についてのあれこれを書いてみました(^_^)


お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2016-08-09 06:46 | 日常のこと | Comments(0)

ノルマをこなして

c0347597_13090212.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。







夏休み前から「絶対行こうね!」と催促されつつも、嫌だなあ~、気が進まないなあ~、おまけにお腹の調子も悪い…とずっと引き延ばしていたプール行き。

昨日、やっと決心して行って来ました(^^;)


今年は○パワールドのプールはやめて、違う屋内プールへ行こうという事になりました。

あの辛うじて水につかるだけの、プールとは名ばかりの身の置き場のない環境に、さすがに懲りたからです。

更衣室も日によって男女で階が入れ替わったりとややこしかったし、スライダーも入場料とはまた別料金でした。

…と、やたらとダメ出ししてしまいましたが(^^;)


昨日行った所も○パプーと同じくオープン前から並んで入ったけれど、中の混雑具合が全然違う!

平日だった事もありますが、最初は人がほとんどいない状態。
これまでものすごい人混みが当たり前のようになっていた分、一瞬目を疑ったほど(^^;)

空いているうちに、次女はお父さんから苦手な平泳ぎのコツを伝授してもらっていました(*^-^*)

流れるプールも楽に進めて、スライダーもチャレンジし放題。
ビーチボールで遊ぶスペースも確保出来て、大喜びの次女でした(^O^)♪


天井のUVガラスもしっかり日を遮ってくれている感じで荷物を置く椅子も確保出来たので、ちょっと遊んだ後 座って見ている私もうんと楽でした。


それにしても、ちっちゃい子の水着姿の可愛いこと(*^^*)

よちよち歩きなので、ひっくり返らないかとちょっとヒヤヒヤしますが(^▽^;)

小学生ぐらいの子たちは「走らないでね~」と管理員のお兄さんお姉さんに言われていました☆
早くいろんな所を回りたいばかりに、プールサイドをつい走ってしまう子供たち。


館内はタトゥー禁止と、撮影禁止が入場前から放送や注意書きで再三呼び掛けられていました。

見つけ次第退場願いますとの事なのでタトゥーをこれ見よがしに入れているような人はさすがにいませんでしたが、

やたらとスマホで記念撮影をする大人たち…(ーー;)
つい…ではなく確信しているだけに、何度注意されてもやめない姿は子供たちより手が掛かりそうでした(-_-)


防水カバーをつけたスマホを手に、画面を見ながら流れるプールを進む人も。
そうまでして片時も離したくないのか…と執念のようなものを感じました(-_-;)


そのような「うーん…」な光景もありましたが、次女の笑顔がたくさん見られた今年最初のプール行きでした(^^)


更衣室のシステムがややこしくないので、次回はお父さんと二人でも行けるとのこと、助かります(^-^)


何とか無事に、ノルマ完了です!(^^)!
(大袈裟か)


お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2016-08-06 14:52 | 家族のこと | Comments(0)

男の子って面白い!?

c0347597_10290173.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)


〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。




8月に入り、朝エアコンの効いた和室から出た瞬間、うだるような熱気に襲われる季節がやって来ました(-_-;)

子供時代にはレアだったはずのクマゼミがいつの間にかその勢いを増し、巷に溢れかえるようになり…。
デカい上に、鳴き声も騒々しい。何でこんなに増えたのか…。

蝉の声はやっぱり、田舎で聴くヒグラシに限ります☆


小学生の頃、男の子たちとの蝉捕りが楽しかった私の育った家系は、どちらかというと女性が多いです。

芯の通った女性が多く、女性が元気な印象です(^_^)


自分が結婚したら男の子を産むかも、と思っていた私も女の子二人の母。


男の子とよく遊んでいた、というのと男兄弟が居るのとでは、環境からして全然違うと思います。

姉は結婚後男の子を授かりましたが、女の子しか育てていない私には、男の子はどう接したらいいのか分からない謎だらけの存在。
その予測不可能な行動などから、大人になって独身の頃は特に、小学生ぐらいの男の子が苦手でした。

でも最近、小学生ぐらいの男の子って面白いなあ~と見ていて思います。あくまでも見ていて、です。子育てとなるとまた違うかもしれません(^^;)


例えば、放課後に次女を歯医者さんに連れて行くため、学校前で子供たちが出て来る様子を見ながら待っていた時。

自転車に乗ったおじさんに、不意に「この辺にホームセンターありますか?」と道を尋ねられました。

方向音痴の私は、道を教えるのも苦手。それなのに、よく道を訊かれるのです。
(みんな私に訊かないで…*_*;)

と、すぐ側にいた男の子が「ホームズ?ホームズやったら、そこ曲がって…」と唐突におじさんに道案内を始めました。

助かった…!

と同時に、その引き継いで答えてくれた口調があまりに自然で的確だったのが面白くて(^^)

その子はごく普通におっちゃんに道を説明して、帰って行きました。


男の子はほとんどの子が動きも何だかランダムで、急に遊び始めたり、スムーズに大人しく帰る子は稀な感じです。


行動範囲が無限に広くあるようなイメージです。


よく思春期になると男の子は口数が減っていくと聞きますが、あの子たちもそうなんかなあ~と
妙に感慨深い気持ちになります☆



昨日は次女の希望で、二人でデートをしました(^_^)

次女と二人であらたまってカフェに入ったのは初めて。

ガトーショコラが食べたかった次女もグリーンスムージー好きの私も満足♪でしたが、帰宅した後 私は結構なデトックス状態になったのでした(^^;)


「女の子はデート出来ていいね~」とよく言われますが、最近はお母さんと仲良くお出掛けする20代男性が増えているのだとか…。

仲が良いのはいい事だし個人の自由なので否定はしませんが、私はちょっと違和感を感じます★


男の子だと溺愛してしまいそうな分、仲が良い程 何だかお嫁さんに取られるような気がしてしまうかも?

そういう面でも、客観的に見られる女の子で良かったなあと思う私です(^^;)



次女が初挑戦で作った羊毛フェルトのクマちゃん↓

Facebookのタイムラインで悲惨な姿に仕上がってしまった羊毛フェルトのマスコット例を見た事があり、難しいのでは…と思っていましたが、意外にスラスラと形に出来ました(^^)

昨日も100均ショップで色とりどりのフェルト生地を選んでいた次女、今度は何を作るのでしょうか(^▽^;)

c0347597_10284303.jpg
お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2016-08-03 12:48 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)

写真からの情報・商品画像と気づかなかった事実

c0347597_13090212.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)


〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。






手作りサイトに出品する際、やはり重視すべきは商品画像だと言われています。

一眼レフカメラで作品を撮影すると、断然綺麗に撮れるし、雰囲気も全然違うのだとか。

何しろ、画面の前のお客様に直接商品に触れてもらう事が出来ない分、画像と文章のみで如何に的確に商品情報を伝えられるか、が要なのですから。

あと、出品に審査がある場合などは画像が美しいことは必須で、商品の魅力が伝わるように撮影する事がいつにも増して大事になってきますので、そんな場合にも一眼レフカメラは威力を発揮するのでしょう。

素敵な商品画像には、たくさんの利点があるようです☆彡


でも、写真が美しいことは、必ずしもいい事ばかりではないようで…。


インターネットを通じたお取引をされている方の中には、商品を受け取ったお客様から「画像が素敵過ぎた分、実際に手に取ってがっかりした」と思われる事もあるようです。

そんな風に返されてしまっては、一気に凹みそう(>_<)

画像を通して伝える場合、割り増し過ぎても実物とかけ離れていて逆効果だし、かと言って写真で損してしまうような写りだとせっかくの魅力が伝わらず、もったいない。

頃合いって難しい★


そんな画面を通したお取引をしている身としては、実際に商品をお届けするまで緊張が続きます。

私自身、クリスタルも絵画も、画像より実物の方が断然輝いていて美しい!という思いはあります(^_^)

けれどやっぱり、どのような物でも人によってそれを見て・手に取って、どう感じるかは違います。

それは必ずしも、私が感じている通りではないのです。

そういう事情から、発送しました。終わり。ではないのです。


だからこそ、「画像で見るより綺麗で、気に入りました!」と言っていただけると、心から嬉しく、とても感激なのです☆彡


昨年 iichiの写真を見直し、撮り直し作業をしてから、ほぼ同じ雰囲気で商品画像の撮影をしています。

改善点は捜せばいくらでもあるのだと思いますが、私の場合は午前中に自然光の中で撮影することを心掛けています。

ちなみにカメラはデジカメです(^_^)

撮ったその場ですぐ確認出来るのがいい。


ジュエリーもそうですが、絵画は特に、写真と原画とでは輝き、鮮やかさが全然違います。

ジュエリーは上記の撮影方法である程度美しく撮れますが(あくまでも私の基準です)、絵画ばかりは、その輝きを捉えるのが本当に難しい!

絵画はやっぱり、本物を観てもらってこそ伝わるものがあるのだと思います。


****


5月の二人展で、来場くださった方たちと一緒に撮った写真を見て、ある事実に気が付きました。(二人展開催中は掲載許可をいただいた方との写真もいくつか載せていましたが、終了後しばらく経って掲載を最小限に抑えました)

共に写真に収まった誰よりも、私は背が低かったのです。

私の身長はギリギリ160cmに足りないぐらい。そんな自分を、ずっと平均で割と高い部類に入るのではと勝手に思っていました。

この人よりも自分の方が背が高いだろう、と思っていたのも、勝手な思い込み。実際は逆だったのです。
(初音さんより低い、というのはわかっていましたよ!)

写真は紛れもない真実を写し出しますね(◎_◎;)
それぐらい写真でなくてもわかるやろ、という話ですが…。

大丈夫か?私…(?_?)こんなことだから、車間距離が掴めず、運転免許もペーパーで来ているのだな。



以上、写真にまつわる情報と現実のお話でした(^^;)


お読みくださり、ありがとうございました☆








by anandab4 | 2016-08-01 15:11 | 日常のこと | Comments(0)