人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

水曜日のアリスと、初の猫カフェ


◆絵画とジュエリーのショップへは
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





蝉も鳴き出し、夏らしいお天気になった日曜日は次女と仲良しYちゃんのお出掛け日でした。

2人の目的は“水曜日のアリス”でお揃いの懐中時計を買うこと。

私は初めて聞くお店の名前でした。

旦那さんと長女に日曜日の行先予定を伝えようと「水曜日の~…」まで言うと、両方から「ダウンタウン?」と返されました。
やっぱりそう続いてしまうよなと思いつつ、「そうじゃなくて…」と改めて「水曜日のアリスってお店に行きたいらしいから付き添ってくる」と伝えました。

付き添うと言いながら、私もYちゃんのお母さんに案内してもらう立場なのですが(^^;)

そんなアリスのお店は心斎橋のアメリカ村付近にありました。


うっかり通り過ぎそうになってしまいそうな外観。

アリスの世界観そのままに、小さな入口です(大人は結構な確率で頭をぶつけていました)↓
c0347597_09274983.jpg
Yちゃんに続いて入って行く次女↓
c0347597_09411659.jpg

黒を基調とした店内はアクセサリーや雑貨がいっぱいで、可愛いもの大好きの女の子たちが目を輝かせそうな雰囲気。
もっと奥行きがあるのかと思いきや、奥の壁は鏡張りになっていました。(暗いのでちょっと危ないかも)

オープンすぐぐらいに入りましたが店内は既に賑わっており写真を撮っていいかちょっと微妙だったので、やめておきました。

たくさんのキラキラした雑貨が並んでいるのに、子供たちはさっさと隣の白い部屋へ。

お目当ての懐中時計を手に取った2人はもうそれだけで満足らしく、他のものは欲しがらなかったので、何かお菓子を買いたい私はお土産にポップコーンを選んでYちゃんのお母さんと一緒にお会計に…。

そうしてお店を出たのは、入店してからたったの15分でした。

あまりにあっさりだったので「ほんまにもうええの?」と念を押しましたが、「うん」と早速買ったばかりの時計を取り出すのに夢中な子供たち…。


そこで、Yちゃんのお母さんの提案で前に一度企画候補に上がっていた猫カフェに行こう!という事になりました。


猫カフェオープンまでには30分近くありましたが、お店前にちょうど4人座れる椅子があったので、そのまま待つ事にしました。
子供たちと私たち、それぞれに分かれて女同士がお喋りしながら待つ30分ぐらいはすぐです。

お店のガラス扉の向こうでは、猫たちが交代で外の様子を覗きに来ていました。

そうこうしているうちに、私たちの後にお客さんが続々と並び始めました。やっぱり猫カフェは人気なようです。


開店時間になり、靴を脱いで店内へ。

まずは受付カウンターで希望のメニューなどを選び、注意事項の説明を受けます。
一番小さなエキゾチックショートヘアのつくしちゃんにはおやつをあげないように、そして大きなボス猫・マンチカンのマンタくんには触らないようにしてくださいとの事でした。
マンタくんは触られると結構深く噛む事があるのだそうです。

私は初めての来店だったので、猫たち全員の紹介が載ったアルバムを渡してもらいました。

そうした説明を聴いている間、カウンターに上がっていた1匹の猫ちゃんが私の持っているペットボトルの入ったポリ袋を、何故かしきりに舐めていました。

こんなところからもう謎の触れ合いが…(^^;)


ロッカーに荷物を入れ、好きな部屋へ移動する前に開店前に度々外を覗きに来ていたミヌエットのラムネくんを撮らせてもらいました。
短い足で歩く姿が何とも可愛かったです↓

c0347597_09422386.jpg


Yちゃんのお母さんについて入った部屋は一番大きな広間になっていて、常連さんらしき人はもういち早く座椅子にスタンバイされていました。座椅子に足を伸ばして座り、毛布を掛けておくと猫たちが寛ぎに来るようです。
常連さんの膝に、すぐに白い猫ちゃんがやって来ました。

「カフェ」だけに、普通に椅子とテーブルのある席でお茶を飲みながら周りを歩く猫に触れてみたり、時々膝に上がってくるのを楽しむような感じなのかなと想像していました。
人間もこんなにがっつり寛ぐのか!とちょっと驚きでした。
衣類に付いた猫の毛も帰りにちゃんとコロコロを貸してもらえるので、気兼ねなく寛げるシステムになっているのです。


常連さんが毛布の入れてある所を教えてくださったので、私たちも同じように座ってみました。

そんな私たちの様子を観察するかのように、入れ代わり立ち代わり部屋に入って来ては自由に歩き回り、見て回る猫たち。



暫くして飲み物と一緒に、カリカリやちゅーるなどの猫用おやつが運ばれてきました。


おやつを手に出すとすぐに食べに来てくれるので、触れ合いやすくなります。


眺めているだけで楽しいので、こちらも焦らず様子を見ていると…。


c0347597_09511053.jpg
↑次女の足元に座っているのは、ボス猫マンタくん。見た目は可愛いんだけどな。


c0347597_09425956.jpg
↑Yちゃんのお母さんのところには、オッドアイのスコティッシュフォールド・ムースくん。
ムースくんはご機嫌斜めなのか、一番小さなつくしちゃんや他の猫たちが近くに来るとパンチを繰り出し、喧嘩になりかけたりしていました。


c0347597_09432228.jpg
↑何度も部屋にやって来ていたアメリカンカールのカールスくん。おやつをいっぱい食べてくれました。
私は個人的にこの大きなカールスくんが見ていて何か面白くて、気に入りました。
プロフィールには「ボス猫マンタの脅威を克服し、いろんな部屋へ出入りするようになった」と書かれてありました。


c0347597_09441496.jpg
↑そして私のところにノルウェージャンフォレストのシロンちゃんとメインクーンのプリンちゃんが来てくれました。
プロフィールによると女の子同士の2匹はとても仲良しだそうで、お互いが大好きな様子。
c0347597_09435264.jpg
寄り添う姿が微笑ましい。
c0347597_09443755.jpg
別嬪さんのプリンちゃんが、そのまま膝で寛いでいってくれました。


c0347597_09463052.jpg
↑一番大人しかったチンチラシルバーのファビちゃん。
ちょっと拗ねたような眠たそうな表情のまま長い間そばにじっと座っていて、面白可愛かったです。
触られるのはあまり好きでないようなので、一緒に居る空気を楽しみました。
c0347597_09455900.jpg
夏だからか、ちょっと触れてみた猫たちは割と痩せてたような…。

ミーちゃん元気かなあ。



思ったより大きな子が多かったからか、次女はちょっと触れ合うのをためらっていたようでした。

でも眺める分には楽しかったようなので、猫たちにとってはそれもいいかもです。

猫好きの旦那さんにそんな次女の様子を聴かせると、「もったいない…」と残念そうに呟いていました。
猫好きにとってはたくさんの猫たちと自由に触れ合えるなんて、贅沢そのものな環境ですものね。

でも旦那さんもそして動物好きの長女も、うちの家族は皆ゆっくり様子を見ながら関わる方なので、がっつり「触れ合い」とはならないかも?


↓お土産のポップコーンは、ラズベリーとショコラ。
ちょっと硬いけど、なかなか美味しかったです。
c0347597_09271421.jpg


お読みくださり、ありがとうございました☆



# by anandab4 | 2019-07-08 16:23 | 好きなこと | Comments(0)

梅雨の合間に

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




6月も終わるのに、今年はまだ梅雨入りしたって聞いてないなと思っていたら、今頃になって梅雨…。

湿気が大嫌いな私にとって、暑さとジメジメの組み合わせは不快指数がかなり高いです。

少しでも首周りを涼しくしたくて美容院へ行き、髪を切って髪色も明るめにしてもらいました。
が…。
「ほんまに染めたん?」と娘たちに言われるほど、何故かほとんど色が変わりませんでした。
強いて言えば黒!だったのが、若干柔らかめの黒になったかな?という感じ。

まあ、思いっきり茶髪みたいなのは嫌なので自然に染めたかったのだし、次回までこれで行っとこうと思います。


そんな今月初め、友人の古着屋さんへ娘の服を受け取りがてら行って来ました。

先日友人のお店での撮影から帰宅するなり、「すごく気に入った服あってん!」と娘。

女の子なら欲しい服をあれこれ探して歩くお買い物は楽しいものだと思うのですが、娘の場合はそんな事より古いレコードとかを探しに行きたいと考える方なので、服に関してはとりあえずいつも買ってるお店でいくつか揃えればいいし、みたいな関心の低さなのです。
そんな娘が自分から服を欲しがるのは、非常に珍しいのです。

ここ数ヶ月は娘単独で着た感じ写真の撮影へ行っており、私は長らく友人と会えていなかったのと、自分の服も見に行きたかったので、雨降り覚悟でそんな娘が欲しがったという服を受け取りに行くべく、友人に相談して日程を決めたのでした。

結局はお店の雰囲気と友人とのお喋りが楽しい娘も一緒に行く事になりましたが…(^^;)



久し振りで会う友人も、ずっと長く伸ばしていた髪を切っていました。
そして、友人も黒髪。「この年であんまり茶髪もなあ~」との友人の発言に、私と同じだなと思いました。

髪の話題に始まり、体調の事から商品の仕入れまでいろんな話をしました。

私は石を仕入れる時、自分が手に取ってみたいと思う石を仕入れます。
そして自分が「これいい!」「これはきっと好きな人いるだろうな」と思って仕入れたものが出るとすごく嬉しいし、いいと思えるものほど出したくなります。

娘は「いいのやったら自分が欲しくなる」と。

もし私が買う側だけの立場であったなら、娘と同じだったかもしれません。

友人もお客さんからよく「いいのがあったら自分用にしたくなりませんか?」と訊かれるそうです。
でも友人もやっぱり、いいものは出したいと考えるそうです。


友人の買い付けてきた商品は保存状態が良い使いやすいもの、個性的で珍しいものなどヴァリエーションに富んでいるので比較的広い年代層の人がお買い物を楽しめると思います。

そんな中で、私が「面白い枠」だなと思う商品も色々あり…。

お国柄なのかもしれませんが、Tシャツなんかは特に「何で?」と思うような謎なイラストがいっぱいあって面白いです^^


私がお店の商品で最初に目に留まったTシャツは、スマホを持った猫ちゃん↓
c0347597_12350659.jpg
どうも行方不明になったようで…。
「最後に目撃されたんがインスタグラムに投稿してるとこやったとか」と友人と娘、爆笑。職業はソーシャルメディアマネージャーってなってますね。
淡いパステルカラーで可愛かったので思わず選んでしまいました(^^;)

私は娘によく「これ(年齢的に)着てても大丈夫?」と訊くのですが、「お母さんいつもそうやって私に訊くけど、何ともないで」と。「変だったら言ってる」そうなので、大丈夫みたいです。

猫好きの友人、お店には猫柄シャツ、猫の本、猫グッズなどもいっぱいです。


欲しかったフープピアス↓
c0347597_10030015.jpg

娘も着た事のあるスカート。鮮やかな色が一つ欲しかったので。↓
c0347597_10022511.jpg

娘が取り置きしてもらっていた3点の中から、こちらはワンピース↓
c0347597_10020767.jpg
※上2つの着た感じ画像はお店のページよりお借りしています



午後は大雨になるとの予報でしたが、帰り道も小雨程度で済みました!


雨量が多過ぎるとまた被害が出るので、そういう面からも梅雨明けが待ち遠しいです。



お読みくださり、ありがとうございました☆

# by anandab4 | 2019-07-04 15:21 | 好きなこと | Comments(0)

パライバガラスとスペサルティンガーネットのプチジュエリー

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




昨日入荷お知らせをしたばかりのパライバガラスとスペサルティンガーネット。

思ったより早くジュエリーにする事が出来ましたので、早速ですがご紹介したいと思います。


まずはパライバガラスのジュエリーから↓
c0347597_09165527.jpg
c0347597_09172376.jpg
こちらのパライバガラスは元々ある程度のボリュームがあるルースでしたので、その輝きと鮮やかな色も相まって存在感のある仕上がりになりました。


パライバガラスのプチジュエリー

ジュエリータイトル【インスピレーションと共に】

メッセージ:「日常の中で何気なく浮かんだアイデアや思いついた事を書き留めておきましょう。あなたの変化を促すヒントが隠されているかもしれません」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約1.9cm、横 約1.2cm
チェーン:長さ 45cm
素材 silver925   

ワイヤーはアルゲンティウムシルバーワイヤー(silver930)を使用しています。

¥15,000-




そして、スペサルティンガーネットのジュエリーです↓
c0347597_09175770.jpg
c0347597_09183262.jpg
こちらのスペサルティンガーネットはパライバガラスとは異なり、本当に小さくて可愛らしいルースでした。
オレンジ色なのでカジュアルなイメージになるかな?と思っていたのですが、意外と落ち着いた華のある雰囲気に仕上がりました。



スペサルティンガーネットのプチジュエリー

ジュエリータイトル【優しさの美徳】

メッセージ:「あなたの優しさ、思いやりの心を素直に表現しましょう。あなたに上品さが備わり、自然と慕われる人になるでしょう」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約1.7cm、横 約7㎜
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf   

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。

¥13,000-




ご紹介したジュエリーたちは、iichiにて販売しています。
もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。




最近プチジュエリーを作る際は娘に入れてもらったイハさんのソロを聴く事が多いです。
繊細な歌声が細かい作業に合うのかもしれません。



お読みくださり、ありがとうございました☆

# by anandab4 | 2019-06-21 10:11 | クリスタルジュエリー | Comments(0)

パライバガラスとスペサルティンガーネットの入荷

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





今日は新入荷のお知らせです。

まず1つ目は、パライバガラスから↓
c0347597_14121026.jpg
サイズ:縦約1㎝、横約1㎝。
3.5ct。
c0347597_14111185.jpg
c0347597_14113694.jpg
石好きの方なら、希少価値の高い宝石として有名なパライバトルマリンをご存知の方は多いと思います。
そして宝石好きの方ならきっと、パライバトルマリンを初めて見た時その美しさに目が釘付けになり、「欲しい!」と思われたのではないでしょうか。

でもパライバトルマリン、お高いですね…。


パライバガラスは、その名の通り素材はガラスです。

ブルーマンダリンとも呼ばれており、人造ガラスになりますが、この鮮やかなネオンブルーを再現するのは難しいそうです。

ガラスではありますが、その色の鮮やかなことやカットの美しさなどから見て、遜色なく身に着けていただけるのでは…と思います。

そして何より、本物のパライバトルマリンに比べてお値段もお求めやすくなるのが嬉しいですね(^^)




2つ目は、スペサルティンガーネットです↓
c0347597_14101034.jpg
サイズ:縦約7㎜、横約6㎜。
2.35ct。
c0347597_14104548.jpg
画像は少し暗めになりますが、実物は濃過ぎない明るめのオレンジ色をしています。

スペサルティンガーネットには黄味寄りの明るいオレンジから赤味がかったオレンジをしたものまでありますが、最も価値が高いとされる条件の揃ったものはマンダリンオレンジに因んで別名マンダリンガーネットと呼ばれています。

ガーネットは深い赤色のイメージが強いかと思われますが、レッド系の他にパープル系、グリーン系、オレンジ系や透明のものまで様々なカラーバリエーションがあります。

今回は普段あまり手に取らないオレンジ系を選んでみました。




以上の2点になります。

偶然ですが、どちらにも“マンダリン”の単語が出て来ましたね(^_^)


ジュエリーに出来ましたら、改めてご紹介したいと思います。



お読みくださり、ありがとうございました☆


# by anandab4 | 2019-06-20 10:48 | お知らせ | Comments(0)

シエラ産“アイス”クリアアンダラのジュエリー

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)






今日はクリアアンダラのジュエリーが出来ましたので、ご紹介したいと思います。

“アイス”という呼び名の通り本当に曇りのない澄み切った透明度で、どことなく背筋が伸びるような、凛とした佇まいを感じさせるクリアアンダラです。

ワイヤーはゴールドで華やかに、天然石ビーズは添えずそのものの透明感を活かそうとイメージして仕上げました。

c0347597_15301299.jpg
c0347597_15312458.jpg
c0347597_15304879.jpg

ジュエリータイトル【しなやかな感性】

メッセージ:「どんな時も頑なになる事なく柔軟に対応出来るしなやかさ。しっかりとした芯も備えているあなたは、魅力的な人です」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2.5cm、横 約1.5cm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf

ワイヤーは14kgfワイヤーを使用しています。   

¥15,000-



ご紹介したジュエリーは上記のiichi、ブログ連携ショップでも販売しています。(ジュエリーの違った角度からの画像も見られます)
もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。



手元にある中でまだジュエリーに成っていないアンダラ、残るはイエロー1色のみとなりました。(他の色のアンダラはジュエリーと成って販売中です)

そして近々、またアンダラ以外のものも入荷予定です。
入荷しましたら、またブログにてお知らせしたいと思います。


****


昨日は父の日でしたね。

私は母の日にお花と折り畳み日傘を貰いましたが、お父さんの誕生日が父の日と近いのもあり、子供たちから具体的なプランがなく…。

c0347597_10150482.jpg

出所は私からになりますが、ゴディバの小さな箱入りクッキーを用意していました。

c0347597_10153042.jpg
昨日大阪は朝からちょっと物々しい雰囲気だったのでお昼の外食の予定が変更になり、午後から次女とブラウニーを手作りしました。

実にささやかですが、作るのも食べるのも大好きな次女から、甘いもの好きのお父さんへのプレゼントとなったのでした。


私たちから父へは毎年、父の好物のおかきを贈ります。
食べ物は食べたら終わり、ではありますが意外と喜ばれたりもするのです^^


お読みくださり、ありがとうございました☆




# by anandab4 | 2019-06-17 11:15 | アンダラクリスタル | Comments(0)

時にはバッサリと

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





体育祭翌日の放課後の事でした。帰宅するなり「髪切りに行く」と次女。

訊けば、「明日プールやねん」と…。
中学校は小学校のように、わざわざ前以て具体的なプール開きの日程を教えておいてはくれません。

でもまさか体育祭後すぐにプールが始まるとは思っていなかったので、美容院はこの土日に行けばいいかと思っていたのでした。

もう夕方なので先客があったら困るな~と思いましたが、行ってみたら大丈夫でした^^

次女が髪を切るのはほぼ2年ぶり。
伸ばしておいた髪の毛、今回は25㎝分を2回目となるヘアドネーション用に寄付する事が出来ました。

私に似て髪の毛が多いので、纏めて束ねるとちょっとした重さのある結構な毛束になりました。

体育祭前に切っておいたら、ひょっとしたら頭が軽くなった分だけもう少し速く走れたかも?


バッサリ切ってうんと短くなり、プールの後やお風呂上りが楽になったようです(^_^)




バッサリ…と言えば、我が家のカポックも。

5年間剪定せずに放置しておいたらどんどん枝葉を伸ばしていき、傾いたりと何だか納まりが悪くなってきていました。

このままどんどん大きくなられても…と気になっていたので、剪定するのにベストな時期とされている先月(5月)、実行する事に決めました。

私は剪定をした事がないためまずやり方を調べてみましたが、文章で読んでいてもいまいち分かりにくい…。

動画を検索して見てみたところ、曲がってしまったところから結構バッサリといってる感じだったので、こんな感じでいいんだ、と私もやってみる事にしました。

「切り口は斜めに」を守って幹が傾き始めたところから切り落としたら、めちゃくちゃコンパクトな姿に。

「思い切ったね!」と旦那さん(^^;)

不格好に伸びている枝も落としました。枝は少し残してカットするとの事だったのでそうしましたが、どうなるのかな?と観察していたら…。

そのほんの少し残った部分はやがて乾燥したようになり、ある朝見たらちょうど皮がめくれるような感じでポロポロと下に落ちていました。

余分な部分はちゃんと自分で落とすんだ…!!と感心しました☆彡


そして…、間もなく小さな新芽が出たかと思うと、育ち始めました(^^)


c0347597_12213060.jpg
↑手前の明るい色の枝2本が新しく出た部分です。

かなりバッサリいったのでちょっと心配しましたが、調べたサイトで書かれていた通り、1ヶ月ほどで無事に新芽が出て来て良かった~(^^)



植物も伸び放題だと納まりが悪くなるように、髪も伸ばし過ぎると毛先がパサパサになってきますね。
次女は元々少し茶色がかった髪色をしていますが、毛先の方がより細くなった分だけ縺れやすくなり、色も明るめの茶色になっていました。


私も地毛はダークブラウンだったのですが、染めるのをやめて以来、何だかここ数年で「こんなに黒髪だったっけ?」と思うぐらい、髪色が黒になりました。

この年齢で茶髪もなあ、、と思って地毛に戻したのですが、これでは見た目に重い…。

飽きてきたので、今度切りに行く時は少し明るめにしようかな…と考えています。



お読みくださり、ありがとうございました☆



# by anandab4 | 2019-06-13 15:01 | 日常のこと | Comments(0)

相性と好き嫌い

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





この間姉と会った際に、夫婦で伊勢神宮へ行った話を聴かせてもらいました。

姉は小さい頃から神社仏閣などが好きで、両親にいろんな所へ連れて行ってもらっていました。
それは大人になってからも変わらず、今でも夫婦でよく神社仏閣や美術館などへ出掛けています。

姉の場合は「パワースポット・神社巡り」とはちょっと違い、元々静かで落ち着く環境そのものが好きで訪れていたという感じです。

そんな姉が言うには、「伊勢神宮はあんまりやったわ」と。

その理由の一つは、観光客が多過ぎたこと。
これは今のご時世ある程度どこへ行ってもそうなのですが、大きな声で話しながら団体で参拝する外国人観光客で溢れかえっており、情緒が感じられなかったそうです。
他にも、木に抱きつきにいったりしてはしゃぐ人たちなどでいっぱいだったとか…(-_-;)

何より残念だったのは、赤福本店で赤福餅を食べるのが姉の目的だったのに、満席で入れなかった事だと★
時間の都合により何時間も待てないので、好物の赤福餅はお土産に買って帰り、家で味わったそう。


もう一つの理由は、超有名どころの伊勢神宮ではありますが、単純にあまりいいと思えなかった…のだそうです。

「○○(私のこと)も『住吉さんはあんまり』って言ってたな~と思って。伊勢神宮もそうやったけど、他にもあまり好きになれへん所とかあるわ」と姉。
ここ最近で行った中では、三輪山などはとても良かったそうです。


私は住吉大社に何度か行った事があります。

当時、手作り仲間に「住吉さん、いいらしいよ」と口コミ的に?教えてもらい、連れて行ってもらったのがきっかけでした。

でも「良い気」のようなものをひしひしと感じているらしい連れとは違い、私はお参りしてもあまり「何かすっきりした」とか「来て良かったな」という心境にはなれなかったのです。


反対にどんな状態の時でも、田舎で如意寺さんに行くと何だか気分がすっきりします。
子供の時から度々連れて行ってもらっている場所だから親しみがあるのか、景色や空気の良い場所だからなのか…。
行くと気持ちが晴れる感じがするのです。
姉もやっぱり、如意寺さんは大好きだそうです(^_^)


姉妹でまた貴船神社に行きたいねという話も出ましたが、「もう貴船も20年前ぐらいに二人で行った時の静かな場所じゃなくなってるかもね」という姉の言葉通り、現在は観光客でいっぱいなのかもしれません★



そんな姉との会話もあり、やっぱり神社との相性ってあるのかな?と試しに検索してみたら、属性で判断するという内容のサイトがいっぱい出てきました。

でもその診断方法に当て嵌めてみると、私の感覚とは真逆の結果に。

元々具体的な根拠はなく信憑性には乏しい方法みたいなので、これはやっぱり自分の感覚次第だなと思いました。

結局のところ相性は属性云々とかいうより、好き嫌いの感覚とほぼ同じなのでは…と思ったりします。


あと最近気づいたのですが、私はどちらかというと神社よりお寺の方が好きなようです。

お寺は拝む対象としての仏像が目の前にあるからかもしれません。

神社の場合は奥に置かれた鏡の中に神様が居ると言われています。
(その様子が描かれた五月女ケイ子さん独特のイラストを思い出すとつい笑いそうになるのですが、五月女さんと言えば姉に借りて読んだ『レッツ!!古事記』も面白かったです☆)

そして、神社はどこか薄暗い場所にある所が多いような気もします…。


単純ですが、何に対して拝んでいるかが分かりやすく、かつ鑑賞も出来るお寺の方が好きなのかもしれません(^^;)



****



先月イギリスのアフタヌーンティーで出されるケーキの画像を見ていたら「あー、こういうしっかりしたスポンジにアイシングがされただけ、みたいなシンプルなケーキが食べたい!」という切実な思いが湧き、色々探してキャロットケーキに辿り着きました。


期間限定販売のキャロットケーキを注文し、先週やっとお届け日を迎えました^^
c0347597_15413853.jpg
今回頼んだケーキはアメリカで好まれたレシピに基づいているらしく、刻んだ人参たっぷりのスパイス入り生地にクリームチーズのフロスティングがされていました。

サイズとしては小さく甘さ控えめなのですが、濃厚でギュッと凝縮された食感と味わいなので、三等分し、3日かけていただきました。

記念日でも何でもないけど、自分用にわざわざ取り寄せたケーキです。
せっかくなのでお茶の時間を楽しもう!と思い、誕生日に友人から貰ったカップで紅茶を淹れたところ、普通のアールグレイの紅茶をミルクで割っただけなのにチャイのような味になり、すごく私好みでびっくり!
きっとマグカップだと大味になるところが、小さめサイズのカップで味が凝縮されたのだと思います。
これは嬉しい発見でした(*^^*)

このカップ、手に持つとしっかりとした重みがあります。いつもと違う感触に、特別感を感じられます。

癖になる味のキャロットケーキ、家族で好きなのは私だけかも?と思っていましたが、味見した旦那さんも結構好きだとの事でした。


日本ではフワフワのスポンジにクリームとフルーツでデコレーションしたケーキが好まれるように思います。
キャロットケーキのレビューにもやはり「好き嫌いが分かれるかも」という感想が見られました。

お店でプロが作るフワフワスポンジももちろん美味しいですが、私は家で手作りするような硬めスポンジがすごく好きです。
子供の頃クリスマスに母と作ったり、ご近所さんや友達からいただいたりした時の、あの素朴な甘さ控えめの味が忘れられないのかもしれません。あっさりしているので、胃もたれせずいっぱい食べられるし…(^_^)


素の状態に近い子供の頃の感覚によるところは、大人になっても大きいみたいです。




お読みくださり、ありがとうございました☆

# by anandab4 | 2019-06-03 10:33 | 好きなこと | Comments(0)

アンデシンのプチジュエリー

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





先日入荷したアンデシンがジュエリーになりました。

この間のブルートパーズの時もそうでしたが、今回のアンデシンのワイヤリングも緊張しました(^^;)


どんな石でもワイヤーを巻いていく作業は集中力を要するものですが、透明度が高く美しいカットの施された小さなルースは見た目にも繊細で、更に慎重に、慎重に…と自分に言い聞かせながらの作業になります。

形もいびつな大き目サイズの原石などは余程脆いものでない限り、巻いていく上でワイヤーも固定しやすく、制作過程の自由度も高くなります。


ですがカットルースは、それ自体が既に形になっています。

その美しさを損なわないようにしなければ…と思うと、正に一発勝負!(大袈裟?)という気持ちになるのです。


c0347597_09462010.jpg

c0347597_09470446.jpg

アンデシンのプチジュエリー

ジュエリータイトル【惹き合う相性】

メッセージ:「あなたに相応しい人や場所、事柄たちと、自然に惹き合うように出会っていきましょう」

トップのサイズ(ワイヤー含む):縦 約2cm、横 約9mm
チェーン:長さ 45cm
素材 14kgf
※14kgfは、真鍮に14金を熱で圧着したものです。


ワイヤーは14kgf を使用しています。

¥29,800-




ご紹介したジュエリーは、iichiにて販売しています。
もしくはananda.art.support☆hotmail.co.jp(☆を@に変えて) まで直接お問い合わせください。


よろしくお願い致します。


# by anandab4 | 2019-05-29 10:05 | クリスタルジュエリー | Comments(0)

アンデシンの入荷

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




今日もまたまた新しい石のご紹介になります。


うっとりするような赤色のアンデシンです↓
c0347597_17394419.jpg
サイズ:縦約10㎜、横約5㎜。
1.898ct。
クラリティ(透明度):VSクラス(ルーペで見ても内包物がほとんど発見出来ないもの)
c0347597_17401756.jpg
アンデシンは産出量の少ないレアストーンで、特に透明度の高い赤色をしたものは希少価値が高く、インクルージョン(内包物)が見えないものは非常に価値が高くなります。

アンデシンはフェルドスパー(長石)グループに属しており、成分のアルバイトとアノーサイトの含有比率によって鉱物名が「アンデシン」になるか「ラブラドライト」になるかが決まるので、ラブラドライトとは兄弟のような石になるそうです。



ずっと赤い色の石を取り寄せたいな~と思っていたところに、この何とも言えない美しい赤色を見て魅せられてしまい、こちらのアンデシンを取り寄せました。
c0347597_17404423.jpg
c0347597_17411729.jpg
何度も言いますが、本当に素敵な赤色をしています(*^^*)


ジュエリーにお仕立て出来ましたら、また改めてご紹介したいと思います。



お読みくださり、ありがとうございました☆

# by anandab4 | 2019-05-26 11:54 | お知らせ | Comments(0)

巣立ちの時期

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





5月も後半に差し掛かり、花粉症の人も少し楽になってくる頃でしょうか。

両親が少しだけ田舎に戻る事になったので、静養?を兼ねて長女も田舎で過ごしています。
昨年は春休み真っ只中だったので、花粉症の鼻づまりが尋常でなく、夜も眠れずほとんど溺れそうな心地だったとか(*_*)

分家のミーちゃんもくしゃみ連発してたぐらい★


両親の居ない長い冬を越したミーちゃん、元気でいてくれたみたいで良かった!

そんなミーちゃんの様子を長女が撮って送ってくれました↓
c0347597_15042067.jpg
おやつの時間にやって来たミーちゃん。外から覗く姿が面白可愛い(^_^)
c0347597_15053185.jpg
c0347597_15034537.jpg
c0347597_15064813.jpg
今回は珍しく家の中でいっぱい寛いで、甘えている様子☆
c0347597_15045782.jpg
長女にもいっぱい甘えているミーちゃん(^_^)

でもどんなに寛いで甘えていても、半野良のミーちゃんの表情はやはり何となく寂し気。
両親のもとに通って来てはいるけれど、うち猫ではなくミーちゃんの生活拠点は田舎以外の選択肢はないので、両親が田舎を留守にする際には分家でご飯をもらいながらの実質一人暮らし状態になります。

ミーちゃんの拗ねたような表情は、またきっと置いていかれるんだろうなあと分かっているみたい。
ミーちゃんの飼い主だったおばちゃんが居なくなってから、自宅の分家は寝に帰る所として昼間はうちによく顔を出していたミーちゃん。
仕方のない事なのですが、何も言わないミーちゃんだからこそ、うちに来られる時間だけでものんびり寛いでほしい…と思います。



先日は姉と会い、今年の春から遠方での一人暮らしに入った甥っ子長男君の様子を聴かせてもらいました。
c0347597_15021182.jpg
星乃珈琲の個室に入ったのは初めてですが、すごく寛げる環境でした^^
c0347597_15023924.jpg
長男君の出発の日は姉の心境を思うと、私もドキドキでした。

ついこの間まで学生だったのが初めての一人暮らしで初めての就職…と慣れない環境に馴染めるかと心配していた姉も、先の連休ですっかり一人暮らしが快適になっている長男君の様子にホッとしたようです。

せっかく里帰りしたのに少ししか家に滞在せず、またすぐにさっさと向こうへ戻っていってしまったので、拍子抜けしたとか(^^;)


私の友人も長男君の一人暮らしが始まっており、男の子はやっぱり自立が早いなあと感心します。
そして何より、奮闘しながらここまで彼らを支えてきた姉や友人の懸命な努力に、頭が下がる思いです。

我が子が住み慣れた家を出る時は、何とも言えず寂しい気持ちになると思います。
姉も見送った後は泣き過ぎて頭が痛くなったと言っていました。
私もそんな時を迎えたら、きっと姉に負けないぐらい号泣してしまうだろうな…。


娘たちとの毎日は楽しいです。でも私は娘たちが大人になっても変わらずに常にそばに居て欲しいとは思っておらず、自分の生活の場を持って巣立って行って欲しいと考えています。
その瞬間は寂しいけれど、それぞれの生活を送れるようになるのが、私の子育ての最終的な目標なので…それで初めて、安心出来ると思うからです。

こんな風に思っているけど、そんな日は一体、いつやって来るのやら…。



お読みくださり、ありがとうございました☆


# by anandab4 | 2019-05-25 05:43 | 家族のこと | Comments(0)