人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

カテゴリ:好きなこと( 61 )

水曜日のアリスと、初の猫カフェ


◆絵画とジュエリーのショップへは
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





蝉も鳴き出し、夏らしいお天気になった日曜日は次女と仲良しYちゃんのお出掛け日でした。

2人の目的は“水曜日のアリス”でお揃いの懐中時計を買うこと。

私は初めて聞くお店の名前でした。

旦那さんと長女に日曜日の行先予定を伝えようと「水曜日の~…」まで言うと、両方から「ダウンタウン?」と返されました。
やっぱりそう続いてしまうよなと思いつつ、「そうじゃなくて…」と改めて「水曜日のアリスってお店に行きたいらしいから付き添ってくる」と伝えました。

付き添うと言いながら、私もYちゃんのお母さんに案内してもらう立場なのですが(^^;)

そんなアリスのお店は心斎橋のアメリカ村付近にありました。


うっかり通り過ぎそうになってしまいそうな外観。

アリスの世界観そのままに、小さな入口です(大人は結構な確率で頭をぶつけていました)↓
c0347597_09274983.jpg
Yちゃんに続いて入って行く次女↓
c0347597_09411659.jpg

黒を基調とした店内はアクセサリーや雑貨がいっぱいで、可愛いもの大好きの女の子たちが目を輝かせそうな雰囲気。
もっと奥行きがあるのかと思いきや、奥の壁は鏡張りになっていました。(暗いのでちょっと危ないかも)

オープンすぐぐらいに入りましたが店内は既に賑わっており写真を撮っていいかちょっと微妙だったので、やめておきました。

たくさんのキラキラした雑貨が並んでいるのに、子供たちはさっさと隣の白い部屋へ。

お目当ての懐中時計を手に取った2人はもうそれだけで満足らしく、他のものは欲しがらなかったので、何かお菓子を買いたい私はお土産にポップコーンを選んでYちゃんのお母さんと一緒にお会計に…。

そうしてお店を出たのは、入店してからたったの15分でした。

あまりにあっさりだったので「ほんまにもうええの?」と念を押しましたが、「うん」と早速買ったばかりの時計を取り出すのに夢中な子供たち…。


そこで、Yちゃんのお母さんの提案で前に一度企画候補に上がっていた猫カフェに行こう!という事になりました。


猫カフェオープンまでには30分近くありましたが、お店前にちょうど4人座れる椅子があったので、そのまま待つ事にしました。
子供たちと私たち、それぞれに分かれて女同士がお喋りしながら待つ30分ぐらいはすぐです。

お店のガラス扉の向こうでは、猫たちが交代で外の様子を覗きに来ていました。

そうこうしているうちに、私たちの後にお客さんが続々と並び始めました。やっぱり猫カフェは人気なようです。


開店時間になり、靴を脱いで店内へ。

まずは受付カウンターで希望のメニューなどを選び、注意事項の説明を受けます。
一番小さなエキゾチックショートヘアのつくしちゃんにはおやつをあげないように、そして大きなボス猫・マンチカンのマンタくんには触らないようにしてくださいとの事でした。
マンタくんは触られると結構深く噛む事があるのだそうです。

私は初めての来店だったので、猫たち全員の紹介が載ったアルバムを渡してもらいました。

そうした説明を聴いている間、カウンターに上がっていた1匹の猫ちゃんが私の持っているペットボトルの入ったポリ袋を、何故かしきりに舐めていました。

こんなところからもう謎の触れ合いが…(^^;)


ロッカーに荷物を入れ、好きな部屋へ移動する前に開店前に度々外を覗きに来ていたミヌエットのラムネくんを撮らせてもらいました。
短い足で歩く姿が何とも可愛かったです↓

c0347597_09422386.jpg


Yちゃんのお母さんについて入った部屋は一番大きな広間になっていて、常連さんらしき人はもういち早く座椅子にスタンバイされていました。座椅子に足を伸ばして座り、毛布を掛けておくと猫たちが寛ぎに来るようです。
常連さんの膝に、すぐに白い猫ちゃんがやって来ました。

「カフェ」だけに、普通に椅子とテーブルのある席でお茶を飲みながら周りを歩く猫に触れてみたり、時々膝に上がってくるのを楽しむような感じなのかなと想像していました。
人間もこんなにがっつり寛ぐのか!とちょっと驚きでした。
衣類に付いた猫の毛も帰りにちゃんとコロコロを貸してもらえるので、気兼ねなく寛げるシステムになっているのです。


常連さんが毛布の入れてある所を教えてくださったので、私たちも同じように座ってみました。

そんな私たちの様子を観察するかのように、入れ代わり立ち代わり部屋に入って来ては自由に歩き回り、見て回る猫たち。



暫くして飲み物と一緒に、カリカリやちゅーるなどの猫用おやつが運ばれてきました。


おやつを手に出すとすぐに食べに来てくれるので、触れ合いやすくなります。


眺めているだけで楽しいので、こちらも焦らず様子を見ていると…。


c0347597_09511053.jpg
↑次女の足元に座っているのは、ボス猫マンタくん。見た目は可愛いんだけどな。


c0347597_09425956.jpg
↑Yちゃんのお母さんのところには、オッドアイのスコティッシュフォールド・ムースくん。
ムースくんはご機嫌斜めなのか、一番小さなつくしちゃんや他の猫たちが近くに来るとパンチを繰り出し、喧嘩になりかけたりしていました。


c0347597_09432228.jpg
↑何度も部屋にやって来ていたアメリカンカールのカールスくん。おやつをいっぱい食べてくれました。
私は個人的にこの大きなカールスくんが見ていて何か面白くて、気に入りました。
プロフィールには「ボス猫マンタの脅威を克服し、いろんな部屋へ出入りするようになった」と書かれてありました。


c0347597_09441496.jpg
↑そして私のところにノルウェージャンフォレストのシロンちゃんとメインクーンのプリンちゃんが来てくれました。
プロフィールによると女の子同士の2匹はとても仲良しだそうで、お互いが大好きな様子。
c0347597_09435264.jpg
寄り添う姿が微笑ましい。
c0347597_09443755.jpg
別嬪さんのプリンちゃんが、そのまま膝で寛いでいってくれました。


c0347597_09463052.jpg
↑一番大人しかったチンチラシルバーのファビちゃん。
ちょっと拗ねたような眠たそうな表情のまま長い間そばにじっと座っていて、面白可愛かったです。
触られるのはあまり好きでないようなので、一緒に居る空気を楽しみました。
c0347597_09455900.jpg
夏だからか、ちょっと触れてみた猫たちは割と痩せてたような…。

ミーちゃん元気かなあ。



思ったより大きな子が多かったからか、次女はちょっと触れ合うのをためらっていたようでした。

でも眺める分には楽しかったようなので、猫たちにとってはそれもいいかもです。

猫好きの旦那さんにそんな次女の様子を聴かせると、「もったいない…」と残念そうに呟いていました。
猫好きにとってはたくさんの猫たちと自由に触れ合えるなんて、贅沢そのものな環境ですものね。

でも旦那さんもそして動物好きの長女も、うちの家族は皆ゆっくり様子を見ながら関わる方なので、がっつり「触れ合い」とはならないかも?


↓お土産のポップコーンは、ラズベリーとショコラ。
ちょっと硬いけど、なかなか美味しかったです。
c0347597_09271421.jpg


お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2019-07-08 16:23 | 好きなこと | Comments(0)

梅雨の合間に

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




6月も終わるのに、今年はまだ梅雨入りしたって聞いてないなと思っていたら、今頃になって梅雨…。

湿気が大嫌いな私にとって、暑さとジメジメの組み合わせは不快指数がかなり高いです。

少しでも首周りを涼しくしたくて美容院へ行き、髪を切って髪色も明るめにしてもらいました。
が…。
「ほんまに染めたん?」と娘たちに言われるほど、何故かほとんど色が変わりませんでした。
強いて言えば黒!だったのが、若干柔らかめの黒になったかな?という感じ。

まあ、思いっきり茶髪みたいなのは嫌なので自然に染めたかったのだし、次回までこれで行っとこうと思います。


そんな今月初め、友人の古着屋さんへ娘の服を受け取りがてら行って来ました。

先日友人のお店での撮影から帰宅するなり、「すごく気に入った服あってん!」と娘。

女の子なら欲しい服をあれこれ探して歩くお買い物は楽しいものだと思うのですが、娘の場合はそんな事より古いレコードとかを探しに行きたいと考える方なので、服に関してはとりあえずいつも買ってるお店でいくつか揃えればいいし、みたいな関心の低さなのです。
そんな娘が自分から服を欲しがるのは、非常に珍しいのです。

ここ数ヶ月は娘単独で着た感じ写真の撮影へ行っており、私は長らく友人と会えていなかったのと、自分の服も見に行きたかったので、雨降り覚悟でそんな娘が欲しがったという服を受け取りに行くべく、友人に相談して日程を決めたのでした。

結局はお店の雰囲気と友人とのお喋りが楽しい娘も一緒に行く事になりましたが…(^^;)



久し振りで会う友人も、ずっと長く伸ばしていた髪を切っていました。
そして、友人も黒髪。「この年であんまり茶髪もなあ~」との友人の発言に、私と同じだなと思いました。

髪の話題に始まり、体調の事から商品の仕入れまでいろんな話をしました。

私は石を仕入れる時、自分が手に取ってみたいと思う石を仕入れます。
そして自分が「これいい!」「これはきっと好きな人いるだろうな」と思って仕入れたものが出るとすごく嬉しいし、いいと思えるものほど出したくなります。

娘は「いいのやったら自分が欲しくなる」と。

もし私が買う側だけの立場であったなら、娘と同じだったかもしれません。

友人もお客さんからよく「いいのがあったら自分用にしたくなりませんか?」と訊かれるそうです。
でも友人もやっぱり、いいものは出したいと考えるそうです。


友人の買い付けてきた商品は保存状態が良い使いやすいもの、個性的で珍しいものなどヴァリエーションに富んでいるので比較的広い年代層の人がお買い物を楽しめると思います。

そんな中で、私が「面白い枠」だなと思う商品も色々あり…。

お国柄なのかもしれませんが、Tシャツなんかは特に「何で?」と思うような謎なイラストがいっぱいあって面白いです^^


私がお店の商品で最初に目に留まったTシャツは、スマホを持った猫ちゃん↓
c0347597_12350659.jpg
どうも行方不明になったようで…。
「最後に目撃されたんがインスタグラムに投稿してるとこやったとか」と友人と娘、爆笑。職業はソーシャルメディアマネージャーってなってますね。
淡いパステルカラーで可愛かったので思わず選んでしまいました(^^;)

私は娘によく「これ(年齢的に)着てても大丈夫?」と訊くのですが、「お母さんいつもそうやって私に訊くけど、何ともないで」と。「変だったら言ってる」そうなので、大丈夫みたいです。

猫好きの友人、お店には猫柄シャツ、猫の本、猫グッズなどもいっぱいです。


欲しかったフープピアス↓
c0347597_10030015.jpg

娘も着た事のあるスカート。鮮やかな色が一つ欲しかったので。↓
c0347597_10022511.jpg

娘が取り置きしてもらっていた3点の中から、こちらはワンピース↓
c0347597_10020767.jpg
※上2つの着た感じ画像はお店のページよりお借りしています



午後は大雨になるとの予報でしたが、帰り道も小雨程度で済みました!


雨量が多過ぎるとまた被害が出るので、そういう面からも梅雨明けが待ち遠しいです。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-07-04 15:21 | 好きなこと | Comments(0)

相性と好き嫌い

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





この間姉と会った際に、夫婦で伊勢神宮へ行った話を聴かせてもらいました。

姉は小さい頃から神社仏閣などが好きで、両親にいろんな所へ連れて行ってもらっていました。
それは大人になってからも変わらず、今でも夫婦でよく神社仏閣や美術館などへ出掛けています。

姉の場合は「パワースポット・神社巡り」とはちょっと違い、元々静かで落ち着く環境そのものが好きで訪れていたという感じです。

そんな姉が言うには、「伊勢神宮はあんまりやったわ」と。

その理由の一つは、観光客が多過ぎたこと。
これは今のご時世ある程度どこへ行ってもそうなのですが、大きな声で話しながら団体で参拝する外国人観光客で溢れかえっており、情緒が感じられなかったそうです。
他にも、木に抱きつきにいったりしてはしゃぐ人たちなどでいっぱいだったとか…(-_-;)

何より残念だったのは、赤福本店で赤福餅を食べるのが姉の目的だったのに、満席で入れなかった事だと★
時間の都合により何時間も待てないので、好物の赤福餅はお土産に買って帰り、家で味わったそう。


もう一つの理由は、超有名どころの伊勢神宮ではありますが、単純にあまりいいと思えなかった…のだそうです。

「○○(私のこと)も『住吉さんはあんまり』って言ってたな~と思って。伊勢神宮もそうやったけど、他にもあまり好きになれへん所とかあるわ」と姉。
ここ最近で行った中では、三輪山などはとても良かったそうです。


私は住吉大社に何度か行った事があります。

当時、手作り仲間に「住吉さん、いいらしいよ」と口コミ的に?教えてもらい、連れて行ってもらったのがきっかけでした。

でも「良い気」のようなものをひしひしと感じているらしい連れとは違い、私はお参りしてもあまり「何かすっきりした」とか「来て良かったな」という心境にはなれなかったのです。


反対にどんな状態の時でも、田舎で如意寺さんに行くと何だか気分がすっきりします。
子供の時から度々連れて行ってもらっている場所だから親しみがあるのか、景色や空気の良い場所だからなのか…。
行くと気持ちが晴れる感じがするのです。
姉もやっぱり、如意寺さんは大好きだそうです(^_^)


姉妹でまた貴船神社に行きたいねという話も出ましたが、「もう貴船も20年前ぐらいに二人で行った時の静かな場所じゃなくなってるかもね」という姉の言葉通り、現在は観光客でいっぱいなのかもしれません★



そんな姉との会話もあり、やっぱり神社との相性ってあるのかな?と試しに検索してみたら、属性で判断するという内容のサイトがいっぱい出てきました。

でもその診断方法に当て嵌めてみると、私の感覚とは真逆の結果に。

元々具体的な根拠はなく信憑性には乏しい方法みたいなので、これはやっぱり自分の感覚次第だなと思いました。

結局のところ相性は属性云々とかいうより、好き嫌いの感覚とほぼ同じなのでは…と思ったりします。


あと最近気づいたのですが、私はどちらかというと神社よりお寺の方が好きなようです。

お寺は拝む対象としての仏像が目の前にあるからかもしれません。

神社の場合は奥に置かれた鏡の中に神様が居ると言われています。
(その様子が描かれた五月女ケイ子さん独特のイラストを思い出すとつい笑いそうになるのですが、五月女さんと言えば姉に借りて読んだ『レッツ!!古事記』も面白かったです☆)

そして、神社はどこか薄暗い場所にある所が多いような気もします…。


単純ですが、何に対して拝んでいるかが分かりやすく、かつ鑑賞も出来るお寺の方が好きなのかもしれません(^^;)



****



先月イギリスのアフタヌーンティーで出されるケーキの画像を見ていたら「あー、こういうしっかりしたスポンジにアイシングがされただけ、みたいなシンプルなケーキが食べたい!」という切実な思いが湧き、色々探してキャロットケーキに辿り着きました。


期間限定販売のキャロットケーキを注文し、先週やっとお届け日を迎えました^^
c0347597_15413853.jpg
今回頼んだケーキはアメリカで好まれたレシピに基づいているらしく、刻んだ人参たっぷりのスパイス入り生地にクリームチーズのフロスティングがされていました。

サイズとしては小さく甘さ控えめなのですが、濃厚でギュッと凝縮された食感と味わいなので、三等分し、3日かけていただきました。

記念日でも何でもないけど、自分用にわざわざ取り寄せたケーキです。
せっかくなのでお茶の時間を楽しもう!と思い、誕生日に友人から貰ったカップで紅茶を淹れたところ、普通のアールグレイの紅茶をミルクで割っただけなのにチャイのような味になり、すごく私好みでびっくり!
きっとマグカップだと大味になるところが、小さめサイズのカップで味が凝縮されたのだと思います。
これは嬉しい発見でした(*^^*)

このカップ、手に持つとしっかりとした重みがあります。いつもと違う感触に、特別感を感じられます。

癖になる味のキャロットケーキ、家族で好きなのは私だけかも?と思っていましたが、味見した旦那さんも結構好きだとの事でした。


日本ではフワフワのスポンジにクリームとフルーツでデコレーションしたケーキが好まれるように思います。
キャロットケーキのレビューにもやはり「好き嫌いが分かれるかも」という感想が見られました。

お店でプロが作るフワフワスポンジももちろん美味しいですが、私は家で手作りするような硬めスポンジがすごく好きです。
子供の頃クリスマスに母と作ったり、ご近所さんや友達からいただいたりした時の、あの素朴な甘さ控えめの味が忘れられないのかもしれません。あっさりしているので、胃もたれせずいっぱい食べられるし…(^_^)


素の状態に近い子供の頃の感覚によるところは、大人になっても大きいみたいです。




お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-06-03 10:33 | 好きなこと | Comments(0)

GW10連休の初日は「石ふしぎ大発見展・大阪ショー」へ

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





風が強く吹き、一気に寒さが戻って来たような10連休初日の昨日。
「一緒に出掛けよう」と約束していた次女を連れて、ミネラルショーへ行って来ました。

5年程前に長女を連れて行って以来、2回目になります。

前回はマリアライトジュエリー用の原石を主に探しに行きましたが、今回の目的は小さなルース。


ミネラルショーには大勢の人が集まります。

いいものはやはり早くに出てしまう傾向にあるそうなので、初日に行って品質の良いものを見やすく並べてある雰囲気の良いお店に絞り、気に入ったものを選ぼうと考えていました。

私もそうですが、次女も人混みは苦手。

疲れると判断も鈍ってしまいそうなので、開場後ちょっとしてからぐらいに入ったら、なるべく時間を掛け過ぎずに、ピンポイントで探そうと決めていたのです。


ルースの置いてあるお店をチェックしつつ見て回っていて、とあるブースで綺麗なロンドンブルートパーズに目を奪われました。
「これだけ綺麗に色の出ているものはあまり無いですよ」と声を掛けてくれたのは、色白の小ぎれいなお姉さん。

これまでに、ブルートパーズはまだ扱った事がありませんでした。

今回はまだジュエリーに仕立てた事のない石を持って帰りたいなと思っていたので、ほぼすぐに決定。

他にもピンと来るものがあるかな…と見ていたところ、お姉さんがお薦めしてくれたのがターコイズでした。

市場に出回っているターコイズで鮮やかな水色をしたものはそのほとんどが人工的に染められたものであり、天然のものは少ないと聞いた事があります。

お姉さん一押しのターコイズ、その鮮やかな混じりけのない水色は正真正銘、加工無しの天然の色でした。
アメリカ・アリゾナ州にある“スリーピングビューティー”という鉱山で採れるターコイズならではの美しい水色で、閉山されるため今後は更に価値が上がっていくと予測されているのだそうです。

ターコイズもまだ扱った事のない石でした。

「『一つだけ着けさせてください!』ってお願いして、私も今日着けて来ました^^」と言うお姉さんの胸元にもターコイズが。
お姉さんのいい感じの愛着が伝わってきたのもあり、こちらもいただく事にしました。


次女は仲良しのお友達と「お揃いにしたいから」とお買い得コーナーからタンザナイトを2つ選びました。女の子、お揃い好きですね(^^)

c0347597_17340680.jpg
↑上段左がターコイズ、右がブルートパーズ。下段2つはタンザナイト。
c0347597_17342209.jpg
↑ブルートパーズは宝石としてもとても人気だそうです。スイス産のものもありますが、ロンドンブルートパーズが最も美しいとされ、評価が高いそう。
縦9㎜、横7㎜ぐらい。2.95ct。
c0347597_17343785.jpg
↑いくつかある産地の中でも最も美しく価値があるといわれる、スリーピングビューティー産のターコイズ。本当に天然であるとは思えないぐらい、鮮やかで混じりけのないブルーです。
縦8㎜、横9㎜ぐらい。1.66ct。

今回はブルー系の石ばかり選んでしまいました☆
またジュエリーに出来ましたら、お披露目したいと思います。



ここまでで早くもお腹が空いたらしい次女。
とにかくちょっと休憩したいと言うので、地下の洋食屋さんに入ってパスタを食べました。
一番のりで「空いてるな~。あんまり流行ってないのかな?」なんて思っていたら、続々とお客さんが入り、私たちがお店を出た頃には外に行列が出来ていました★
休日は特に、食事の時間は早目に限ります。

天満橋周辺は次女の行きたいような所がないので、以前見つけた松屋町のお屋敷再生複合ショップ「練」のカフェへ行こうという事に…(^^)


松屋町まではすぐ。
お昼のパスタが結構な量だったので、「練」に着いてからちょっとの間アンティークショップを見て腹ごなし?をしました。



そして念願の「エクチュア」カフェへ。


私たちは2階の奥、隅のテーブル席に着きました。
離れ隣りにあるカウンターだと、写真のように窓側を向いて階下を見下ろせそうな感じで腰掛ける形になります↓
カウンター席の正面が大きく広い窓になっているので、外で台風被害を受けた部分の修復工事をされている方の様子がちょうど目の前に見られます。
作業、やりにくいだろうなあ…(^^;)
c0347597_17315538.jpg
チョコレート工房のカフェなので、メニューはチョコがメイン。
スパイスの入ったチョコレートドリンクを頼みたかったのですが、お酒が入っているため酔う人はご注意ください…みたいな記述がされており、どちらかというとお酒に弱い私はやめておきました。

c0347597_17324081.jpg
↑次女は数ある中から興味を引かれたパフェと、ホットミルクを注文。
こちらのパフェ、最初にアイスクリームの上から熱いチョコがかけられて出てくるようになっており、固まる前と後の食感を楽しめるという仕掛けなのですが、本当にあっという間に固まってしまいました。
しかも結構な硬さ!
食べ始めはなかなか大変そうでした(^^;)
c0347597_17332427.jpg
↑私はケーキとコーヒーのセット。小さなお皿に入っているのは、お水と一緒に出してくださる試食用のチョコレートです^^

それにしても、パフェはかなり冷たそう(>_<)
外は風がビュービュー吹いて寒いぐらいなのに、冷たい尽くしのパフェを食べて大丈夫かな?と気掛かりで、半分ぐらいで「交換しようか?」と提案しました。

ガトーショコラ好きの次女は、交換したケーキの味に「めっちゃ美味しい!こっちにしとけば良かったかな…」と申し訳なさそう。
「何かごめんね~」と言う次女に、「まあ、チャレンジしてみたかったんでしょう」と私。
パフェのアイスの下には凍らせたフルーツが入っており、チョコレートのゼリー(ババロア?)のようなものも。ゼリー部分は美味しかったけど、寒い日にこれはさすがに冷たいでしょう(-_-;)

しばらく休憩して外へ出たら、やっぱり寒い…(*_*;

「寒いから帰ろっか★」と足早に駅へと向かったのでした。

丸一日のお出掛けとはなりませんでしたが、行きたかったカフェに寄れたので次女、満足だったようです(*^^*)


そしてまだまだ休みは続きます…(^^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-04-28 16:50 | 好きなこと | Comments(0)

色と質感で服選び

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)






ほとんど夏日のような暖かさも感じられるようになってきたこの頃、ようやく私の冬も終わりました(寒がりなもので…^^;)

気候は良くなったのに、先月末から繰り返し左眼アレルギーを発症しており、あまり外に出たくない心境だったりもします。

私の場合は眼にきますが、周囲でも花粉症の他に肌の調子や体調が悪くなるなど、何となくどこかが不調…という話をよく聞いたりします。
春はいろんな変化についていこうとして心身共に揺れやすい状態にある時期なのかもしれませんね。


そんな風で最近は特に用事以外は外出したくない私ではありますが、衣替えも済ませたところで、やっぱり全然買っていなかった春夏用の服が欲しくなりました。

家に居る時は部屋着で過ごす派の人も多いと思いますが、私は家と外との区別はあまりないほうです。
なのでだらしなくはないけど気合も入り過ぎない程度の、着ていてしんどくならない服を求める傾向にあります。

年齢を考慮して「これからは上質な物を身に着けるようになろう!」と何度か決意した事もありますが、“いいもの”オンリーとなると私の予算内ではシーズンごとに2~3点に絞るのが精一杯。
もの作りのための材料費や私個人に必要な費用は自分持ちで生活しているので、服だけにお金をかけられません。
余程上手に手持ちの物との着回しを考えて揃えないと、何とも物足りないワードローブになってしまいます。

そこで、時々値段安めの服を揃えたくなります。

何と言っても嬉しいのが、通常なら1点につぎ込む値段で3点~4点ほどの服が買えるところです。
これもいいな、あったらいいな…と思うアイテムをまとめて買う事が出来たりするので、充実感も味わえます。


↓最近まとめて買ったものの一部と、友人の古着屋さんの花柄ワンピースです。
c0347597_08583582.jpg
ラベンダー色と黒はスカート、ベージュがかったグレージュはブラウスです。
ラベンダーのスカートは色とピーチ素材の生地、黒スカートはとにかく柔らかくてシワにならないところが気に入りました。ブラウスはちょっと薄手ですが、色とサラサラした生地で選びました。
この3点が花柄ワンピースの値段以下で揃います(^^;)

花柄ワンピースは、娘が着るとこんな感じ↓
c0347597_08580296.jpg
c0347597_08574768.jpg
※お店より画像をお借りしています(2枚とも)

私は娘ほど細くはありませんが、身長は同じぐらい。平均よりやや細い方です。
娘の着た感じ画像があると、私もイメージしやすいです(^^)

控え目な花柄のワンピースを探していたので、生地も柔らかくてちょうど理想通りのお品でした。家ではそのまま1枚で、外へ出る時はカーディガンを合わせようと思います。

夏の我が家はとにかく蒸し風呂のような暑さになるので、夏の間は基本Tシャツにスカートかワンピースで過ごしています(^^;)


そんな感じで、お値段はいろいろでも色と質感の気に入ったものに、最終的に絞られていきます。

デザインが気に入ったからと思い切って高価な服を買っても、着てるうちに着心地の悪さが気になる箇所が出てきたり、肌触りが気に入らないとそのうち着なくなり、タンスの肥やし(もったいないので暫く置いておく)→リサイクルへの道をたどってしまいます。

デザインの好きなブランドがあるので時々利用するサイトがあり、上下異素材のワンピースに一目惚れして買った事がありました。
上がアイボリーのノースリーブ、下はブルーのスカートでウエスト部分のギャザーでインしたかのように見えるデザインです。
デザインは気に入ったのですが、上のカットソー部分が思ったより厚めの生地で下のスカート部分はシワが寄りやすく…。ファスナー無しの被って着るタイプなので、カットソー部分がしっかりしているだけに着たり脱いだりが結構大変。パーカーと合わせるといい感じなので何度か着ましたが、やがてリサイクルへ…。

また、別のサイトの服で届いてみたら値段の割にペラペラだった…なんて事もありました。
一応ブランドの服で、カーディガンのきれいな赤が気に入って買ったので何度か着たけど、ボタン周りの縫製が頼りなくて着続けられず、間もなくリサイクルへ…というパターン。

どちらも見た目はいい感じなのでお得感もあったのか、売れて行きました。

これらとは反対に安くで買ったけど着心地が良くて合わせやすく、意外とへたらないものは自然と出番が多くなり、結果的に重宝します。

そうやって毎年残るものが決まっていきます。


着ないものが置いてあるのが嫌なのです。

でも旦那さんと初めてデートした時に着た黒地に花柄のワンピースだけは、ずっと置いてあります。一度長女が着てくれた事がありました。
少しずつ背が伸びてきている次女も、同じぐらいになったら着てくれるかな?



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-04-25 12:47 | 好きなこと | Comments(0)

宝物のような絵画

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先月は次女のインフルエンザや自身の体調も今一つすっきりせず…な中で過ごしていたら、いつの間にか終わっていました★

そしてもう3月!
ああ、私の苦手な春がやって来る…。何となく落ち着かない春が、私は好きではないのです。

花粉症の子供たち、特に症状の酷い長女にとっては「何となく苦手」どころの話ではありませんが…(^^;)

でも花粉症対策用のマスク、あれは良さそうです。化粧も付きにくく外した痕も残らないし、着け心地はなかなか快適みたいです。
普通の紙マスクで出掛けていた時に比べたら帰宅後のくしゃみや鼻詰まりも減ったよう。
うんと楽そうにしています^^



そんな春があまり得意でない我が家において、今私が描いている最中の絵は、ちょっと春に向けてな内容となっています。

c0347597_09092373.jpg
↑新しい絵の具と極細筆を新調したのはもうずっと前、年末の事でした。

ただ、そこからなかなか構想が進まず…。

「これ!」と決まらないと描けない傾向にあるので、長い間下絵のイメージを部分ごとに描き出したりしながら、ようやく取り掛かれたのは先月に入ってからとなってしまいました。

昨年から改めてじっくり構想を練って描くのが楽しくなっており、自分にとっての宝物のように思える絵を丁寧に作り出して残したいと考えるようになりました。


「宝物のよう」と言えば、こちらは最近魅かれて欲しくなり、取り寄せたフラ・アンジェリコの画集↓
c0347597_15523363.jpg
とても繊細で細密な画風から、すごく生真面目な人だったのでは…と思ったら、僧籍に入っている信仰心の篤い人物だったのですね。
「アンジェリコ(天使のような)」という呼び名も、まるで聖人のように誠実で善良な人柄であったがゆえに、そう呼ばれるようになったのだそうです。

c0347597_09503662.jpg
『われに触れるな』

鮮やかな青や赤の色彩が使われた絵も目が覚めるように荘厳で美しいですが、少しくすんだような淡い色彩のフレスコ画の雰囲気の方が好きかも。

復活したイエスがマグダラのマリアの前に現れるこの場面、タイトルが表しているように「まだ父のもとに上ってはいないのだから」と手を差し伸べるマリアを諭すイエスの姿なのですが、フラ・アンジェリコの描いたイエスの表情は穏やかで、拒絶という強い印象ではなく、どこか優し気な気がします。

最初にお祈りをしてからでないと決して筆を執らず、イエスの磔刑を描く時には涙で頬を濡らしていたといわれるフラ・アンジェリコ。

そのような聖人たちの姿を描く際の志の深さや人柄について書かれた記述に、宗教画を描くためにその素晴らしい才能を授かって生まれてきたような存在だったのかな…と画家の人物像に想像を巡らせました。

フラ・アンジェリコの画集、取り寄せられて満足です。


観るのも描くのも好きな絵、いろんなものに触れるのがただただ楽しい。


あっ、制作途中の絵も、春に間に合いますように。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-03-01 14:33 | 好きなこと | Comments(0)

記念日やイベント、選ぶ楽しさ

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先週は次女がインフルエンザに罹ってしまいましたが、症状も軽くで済み、家族の誰にもうつる事無く乗り切る事が出来ました。

熱がすぐに下がった分だけ休みの間はひたすら退屈していましたが、療養期間を経て今週からまたいつものように通っています(^^)


そんな先週、3月発送と聞いていた旦那さんからの誕生日プレゼントが予定よりうんと早くに届きました。


c0347597_05572462.jpg
↑写真の細目の指輪です。
今回届いたのは、右の指輪。左は昨年、真ん中は2016年の誕生日に貰ったもの。
細目のリングを1つずつ集めて、3つを重ね着けしたい。
出来れば真ん中に嵌めるのは石の付いたものにしたい。
そうイメージしていたのです。
今回でやっと3つ揃いました^^

重ねて着けるとこんな感じ↓
c0347597_05574933.jpg
よ~く見てわかるぐらいの、小さなルビーが付いています(^^;)

小っちゃいけど、小っちゃいけど…すごく嬉しい!
地金部分の形状により、指輪そのものがキラキラ光って見えるのもお気に入りです。

20代の頃はゴールドよりシルバーの方が好きだったり、何年か前まではダイヤより水晶の方が好きだったりしたのですが、年齢のせいか(年齢のせい?_?)、少し贅沢な素材のものを身に着けたくなってきています。
以前はあまり関心のなかったルビーやサファイアなどに目が行くようになりました。


お義母さんは、宝石の好きな方でした。
家族の介護や仕事に追われる毎日のご褒美のような感じだったのか、少しずつ集めていたと旦那さんから聴いた事があります。

「デザインが古いと(私が)気に入らないかもしれないから」と旦那さんが断ったそうですが、それでも譲ってくださったダイヤモンドの指輪などが私の手元に遺っています。

かつてのお義母さんの忙しさ、大変さには遠く及ぶべくもありませんが、今になって好きな宝石を買われていた当時のお義母さんの心境が少し分かってきたような気持ちがしています。

最近ルビーの指輪に合うようにと小さなパールやサファイアのピアスを買いました。私の場合はシンプルなものを本当にちょっとずつ…になるかな(^^;)



そして今年のバレンタイン。

旦那さんにはこれまでにいろんなチョコレートをあげましたが、毎年買いに行った時には既に出だしから遅れを取っているのか、いいなと思った商品に限って、ほぼ売り切れ状態。仕方なく在庫のある商品の中から選んでいました。

妥協して似たり寄ったりじゃあつまらないな…。
あげる私がつまらない。

そう思って、今年は旦那さんへ私からと子供たちからの分と、父や甥っ子たちへの分を併せて取り寄せる事にしました。
先月の事でしたが、その時点でもう品切れになっている商品もありました。
みんな早い‼

いろんなサイトを見比べて、送料のいらないLOHACOで纏めて頼みました。

↓まず、子供たちからのチョコレート。
c0347597_09362540.jpg
猫好きの旦那さんに、猫パッケージで(^^)
こちらの商品、バレンタイン前には完売していたようです。猫パッケージは人気ありますね。


↓そして、私からのチョコレート。
c0347597_09355335.jpg
マーブル状になった見た目も綺麗だし、ちょっと変わってていいかなと(^^)
中身はこんな感じです(※画像お借りしました)↓
c0347597_09360764.jpg
旦那さんにあげたチョコレートは「味見どうぞ」と必ず私たちにも分けてくれるので、子供たちは最初から味見を期待しているし私も味見大歓迎なので(^^;)、それを見越して見た目プラスなるべく取り分けやすいものを選びます。
みんなで一緒に開けて旦那さんにも「おぉ~」と喜んでもらえたし、味見もさせてもらいました(*^^*)
美味しかった♪


今年はバレンタイン直前にインフルエンザに罹った次女、友チョコ作りは免れそう…と思っていたら、「日曜日に交換する事になったから、少しだけ作る」と(-_-;)

女の子、めんどくさいな~★



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2019-02-15 15:50 | 好きなこと | Comments(0)

見方が変わると新鮮、商品画像

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





毎年この年末の時期を迎えると、何かと「やっておこう」という事が浮かんできたりします。

世間の気忙しい空気に同調しているわけではないのですが、何かと見直したくなるモードに入ってしまうのを感じます。

本当は、一番にはもっと家の中の物を減らしたいのですが…(-_-;)
こればっかりは全て私の一存で、というわけにはいかず(-_-)

仕方がないので、私の出来る範囲で不要な物を選り分け、リサイクルに出してきました。


新しい物を入れる際には、同じだけ物を減らしたくなります。

洋服が特にそう。




難波の友人の古着屋さんにて着た感じモデルをさせてもらう事になった長女、先日は一人で行って来ました。

アメリカ買い付けの旅を終えたところなので、友人のお店には新商品がどんどん控えています。
本当は私も行きたいところでしたが…見ると絶対欲しくなってしまうので(^_^;)

それに、これからのためにも一人で行くのもいいなと本人も思っている事だし…と送り出したのでした。


お天気微妙でしたが撮影は捗ったとの事、たくさんのコーディネイトを撮り溜め出来たそうです。

upされた画像を早速見せてもらったら、案の定つい欲しくなってしまいました(^_^;)

c0347597_10502168.jpg
c0347597_17314911.jpg

c0347597_10112486.jpg
※全てお店の画像より↑
友人の撮ってくれる写真、さり気ない雰囲気がすごく好きです^^

買い付け日記でもいろんな風景がお洒落に撮れていて、「写真上手いな~」といつも思うのです。


でも娘が着させてもらったアイテムで私の欲しいと思った商品、実は先月既に紹介済みの商品だったのでした。
商品のみの画像よりも、実際に人が着てみせてくれると目を引くものなんだなあ、と改めて実感しました。

実際、娘の写真を見て買いに来てくれた常連さんが数人おられたそうで、「写真がなかったら、試着してみなかったかも」と。
そういうものなんだな。


そんなこんなで新しく購入予定の服がやって来るスペースを空けるためリサイクルに不要な服を出しつつ、もうひとつ思った事がありました。


それは、私自身の商品画像の見直しです。

商品の中には公開後すぐ出るものもあれば、ずっと後になってから出るものもあります。

そして、かなり長い期間残っているもの、画像を見て「実物はもっときれいなのになあ…」と思うものも。

なかなか出ないものに関しては思い切って商品ページから下げてしまう事もありますが、その前にもっと見せ方を変えてみる事も必要かも。


また天気が良くて時間のある時に、商品画像を撮り直してみようかな。
そう思ったのでした(^_^)




お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2018-12-06 13:59 | 好きなこと | Comments(0)

谷町・松屋町エリアを散策

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




夜から降っていた雨も止み、お天気になった昨日、「お母さんと一日中出掛けてみたい」という次女と谷町・松屋町エリアを散策してきました。

カフェや雑貨屋巡り希望の次女にはどこがいいかなあ…。近場は大した所ないしなあ…。
あれこれ考え…(-_-)
「あっ、そうだ!」と手作りを始めた頃に探索してみた谷町6丁目駅界隈のお店が浮かび、久し振りに行ってみるのもいいかも、と思いました(^_^)

そんな感じで行き先も決まり、次女と共に繰り出しました。


お姉ちゃんに譲ってもらったお古のスマホを「一応持って行っていい?」と次女。

おもちゃ的に譲ってもらった状態なのでそんなにいろいろ出来ないのですが、このスマホが、まさか大活躍する事になろうとは思いませんでした(^^;)



最初に目指す雑貨屋さん、『ひなた』は午後からの開店。
とりあえず空堀商店街のどこか適当なお店で先にお昼を済ませようと、いい感じのカフェを見つけたので入りました。

私たちが一番乗りだったようで席は自由に選べたので、中庭が見える奥のテーブルへ。
私たちが席について間もなく続々とお客さんが来店、あっという間に全ての席が埋まってしまいました☆

鶏肉にソースとレモンを振りかけてご飯と一緒に食べるチキンライス、スープとサラダ付きであっさりしていて多過ぎず、美味しかったです(*^^*)
残念ながらお店の名前を忘れてしまったのですが、店員さんも親切で人気のありそうなお店でした。


『ひなた』開店時間までまだ間があったので、少し足を延ばしてイタリアアンティーク雑貨のお店『トポ・デ・ミーノ』へ。
前に覗いた時は気が付かなかったのですが、店内に『カリメロ』の絵本が。

カリメロってイタリア生まれのキャラクターだったのか!!

そしてトッポジージョもイタリアのキャラクターだったとは…今更ながら知りました。
カリメロ、可愛いので結構好きです^^
カリメロもトッポジージョも知らない次女は、アンティークの錠前に夢中でした(^^;)


そして第一目的のお店『ひなた』へ。

手作り雑貨好きの次女はたくさん並んだ可愛らしいものに目が行くだろうと思いきや、欲しがったのは小物をディスプレイして置けそうな木製の飾り棚。
置き場所に困るため断念しましたが、今度はお店のディスプレイ用の古いタイプライターに目を奪われ、売り物ではないと分かってはいても欲しくてたまらない様子でした(^^;)

私は小鳥のラベルが可愛い紅茶と、延長に継ぐ延長で個展を開催されているcubic Sさんのピアスを買いました。
自分でも作れると言えばそうですが、細長い形状にカットされた天然石のピアスが繊細で綺麗だったので(*^-^*)
フックは14kgfに付け替えていただきました。
店内は割と照明が薄暗いので、最近パソコン作業で遠視気味の私には、ここで細かい作業をされることに心の中で「すごいな~」と妙に感心してしまったのでした。

昨日のお店番インコは文鳥ちゃんでした。緑のセキセイちゃんは先週来ていたんだそうです^^

続けて隣のお店、『carbon』へ。

以前にここでリスベート・ツヴェルガーのアリスの絵本を見かけたのでちょっと期待していたのですが、アリスはもう在庫がありませんでした。
オーナーさんもツヴェルガーの絵がお好きだそうで、在庫があるツヴェルガーの他の絵本を何冊か見せてくださいました。

絵本の他に牛乳と混ぜるだけで手軽に出来る美味しいチャイやSMITHの紅茶、文具なども置かれていて、ハッと目を留めた次女、小さな鋏とミニ色鉛筆のセットを買いました。
マサラチャイのサンプルもひとついただけたので、味見が楽しみです^^


私がうろ覚えで案内出来るのはここまで。

ひとまず休憩にお茶しようと入ったのは、『ビーンズカフェ&ギャラリー片岡』。

豆に拘ったお店で、次女のココアも丁寧な製法で淹れられていました↓

c0347597_10340633.jpg
「バタートーストも美味しい♡」と次女。
c0347597_10344513.jpg
↑店内奥の壁一面がギャラリーになっていて、異なるタイプの3人の作家さんの絵が展示されていました。
その中のお一人であるボールペンイラスト作家さん(写真の作品の作家さん)が来店されて、少しお話を伺いました。
ボールペンには疎く知らなかったのですが、金色や銀色もあるんですね!
近づいて見ると本当に繊細で、色の組み合わせもきれい。
新作は黒の用紙に銀色などで潔くシンプルに線が引かれており、空間が洗練されて見えるような作品だな~と思いました(^^)


カフェを後にした時点で、午後3時半。

「まだ散策しよう」と次女、スマホで地図を見ながら「近くに公園があるから行ってみよう」とどんどん歩いて行きます。
いざ着いてみたら近所にある公園とあまり変わらなかったので、裏道を通って駅に向かっていたら…お屋敷を再生した複合ショップ『練』を発見!↓
c0347597_10354813.jpg
行ってみたいなと思っていたけど行き方が分からなかった場所です。
まさかこんな偶然に前を通りかかる事になるとは…!

c0347597_10352823.jpg
↑階段を上がって、靴を履いたまま入れます。

ブロカント雑貨やアンティーク雑貨を取り扱っているお店も入っており、またもや次女、天秤などの古道具に夢中。用途不明の道具類に目を留めては「これどうやって使うの?」と興味津々でした。
ここでは可愛いメモ帳をチョイス^^
c0347597_10350443.jpg
↑お茶はもう済ませてきたので、ここ『エクチュア』にてお土産にテイクアウトのチョコレートのみ買うことに。
店内はWi-Fiが使えたので、チョコ選びもそこそこにすかさず辿り着けなかった東欧雑貨のお店『チャルカ』を検索する次女。

「結構近いかも!行ってみよう!」と『練』を出て地図を見ながらさっさと歩き出し、何と無事到着出来たのでした。
地図を読めない私より、よっぽど頼りになります(^^;)

『チャルカ』はここ数年の間にお引越しされてたんですね…。

以前行った時はカフェも併設されていてお皿や布類もたくさん置かれてましたが、現在はカフェはなくして主に手芸用品と紙ものがメインになっていました。

小さな手回し式の古いミシンが置いてあり、ここでも次女、目を輝かせて見入っていました。
チェコの糸の色に見とれ、いろいろ見て回って最後にハンガリーの刺繍キットを買い、やっと駅に向かいました。

c0347597_10363963.jpg
↑私の買ったものたち。
無花果が大好物の旦那さんへのお土産は無花果のチョコ^^
『ひなた』で買った紅茶“ミルキッシュクレメ”、早速飲んだらほのかに甘くて美味しかったです☆彡
c0347597_10360370.jpg
↑次女の買い物。
文具中心に、実用的なものばかりになりました☆


そして夜から早速刺繍に取り掛かり、仕上がったハンカチをプレゼントしてくれました。ありがとう(*^-^*)↓
c0347597_12414765.jpg
満足顔の次女、「また行こう!」と(^^)



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-10-28 18:09 | 好きなこと | Comments(0)

欲しい古本を買うための、読まない古本整理計画

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先週末、もう使わないおもちゃ、溜まった漫画雑誌の付録、置いてても着ないであろう服などを纏めてリサイクルに出しました。

分厚いコートなども出して、クローゼットもスッキリしましたが…。


ここから更に、今回は本を整理しました(^_^)

これまでは買い物ついでに近所のBOOKOFFや古本市場などに持って行ってたのですが、重いのを我慢して持ち込んだ割に年々ビックリするほど査定額は安くなっていくし、「こちらの本に関しましてはお値段つきませんでした」なんて原因不明で一部返却になったりする事もしばしば。
結局返された本を持ったまま、買い物しなければならなかったりして★

そんな風で最近は持ち込みも億劫になり…一度宅配買取を利用してみよう!と思い立ちました。

あちこち見比べたりして調べてみましたが、どこも大体宅配での買取は20~30冊以上からとなっています。

ちょくちょくマメに出していた分、現時点で私の読まない本、必要ない本を頑張ってかき集めてみたところで、とてもそんな冊数には届きません(>_<)


それでも、定期的に取り寄せたくなってしまう本。既に何冊か目ぼしい本を見つけてしまっています。
最近は特に古い本が好きなので、貴重な在庫が無くならないかも気掛かりです。


ここのスペースが空いたら、スッキリ収まるのになあ。
もう読み返さないと分かっているのに、場所だけ取って置いてるのも嫌だなあ。


諦めきれない私は、旦那さんにも協力を呼び掛けてみました。
そうしたら、何と!
これを機会に?やっとめでたく60冊以上の本を整理する事にこぎつけたのです(^_^)

「やっと」というのは、以前から、本棚に大量に保存されている旦那さんの本を整理したいな~と思っていたからです。
でもいきなり「片付けて!」と言われても、物持ちの人はなかなか動いてはくれません。
そこで「協力してもらう」という形にしてみたら、意外とスムーズでした(*^^*)


結果、とても助かりました!(^^)!




c0347597_09401800.jpg
↑新しく本を取り寄せる前に、もう一度気になった手持ちの本を読み返しました。こちらは中学生の頃に買って読んだゴーゴリの『狂人日記』です。

何でカバー無いんでしょう。気に入らなくて外したんでしょうか。
薄い半透明のパラフィン紙カバーのみ掛けてありましたが、劣化・変色して破れ、ポロポロ落ちるので外しました。(←これがカバーだったのかな?)

3篇の話が収録されていますが、どれも印象に残った下り以外は記憶がおぼろげになっており…(*_*)
改めて読み返してみると、大人になってそれなりに人生経験も増え、書かれている事の意味が理解出来るようになった分、面白さが増して感じられました。

当時はさほど印象に残らなかった2つ目の『肖像画』が、今読むと面白く…。

ひとつの絵を仕上げるまでの画家の複雑な心境や、芸術のあり方に対する考えなどすごく深く入り込んで描かれているなあと思ったら、ゴーゴリ自身芸術を学んだ時期があり、画家の心の描写はその時の経験に基づいて書かれたものであったようで、それでか!と納得しました。(あとがきを読んでいなかったので、今になって知りました^^;)
1つ目の『ネフスキイ大通り』にも画家の青年が出てきます。

そして表題作ともなっている3つ目の『狂人日記』。
これはもう↑の写真の帯の通りのお話なのですが、主人公の官吏は長官の令嬢に一目惚れしたその日、令嬢の飼い犬メッジィが親しくしている犬フィデリと手紙のやり取りをしているらしい会話を聞き取ります。
そして令嬢の身辺の事を知りたさにフィデリの元からメッジィの手紙の束を奪い取り、そこに書かれていた令嬢の婚約について読んだ辺りから、目に見えて様子がおかしくなっていくのですが…。

気になるのは、これ(犬同士の会話、手紙のやり取り)が元々精神的に病の兆候があったためによる主人公の幻聴や妄想だったのかどうなのか、という点です。

メッジィの手紙には犬の視点から見た飼い主たちの様子や会話なども書かれていて、そこにはメッジィの主観による感想も述べられています。
それを読んだ主人公は出だしは「なかなかよく書けている」と感心しながらも、脈絡なく脱線する内容に「ひどくむらのある書き方だなあ!」とやはり人間によって書かれた文章との違いを感じたり、メッジィの自惚れを交えた私はモテるのよ的な恋話が始まると、「こんな愚にもつかぬことばかり書きくさって!」と怒ったりしています。

その様子を想像すると何だか滑稽で、同時に人間と犬との微妙な感覚の違いなど、とてもリアルな感じがするのですが…。

そして手紙の内容は纏まりのない文面ながら、ちゃんと筋は通っているし、事実メッジィの手紙の通りに令嬢は結婚する運びとなっているのです。

主人公の記述による日記という形をとっているため、主人公の奇妙な言動に驚き引いている周囲の様子は伝わってきますが、本当のところはどうだったのか(主人公は最初から正気でなかったのか)は最後まではっきりとは分からないままなのです。

『狂人日記』は買取には出していません(^^)

c0347597_09403619.jpg
↑品揃えのいい古本屋さんを見つけ、早速取り寄せてしまいました(^^;)
頼んだ2冊ともとてもきれいに包まれていて感動し、対応も丁寧で良かったので、欲しい本があったらまたここでお願いしたいなと思いました(*^^*)

ちょっと前にBOOKOFFで文庫本を頼んだ時なんかは所々に付箋が貼ってあるままだったりして、中身をチェックしていないんだなあと思いました。
娘がCDを頼んだ時も、ケースと中身が違っていた事がありました。

届いた品物の状態から、お店の様子が伝わってくるようです。



お読みくださり、ありがとうございました☆

by anandab4 | 2018-10-17 14:22 | 好きなこと | Comments(0)