人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

げん担ぎ

c0347597_19254198.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





私は、神社へ行くとおみくじを引きたくなるたちです(^_^)


見てすぐに吉凶が分かるおみくじは、当てものに近いという捉え方もあるでしょう。

必ずその通りになる!というものでもありませんが、
私は結構、その時々で引くおみくじから、その後の流れを感じる方です☆


ところで私の父は、おみくじを引きません。


でも、げんは担ぐ方です。

何となく“げんを担ぐ”と言うと「いい意味での成果を期待して」する事の方が多いかと思われますが、

用心深い父の場合は「悪い事を避ける」ような意味合いの方が強いようです。


こんな事がありました。


甥っ子が小さい頃、姉が泊まり掛けで実家へ遊びに来ていた時。
私も離れて住んでいる分 滅多に会えないので、合わせて実家を訪れていました。

まだ言葉もままならないぐらい小さかった甥っ子。でもそこは男の子。
元気いっぱいで、なかなかじっとしていません(^^;)

確か食後のこと。

甥っ子はカーテンの陰に隠れてはパッと飛び出す遊びを覚え、キャッキャとご機嫌で繰り返していました♪

その何回目かに、走り出て来た勢いでひっくり返り、何と食器戸棚のガラスに衝突!!


頭でガラスを割ってしまったのです…!!



何とか無傷でホッとしました(クルクルの多いくせ毛が保護したのかもしれません)が、
心底びっくりしました(゚Д゚;)

その後で、母から
「あんたが今お父さんから借りて着てるそのトレーナー。それ、最初 気に入って着てはってんけど、
それ着てる時に限って家族に良くない事があったから、着なくなってて」
と聞きました…(゜-゜)

そうだったのか!

どうりできれいなまま引き出しに入っていたわけです(-_-;)

そして、着る者が変わってもやっぱり良くなかったというオチがついてしまいました★



他にも父は、カレーが嫌いです。


美味しくないとかではありません。

夕飯がカレーの日に限って
小さかった姉がひきつけを起こしたりなど、何度か良くない事が重なったからなのだそうです★


よく言えば家族思い、
他の言い方だと神経質という事になるのかな?

心配性の父らしいエピソードだな、と思いました(^_^;)


でも、分からないではありません☆
私も親になって、その気持ちがよく理解出来るからです。

「お母さんの(私たちに対する)心配性は、おじいちゃん譲りだね!」なんて次女には言われています(^_^;)


1日、1週間、1ヶ月…そして1年が無事に終えられること。

私にとっては、何よりもの感謝すべきことです(^_^)☆彡


一見 縁起の悪いように見えた上記のエピソードも、全て無事だったという観点からしたら
良かったとも言えるかな?



分家のミーちゃん、無事お留守番出来ているかな…。


お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2015-12-29 15:19 | 家族のこと | Comments(0)

奇跡の法則の絵に現れる動物たち

c0347597_16351810.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

c0347597_13254467.jpg
今年も最後の週に入りますね。

我が家ではごくごく平凡なクリスマスを迎え、今年も冬休みの帰省は無しです。
替わりに父母がこちらへ出て来ての年越しになります^^

昨日、遅まきながら年賀状を書きました。来年の干支は申ですね。

十二支と言えば、動物たち。
実在する動物から、架空の動物まで。

十二支の中に含まれなかった動物についてのお話はいろいろありますが、
きっと意味あっての十二支なんでしょうね☆


ところで、私の絵には“鳥”がよく現れます。

元々鳥好きなので、手作りを始めた頃にも鳥を描いた雑貨を販売したりしていました☆

長女が無類のウサギ好きなので、小鳥とウサギのコラボ画を描いたトレイを出品した事があります(^_^)
ちょうどその絵にそっくりな鳥とウサギを飼っている方から「一目惚れでした!」と
新たにオーダーが入り、描かせていただいた時は
可愛がっておられる様子が伝わってきて嬉しかった思い出があります(*^_^*)


そんな意図して描いていた頃とはまた違う、奇跡の法則の絵。

奇跡の法則の絵では、下地絵から見えたものを描きます。

動物が現れることも、もちろんあります。
比較的よく現れるのが、馬や鳥…。ダントツはやっぱり鳥。
猫好きなのに、猫はまだ現れていません。(ネコ科の動物はたまにあります)

ここでも何故か、人と同じぐらい鳥の姿がよく現れるのです。

写真下の、奇跡の法則の絵のレッスンで描いた第1号の絵【輝く命を抱いて】にも鳥の姿がありました。

何でかな?何か特別な意味はあるかな…と
動物モチーフの意味について調べたりもしてみましたが、
解釈は多種多様なところがあり、一概にこうだ!と言えるものではないようです。


鳥の他に、印象的だったのが狼。

今までに2度ほど現れた事があります。

狼というと見た目からちょっと怖そうな感じがしますが、
その生態は一夫一妻型で、夫婦とても仲睦まじいそうです(*^_^*)

以前にオーダーいただいた絵の中に現れた狼は
お客様の恐れの部分を象徴しているようでしたが、
同じく絵の中に現れた羽に溶け込まれていく様子は、今思えば
恐れが消えていくというよりは
お客様の理解が深まっていかれる様子を表していたのかも…と、

狼の生態について読んだ私の心理の変化から、ふと思いました。

誰かと知り合った時に
第一印象と、親しくなってからとでは、“その人”に対する印象が変わっていくような感じです(^_^)


奇跡の法則の絵に描かれるものは全て愛から生まれているので
ネガティブとかいう観念はないのですが、

それを分かりやすく見せられたというか、
絵と共に、お客様も描き手である私も
新たに気付くことがあったり、成長し続けるという事を見せられた感じです。


写真更に上、
ジュエリーと共にディスプレイされている女神アバンダンティアが現れた絵、
【世界が愛で満たされる】にも狼の姿がありました。

この絵は自分の想いから派生した絵だったので、
夫婦仲の睦まじい狼として眺めた時、
その存在が現れた事が嬉しく感じますね(*^^*)

そんな絵のモチーフとしての動物たち、
その意味だけでなく生態にも想いを馳せると、まだまだいろんな発見がありそうです。


ありがとうございました。




※これらの絵は、西出麻里奈さんが開発した奇跡の法則の絵の技法を使ってANANDAあゆみが制作した絵画です。
http://sha-sa.seesaa.net/

by anandab4 | 2015-12-27 16:00 | 絵画 | Comments(0)

リサイクル、先月の成果

c0347597_09240989.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





いつも利用させていただいている、近所のリサイクルショップ。

お店のリニューアル工事に入られるため、今月はいつもより早めに委託品を引き上げなければなりません。

期限がきたので、先月分を受け取りに行きました(^_^)


先月 委託したものたち…主に、次女の使わなくなったおもちゃたち。

年齢的に使われなくなったおもちゃたちは、ずっと置き場所をとっているだけの存在。

捨てるには忍びなく、かと言って出番があるわけでなく…しまわれて(片づけられて)いたのでした。

「リサイクルに出そうか」と提案したところ
張り切って整頓し始めた次女と一緒に、きれいに分けて袋詰めしました。

箱が残っている物は、箱に入れて。

箱のない物は、透明な袋に詰めて出来るだけ見栄えよく、中身が分かりやすいように。

次女は「売れたらお小遣いちょうだいね!」と、かなり期待を寄せていました(^^;)


委託期間の1ヶ月の間に売れた分から7割を受け取れるシステム。

自分で値段をつける事も出来ますが、オーナーさんがつけられる金額の方が、出る率が高いです。

自分でつけると「あの値段で買ったから…」と、つい高く設定したくなります。
けれどやっぱりそこはリサイクル。高くつけると出なかったり。

新品や余程の美品でない限り、委託品が“出る”とされる金額の単価は低めになるようです。



蓋を開けてみないと、結果は分かりません☆


そんな先月の成果。


何と、塵も積もれば…で
合計1000円以上になりました(^O^)♪

次女にとっては、結構な臨時収入です☆

帰って来たら、渡してやりたいと思います☆彡



クリスマスのささやかな臨時収入。
貯金するのか、何かの足しにするのか…次女の選択肢がまた広がりそうです。


写真は、父母の合作による木彫りのサンタさん(*^_^*)



お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2015-12-24 14:44 | 日常のこと | Comments(0)

アイディアの価値

c0347597_16351810.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





古本が好きな娘。
古本屋さんを見つけると、すぐに寄りたがります☆

つい先日も、出先で付き合わされたばかり(^_^;)

初めて入ったちょっと怪しげな品揃えのお店でしたが、ものすごく古いものに混じって
比較的 新しい本も売られていました。

古本屋では「あ、これ読んだことある!」という本との再会も、よくあります。

話題になったけれども、一度読んだら終わりかな…と思う人が多いのか、
マニュアル本の類は同じものが何冊も出ていたり。

売上ランキングで上位を独占していた本が早々と並んでいて、驚かされる事もしばしば。

流行っている本ほど早目に持ち込めば古本屋に高値で買ってもらえるはず、
買い取ってもらいたいと考える人が多いのでしょう。


欲しい側としては、定価よりうんと安くで手に入るのは、とてもラッキーです。

私もそうやって欲しかった本やCDを手に入れた事があります。


でも…私は本やCDが安く売られていると、
その値段が安ければ安いほど(通販では1円とかも)、いたたまれなくなる気持ちがします。


どの本やCDにも、作者の独創的なアイディアがいっぱい詰め込まれています。

長い期間を経て何度も練り直して推敲して、やっと世に出た作品たちだと思うのです。

それが、ひどい時には1円!

そんな値段で売られていたら、「自分のアイディア、1円か!?」とならないだろうか、とか考えてしまうのです(>_<)


印税の入る仕事で爆発的なヒットを出せたらすごいな~とは思うものの、
あの値段での取引のされ方には、どうしても無情なものを感じてしまいます(>_<)


これって、気になるのは私だけなのでしょうか。


ものを作って販売している側の視点から見ると、どうしても気になってしまうことの一つです。





お読みくださり、ありがとうございました☆






by anandab4 | 2015-12-20 15:22 | 日常のこと | Comments(0)

“褒める”の効果

c0347597_16351810.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





私は短大で絵画コースを専攻していました。

だからといって美術関係の授業のみ受けていればいい訳ではなく、宗教学や哲学などの単位も取らなければなりませんでした。

そんな中で「面白いな~」と印象に残っている授業があります。

それは、社会学。

先生の顔はおぼろげに覚えているのですが、名前は忘れてしまいました(^^;)

眼鏡をかけた男の先生でした。←アバウト


先生のお話に、こんなエピソードがありました。

学生時代、クラスにきれいな女の子がいたそうです。
その子の後ろの席になった時。
「○○君、消しゴム貸して」などと彼女に頼まれたりすると、先生はドキドキして断れなかったのだとか(#^.^#)
彼女は“美人”というのではなかったそうなのですが、
紫のアイシャドーをちょっとつけていたりして(その頃 クラスに瞼をそんな色に塗っている子はいなかったそうです)
何故かとても“きれい”だったと。
先生が聞いたところによると、
彼女は幼い頃から両親に「あんたは美人や、あんたは美人や」と言われて育ったそうなのです。


「あなたは美人」と言われ続ける事で、自然と彼女の中に「自分は美人だ」という意識が刷り込まれていき、
それが自信へと繋がり、その自信が彼女を美しくしていったのだろうと先生はおっしゃっていました。

そして、「みなさんも自分を褒めてくれる友達と一緒に過ごすようにしてください。
自分を褒めてくれる人といた方が、きれいになれますよ」とアドバイス?くださいました。



あのお話を聴いてから、ほぼ20年後の現在(^^)

私は子供たちに、これを実践しています☆

でも、おだてではありません。自然と言ってしまいます。
(だって私にとっては、本当に可愛いので…親バカ^^;)

次女は「ウフフ」と照れて喜びます(*^^*)

長女も「お母さんって本当に親バカやんな」と言いながらも、まんざらではなさそうです(^_^)



“褒める”と言えば、もう一つ

外国でもお国柄によっては、よく女の人を褒めますね(^_^)

京都の個展を訪れた際に、多賀先生に聴かせていただいたエピソードも面白かったです。

先生のお知り合いの外国人女性が日本へ来た時。
日本で数日を過ごした彼女は、「日本の男性は何も言ってくれないから、つまらないから、もう帰る!!」と
怒っていたのだそうです。

日本では女性をじろじろ眺めたりするのは失礼にあたるし、
ナンパ以外でやたらと声を掛けたりもしませんが

外国では女性をじーっと見て(長くて5分ぐらいもあるとか)、何かしら声を掛けたり褒めたりするらしいので
彼女からしたら周りの日本人男性がみんな自分に無関心であるように思われたのでしょう。

お国が違うと、その辺りの事情も違ってくるのですね…(^^;)





今日は私が聴いて面白いと思った“褒める”に纏わるお話のあれこれでした(^-^)


黙っていても気持ちは通じ合う、と思いがちなのは日本人ならではなのかもしれません。

でも、

家族でも、友達でも
付き合って長いカップルでも、夫婦でも
もっとお互いのいい所を折に触れて褒め合えるといいですね(*^-^*)


大袈裟でなくていいので、小さなことでも

褒められて怒りだす人はいないし、
嬉しさ、優しさに繋がると思います(*^_^*)







お読みくださり、ありがとうございました☆





by anandab4 | 2015-12-16 10:50 | 日常のこと | Comments(0)

娘の誕生日

c0347597_05245171.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




今月は娘たちの誕生日。

次女の誕生日を迎える度、私たち家族はしみじみと有難さをかみしめています。

長女にとっては、触れたくない話題ではありますが。


次女が生まれた日は、私がもう一度 生きることになった日です。

産後の後処置によって容態が急変し、
夕方 輸血のため通院していた産院から連携している大きな病院へ搬送される事になりました。

産院でのゆったりした入院期間を楽しみにしていた私は
まさか自分が死にかけているなんて思いもしなかったので
ぼんやりとした意識の中で、転院を残念に思いながら救急車に乗せられました。

夫は仕事へ行かなければならず、生まれたばかりの次女は父に抱かれて同乗しました。
小さな頭にちゃんと帽子を被せてもらっていた姿を覚えています。

産後の後処置からの苦しさも相当でしたが、
搬送後に再び処置を受けている間は本当に辛く、終わりの見えない苦しみに
「もう楽になりたい」という考えが、度々頭をよぎりました。

けれど私が苦痛に表情をゆがめる度
産院から付き添って来てくださった助産師さんが厚みのある手でしっかりと私の手を握って励ましてくださいました。
あの助産師さんの励ましがなければ、私はとても耐えられなかったと思います。

大勢の人に囲まれていたようですが
目を開けられなかった私には、この時の助産師さんの手の感触だけが頼りだったのです。


処置が終わってからも、私の両脚はガタガタと震えていました。
末期症状だったのですね。

「今夜が峠」だと聴かされた私の家族たちは、とても信じられなかったと…。

その後の入院生活は今どきの産院のように至れり尽くせりではありませんでしたが、

看護師さんたちも皆親切だったのと

両腕の点滴が外れ、起きられるようになってから
次女のお世話も可能な限りは自分で出来たので
退院してからも慌てずに済みました(*^_^*)


夜間 次女に授乳する前、おむつ替えと体重を量りに行く時、
次女を抱いて廊下を通る際に
大きなクリスマスツリーの電飾がピカピカ光っていたのが印象に残っています☆彡


私を乗せた救急車が目の前を通り過ぎるのを母と共に見てしまった長女は
元々 敏感なところがあるのに加え、不安定な状態が長く続いてしまいました。
今でも“赤ちゃん”に関する話題が苦手です。

夫は私の入院期間に母の手料理をたくさん御馳走になったのに、
あの期間に食べたものや味を、何故か全く覚えていないのだそうです。


いろんな事があり、またあれからもいろいろありましたが

次女の誕生日が私の命日にならなくて、本当に良かった!

誕生日は、心から祝ってもらえる日であってほしいと思うからです。



5歳離れていても、共通の笑いで盛り上がっている姉妹の姿を見ていて


今こうして10年目を無事に迎えられた事を、
心から有り難く思います。



ありがとうございました(*^_^*)






by anandab4 | 2015-12-06 16:44 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)