人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

恐怖の夜・ムカデ襲来事件

c0347597_08330263.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。





昨晩、恐ろしいものと遭遇してしまいました。

山や竹藪が側にある環境にお住まいの方ほどその遭遇率は高くなると思われる、それは…ムカデ。

これまでにも何度か見かけた事はありましたが、昨晩のは、もう、本当に至近距離だったのです。


私はお風呂を先に済ませていたので、食後の片付けも終え、すっかり寛いで長女とたわいもない話をしていました。

と、突然長女が「うわーっ!!」と立ち退いたので「え、何?」と私も反射的に足を引っ込ませたところ
それまで私が足を出していたちょうどその場所に、20cm近くはあるかと思われる巨大なムカデがガサガサと這って来たのです。

ぎゃーーーっΣ(゚Д゚)!!!

あまりの恐怖に、パニックになりながら「ムカデ出た!!」と急いで側でうたた寝していた父を起こしました。


ムカデを放っておく事は、死活問題です。逃げられたら、いつ何時また出て来て噛まれるかもしれないからです。
子供の頃「ムカデおったよ」なんて祖母に言うと(不思議と今ほど驚かなかったのですね^^;)、「まあ!何処に!?早よ捕っとかんと!!」といつも穏やかな祖母が必死になっていました。

昔の家は茅葺屋根だったので、今より高い頻度で出没していたようです。

祖母は見つけ次第、火鋏で掴んでおくど(釜戸)の火の中へポイッと投げ込んでいました。
生命力があるので、しっかり処分しておくためには燃やしてしまうのが一番なのだとか。

ちょっと気持ち悪い話になりますが、半分に切れたらそれぞれが反対方向に逃げていった…なんて話もあるぐらいですから(~_~;)


昨晩は父が新聞紙の束で叩いて仕留め、旦那さんがキッチンペーパーで包み、外で燃やして処分しました。


こちらに長く居れば居るほど帰りたくなくなるものですが、
初めて目にした恐ろしい光景に、次女は「帰りたくないな~、と思ってたけど昨日でちょっと帰りたくなったかも」と★


その気持ち、わかるわ~(^^;)

自然の中で暮らしたいけど、虫がダメな私。こればっかりは一生無理そうです"(-""-)"


空気も良くて美しい緑に囲まれた快適な環境ですが、虫の恐怖と隣り合わせの田舎生活。

が、住む人にとっては問題はもっと別のところにあります。

山の動物も下りて来ては畑の作物を食い荒らし、花は蕾から全部食べ、せっかく芽が出たばかりの球根も掘り返す。
あちこち柵で囲まなければならなくなり、景色は昔の在るがままの自然とは違ってきています。

人口が減って商売にならないので、購買車も来なくなりました。

病院が遠いので、元気で車を出せないと不便な環境でもあります。


父母もいずれは大阪へ戻る事を視野に入れているようです。
子供たちが田舎を満喫出来る今この瞬間は、私や姉がそうであったように、とても貴重な時間なのです。

そんな夏休みの貴重な時間も、いよいよ今日までです。


お読みくださり、ありがとうございました☆









by anandab4 | 2016-08-19 11:17 | 日常のこと | Comments(0)
<< 私のパワースポット・日切りのお... 他の誰かでない自分で >>