人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

巣立ちの時期

◆絵画とジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





5月も後半に差し掛かり、花粉症の人も少し楽になってくる頃でしょうか。

両親が少しだけ田舎に戻る事になったので、静養?を兼ねて長女も田舎で過ごしています。
昨年は春休み真っ只中だったので、花粉症の鼻づまりが尋常でなく、夜も眠れずほとんど溺れそうな心地だったとか(*_*)

分家のミーちゃんもくしゃみ連発してたぐらい★


両親の居ない長い冬を越したミーちゃん、元気でいてくれたみたいで良かった!

そんなミーちゃんの様子を長女が撮って送ってくれました↓
c0347597_15042067.jpg
おやつの時間にやって来たミーちゃん。外から覗く姿が面白可愛い(^_^)
c0347597_15053185.jpg
c0347597_15034537.jpg
c0347597_15064813.jpg
今回は珍しく家の中でいっぱい寛いで、甘えている様子☆
c0347597_15045782.jpg
長女にもいっぱい甘えているミーちゃん(^_^)

でもどんなに寛いで甘えていても、半野良のミーちゃんの表情はやはり何となく寂し気。
両親のもとに通って来てはいるけれど、うち猫ではなくミーちゃんの生活拠点は田舎以外の選択肢はないので、両親が田舎を留守にする際には分家でご飯をもらいながらの実質一人暮らし状態になります。

ミーちゃんの拗ねたような表情は、またきっと置いていかれるんだろうなあと分かっているみたい。
ミーちゃんの飼い主だったおばちゃんが居なくなってから、自宅の分家は寝に帰る所として昼間はうちによく顔を出していたミーちゃん。
仕方のない事なのですが、何も言わないミーちゃんだからこそ、うちに来られる時間だけでものんびり寛いでほしい…と思います。



先日は姉と会い、今年の春から遠方での一人暮らしに入った甥っ子長男君の様子を聴かせてもらいました。
c0347597_15021182.jpg
星乃珈琲の個室に入ったのは初めてですが、すごく寛げる環境でした^^
c0347597_15023924.jpg
長男君の出発の日は姉の心境を思うと、私もドキドキでした。

ついこの間まで学生だったのが初めての一人暮らしで初めての就職…と慣れない環境に馴染めるかと心配していた姉も、先の連休ですっかり一人暮らしが快適になっている長男君の様子にホッとしたようです。

せっかく里帰りしたのに少ししか家に滞在せず、またすぐにさっさと向こうへ戻っていってしまったので、拍子抜けしたとか(^^;)


私の友人も長男君の一人暮らしが始まっており、男の子はやっぱり自立が早いなあと感心します。
そして何より、奮闘しながらここまで彼らを支えてきた姉や友人の懸命な努力に、頭が下がる思いです。

我が子が住み慣れた家を出る時は、何とも言えず寂しい気持ちになると思います。
姉も見送った後は泣き過ぎて頭が痛くなったと言っていました。
私もそんな時を迎えたら、きっと姉に負けないぐらい号泣してしまうだろうな…。


娘たちとの毎日は楽しいです。でも私は娘たちが大人になっても変わらずに常にそばに居て欲しいとは思っておらず、自分の生活の場を持って巣立って行って欲しいと考えています。
その瞬間は寂しいけれど、それぞれの生活を送れるようになるのが、私の子育ての最終的な目標なので…それで初めて、安心出来ると思うからです。

こんな風に思っているけど、そんな日は一体、いつやって来るのやら…。



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2019-05-25 05:43 | 家族のこと | Comments(0)
<< アンデシンの入荷 グランディディエライトのプチジ... >>