人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

続・リフォームしたジュエリー


◆絵画とジュエリーのショップへは
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー等取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆手仕事のサイトiichiへはこちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




ここのところ続けてリフォーム作業をちょくちょく行っています。

ジュエリーたちは完成して公開後すぐに出るものもあれば、結構長い期間を経てから出るものもあります。

基本、完成後すぐにリフォーム作業を行う事はありません。何故なら、その時点で完成形だからです。

そして長い間出ないからと言って、その全てをリフォームするわけでもありません。


出品中のジュエリーは度々チェックしながら、大切に保管しています。
けれども気をつけて保管していても、アーティスティックワイヤーを使用したジュエリーは年月が経つとワイヤー部分に変色の起こる事があるようです。

母のタンスから出て来た古い物などを見ると、K18の刻印のあるジュエリーでも、くすんだり変色しているものがあるぐらいですものね…。
どんな素材でもなかなか放っといてもピカピカ、は難しいのかもしれませんね。


最近ゴールドカラーのアーティスティックワイヤーで制作したジュエリーの中に、ワイヤーに変色しかけている部分のあるものを見つけたので、なるべく初期のデザインに沿った形で14kgfワイヤーにて巻き直しをしました。


リフォームの際は主にそのような事情を前提としていますが、美しさを保つ為のアーティスティックワイヤーから14kgfワイヤーもしくはアルゲンティウムシルバーワイヤーへの交換を兼ねてでもなく、単に出ないからでもなく、どうしても気になってリフォームする場合があります。



ひとつ前の記事でチラッとリフォーム後の姿をお見せしたシエラ産ブルーアンダラのジュエリーと、今日ご紹介するシエラ産アイスブルーアンダラのジュエリーがそうでした。


c0347597_09282272.jpg
c0347597_09285948.jpg
↑アイスブルーアンダラのジュエリー、リフォーム後の姿(上2点とも)
以前はmixトルマリンを添えていましたが、リフォームするにあたってアンダラ単体のみのシンプルな姿になりました。
そして、以前はつるっとした面が表に相応しいと思いそのようにしていましたが、今回は裏面だった部分が表面に来た仕上がりとなっています(裏表逆に変更した形です)。
けれども今回は他の石のビーズを添えていないので、好きな面を表にして着けていただく事も可能です(^^)

このようにリフォームしたアイスブルーアンダラのジュエリー。

ちなみにリフォーム前はこのような姿でした↓
c0347597_09481463.png


このアイスブルーアンダラはシルバーがかったほとんど透明に近い色。

シャープな形状でクールな雰囲気なので、敢えてビーズ無しの方がしっくり来ると思えてきて、この度リフォームするに至りました。


現在別の“アイス”クリア(完全な透明です)と、イエローの2色のアンダラが手元にあります。
どちらも小さ目サイズです。
またそのうちに、ジュエリーにしたいと考えています。



お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2019-05-15 14:12 | クリスタルジュエリー | Comments(0)
<< グランディディエライトの入荷 ローズクォーツのジュエリーとリ... >>