人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

カテゴリ:オルゴナイトジュエリー( 3 )

ジュエリー誕生までに培われたもの

c0347597_07022641.jpg

c0347597_07033847.jpg

c0347597_07053974.jpg

c0347597_07073662.jpg

c0347597_07083465.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先日の記事でお披露目したオルゴナイトジュエリー、“祈りの花ジュエリー”。

私がジュエリーの企画を思い立ったきっかけとなったのは、ベニシアさんの番組を観ていた時でした。

手つかずの自然を見て、「美しいね」と言えるベニシアさんの姿にとても感動したからです。

皆がこんな風に自分を含めて全てがただそこに在る事を素晴らしいこと、美しいことだと心から感じる事が出来たらなあ…と思ったのです。

でも皆が皆、そんな風に感じられるようになれないのが実際のところ。

では、感じられる人とそうでない人の違いは何だろう?

そうして見た時、感じられる人は自分の在り方に違和感がなく、無理な背伸びをしない心が望む生き方をされているから、穏やかで豊かな生活をされているのだと思ったのです。

この場合の豊かさは、好き放題にしたい事だけして生活するとか、望むもの全てが手に入る事ではなくて、心が真に満たされて安定しているという状態です。

今 自分がここにこうして生活している事そのものが幸せで、満足しているという感覚です。

むろん満たされて生活されている人たちも、生まれつき何の迷いや葛藤もなくそんな生活に落ち着いたのではないと思います。

そこに至るまでには人生を変えるような決断や、これまでの自分の生き方を覆されるような大きな出来事や体験もあったことと思います。

そうした変化を経て、自分にとって何が大切かが分かるようになっていったのだと思います。



心地良く在るために、変えたい部分、叶えたい願いの部分に向き合おうとすると、時に大きな決断を下す勇気が必要になります。

傷つく事を恐れるあまり、なかなかそこから動く事が出来ないかもしれません。

でも、やってみる事で何かは確実に変わるはずです。

勇気を持って行動出来た経験は、自分を誇れる事に繋がると思います。

そしてその勇気は、大きな喜びに繋がる可能性も秘めているのです。


多くの人に、自分の存在を誇りに、喜びそのものだと感じてほしい。

私がジュエリーに込めて届けたかった想いです。


ジュエリーには、他と比較しない、自分なりの幸せの形を大切にしてほしいという想いも込められています。


石ももちろん一つ一つ表情は違うのですが、敢えて今回は一からパーツを手作りし、ジュエリーとして完成させられたらもっとオリジナルなものが出来るのではと思い、オルゴナイトの作り方を用いて作る事にしました。



写真は型から外したジュエリーが、形になるまで。

軽く、負担にならない着け心地です^^

シルバー、ゴールドどちらのタイプのチェーンも約45~50㎝の長さ調節が可能です。

中身の花パーツも含めて、ひとつひとつの表情の違いも楽しんでいただけると思います。



お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2015-06-07 08:45 | オルゴナイトジュエリー

オルゴナイトの不思議

c0347597_08582072.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
 ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。




私がオルゴナイトをよく見かけるようになったのは、昨年から。

初めて手にしたのは、シータ仲間の方にオーダーして作っていただいたピアス。

透明の樹脂の中にたくさんのキラキラが詰まっていて、これはどうやって作るのだろう…と中身が気になって
あちこちから眺めてみたものでした☆彡

それから数ヶ月後…オルゴナイトワークショップへのお誘いをいただく事が続き、

今では子供たちの作った分も合わせて、我が家にはたくさんのオルゴナイトがあります。

正直 初めて作った時には「1回作ったら終わりかなあ…」
2回目以降も「作るの楽しいけど、これは家では作らないだろうな…」

そんな風に思っていました。

それが…。

今ではどうやったら思ったように形になるのか、何度もトライしてみているなんて☆

当の私が一番意外で、驚いています(^^;)

ただ好きなものを入れて固まるのを待てばいい、というものではなく

最低限入れなければいけないもの、入れても大丈夫な(性質や色の変化がない)もの、レイアウト、配置や配色のバランスに加え

まずレジンを扱うにあたって、きれいに硬化させるためにその性質についてある程度理解する事も必要だと

やってみながら、調べながらで、形にするまで正直こんなに長く掛かるとは思っていませんでした(-_-;)

出来上がりの姿がすぐには分からないので型から外せる日が待ち遠しく、外す瞬間は毎回ドキドキします☆


私がジュエリーにオルゴナイトを取り入れようと思った理由は以前にも描いた事がありますが

透明感ある見た目に加え、更に入れたいものを入れられるというところが、
オリジナルなものを誕生させられる事に繋がると感じたからです☆彡


オルゴナイトについてはいろいろな説があるようですが、

私が思うオルゴナイトの不思議は、手にした人はほぼ(私を含め)、自分でも作りたくなるところです。

次女はともかく普段は手作りする事に関心のない長女も、自分からワークショップへの参加を希望したくらいですから…。

今 長女の机の上には2回分のワークショップで作ったオルゴナイトたちが並んでいます。



オルゴナイトは、まるで小さな宇宙のようです。




お読みくださり、ありがとうございました☆











by anandab4 | 2015-04-22 10:33 | オルゴナイトジュエリー | Comments(0)

手作りの花パーツ




c0347597_04514008.jpg



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
               ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。






1週間ほど前、完成まであともう少し…と型から外してみた新作予定のジュエリー。

その後で何か気になってレジンについてのいろんな事を更に調べていたところ、

押し花を始めドライフラワー、プリザーブドフラワーなど自然素材のものはレジンに入れると
そのほとんどが退色してしまうという事実が判明しましたΣ(゚Д゚)

早くて1週間以内、長く持って1年ぐらい掛けて色褪せていってしまうのだとか(>_<)
紫外線による影響が大きいようです。

自然のものは花に限らず大半が紫外線による影響を受けるので、仕方のないことなのでしょうが…。

“レジン用のパーツ”として販売されているので大丈夫なのだと思っていただけに、ショックでした(>_<)

自然の花を入れている作家さんたちはどう思っているのかな?調べてみました。

色の変化も味だと捉えている人、

そういうもの(色褪せていくもの)だと解ったうえでの購入を勧める人、

色が変わる頃には新しいものが欲しくなっているはずだという人など、考え方は様々でした。


私は…。

身に着けている間に、枯れていったら嫌だな…と思いました。

経過がどんな風になっていくのか想像のつかないものを出す事は出来ないな、と思いました。

でも、ただ造花を放り込むというのも、何か違う。


うーん…(-_-;)と悩み、そして…。

無ければ、自分で作ろう!という結論に至りました。

それが写真の花パーツです。

自作すると、何より大きさや厚みなどが思い通りに調節出来ます☆

先週 この手作りパーツを入れて、少し作ってみました。

なかなかいい感じです^^♪

完成!となるまでにはもう少しかかりそうですが、追及していきます。


お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2015-04-20 11:00 | オルゴナイトジュエリー | Comments(0)