ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

田舎で過ごす、2年振りの春休み

c0347597_10252540.jpg

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)






昨年の春休み。
旦那さんと子供たちを田舎へ送り出し、1人自宅に残って二人展のための制作に集中する数日間を過ごしました。

家族が留守になったちょうどその夜、熊本で大きな地震が起きました。
あの直後に書いた記事はどんな言葉もしっくりこず、結局削除しました。
あれから1年になるのですね。
人生でこれ以上はない程の大きな出来事に遭遇する体験は、それまで過ごしてきたのとは確実に違った思いで一日一日を過ごす意識へと人を変えていきます。
この一年間も大勢の人が、様々な思いで過ごされたろうと思います。



私は冒頭のような理由で、今年は2年振りの田舎での春休みでした。

お昼過ぎに到着すると、おやつの時間に早速分家のミーちゃんが顔を出しました。(↑写真上です)
ミーちゃんは高齢で左耳が不自由なためか、お顔が若干左へ傾いています。

子猫の頃に、ミーちゃんは身寄りが無くなりました。
お母さんが子供たちを連れて移動する際にうっかりミーちゃんを忘れてしまったため、置いてきぼりにされてしまったのです。
取り残されて鳴いていたところを猫好きの分家のおばちゃんに拾われ、大事に可愛がられて大きくなりましたが、おばちゃんの入院後、程無くしてまたも独りぼっちに…。
住み慣れた土地を離れるのはミーちゃんにとって大きなストレスとなるため、半ノラの状態で父母の元へ通う生活を送るようになりました。

そんないきさつからか、炬燵の角のお布団の上がミーちゃんの場所なのですが、ミーちゃんは座る前にここを念入りに前足で“ふみふみ”します。
おばちゃんと一緒に寝る時も、おばちゃんの腋の辺りを前足で交互に押していたそうです。これは、お母さんのおっぱいをもらう時の子猫の仕草なんですね。
丁寧に“ふみふみ”するミーちゃんのまあるい背中が何とも可愛らしく、同時に何だかとてもいじらしく感じました。

基本自由に外で寝泊まりしているミーちゃんですが、外の世界はやはり敵がいっぱい。
噛まれた傷から炎症を起こしてしまったり、おできができて腫れたり。
体調が悪くなると食欲も落ちてしまうため、暑い夏や寒い冬を乗り切るのも精一杯…。
今のミーちゃんにとって、一年を無事に生き抜ける事は本当に奇跡なのです。

c0347597_10201846.jpg
そんなミーちゃん、私たちが来た日は落ち着かないのか遠慮がちな様子でした。
でも、私たちは猫好き一家なので大丈夫(^^)

リラックスしきっている長女の手に撫でられるうちに安心し、身を委ね…。

↓アンモナイトのように丸くなり、気持ち良く眠っていました(*^^*)

c0347597_10184418.jpg





帰省した際には必ずと言っていいほどよく寄るお不動さん(如意寺)へも行って来ました。
ものすごい風で、めちゃくちゃ寒かった!
c0347597_10240401.jpg
この4月1日は日切不動尊大祭だったので、いつもより大勢の人で賑わっていました。

境内に入ってすぐ上った所に鐘があるのですが、次女はマスクをしていたのもあり「お姉さんが鐘突くとこ撮らせてー」とおじさん(おじいさん?)から長女にリクエストが。「いいですよー」と長女、モデルを務めました。
全く普通のおじさんで怪しい人ではなさそうだったので、多分大丈夫と思われます…。
c0347597_10231416.jpg
柴灯大護摩供が始まる頃。人々の見守る中、四方へ向けて矢を放つ真言僧侶の方たち。
私が写真を撮っている間、娘たちは休憩所で屋台のたこ焼きにパクついていました(^^;)

私たちの今回のお参りの目的はお守りを返しに行く事だったので、点火するところまでは見届けませんでした(とにかく寒かった)★

c0347597_10215421.jpg
「花の寺」であるお不動さん。もう少ししたらみつばつつじなど様々な花が見頃になりますが、花はまだほんのまばらでした。
c0347597_10223533.jpg
↑大きな下駄は、仁王さんのもの。


留守番してくれた母へ回転焼きをお土産に買って帰り、おやつの時間にいただきました(^^)


田舎での1日は、用事をしているとあっという間です。ちょっと休憩したら、すぐにご飯の時間☆
母と一緒にこの春休みも旬の野菜を使ってご飯作りをしました。
よその人からは「家で作ったらめんどくさいでしょう~」と言われるそうですが、母にとって娘の私と一緒に台所に立つのが楽しみであり、「美味しい!」と孫たちが食べてくれるのが幸せなんだそうです(^^)

キッチンから元気で明るくなった父の姿を見ながら、母としみじみと「良かったね~」と言い合いました。

皆で食卓を囲んだり他愛のない話をしたり、そんな幸せを改めて実感出来た今回の春休み。
いい思い出になりました(*^_^*)

ゴールデンウイークには、春休みに予定が合わなかった姉一家が行く予定です。


私の春休みは終わりましたが、娘たちの春休みはまだもう少し続きます(^_^;)


お読みくださり、ありがとうございました☆




by anandab4 | 2017-04-03 15:02 | 家族のこと | Comments(0)
<< 魔の季節 レッドルチルクォーツ、アメトリ... >>