人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

カテゴリ:クリスタルたちのこと( 8 )

神秘的な十字・スタウロライト


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

c0347597_13005513.jpg
つい最近5年前に制作したジュエリーのリフォームをさせていただいて以来、改めてその形状に関心を持った石、スタウロライト。

またちょっと触ってみたくなり、今回久し振りに取り寄せてみました^^


スタウロライトはカイヤナイトなどの様々な鉱物が高温の変成作用の結果貫入双晶となった黒褐色の十字を持ち、単斜晶系の柱状結晶の交わる角度は主に60度のものと90度のものがあるそうです。
人気のあるのはやはり、90度の角度で交わっている見た目のものでしょうか。

天然の十字が形作られるなんて、正に自然が生んだ奇跡という感じがしますもんね(*^^*)


今回私が探したのも、出来るだけ十字が綺麗に出ていて、小さ目のものでした。

形が十分神秘的なので、小さくても存在感は出るかと(^_^)

c0347597_13013606.jpg
c0347597_13021539.jpg
↑画像では分かりにくいですが、裏面も控え目に銀色に輝いています。
c0347597_13024310.jpg

小さくて可愛らしいスタウロライト☆彡
大きさは縦約2㎝、横約1.5㎝ぐらい。
写真では十字の部分が黒っぽく写って見えますが、実際は薄めの茶褐色です。

変身完了しましたら、またお披露目しようと思います(^_^)



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2018-06-09 14:29 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

お預かりした美しいクリスタルたち


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





昨日、扇町までたくさんのクリスタルたちを受け取りに行って来ました。

スピリット ヨガ スタジオ 大阪のスタジオディレクターであるハイダー アリさんのクリスタルたちです。
ハイダー アリさんがプロデュースされている「venus gemstones」のワイヤリングアクセサリーの企画に、麻里奈さんのご紹介で携わらせていただく事になったのです。

クリスタルとのご縁が続いている麻里奈さん(^_^)
こちらでも天然石アクセサリーのプライスタグなどを納品されています。
思えば私がクリスタルを使ったジュエリー作りに夢中になっていったのも、麻里奈さんとの出会いが大きかったな…(*^_^*)


見せていただいたのは、本当に美しいクリスタルばかり。
名前は知っていて、今まで見たり手に取ったりした事もあるはずなのに、違うもののように見えるほど、透明度や色の鮮やかさなどが違いました。

ひとつひとつ手に取ってみて、持参した天然石ビーズとの組み合わせを相談しながら決めました。


↓「venus gemstones」さんのブログより、写真をお借りしました。
円陣を組むように並べられているのが、これからワイヤリング予定のクリスタルたち。作品サンプルとしてビーズと共に持参していた私のジュエリーも一緒にディスプレイしてもらいました^^
c0347597_13040721.jpg

c0347597_13043405.jpg
ローズクォーツ、アクアマリン、水晶、インカローズなど私も大好きなクリスタルの他、かっこいいイメージのスギライト、ブラックトルマリン、ギベオンなどまで。

来月にお披露目を予定されているので、楽しみながら制作を頑張りたいと思います(^_^)!




そんなクリスタルたちの中から、少しご紹介☆
c0347597_13200148.jpg

↑小さくても素晴らしい透明感で、美しく輝くローズクォーツ☆彡
「可愛い~」と思いながら長らく手に取って眺めていたので、「それずっと触ってる」とアリさんに笑われました(^_^;)
でも、可愛いだけではありませんでした!繊細な上に形もちょっと変わっているので慎重にワイヤーを巻いていく必要があり、難しかったです★

c0347597_13201912.jpg

↑一瞬それと分からなかったほど、鮮やかな赤色をしたインカローズ。見た人は皆注目されるんだとか。納得です(^^)


c0347597_13203761.jpg

↑三日月のような形をした、シャープなギベオン。隕石だけに、より一層神秘的な感じがします。



これまでに巻いた事のないタイプのクリスタルもあり、今回もなかなかチャレンジが多そうです!
また新たな境地が開けるよう、頑張ります☆




お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2017-09-15 18:08 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

みずいろコンビ

c0347597_12351866.jpg

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




昨日は爽やかで涼しい一日となり、久しぶりにエアコンいらずで過ごす事が出来ました☆彡


「夏大好き!日傘や手袋で覆ったりするなんて、夏を満喫していない!」と豪語していたのは20代半ばまでだったでしょうか(^^;)
暑さがすっかり苦手になってしまった今、そして日焼けのダメージを回避するための装備が欠かせなくなった今、夏が終わるのがひたすら待ち遠しいのです。


最近ちょっと涼しくなってきたので嬉しくなり、片付けに取り掛かりました。

何年も溜め続けていた手紙類や、もう出番はないであろうパーツ類の整理です。

まず、手紙や年賀状の束。これは捨てるに捨てられず、引き出しいっぱいに溜まってしまっていました(>_<)
意を決して残しておきたいもの(年末に手紙をやり取りする友人からのものや、心がこもっていて貰って嬉しかったものなど)だけを置いて、他は全て処分しました。
子供たちや家族からのものは内容が被るものなどを省き、厳選して残しました。


パーツ類は、次女に欲しいものを選んでもらった後、残りはリサイクル行きに。

「何かに使えるかも…」と具体的な用途もなく買ったパーツたち。勿体なくてずっと保管していましたが、出番のないまま何年も経ってしまい、服と同じで、「いつか」は結局やってきませんでした。
前回出したビーズセットも売れていたので、次女が喜んだように、また誰かが使ってくれればと思います。



そうやって整理が出来たところで、今回はアンダラ以外のクリスタルのルースを仕入れました。


少しずつ涼しくなっていく澄んだ空気の気配を感じると、何故かこれまで手にした事がなかったラリマーがとても気になり…。
綺麗にカットされたアクアマリンと共に、爽やかな水色に触れたくなりました。




c0347597_12360439.jpg

c0347597_12353512.jpg

↑マダガスカル産の非加熱アクアマリンです。
約7.0×5.9×4.4mm、0.98ct。


c0347597_12355032.jpg

↑ドミニカ共和国産のラリマーです。
約30mm、24ct。



そんなわけで、今回仕入れました“みずいろコンビ”たち(^_^)

近々またジュエリーにしてお披露目したいと思います☆



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2017-09-05 14:26 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

天然のレインボー・アナンダライト

c0347597_11084489.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




前回に続いて、クリスタルのご紹介です。

今回ご紹介する写真のクリスタルの名前は、“アナンダライト”。

インドで発見された希少なクリスタルで、まだその成分の分析には解明されていない部分があるという謎の多い存在。

パッと見た感じはよく似ていますが、レインボークォーツとはまた異なった特殊な結晶構造により、遊色効果が表れているのだそうです。

画像に上手く映らないのが残念ですが、角度を変えるとピンクがかったキラキラが表面にたくさん見えます☆彡
(↑一番上の写真が、かろうじて少しピンク色の輝きを写し出しています)


このクリスタルの存在を知った時、その姿にも惹かれましたが、私が惹かれたのはその名前!


“アナンダ”は私が屋号としている名前(^^)☆


屋号をつける際に、古代ヒンドゥーの原理「サット・チット・アーナンダ」からもじって自身の屋号を“ANANDA(アナンダ)”に決めたのです。

アナンダは「無上の幸福」や「至福」を意味しています。



アナンダライトは「至福の光」なんですね。何だか持っているだけで嬉しくなりそうな、誇らしい名前です(^_^)


手元にやって来てくれたアナンダライト、その至福の光が身に着ける人を柔らかく包んでくれるような、そんなジュエリーに仕上げたいと考えています(*^^*)



ありがとうございました☆

c0347597_11113270.jpg

c0347597_11091869.jpg

by anandab4 | 2016-07-25 10:49 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

繊細な透明感・水入りアメジスト

c0347597_11102718.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




今回、初めて水入りのクォーツを仕入れました。

写真のナミビア・ブランドバーグ産の水入りアメジスト。年々採掘量が減ってきているため、希少なのだそうです。

「水入り」と言われるものでは中で気泡が流動する様が見えるそうなので、私も傾けたりして見てみました(^_^)

すると、確かに(*^^*)小さな気泡がひとつ、傾きに合わせて移動しているのが見えました。

縦約3cm程の小さなクリスタル。こんな小さな中に、ちゃんと水が収まっているんですね。

そんな希少価値に加えて「水入り」のものに人が惹かれるのは、何と言っても太古からの水を湛えたその神秘的な美しさにあるのでしょう。

濃い紫の美しいものもありますが、私は微かに紫がかった繊細な透明感が気に入って、こちらのクリスタルを選びました(^^)


研磨されたかのようなシャープな形ですが、この大きさだからこそちょうどいい、可愛らしいと感じます☆彡


これから大切にジュエリーへと変身させたいと思います。


ジュエリーへ変身予定のクリスタルのご紹介、次回もまだ続きます。


ありがとうございました☆




c0347597_11094888.jpg

c0347597_11110049.jpg

by anandab4 | 2016-07-24 14:29 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

小さな輝き・ピンクアポフィライト

c0347597_13121312.jpg

c0347597_13135247.jpg



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





つい最近の衝動買い。

「う~ん、どれにしようかなあ」じゃなくて、一目見た瞬間、「わ~、可愛い!!」と思ってしまったのです。

写真の、ピンクアポフィライト。

アポフィライトはこれまで、クリアとグリーンしか手に取った事がありませんでした。
ピンクがあるって、知らなかったのです(^^;)

このピンクを見た時、「何て優しいんだろう☆彡」とまずその淡い色に惹かれ、約2cm程と小さいながらもキラキラと
した輝きを放っている部分に、更に惹かれました。

まるで、甘くて繊細な砂糖菓子みたいです(私が例えると、ほとんど食べ物になってしまう^^;)。



水晶のような透明色や、淡くて優しい色合いのクリスタルが、やっぱり私は大好きです。


特に自分で身に着ける場合、濃い色合いのものはほとんどありません。
持っていても、身に着けなくなっていったり。

一概に色のせいだけではありませんが、出番の多いものは、着けていてしっくりくるもの。居心地がいい、そんな感覚でしょうか。


このピンクアポフィライトも私がいつもそうであるように、着ける人が心地良く感じるような、そんなジュエリーにしたいと思います(*^^*)


私がお客様のお声で一番嬉しいのは、持っていてただ嬉しいものではなく、たくさん身に着けていただいているというご報告だからです。

「活躍しているんだな☆彡」と作った私も嬉しくなりますから(*^-^*)



ピンクアポフィライト、どんな姿に変身するかな?


出来たらまたupしますね(^_^)









by anandab4 | 2016-07-15 14:31 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

石のお話☆色が変わった…!

c0347597_16142057.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





ここ最近、石のお話続きになっています。

私はこれまでいろんな石と出合ってきましたが、手元に来た石の色が変わる事が時々あり…。

初めてそれを体験したのは、私が初めて“パワーストーン”の存在を知ったお店で衝動買いしたブレスレットでした。

確か12年前だったと思います。まだ長女が入園する前で、その頃 月に1度ぐらいのペースで実家を訪れていました。

息抜きを兼ねて買い物をした帰り道、最寄駅から散歩がてら歩いていたら、いつの間にオープンしていたのか当時はまだ目新しかったパワーストーンの専門店が出来ていました。

どうしても気になり、恐る恐る中に入ってみると…。

色とりどりの組み合わせで作られたブレスレットが壁一面にディスプレイされていて、それぞれに使用石と効能?が書かれた値札が付けられていました。

今でこそ男女を問わず、石のブレスレットをたくさん重ねづけしている人などを見かけますが、あの当時はまだ珍しかったのです。

とても綺麗だったのでこれは必ず1つ欲しい!と買う事を決め、時間を掛けて吟味し、
白いムーンストーンをメインにした、小さなカットアメジストの紫と赤メノウがアクセントになったデザインのブレスレットを購入しました。
色の組み合わせがとにかく好みで、中でも赤メノウの鮮やかな赤が気に入ったのです。

外で長女を遊ばせていた時に1度だけゴムが切れて修理に出した事がありましたが、ずっと変わらず身に着けていました。

次女を妊娠し、臨月に入った頃 母にブレスレットを預けました。

すぐに元の生活に戻るつもりでいましたが、産後に生死の境を彷徨ったため、退院して落ち着くまでに暫く掛かってしまいました。

そして母に預けていたブレスレットを持って来てもらったところ…全然違う!!

あんなに鮮やかだったメノウの赤い色が、ごく薄い茶色に変化してしまっていたのでした…。

それでも諦め切れず着けていたらゴムが切れ、近所に天然石ブレスレットと雑貨を扱うお店が出来たのでそこでも組み直してもらいましたが、またしてもすぐにゴム切れ(-_-;)

その雑貨屋さんのオーナーさんが親しくされている占い師さんに見せたところ、
占い師さん、ひと目見てすぐ「この石もうあかんよ。役目終わってるね」と言われたとか…。

さすがに諦め、田舎に帰省の際持って帰って「ありがとう」の気持ちと共に、土に返しました。
ひょっとしたら、いろいろ身代わりになってくれていたのかもしれません。


それから数年が経ち、自分でクリスタルジュエリーを作るようになりました。


2度目は昨年 初めてマリアライトアチューメントをさせていただいた日の夕方、お風呂に入ろうとピアスを外したら…、

白かったはずのオパールが、黄色くなっていました。
(※上の写真です↑)

お手伝いに通っていた石屋さんのオーナーさんに話すと、「それだけ今日は(アチューメントのために)エネルギーを流したのかもね」と。

その石屋さんでも時々原石にワイヤーを巻かせてもらっていたのですが、
ある日 ワイヤー部分を引っ掛けてしまったと購入されたお客様からの修理依頼がありました。

それはダンビュライトの原石でした。

お預かりして帰宅し、ワイヤーを巻き直し終わると、心なしか透明だったダンビュライトが薄いピンク色になったように感じました。

気のせいかな?と思ったけれど、オーナーさんも、そしてお客様も「色が変わったみたい」と言われたとの事でした…。



これは私の見解ですが 、赤→薄茶 と違い 透明→薄いピンク色 への変化は悪いものではないと思います。
もしかしたら、お客様に愛情面での嬉しい変化があるお知らせだった、とかだといいですね…。


以上、ちょっと不思議な石のエピソードでした。




お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2015-02-06 16:19 | クリスタルたちのこと | Comments(0)

石のお話☆どうやって選ぶ?

c0347597_11571402.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
  ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。





みなさんは石を選ぶ時、どんな事を大切に選びますか?

色や形の美しさ、意味(よく言われている効能など)、ピンと来た、惹かれる感じがした…などなど、様々な理由がありますね。

何となく身に着けていると落ち着く…というような、相性の良さもあると思います。

今ほど石たちが“パワーストーン“としてもてはやされていなかった頃、私が相性の良さを初めて感じたのは
ローズクォーツでした。

会社勤めで忙しさから余裕が無く、イライラしがちな毎日を過ごしていた頃、ふと何気なくその優しいピンク色に惹かれて買った、ローズクォーツのピアス。丸い粒が付いただけの、特に高価な物でもない、シンプルないたって普通のピアスでした。
でも何となくそのピアスを着けている日は、女性らしさが引き出されるような、穏やかな気持ちでいられるような気がしたのです。

その後に読んだ誕生数について書かれた本でも、誕生数6の人はローズクォーツを持つといい、とあったので
誕生数6の私にやっぱりローズクォーツは合ってたんだ!と嬉しくなったりもしました。

ローズクォーツは今でも変わらずに大好きな石のひとつです(*^_^*)


写真のアクアレムリアとの出会いは、それまでの石選びとはちょっと違っていました。

2年前の夏頃でした。
その時親しくしていた人からこんな依頼がありました。
「○○な私になるために、状況を加速させてくれる石が欲しいんだけど、シータで聞いてみてくれない?」と。

それなら聞いてみるね、と聞いてみたところ…見えて来たのは黒い石でした。

「オニキスですか?」と問いかけると、創造主の答えはボソッとひと言、「オプシディアン」。

オプシディアンを知らなかった私は、早速パソコンで検索してみました。

すると、本当にあったのです!何色かあり、その中には黒もちゃんとありました!!

へぇ~、面白いな~。


すっかり気を良くし(^^;)、自分のも聞いてみよう!!と私の夢を後押ししてくれる石についても聞いてみる事にしました。

「こういう風になっていきたいんだけど、それを後押ししてくれるような、私にピッタリな石は何ですか?」と聞いてみると…

浮かんだのは、透明感あるブルーグリーンの石でした。

「これは何ですか?」と重ねて聞くと、
「アクアレムリア」。とまたもやひと言。

すかさず検索してみると…今度もちゃんとありました!
イメージで見たのと同じ、透明感あるブルーグリーンの石でした。

嬉しくなり、そのままいろんなサイトを見ながらピンと来るものを探していたら、アンダラクリスタル
を取り扱っておられるサイトに辿り着いたのです。

■『アンダラクリスタル』とは、
カリフォルニア北部、シャスタ山の麓でネリー夫人という方が発見されたというガラス質の石です。
“アンダラ”とはレムリア時代の寺院の名前を指すそうです。
アンダラの見た目はとても美しく、クリアー、グリーン、ブルー、ピンク、ブラウン、
透明にたくさんの泡が見えるシーフォーム…などがあり、特に鮮やかなグリーンの“マーリン”は目が覚めるような色合いで
とても美しいです。

アンダラは残念なことに偽物がたくさん出回っているらしく、アメリカ在住の鈴木美保子さんという方を通じて日本にやってくるアンダラが本物なのだそうです。私が辿り着いたサイトでは、鈴木美保子さんの元から直接アンダラを取り寄せてワイヤーペンダントに仕上げて販売をされていたので、安心してお問い合わせする事が出来ました。

その時アクアレムリアがちょうど美保子さんの元にひとつあると画像を送ってもらい、大きさも程よく色美しく、イメージ通りだ!と思ったものの、
お値段や色で散々迷ってしまいましたが(アクアレムリアはお値段高かったのと、つい他の色にも目移りしてしまったのです)、他の色を着けているイメージはやっぱり無く、変更したらきっと後悔するのはわかっていたので、当初の希望に沿ってアクアレムリアを取り寄せていただく事に決めました。

私が自分でもワイヤーを巻けるため、巻き代を省いた石のみのお値段で譲っていただけることになりました(^_^)

そうして私の元にやって来てくれたアンダラアクアレムリア。

2年経った今も、身に着けているとやっぱり一番しっくりきます。

ただ当初とデザインがもう違っていいな、と思えたので、再び一から巻き直してリフォームしました。


アンダラは持ち主を選ぶ石だと、またとてもおしゃべりだとも言われています。

アンダラを手にされた方々のエピソードもいろいろと検索して読んでみましたが、ずっとおしゃべりしてくる、という他に
勝手に移動したりいなくなったりする、またいなくなって見つかったと思ったら形が変形していた…なんてエピソードも…。
本当に不思議でユーモラス?な石のようです。

一度シータ仲間の方にリーディングしてもらった時も、「やっぱり家族団らんが一番ですな~」と世話好きのおばちゃんのような口調で、見守ってくれているようなイメージだったそうです(^^;)

ちなみに私のアンダラはまだ姿を消した事はありません☆

2年前の夏私が願った、“今自分がしている事、もの作りとヒーリングをひとつにしていくサポート”をしてくれているようです。

アンダラを身に着けて私が不思議に感じる事は、必ずと言っていいぐらいの確率で初対面の人などに
「それは何て言う石ですか?」
「とっても綺麗ですね!」
と驚いて質問される事です。
石好きの方はもちろん、石に関心なさそうな、百貨店のケーキ屋の店員さんや、その他コーナーの店員さんまでレジを済ませる僅かな合間に、吸い寄せられるように注目して聞かれたりします。

アンダラが特殊たる所以なのかな?

これからもいなくなったりせずに、ずっとそばに居て欲しいと思います(*^_^*)

お気に入りを選ぶ時、見た目の美しさも大事ですが、それをよく身に着けている自分がイメージできるかを基準に、
大切に決めると間違いないように思います。


お読みくださり、ありがとうございました。

by anandab4 | 2014-12-05 12:55 | クリスタルたちのこと | Comments(0)