人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

カテゴリ:友人のこと( 6 )

念願の訪問☆

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)


c0347597_21140587.jpg


前回の記事を書いた翌日、今度は北海道で大きな地震がありました。

崩れた山やあちこちで陥没した地面、明かりが消えていく町の様子、これが人々が一番寝入っているはずの午前3時に起こったなんて…!ニュースを見た時は俄かに信じられませんでした。

テレビで見る限り避難された人たちは皆落ち着いて行動されていて、半日停電しただけで慌てていた自分が恥ずかしくなりました。

1週間も復旧のめど立たずと聞いていたので、予測されたよりも早く停電が解消に向かって本当に良かったです。

一日をやっとのことで過ごされている方、自分の生活の心配だけでなく家族や友人の安否状況などでいっぱいの方などいろんな立場の人を思うと、地震や災害については簡単にお見舞いの言葉など出せないように感じてしまい、この場ではいつも敢えて書けなかったりしました。
今ここに居て出来る事として、これまでと同じように募金という方法を取りました。


長女も、1人安否が不明だった友達から無事を知らせる連絡が来たと喜んでいました。



先日は、そんな長女と、難波の友人のお店を訪問しました。

私は約1年振り。
行こうと思うと他に予定が入ったりするので、今回は田舎のお土産も渡したいし先の台風のように天候が荒れたりするとまた出にくくなると思い、サッと日にちを決めました。
長女は確か小学生の頃に一度連れて行ったきり。
あれからいつも「また行きたい」と羨ましがっていた分、長女にとってはやっと叶った訪問となりました。


いつもそうなのですが、会うとまずは互いの近況を話します(^_^)

地震や台風の後にメールで互いの無事は知らせ合っていたので、その他のエピソードなどなど。
ひと通り話してから、商品を見させてもらいます。


今回は秋用のブラウスなどを探していたのですが、久し振りに行くとやはり目移りしてしまい、結果当初の目的とは違ったアイテムを選んでしまうのでした(^^;)


c0347597_21134627.jpg

「自分で作れる」と思うとついついスルーしてしまう、だけど自作の物だけでは飽きるから、本当は欲しいピアス。

友人のお店に置いてあるアクセサリーは海外の古いものなのでパーツ自体が面白く、繋げただけでも個性的なものが多い(^^)

数ある中で目に留まったのが、↑の猫ちゃんピアスたち。

向かって左のピアスは何故か「怒っているところ」を再現した姿。
猫好きの人は大概このピアスに目を留め、「何でこれ、こんなに怒ってんの~?」と面白がるのだそう(*^^*)

私も「おもろいな~」と気になったのですが、素材が真鍮だったので、silver925だった右の猫ちゃんピアスにしました。
こちらは座っている姿。全体にマットな中にちょっとキラキラする部分があるのに惹かれました。軽くて着けやすく、家族にもなかなか好評です(^^)


他にパンプスとショートブーツの中間(?)みたいな革靴を履かせてもらったら、見た目細身のデザインに寄らず、足にフィットし、感激しました☆彡

私の足はどんな靴を試しても必ずと言っていいほどどこかに支障が出るのに、友人のお店の1点ものの靴の中には不思議とピッタリくるものが見つかったりするのです。

これまでにもずっとお気に入りのショートブーツを始め、何足か靴を買わせてもらっています。
この度また増えました(^^)



一番上の写真の他にも、ブーツ、スニーカー、ミュールなど実に様々な品揃え。探すのが楽しくなります♪



長女も何足か履かせてもらった中に、足を入れた瞬間「うわ、このシンデレラ感!(笑)」と思わず言葉が出たぐらい、ピッタリ足に合ったレースアップシューズがありました。
ヒール高めでもフィットしている分、とても履き心地が良さそうでした。
結局「靴か服か」で迷い、服を買う事に決めました☆



長女が選んだのはこちら↓
c0347597_13135261.jpg
シルク素材の赤い水玉スカートです。(上下↑↓とも、お店のサイトより画像をお借りしています)
c0347597_13133673.jpg

↑こんな風に組み合わせると可愛いですよね(^^)

普段からトップスはほぼ黒ばかり着たがる傾向があるので、ちょうどいいかも。

その場ですぐ娘のウエストに合わせてお直しもしてもらえて、初めてジャストサイズでスカートを買えた事に感動していました☆彡

長女の場合ウエストが細過ぎるため、キッズサイズぐらいでないとみんな脱げてしまうので、ベルトで何とかごまかしてきたのです(^^;)





私も夏のお気に入りスカートのウエストお直しをお願いしてあるので、また次回に受け取り予定です。


今回夏物でお安くなっていたスカート、サラサラのフレアであまり無いタイプの色柄が気に入っています↓

c0347597_14593710.jpg


始終話も弾んで楽しい時間を過ごさせてもらいました(*^-^*)


お読みくださり、ありがとうございました☆






by anandab4 | 2018-09-13 15:58 | 友人のこと | Comments(0)

望ましい繋がりや距離を保てるように


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





一昨日は中学校の三者懇談でした。

懇談は午後からなので、一番暑い時間帯に出て行かなければなりません★
見渡す限り影もあまりなく、逃げ隠れの出来ない太陽の真下に出て行くような感覚です(*_*;

運動部の子たちが活動しているのを見ると、こんな炎天下で本当によく頑張るな~と思います(-_-;)

夏休みの部活の予定表を見せてもらうと、運動部はお盆の2日間しか休みがなかったりします(◎_◎;)
熱中症で倒れたりしないだろうか、もう少し休んだ方がいいのでは…と心配になるようなスケジュールです。

あれで大丈夫なのかな?

私が学生だった頃とは何か違う、今の暑さはちょっと異常なぐらいに感じるので。

外へ出て間もなく、次女の顔がピンク色になりました(^^;)
色が白いので暑いとすぐにピンク色に染まるのです(^^;)


家でも学校であった事や友達の話など聞いていましたが、先生にも学校での次女の様子を訊いてみたところ、いろんな子と分け隔てなく話しているよう。

次女はよっぽどでない限り、誰かを「嫌い」とは言いません。
基本あまり嫌な子がいないようで、人に対する好き嫌いは少ない方だと思います。

ワイワイ賑やかなのが好きだからか、一泊移住や調理実習など、皆で参加したり協力したりするイベントも楽しんでくる方です。
団体活動が苦手な私たち家族の中において、これは唯一次女だけなので、貴重な存在です(^^;)


クラスは離れてしまいましたが、小学校から仲良しのYちゃんとは登下校を共にし、相変わらずカップルのような相性の良さが続いています。
先生からも「○組の○○さんとは本当に仲良しやね~」と言われていました^^


Yちゃんと次女の場合は、お互いの気持ちの温度がちょうど同じなので、バランスがいいのだと思います。


長女の場合は親しくなった子から何故か猛烈に好かれるというか、依存的なほど執着されるようになるというパターンが多く、そんな繰り返しから人との関わりに一定の距離を置きたがるようになりました。


恋愛でもそうですが、いくら友達でもあまりに急速に距離を縮めてこられたり、こちらの意思に関係なくぐいぐい踏み込んで来られると、ましてやこちらの言うことに全く聞く耳を持ってくれない状態だと、相手に対して嫌悪感を感じるようになっていってしまいます。

せっかくの好意も押しつけるばかりでは相手を無視しているのと同じになるので、「もう関わりたくない」と思われてしまうのですね。

初めは良好だったはずの関係が、次第に息苦しいものへと変わっていってしまうという残念な流れに…。

自分を中心に物事を捉えてしまいがちな思春期の頃は、どうしても「好き!」となったら、その想いのままを行動に移してしまう事は多いのでしょう。
相手を自分と同じように解釈してしまうのも、仕方のないことなのかもしれません。
自分の想いに真っ直ぐなだけに、相手の都合を考えたり、人との微妙な距離感を測るというのが難しいのかもしれませんね。

そんな若い間の自分中心な感覚からの行動は、双方にとって苦い結果となってしまう場合もありますが、そこにはまだ純粋な想いもあるように思います。


大人となると、また違ってきます。

大人になって人との距離感がつかめなかったり、自分の想い(思い込み)と相手を一緒くたに解釈してそのまま行動してしまうのは、かなり問題です。

大人になって相手を尊重することが出来ないままでは、純粋さや情熱とはかけ離れた、単なる自分勝手な人で終わってしまうでしょう。



そしてシンプルに気の合う者同士が仲良くなっていた子供の頃とは違って、
大人になってからの人との関わり、親しくなる関係には、また別の要素も絡んできたりします。

親切からのものかと思ったら、相手の都合が潜んでいたりする事が結構あったりします。
そういうのがわかった時点で「あ、そうか」とこちらも一気にしらけますし、この人とは表面上だけにしとこう、と思います。

そこに本人が気づいているかは微妙ですが、本人にとっては良かれと思ってのお誘いなり提案だったりするようなので、声を掛けられるこちらとしては、何とも言えない気持ちになります。


ずっと前は仲間同士で何かをするとか、誘われて集まりに出掛ける事もたまにはいいかと考えていましたが、ここ数年のいろんな出来事を通して、どこにも籍を置きたくないと思うようになりました。


何某かのコミュニティに属したくない訳は、元々団体行動が嫌いな私自身の性格も影響していると思いますが…。




数年前、「為になる話を聴きに行こう」と誘われて、何度か参加した事がありました。

あの頃の私は今のようにネットにもほとんど触れる機会はなく、いろんな面で世間の事情には本当に疎かったと思います。

そんな中で度々同じ集まりから誘われ、少しずつ参加するようになっていきました。
皆楽しそうに見えるし、当時信頼していた人もその中に居たので悪い話ではないだろう、という気持ちでした。

その時々で話す人やテーマは違うのですが、話の最後はいつも必ず「この仕組みを理解出来ている私たちは賢くて幸せだけど、知らない人は可哀想よね~」で締め括られていました。

それを聞く度、私は何とも変な気持ちになったのでした。

彼女たちの目には自分たちが妄信しているものについて理解しようとせずに普通に生活している人たちは「損をしているのに気付いていない愚かな人」として映っているようでした。

その言葉に反応して上がる笑い声に、ちょっと上から見る事で仲間意識を固めているような空気を感じました。


今思えば、あの時の私はまるで『裸の王様』に出てくる大人たちみたいです。
「馬鹿には見えない」というあるはずのない衣をあたかも見えているかのように振る舞うのと同じような心境で、私もその場に参加していたのですから。

周りが皆理解し合い納得し合っている者同士ばかりの中に居て、私だけが何も知らない人、理解出来ない人みたいに思われたくなかったのですね。

その仕組みですが、何度説明されても、一向に頭に入って来ませんでした。
挙句の果てに説明が始まった途端、必ず眠たくなる始末。脳が拒否反応を示していたのかもしれません。

基本的なところに「?」があるままなので、いくらキラキラしたことを言われても理解出来ず、皆と同じようにする気のない私には、結局その人たちの言う「豊かな未来」は無縁の話です。
最初は楽しそうだと見えていたその人たちのテンションにも、どうにも馴染めないものがありました。

集まりに呼ばれても理由をつけて断るようになり、その場に居た人たちとの交流はなくなりました。



以上のような体験に起因しているのかもしれませんが、
その集まりに特化した事ではなく、コミュニティに属している人特有の選別意識というか、そういうものが伝わってくるように感じて、私はそこに拒否反応を感じるのです。

それからもいろんな人たちと出会ったりしましたが、
今でも普通に繋がっているのは、やはり社会人になる前に知り合っていた友人だったりします。


そんな私と、次女はまた違います。
次女は次女なりのやり方でこれからも交友関係を育んでいくのだろう、そうだったらいいなと思います。


次女にとっては全てがまだまだこれから。
いろんな出会いがあることでしょう(^^)


c0347597_14492736.jpg
↑写真は長女と観に行ったマイケル・モンローのライヴで娘が買ったソロ30周年記念ベストアルバムより、
志摩あつこさん画によるマイケル・モンロー。
「“締め”な感じにいいんちゃう?」と娘(^^;)


お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-07-20 15:35 | 友人のこと | Comments(0)

刺激を受けられる関係



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





新学期が始まってもう1か月が経ってしまいました☆

パソコンに向かってテキスト作成の仕事に追われていると、一日があっという間に終わってしまう(*_*;

元々出不精なので籠りっきりになるのはそれ程苦ではありませんが、思った以上に目を酷使しているようです★
休憩するなら目を休めればいいのに、ちょっと時間があったら読みかけの本の続きを読んでしまったり。

以前自分が走り書きしておいたメモの小さな文字が、自分で解読出来なかったり。何をしているんだか…(-_-;)

そんな時のために、旦那さんが百均で買った小さな穴がいっぱいの眼鏡(パッと見おもちゃのサングラスみたいなやつ)があるのですが、あれはいいですね!
あれをかけて見ると、ピントがピタッと合います。
旦那さんがテレビを観る時にかけているのを見て「そんなんでほんまに見えるん?」と笑っていましたが、まさか自分も、その効果を身をもって実感するようになろうとは(-_-;)

両眼共に視力2.0を誇っていた私が懐かしい。


話が逸れました…(-_-)


ここでも時々書いていますが、私は自分からあまり人に連絡を取らない方で、友人ともそんな感じです。


けど、私にも例外があります(^^)

1人は、毎年誕生日プレゼントを贈り合う短大時代の友人です。
短大時代の生活は私にとって本当に冴えないものでしたが、彼女と親しくなって私はいろんな刺激を受け、短大での日々がそれまでよりも楽しいものになりました☆彡

遠方の親元を離れて学校生活を送っていた彼女は自立していて、自分なりの考え方を持っていました。

彼女の服や持ち物も、皆似たり寄ったりの他の子たちとはちょっと違っていてシンプルだけど個性的で、好きでした。一緒に買い物に行って初めて自分の欲しかった物が売ってあるお店を知る事も出来ました。
映画を観に行ったり、読んでいる本の話をしたり、下宿に泊まりに行かせてもらったり。互いに一緒に居るメンバーは違っていましたが、彼女と話す時間の方が、いつもの友人たちと過ごす時間よりもうんと楽しかったのです。

あれから25年以上経ち、今、私たちの一番上の子同士が同い年です(^-^)

プレゼントに添える長文の手紙では伝えきれない話をメールでやり取りし合えるのが純粋に嬉しい、今日この頃だったりします(*^_^*)


c0347597_10204407.jpg

もう1人は、当ブログでも時々お店の様子を紹介している古着屋さんのオーナーさんをしている中学時代からの友人です。
中学時代に洋楽好きの繋がりで親しくなり、それこそ今娘が集めてる雑誌『ミュージックライフ』などから好きなアーティストの切り抜きを持ち寄っては交換したり。
彼女もやはり当時から服や小物が周りの皆と違ってセンスが良かったです。
独自の考えを持っていて周りに流されないところがあって、話していて飽きないので、クラスが違っても頻繁に手紙をやり取りしたりしていました。(←休み時間に渡しに行ったりするやつです^^;)

娘もお店に連れて行って会った事があるので、高校時代に彼女がルー・リードにハマっていた話をすると、「渋過ぎる!さすがー!」と納得していました(^_^;)

どちらの友人とも知り合った当時からいつもベッタリ一緒だったり、いびたり連絡を取り合ってきた訳ではありませんでしたが、何だかんだで続いているのは彼女たちぐらいかも…。

他の人たちとは用事がある時だけ会ったり、一時期で自然に会わなくなったり。
何が違うかというと、続いている友人たちとは、根本的な考え方にズレがないからなのかなという事に思い当たりました。

ちょっと前の記事でも書きましたが、考え方はその時の生活や環境などによって少しずつ重点を置くところが変化していったりします。

でも一番根のところというか、そういうものは変わらないのかもしれません。
そういう意味で、最終的にそこが似ている人とはいつ会っても、連絡を取り合っても変わらず刺激的だったり楽しいのだろうと思いました。



友人のお店がまだCDで音楽を流していた頃、ちょっと聴いて「これ、いいね」と言ったら、そのままCDを貸してくれた事がありました。
それが↓のソフトでした。

当時私はちょうど上の写真の『アリス展』の絵に取り掛かっている最中で、CDウォークマンでこのソフトの曲を聴きながら描いた思い出があります。
今みたいに音源を取り込む事も出来なかったので、あれからずっとまた聴きたいな~と思い続けていました。今回娘がプレゼントしてくれたので、早速聴きながらパソコン作業をしたりしています^^

c0347597_09580619.jpg


YouTubeでもあまり見当たらないのですが、何とか好きな曲を見つけました↓




時間に余裕が出来たら、また友人のお店にも行きたいです。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-02-02 16:01 | 友人のこと | Comments(0)

DMを届けに




◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)


■5月7日~10日の日程でいそべ初音さんとの二人展を開催致します■
ミラクル ビュー ヒーリング応用編の技法を使って描いた絵を展示します。
ギャラリー案内・アクセスなど詳細を書いた記事はこちら→





雨降りの昨日は、久し振り!で先週買い付けから戻ったばかりの友人のお店へ。

DMを届けに行って参りました^^

難波の古着屋さん、Sugar Spun Sisterさん。

DMを届けるという名目ですが、やはり会えなかった間のお互いの近況を話せるのが
一番の楽しみ(^O^)♪

DMを見て友人が開口一番に「やっぱり、似てる?」とひと言。

そう、私たちは学生時代からよく「似てる」と言われてたのです^^;

そして昔から私の絵を見てきている友人に、作風が変わったと驚かれました☆


今回の二人展での作風も、私の一部です。これが全てとなって変わってしまったわけではありません。

愛プロの絵は愛プロの絵、オリジナルの絵はオリジナルの絵で…というように、

引き出しは一つきりで終わらない自分で在りたいと考えています。


ひと通り語り合った後は、お店の商品やディスプレイを楽しみます(*^_^*)

昨日は会えたことに夢中で、写真を撮り忘れ…。

画像をお借りしました^^;

一番に目に飛び込んできたのが、レースのトップス☆彡↓
吟味して、好きなものを選ばせていただきました(*^^*)

c0347597_16433334.jpg
他にも、ピッタリのスカートなどを物色。
これからの季節はスカートが多くなるので^^

そしてそして、カウンターの奥に居てたフクロウ?ちゃん↓

c0347597_16434715.jpg

何ともユーモラス♡

海外のお品なので英語のタグが付いているのですが、

それには「あなたの自由に、髪をセットしてあげてください」というような説明?が
書かれているらしいのです(^▽^;)

確かに、いかようにもヘアスタイルをアレンジ出来そうなフサフサ具合(^_^;)

昨日お店に居たのは写真と同じ系統の2代目フクロウちゃん。

買い付け時に「これも…」とレジに出したら、店員さんが「クスッ」と笑ったのだとか☆(これ買うんか!的な笑いだったそうです)


そういうちょっと面白い、「フフッ」と密かに笑えるようなもの、私も大好きです♡


いろんな掘り出し物のあるお店、友人とのお喋り、いつも楽しい(*^_^*)♪



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2016-04-29 21:26 | 友人のこと | Comments(0)

鳥さんカード

c0347597_13330493.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





ジュエリーをお渡しする際に添えるメッセージカード。

これまでは、長年のお付き合いになる友人に印刷をお願いしていました。


友人との出会いは中学時代。

音楽の趣味が合ったのがきっかけとなり、親しくなりました(^_^)

当時から服や持ち物のセンスが良く、周りと少し違った独自のものを持っている彼女に出会い、私はそれまでの交友関係にはない刺激を受けたものです(^^)

高校卒業後 お互いに違う進路に進んでからも、友人とは、手紙で近況を伝えあったりしていました。


友人が難波に古着屋さんを開いてから、また度々会えるように(*^_^*)



“鳥さんカード”は、最初 ジュエリー用のメッセージカードとして作られたものではありませんでした。


手作り仲間とのロハス出店時にノベルティグッズを用意する事になり、
私はミニカードを担当する事になったのです。

その時 印刷を引き受けてくれたのが、彼女でした。


服飾を学んだりデザインの仕事も経験していた彼女なら、と私が預けたのは手描きの鳥の絵柄1つだけ。


具体的なイメージなどはなく、ほぼお任せ状態だったのですが、シンプルでいい雰囲気に仕上げてくれました(*^^*)


そうして誕生した鳥さんカード。


クリスタルジュエリーを作るようになってからは、ジュエリーのタイトルとメッセージを書いて添えるメッセージカードとして
使うようになりました☆彡

インク代のみのお支払いで印刷してもらっていた鳥さんカード、

最近 とうとう在庫が無くなってしまったので、データを送ってもらう事にしました☆

我が家がやっとプリンターを買えたのと、彼女の本業は印刷屋さんではなく古着屋さんのオーナーさんだからです。

お店のオープン当初より常連さん・新規のお客様共に増えて海外への買い付けや商品のメンテナンス・品出しなどに追われている彼女に甘えてばかりはいられません☆


写真は、送ってもらったデータから早速印刷してみた鳥さんカードです(*^-^*)


コクヨの『合わせ名人』がメンテナンス中な事に気づかず変形がかかってしまったりとちょっと手こずりましたが、
何とか無事に印刷成功(^▽^;)


切り分けたら完成です☆彡


これからも祈りの花ジュエリー以外の全てのジュエリーに、この鳥さんカードが添えられます(^^)



お読みくださり、ありがとうございました☆







by anandab4 | 2016-02-29 06:03 | 友人のこと | Comments(0)

お母さんと女性

c0347597_14354642.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




私の子供たちは2人揃って年末生まれ。

なので毎年 年末年始には、子供たちが生まれた頃のことを自然と思い出します。

長女が生まれて、それまでの私の価値観は大きく変わりました。

私の人生の主人公はもう私じゃなくて、
これからは、この子が私の人生の主人公になるんだ!と強く思いました。

産後暫くを実家で過ごしたのち、マンションへと帰って来ましたが
その頃の旦那さんの勤務時間は夜勤が多く、残業も当たり前。

私は1日のほとんどを、長女と過ごしながら
まだ寝返りもうたない長女が寝ているベビーベッドの側に、ほぼつきっきりで座っていたのです。

そう、家事をする以外は、1日中つきっきり。


(ーー;)…。


私は何をしていたんでしょうか(-_-;)

まるでちょっとでも目を離したら、えらい事になってしまう、と言わんばかりです。

今でこそ笑い話ですが、
それでも、当時の私は大真面目だったのです★



昨日、友人のNさんとデートをしました(*^-^*)

これまでもイベントなどでご一緒した事はありましたが、個人で約束して会うのは、
今回が初めて。


赤ちゃんと一緒に来てくれたNさん(*^^*)

いつもは混雑しているらしい、人気のお店☆
ちょうどくつろげる一角の席に案内してもらえたおかげで、
ゆっくり美味しいお料理とお話を楽しむ事が出来ました♪

子供たちのこと、好きなこと、大切にしたいこと…価値観が似ていて、好物のモンブランもお揃いでした。


お母さんにあやしてもらうと、喜んで声を立てて笑う赤ちゃん(*´▽`*)

可愛い…♡
笑うと歯のないお口が、堪らなく可愛いです(*´▽`*)♡♡

そんな様子を眺めながら、
お母さんが出掛けたい場所に赤ちゃんと出掛けるっていいな…と

お母さんが楽しくて赤ちゃんも楽しいっていいな、と思ったのでした☆彡


そしてNさんから、嬉しい誕生日プレゼントが☆彡

c0347597_16400763.jpg
「子宮が喜ぶ色」だとメイクの先生がおススメされたという、リップグロス☆彡
ラッピングが可愛かったので、写真に納めてから開けさせてもらいました(*^^*)
c0347597_16405616.jpg

いつも気になっていながら、入った事のなかったお店のもの。

2倍の嬉しさです( *´艸`)☆彡


長女のそばにずっとつきっきりで居た当時の私。

あまりメイクに関心の無い母からも「家に居ても化粧ぐらいはしときや」と言われてしまった当時の私。

自ら“どっぷりお母さん”でいる事を自分に義務付けて、それを良しとしていたんですね…(^^;)


“お母さん”も“女性”もどちらも含めて全部で私。

何か1つだけを重視するのでなく、全てを大切にしていい。


お母さんが輝いていて楽しいと、赤ちゃんも一緒に楽しい♪を見せてくれたN さん☆彡


本当にどうもありがとう☆彡

by anandab4 | 2016-01-13 17:28 | 友人のこと | Comments(0)