ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

ヒマラヤ聖者・相川圭子さん講演会へ行ってみて

c0347597_12575842.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





昨日は私には珍しく、日曜日に単独での外出日でした。

麻里奈さんからお誘いを受けていたヨグマタ 相川圭子さんの講演会、ダルシャンへ参加するためです。

私はこうした機会がない限り講演会の類へ自発的に参加しようとする事はないので、そういった意味でも珍しいことではあります(^_^)

今回 何故行ってみようと思ったかというと…。

日本人として、それも女性として初めてヒマラヤでの修行の最終段階であるサマディを達成した人であるということと、
サマディの様子はシェア動画で見た事があるのですが、その詳しい内容を麻里奈さんから聞いて更に驚き、あれだけの事が出来た人を実際に見てみたい!と思ったからです。

会場は、毎年春にミネラルショーが開催されるビルでした。一度だけ、娘を連れて行った事があります(^^)

予定よりも早く着いてしまい、この時間をどうやって潰そうか…と思っていたところへちょうど麻里奈さんと遭遇!ラッキーでした(^-^)
一緒に会場へ向かうと、もうかなりの人が集まっていました。


ヨグマタのアヌグラハをたくさん浴びる事が出来るよう、前の方の席に着いた方がいいとの事だったので、遠慮なく前の席へと座らせてもらいました^^

麻里奈さんは他に来られる予定の方たちの様子を見に、私はその間 受付で貰った書類に目を通していました。

渡された書類の中に、ヨグマタへの質問用紙がありました。

まだこれからという状態なので質問は特になく私は記入しませんでしたが、熱心に書いている人の姿も。
記入された質問用紙は、スタッフの方が回収されました。これを元に、質問コーナーを設けるのだな、と思いました。

時間になったらすぐに相川圭子さんが現れるというのではなく、前半は以前にシェア動画で見たサマディの様子やディクシャを受けた人たちの体験談を収めた映像が流され、まずはヨグマタについて知るための構成になっていました。


そして、いよいよ相川圭子さんが会場へ来られる時が。
目を閉じて心静かにお待ちください、との言葉に、室内はシーンと静まり返りました。
会場のほとんどの人が瞑想状態に入っていたと思います。
私は…。
今 目を閉じたら寝てしまうかも、というのと、ヨグマタがどこから入って来られるのかが気になって(というよりその姿を見たくて)、目を閉じられませんでした★

幼稚園のクリスマス会の時を思い出しました。

「サンタさんが来るから、目を閉じて~」という先生の言葉に、素直に目を閉じるみんな。
私は(他にも同じような子が居たかもしれませんが)目を開けていて、先生が戸口で鈴を鳴らして、サンタさんの恰好をした送迎バスの運転手さんが入って来るのを見たという記憶。

大人になっても変わってないな…(-_-;)



かなり長い間があり、やっと相川圭子さんが入って来られ、席に着かれました。
とても穏やかで、芯の通った様子の方だなと思いました。

まずこちらへ向かって挨拶をされ、落ち着いたところで進行役のスタッフの方にこう訊ねられました。
「あの、質問用紙はどうなりました?」

と、進行の方、「向こうの部屋に置いてきてしまって…」
(゚д゚)
何で?あれは、ここで必要になるはずの用紙では…。
何故か数人おられるはずのスタッフの方たちも、誰も取りに行く気配がなく…暫くの間がありました。

この間をどうするのか…と心配になったところで相川さんが「じゃ、質問ある方 手を挙げてくだされば」と促され、最前列の人が手を挙げて質問されたので、そこから何とか無事にお話が始まりました(^^;)
ちょっとシュールな光景でした。

お話が始まっての前半、相川さんの声のトーンもとても静かで、私は少しうつらうつら…(*_*)
途中からお話される口調にメリハリが加わり、
「私は山を下りて人々に悟りを広めるように言われたんですが、前世でどれだけ(今世で)徳を積まなければならないような悪行をしたのかと思いますね」など、気さくな様子で笑いを交えて発言されたりする場面も多々ありで、面白かったです(^^)

とても気さくで、そのままな印象の方でした(^_^)


途中で麻里奈さんに「後ろ見てみて」と言われて振り返ると、会場内は満席でした。


実は前日 小学校の土曜参観で、多目的室で子供たちの合唱やお琴とのコラボ演奏を観ましたが、私はずっとこの多目的室が苦手なのです★
息苦しさを感じるというか、あまり長居をしたくない場所なのです。
練習でも本番当日でも気分が悪くなる子がいたりと、やはりあまり空気が良くないようです(>_<)

私は人の多い場所が元々苦手なのですが、前日の多目的室とは比べ物にならないぐらい大勢の人で埋め尽くされた会場で、それを感じる事がなかったんですね。
ヨグマタが来られてからの眠気といい、これはひょっとしてアヌグラハ効果だったんかな?と思ったりしました☆





講演会後、入門希望で午後からのディクシャを受けられる人たちは会場でお昼御飯。
受けようか迷っている人、質問のある人は説明を聞きに前へ集まりました。

ディクシャは、迷いのある方へはお薦めしないそうです。費用も掛かることもあり、しっかり「受ける」という気持ちがなければ伝授をされても真理に達することは難しいからだそうです。

お昼御飯を食べている人たちの和やかな表情とは対照的に、前に集合して質問されている人たちの表情は眉間に皺を寄せたどこか苦しそうな表情だったのがちょっと気になりました。



ヨグマタの広めたいとされる教えはシンプルです。一人一人が安心して満たされ、幸せになり、その幸せが世界へと広がっていくこと。

私も、自分も含めて皆がそう在ればいいと感じています(^_^)



けれども私は今、入門は考えていません。
よくここでも書いているのですが、子供たちや旦那さん、家族との毎日をただそのまま過ごしたいからです。
今が十分満たされているから必要ないとか、そんな目線で言っているのではありません。
ここで書いていないような子供たちの事での大なり小なりの悩みは、かなりな頻度であります。
親である限り、それを完全に克服する事は難しいでしょう。
自分が心配性であることはよくわかっているし、これからずっと安心しきって生きていけたらどんなにいいかと思います。
でも…上手く言えませんが、入門が私の道だ!とは今の私は、思えないのです。


ちょっと難しくなってしまいましたが、この時代にヨグマタに実際に会えて、私はとても貴重な機会に恵まれたと思っています。
伝えてくれた麻里奈さんの気持ちも、とても嬉しく受け取っています☆彡

麻里奈さんに見送ってもらった後、麻里奈さんのご縁で知り合った初対面のMさんと楽しい時間を過ごして帰りました(*^^*)
質問用紙のやり取り、Mさんもやはり気になったとか(^^;)

久し振りのインド料理、チーズナンがちょっとヘビーでした★



長くなりましたが、お読みくださりありがとうございました☆















by anandab4 | 2017-02-20 16:06 | 好きなこと | Comments(0)
<< クリスタルに輝きを・ワイヤリン... 今時の子供たち事情 >>