人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鳥さんカード

c0347597_13330493.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





ジュエリーをお渡しする際に添えるメッセージカード。

これまでは、長年のお付き合いになる友人に印刷をお願いしていました。


友人との出会いは中学時代。

音楽の趣味が合ったのがきっかけとなり、親しくなりました。

当時から服や持ち物のセンスが良く、周りと少し違った独自のものを持っている彼女に出会い、私はそれまでの交友関係にはない刺激を受けたものです。

高校卒業後 お互いに違う進路に進んでからも、友人とは、手紙で近況を伝えあったりしていました。


友人が難波に古着屋さんを開いてから、また度々会えるようになりました。



“鳥さんカード”は、最初から ジュエリー用のメッセージカードとして作られたものではありません。


手作り仲間とのロハス出店時にノベルティグッズを用意する事になり、
私はミニカードを担当する事になりました。

その時 印刷を引き受けてくれたのが、友人でした。


服飾を学んだりデザインの仕事も経験していた彼女なら、と私が預けたのは手描きの鳥の絵柄1つだけ。


具体的なイメージなどはなく、ほぼお任せ状態だったのですが、シンプルでいい雰囲気に仕上げてくれました(*^^*)


そうして誕生した鳥さんカード。


クリスタルジュエリーを作るようになってからは、ジュエリーのタイトルとメッセージを書いて添えるメッセージカードとして
使うようになりました。

インク代のみのお支払いで印刷してもらっていた鳥さんカード、

最近 とうとう在庫が無くなってしまったので、データを送ってもらう事にしました☆

我が家がやっとプリンターを買えたのと、友人の本業は印刷屋さんではなく古着屋さんのオーナーさんだからです。

お店のオープン当初より常連さん・新規のお客様共に増えて海外への買い付けや商品のメンテナンス・品出しなどに追われている友人に甘えてばかりはいられません☆


写真は、送ってもらったデータから早速印刷してみた鳥さんカードです(*^-^*)


コクヨの『合わせ名人』がメンテナンス中な事に気づかず変形がかかってしまったりとちょっと手こずりましたが、
何とか無事に印刷成功…。


切り分けたら完成です。


これからも全てのジュエリーに、この鳥さんカードが添えられます(^^)



お読みくださり、ありがとうございました☆







by anandab4 | 2016-02-29 06:03 | 友人のこと | Comments(0)

「変なもの好き」と言われる私

c0347597_08255272.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)



私の家から徒歩圏内に、イオンモールがあります。

店舗の入れ替わりが頻繁にあるため、輸入画材や文具を取り扱っているお気に入りのお店などはオープンしても割とすぐに閉店してしまいます(-_-)

似たような服のお店ばかりなのであまり行きたいとも思えず、ここ何年かはすっかり足が遠のいていますが、

子供たちが小さかった数年前は、サンリオやジブリのグッズ専門店によく付き添っていました。


ジブリグッズの『どんぐり共和国』は大人が見てもなかなか面白いお店でした(^_^)


ポニョの“妹いっぱいセット”(ネットの中に小さなポニョの妹たちがいっぱい^^;)など500円ぐらいのものから本格的に作られたオルゴールや腕時計など高めのものまで、品揃え豊富。くまのがっこうグッズなども置いていました☆

そんな中で私がとても気になったのが、小さな瓶入りのシーモンキー。

シーモンキー…だったと思います。小さなエビのような姿をして、毬藻と一緒に入れられていましたから(^_^;)

そんなシーモンキーが、水の中でチョロチョロ動き回っています。


か、かわいい…(*^_^*)


「見て!これ、可愛いと思わん?」と子供たちに見せると、「お母さん、買ったら?」と長女。(今なら、絶対言わないセリフです。現在の長女は魚など水の中の生き物が何故か苦手です)

説明書きを読んでみるとほとんど世話は掛からないようでしたが、何と言っても我が家は夏場は猛烈な暑さ(~_~;)

帰省中にお亡くなりになるかもしれません。

「うーん…」と迷ったあげく、買わずに保留。

そうこうしているうちに、お店も閉店★


私は子供の頃、いろんな生きものたちが大好きでした。


小さい頃はカエル、特にとのさまガエルが大好きで田舎に帰ったらすぐに網を持ってザブザブと川の方へ入って行ったりするので、危ないからと祖父が急いで後を追ったとか

夜中に虫籠からカエルが跳び出して大騒ぎだったとか

夏は主に魚やサワガニもよく捕まえました。


こちら大阪では男の子たちとザリガニ、蝉、トンボ、カマキリ、バッタ、クワガタなどを捕りに行ったり、
家でアゲハ蝶を幼虫から孵化させて、外の世界へ帰したりしました。

ヤドカリが飼いたくて、父があちこちのお店を探してきてくれたことも(^_^;)


主に大阪では金魚とセキセイインコを飼っていました。
水槽と鳥籠の掃除は私の仕事です。

本当は猫を飼いたかったのですが、大阪ではそれは叶わず…田舎で飼いました。
猫にとっても、空気も良く自由な田舎の方が幸せです。

子猫を1匹譲って貰って連れて帰ったのですが、残った兄弟たちは皆早くに亡くなったのだとか。



大人になった今は昆虫・爬虫類(カエルは両生類ですね)などはすっかり苦手になってしまいましたが、
金魚・インコ・猫は今でも好きです(^_^)♡



そんな私がシーモンキーについて語るのを聞いていた旦那さんに、

「変わったもの欲しがるなあ。子供の頃のヤドカリとか」と言われてしまいました(-_-)


シーモンキー飼育は叶いませんでしたが、
水の中の生きものを眺めるのって楽しいな~と思います。


10年前に須磨水族館で買ったクリオネストラップも、変わらず私のお気に入りです(*^_^*)




お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2016-02-27 08:32 | 好きなこと | Comments(0)

新しい自分への一歩・奇跡の法則の絵 応用クラス

c0347597_11051413.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





昨年末から、私の中で表現する事へのいろんな想いが湧き上がってきていました。

自分にしか描けないものを描きたい。

自分にしか表現出来ない世界を創りたい。

そんな想いが根底にあり、
これまでより更に学びを深めるため、奇跡の法則の絵の応用クラス受講を決めました。

そうして描き始めた1枚目。

描きながら、いろんな自分に出会いました。

それは絵の中のことでもありながら、同時に私自身の心の中のことでもありました。


描きたいように描けない不自由さも感じました。


今までのような、私の「好きな顔」が描けない。

こんな「顔」は好きじゃない。


でも、信じて描く。信じて、対話しながらひたすら描いて…。


私の大切な存在も絵の中に現れてきた頃、少しずつ愛着を感じるようになっていきました。

それでも、描いていく作業は「何が出てくるかな?」というワクワクよりも、今までの自分らしさを出せない苦しさの感情を強く感じました。


これまで自分で作っていた殻を脱ぎ捨て、
評価などにこだわらない、あらゆる概念から抜け出た私だけのオリジナルの世界を創ることに憧れていたのに、
今まで居た所から抜け出すのが、いざとなったらこんなに怖いと感じるなんて。




何度も全体を見て気になる部分を描きながら解放していき、仕上がった時は…今までになくドッと疲れていました!


出来上がった絵に対してやっと愛おしさを感じる事が出来たのは、そのメッセージを聞いてからでした。


この解放は1枚では終わらないので、まだ続きます☆
(写真は、下地絵の一部分です)


お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2016-02-24 11:27 | 絵画 | Comments(0)

ブログ編集作業

c0347597_16351810.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)



ブログを書き始めた頃、自分の活動内容をいかに分かりやすく伝える事が出来るか
がまず第一の課題でした。

私自身の捉え方が今とは違っていたなと感じる箇所があり、時にそんな“気になるところ”に修正を加える事があります。

先日も、やり始めたらすっかり編集作業に没頭してしまいました(-_-;)

昨日も大半の時間を編集作業に費やしてしまい、更新も出来ずじまいでした★

初期は本当に手探りだったので
どのくらいのテンションで書いたらいいのか、など文章ひとつをとっても試行錯誤していた形跡が残っています。

実験的に文字色を変えてみたり、字の大きさを変えてみたりしていた箇所もありました。そして、動く絵文字…最近はほとんど使っていません。過去記事でも多いと感じた箇所を減らしました(-_-)

いろいろやってみたかったんですね。


「1日に3記事をアップする」などブログノウハウでよく言われていますが、それをしようと思った事はありません。

自分に合う方法は、やってみようと思える事からやってみて
合うかどうか、継続出来るかどうかを判断していくしかありません。

いくら手探りだったと言っても、「良し」と言われている事を片っ端からやってみようとは思えませんでした。



明日絵画の新しい技法の最終段階を学んだら、いよいよ制作が佳境に入っていきます。

更新ペースも変わってくるかもですが、自分に合ったペースで続けていきたいと思います(^_^)


そこで、今日のうちに雛人形を出して飾ろうと思います(遅い)

お内裏様とお雛様のみであるにもかかわらず雛台だけでかなりなスペースを要するため、毎年結構なプレッシャーですが今年は次女がはりきって手伝ってくれるそうです(^_^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆













by anandab4 | 2016-02-21 07:38 | 日常のこと | Comments(0)

幸せは主張するものではない

c0347597_16351810.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先々週辺りから、小学校で学級閉鎖になるクラスが増加中です★
次女の隣のクラスも、先週なったばかり。

今週から次女のクラスにもインフルエンザを発症する子が出始め…。次女も咳をし始めました(~_~;)

熱はいたって平熱(むしろそれより低過ぎるぐらい)ですが、余りにも急速な大流行ぶりにヒヤヒヤものです★


来週は絵画制作の学びの最終段階を控えているので、無事に乗り切りたいところ(^^;)




そんな最近、用事をしながらとめどなく考えを巡らせていたら、「幸せは主張するものではないんだな」と思うに至りました。(私は掃除機をかけながら考え事をする癖があります)

幸せの定義は人によって本来違うはずです。

なのに、世間一般で言われている「幸せの形」や周囲の人(家族や友人など)の「こういうのが幸せだ」という考え方に振り回されたり、左右されてしまったりします。


私は、長い間 家族(両親、姉)の価値観が一番正しいと信じていました。


家族の言っている事が一番まっとうだから、家族が「これはこうなんじゃない?」と言ってくる事はそうなんだ、と
そのままを旦那さんに伝えて険悪になったり。

家族が自分の事を一番理解して大切に思ってくれているから、その家族の意見が自分にとって最も為になるのだと信じて疑わなかったのです。

もちろん、間違った事を言われていた訳ではありません。

でもそれは、あくまでも家族の目から見た私たちに宛てた意見であり、主観は家族のものであって、私のものではありませんでした。




家族の意見を尊重して旦那さんと険悪になる…という同じパターンを繰り返し、どうしてこうなってしまうのか考えてみたら…。

私が自分なりに考えて判断する事をせず、そのまま言われたままを旦那さんに伝えてしまう姿勢に問題があるのだとやっと気が付いたのです。

その時から、自分の視点で、自分の思う真実を尊重する事を誓いました。


そんな時期を経て、ようやく心からの幸せを感じられるようになり、
それと同時に「だから、何か意見されてもこれが私の幸せなんだと主張しなければ」とどこかで意気込んでいました。


以前の記事でも少し触れたように、実際 帰省の際などに家族との間でそんなやり取りがありましたが…。

私が「今が一番幸せなんだよ」と言ったところで、家族の私を見る目はほとんど変わりなしでした。

そこから来るモヤモヤは、私の中にずっとくすぶっていました。


そして、ここからが最近思ったこと。


でも、私は何で主張しなければ!と思ったんだろう?

そもそもそれではまるで認められるのを待っているかのよう。

認められたいという気持ちを持ち続けるということは、結局私が主体でないということ。

家族の価値観で私を見、家族の判断を基準としている状態が続いてしまう。

私が本当に幸せだと感じているのなら、それを主張する必要はないんだ。


私がそう(幸せだと)感じていること、その真実があればいいんだ。



そこまで考えて、やっとモヤモヤが晴れました(^_^)


会えば、また意見が違う事もあるでしょう。
でもここを理解出来ていれば、もういたずらに虚勢を張ったり身構える必要はないと思います。

私の幸せの定義は、私の中にあると思うからです。



お読みくださり、ありがとうございました☆








by anandab4 | 2016-02-17 14:46 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)

心配のエネルギー

c0347597_10120770.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





今年も2月に入り、先週は特に、子供たち関連の内容の濃い週でした。


まずは、勉強大嫌い!の長女の入試から。

中学生になってから、精神的なものからかアレルギーや貧血の症状がひどくなり、朝はなかなか起きられず…。

寄り添うべきか突き放すべきか、悩みながら接してきた3年間でした(>_<)


それだけに私は、不安定な状態でこの時期を迎えてしまった、と感じていました。


試験後の娘の「出来ひんかった…」はよくある「もー、全然あかんかったわー」みたいなノリとは違う本当に悲壮なものだったので、私の心配レベルも否応なしに上がってしまいました"(-""-)"


そうして、発表の日。遅れた通知を待って まる一日が過ぎ…。
次の日の朝に届いた結果は、何とか〇(^^)


25年以上前の、自分の合否通知を待つ時の何倍も緊張した2日間でした(-_-;)


まだ来月にも試験を控えているので、気の抜けない日々は後もう少し続きます☆




そんな通知が届いた日は、次女の参観日でもありました(^_^)


10歳を迎えた子供たちの“2分の1成人式”を兼ねた内容の参観です。

次女は発表を控えて緊張していました☆


先生の打ち出したコンセプトは、「親を泣かそう(感動させましょう)」(-_-;)


もらい泣き専門の私は、泣く予定ではなかったのにまんまと周りのお父さん・お母さん方の涙にのまれ、つられて泣いてしまったのでした(T_T)


中でも子供たちの歌に合わせて1人ずつメッセージカードを掲げた姿を映し出していくスライド演出には、いっそう涙を誘われました。

みんな、お父さんやお母さんへの「育ててくれてありがとう」「ご飯を作ってくれてありがとう」などの感謝の言葉を思い思いに書いています。


次女からは…「いつも心配してくれてありがとう」。いい笑顔です(*´▽`*)♡


(*´▽`*)…。


私の気持ち、ちゃんと伝わっていますね(^^;)

心配のエネルギー、ちゃんと伝わっていましたね★しかももれなくキャッチしていましたね。


……。


心配と緊張で始まり、心配と緊張で終わった1週間でした。


出来ればこれからは、心配でなく、安心のエネルギーを送ってあげたいです(何度これを誓ったことか^▽^;)



****

写真は長女の早起き希望のメッセージ。
夜更かしで眠気眼で書いたものと思われます。字を書き間違っていますね★

実際に起きたのは、7時(-_-;)



お読みくださり、ありがとうございました☆










by anandab4 | 2016-02-15 13:14 | 家族のこと | Comments(0)

一緒に居る事の意味

c0347597_06031907.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




今日は、ちょっと思い出した昔のエピソードに基づいたお話になります(^_^)


結婚式を控え、新生活の準備に入る頃。

この時期は夢がいっぱいでワクワクの人もいれば、いろんな事が不安で“マリッジブルー”になってしまう人もいるでしょう。


私は、後者でした(>_<)

相手の言動に過敏になり、しなくてもよい喧嘩に発展してしまったり。

せっかく楽しいはずの期間にそんな精神状態になってしまった私は、
過剰に反応する自分の状態を見て相手の心が自分から離れてしまわないだろうか?と

更に不安に陥る…という悪循環にはまってしまったのでした。


結婚する前の私は、
「いつまでも恋人同士のようでありたい。スキンシップは愛情表現として大切だから、たくさんあるほどいい。
そして夫婦はいつも一緒に居るのがいい。」と“決め事”のような価値観で生きていました。


愛し合っているならそれが当然、これを満たしているかどうかで愛情の度合いを量る事が出来る。

そう信じていたのです。


果たして目の前の人は変わらない気持ちを私に注いでくれるのだろうか。

そんな不安を抱えながら、会っていた頃。


私たちの話題が新居のプランになった時。


旦那さんが何気なくこんなことを言いました。

「こもれる部屋が1つあった方がいいな。ケンカした時なんかに1人になったら、頭も冷やせるし」


Σ(゚Д゚)!!!


それを聞いた私は、「何でそんなケンカするとか言うの!?何でそんな風になるって今から考えるん!?」と、
泣いて怒ったのです…"(-""-)"


その時の私にとっては、「僕らって相性悪いから、一緒に暮らしたらきっとモメるやろうね」と言っているように聞こえたのです★


私の過剰な反応に、
当然、旦那さんは当惑していました。

一瞬、「この子と暮らして大丈夫だろうか?」と思ったかもしれません(-_-;)


実際、腫れ物のようだと言われてしまいました"(-""-)"



旦那さんはその頃、
仲人さん夫婦のように、お互いがそれぞれ趣味を持っていて時には別の時間を過ごし、
一緒に暮らしているのが理想だとも言っていました。


その発言もまた当時の私の心をざわつかせたのですが、

今となっては旦那さんの言いたかった事が、とてもよくわかるのです。



いつ如何なる時も、常にべったり一緒にいる事が必ずしもベストとは限らないのです。



今の私は、1人の時間が好きです。

一緒に居ても、それぞれが別の事に集中している時間も好きです。

自由を尊重し合える関係を、心地良いと感じています。


離れている時間も、心はちゃんと通い合っていると思えるようになりました(*^-^*)


無理をしてやせ我慢をしながら相手に合わせるようになったわけでもなく、
今の私たちはこうして存在しています。



ここに辿り着くまでには、何度か危機的な状況に陥ったりもしました。

旦那さんに対して長い間「何もわかってない、わかってくれない!!」と思っていました。


愛情があるからこその相手を思いやる気持ち、尊重する気持ちを持ち合わせていなかったのは私の方だったと知りませんでした。

「こうあるべきだ」「こうでなければならない」に無理矢理当て嵌めようとしていた事に、気がついていませんでした。

そのために苦しい想いをしましたが、

“わかったふり”では進めませんでした。

私が真に理解するためには、私たちがこういう形になるためには、必要な過程を経る期間が不可欠だったんだと思います。


まるで、私が大人として真に成長するまで辛抱強く待っていてくれたかのようです(^^;)


2人の時間がいっぱいあったのに、もったいなかったな…という気持ちもありますが(これやたら言ってますね)
今これからがあるので、今これからを大切に、毎日を送りたいと思います(^_^)



お読みくださり、ありがとうございました☆










by anandab4 | 2016-02-12 16:07 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)

集中の合間のリフレッシュ法

c0347597_16351810.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





娘を送り出す前、何気なく会話がある物語の話に。

国語の教科書に載っていた『故郷』(確かこんな題でした)について☆

登場人物の中でひときわインパクトの強かった“ヤンおばさん”を娘が知っていたので
「知ってんの?」と聞くと、「今、ちょうど国語でやってるって(笑)!!」と。

思わず「うわー!まだお母さんの頃と教科書の内容一緒なんや!!」と2人で盛り上がってしまいました(^▽^;)



マニアックな話題ですみません(^^;)




ところで、もうすぐバレンタインですね。

長女は「友チョコしない宣言」をしていますが、
次女は昨年からとうとう始めてしまいました(ーー;)

甥っ子たちと、父には毎年 荷造りして送ります。

そして、もちろん旦那さんにも渡します(*^^*)


そこに、ギリギリまで合計人数のはっきりしない友チョコ。

女の子どうしって、本当に面倒くさい(~_~;)



制作が始まると、どうしてもこもりがちになる私。



朝の用事が終わってから、子供たちが帰宅するまではあっという間(*_*)

それでも、平日の方がより集中して取り組むにはベストな環境なので、
制作も文章を書くのも、なるべく平日の出来る時間に集中してやります。


でも、パートナーは私とは正反対(^^)


お互いの制作状況について話していたところ、

パートナーは出掛けてリフレッシュした方が、やる気が出るのだそうです☆彡


そこで、バレンタインを

準備しなきゃ。と思わずに、
それを機会に私もリフレッシュしてみよう!と考える事にしてみました(*^^*)


目当てのものを吟味して選んで、自分用にチョコは買いませんが、
お気に入りのお店で好きなものを味わいました(*^-^*)

数時間の事ですが、気分が変わりますね♪


c0347597_14403640.jpg
リフレッシュも短期集中型ですが、このくらいがちょうどいいのです(^^)


空いてる時間に手紙を書けたら、
チョコレートのお届けも何とか間に合いそうです☆



お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2016-02-09 16:23 | 好きなこと | Comments(0)

価値あるもの・『小川未明童話集』



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)



装画や挿し絵を描く仕事に憧れていた私。

お気に入りの本は時々出しては眺めて、もう一度読み返したりしています。

昔の子供向けの本には、私の「好き」がいっぱい詰まったものがあるのです^^

この本もそのうちのひとつ。


c0347597_04502729.jpg

小川未明の童話集です。

小さい頃から本好きだった姉が持っていた本です。家を出る際に譲り受けました。

私自身が気に入っていたのもありますが、もし将来子供を授かったら、見せてあげたいと密かに考えていたのです(^^)
c0347597_04511103.jpg


↑『赤いろうそくと人魚』より。こんなに美しいカラーページも。

この童話集に収められているお話は、不思議だったり、不条理だったり、優しかったり…。
世の中や人の繋がりの儚さ、切ない感情や悲しさを書いたお話が多いようにも思いますが、
それらが誠実さの伝わる丁寧な文章で綴られています。

その文章と繊細な挿し絵との相性がよく合っていて、とても美しいのです。

c0347597_04514172.jpg

子供の私は『赤いろうそくと人魚』で人魚の娘がろうそくに絵を描く場面に魅了され、憧れていました。

カラーページのろうそくの絵を見て、「こんなろうそくを作れたら素敵だろうなあ」と空想の世界に浸ったのでした☆



多くを語らない娘は、ろうそくに絵を描く事で、故郷の海や母への想いを綴っていたのかもしれませんね。


どの物語も短い中にハッとさせられる部分があり、大人になって読み返して「そういうことだったのか」と改めてその意味が
分かったり。

子供の頃に読んだお話って、大人になってから読むと異なる視点が加わった分、物語の様子も当時に読んだそれとは随分違ってきたりします。

そこが面白く、また一抹の寂しさのようなものを感じる部分でもありますが☆


知らなくてもいい世界を知ってしまったような複雑な気分も相まって、
子供の頃に見ていた世界の方が、より美しかったように記憶していたり。

でも、

今だからこそ、鮮明に感じられる美しさがあるはずです。



人の世の儚さなんて、子供時代には理解出来ませんでした。



そこに思いを馳せられるようになった大人の今だからこそ、
夢の世界も更に美しく輝いて見えるのだと思います。


なぜなら童話も挿し絵も、大人が描いたものなのです。
いろんな事を見たり聞いたり、経験している大人だからこそ、描けるんですね。


だから子供から大人になっても、また違った面白さがある。


価値あるものは、ページの色が日焼けして変わってきても色褪せませんね(^^)




お読みくださり、ありがとうございました☆











by anandab4 | 2016-02-07 16:27 | 好きなこと | Comments(0)

「分からない」の捉え方

c0347597_13550251.jpg



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




次女は2学期、“お誕生日係”の担当でした。

お誕生日係の子は、その月生まれの子たちへクラス全員から個別に贈られるメッセージを集めて、冊子を作る仕事があります。それをお誕生日会で渡せるよう、前もって準備しておくのです。

お誕生日会は時に、数か月分をまとめて行う事もあるそうです。

ある日、次女がたくさんの折り紙をせっせと切り分けて、何やら一生懸命作っていました。

次女によると、お誕生日会までにみんなにメッセージを書いてもらって冊子を作らなければいけないのに、
係の子たちは「後で~」と休み時間は遊びに行ってしまうそうで、仕方がないから1人で始めたのだと。

期限が迫っているのに…と1人焦ってちょっと涙目になっていました(:_;)

それでも仲のいい子が手伝ってくれたり、
そのうち係の子たちも取り掛かり始めて、何とか間に合ったそうです(^_^)

懇談の時にその話題が出て、
先生は「もう4年生なので、本当はみんなが○○さん(次女)のように先を考えて動くべきなんですが…。
今回はまとめてのお祝いになったのと、この期間生まれの子が特に多かったので、○○さんは心配だったんだと思います」と
おっしゃっていました。


心配性で先が気になる次女らしいな…と思いました★

ちゃんと出来るのか?間に合うのか?分からないと不安なのです。



かくいう私も、次女の事は言えない質です(^^;)


やらなければならない事を溜めておきたくない方です。

先の見えない状態のままでいる事も苦手です★


大体の予定は立てているけど、そこへ向かって今の状態からどうやって進めばいいのか?

やらなければならない事はたくさんあるのに、どこから手をつけたらいいのか分からない…。


こんな時、1人だったらものすご~く悩んだと思います(>_<)



新しい創作法も、どこへ向かうのか、最終的な予測はまだ不可能です(?_?)

1人だったら、不安になっていたかも…。


でも、良きパートナーと共に臨める事で、いろんな見方が変わってきています(^^)

小さくても出来る事から決めて行動に移せば、その他の事も動くこと。

違う考え方に触れて、ものの捉え方が広がること。

そして何より、心強いこと(*^-^*)


先が分からないことを、ただ心配して怖いと捉えるのか、それも面白い!とワクワク出来るのか。

捉え方ひとつで、現実も大きく違ってきます。


最近、
お互いの喜びを共有するうちに、楽しめる事が増えてきました(*^^*)


出会えた事をお互いに喜べる関係に感謝しつつ、
続けて取り組んでいる今日この頃です。



お読みくださり、ありがとうございました☆









by anandab4 | 2016-02-05 14:13 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)