人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

余裕のない時、情報の波に流されないように

c0347597_12575842.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




巻き爪手術を受けてから、今日でちょうど2週間。

会いたい人からのお誘いがいくつかある中に、全く乗っていない自動車免許証の更新手続きについてのお知らせまで届きました(ーー;)


人と会いに出掛けたい気持ちはあるので、「いつなら大丈夫そう?」という問いへの具体的なめどが、私としても欲しいところ。


“フェノール法”の術後、通勤などやむをえず通常通りの生活に早く戻さなければならない場合を除いて、遠出したり、たくさん歩いたりしていいのはいつからだろう。

多いと言われている再発例は、治ったからと早々にいろんな靴を履いた結果によるもの?
術後の爪が変形して伸びてしまったという人もいたけど、それも靴が原因?
など、気になる点がまだあります。



そこで、“フェノール法”の手術後はどのくらいから通常通り外出可能かも含めて、術後の症例について改めて調べてみました。


そうして調べている中で、一見 医者が書いたように見える「フェノール法はやめた方がいい」と言っているサイトが実は医療機関のものではなく、矯正器具を販売している会社のものだったという書き込みを見つけました。

うわーっ、そんな事もあるのか!!


手術前に心の動揺を抑えつつフェノール法について検索していた時、ネガティブな情報の方が目立っていて、たくさん目に飛び込んできました。

「フェノール法を受けると、失った爪は元には戻りません。再発のリスクだけが残り、夏場も素足になれず、女性は後悔しかありません」と書かれているサイトを目にした時は、とても不安になりました。

手術より、矯正器具を推奨するサイトもたくさんありました。


「本当に、受けると決めて良かったのかな?」と、そんな気持ちにさせられました(>_<)


不安でいっぱいになりましたが、自分の目で爪の状態や傷の具合を見ても、巻きを矯正するというよりは、腫れた皮膚に埋まってしまっている部分を何とかしないと、これは治らないだろう。第一、こんな傷のある状態で矯正器具を嵌めて歩いたりは絶対無理だろう。と思いました。
ちょっと当たっただけでも痛く、安静にしていても傷は一向に良くならなかったので。

もう、受けるしかないな。と不安を押し殺して覚悟しました。

今、やっぱり受けると決めて良かったと思っています。


今 落ち着いて改めて見てみると、爪が変形してしまうケースは手術前に自己流の治療法を試していたりと、何らかの影響があっての事もあるようです。再発は、やはり靴選びが原因のよう。

爪母(そうぼ)を破壊したはずの箇所にまた生えてきてしまう場合は、薬の調整や爪の質など、原因は様々あるようです。
↑こうした状態は大体1か月ぐらいしないと分からないようなので、やはり遠出は1か月目の診察で「もう大丈夫!」と診断してもらってからにしようかと考えています。1週間も待たずにどんどん出掛けている人に比べたら、慎重過ぎかもしれませんが(^^;)



今回の事で、やっぱり心に余裕のない時ほど煽られやすいというか、声高な主張に左右されやすいように思いました。


落ち着いている時なら「この情報の出所はどこだろう?」と疑問に思えるような内容でも、「何とかしないと」「どうしよう」と焦っている時には冷静な判断が出来ず、周りがしっかり見えなくなっているので「これはやっちゃダメ、こうした方が絶対いいよ!」なんて力強く言い切られると、「そうなんだ」と鵜呑みにして流されてしまいがちになるからです。

不安で揺れている心理状態の時には物事をじっくり見たり聞いたりして考える事が出来なくなるので、パッと分かりやすい所に飛びついてしまうのだと思います。


私自身、ザーッと表面だけ見て、上っ面しか拾えていない部分があったので。
今 振り返ってみて、「あ、飛ばし読みしてた」という箇所があった事に気付いたり、ショッキングな記述ばかりが目について、内容がしっかり入って来てなかったんだと分かったり。



情報が溢れ返っている中で、冷静でいること、自分の感覚などを疎かにしないことを心掛けたいと思います。
何と言っても、流されたのではなく自分で考えて決めたのなら、その結果にも納得がいくと思うからです。


巻き爪の治療をされている人の中には、矯正器具を使ってじっくり治していく方が適している場合もあると思います。
個人個人で症状や進み具合も違うので、やはり自分が今どんな状態なのかを見て、主治医の先生の診断を参考に納得のいく治療方法を選ばれるのがいいと思います。



お読みくださり、ありがとうございました☆



by anandab4 | 2016-11-28 13:48 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)
<< 直接顔が見えないからこそ、気を... 自身のメンテナンス・皮膚科手術... >>