絵、そしてジュエリー。時々日常なども絡めながら、制作についての背景や好きなものなどについてマイペースで綴っています。
by *あゆみ*
カテゴリ
全体
絵画
クリスタルジュエリー
ヒーリング
私自身の体験から思うこと
クリスタルたちのこと
シータを通じて出会った人たち
お知らせ
感想
好きなこと
家族のこと
友人のこと
オルゴナイトジュエリー
ワークショップ
制作のこと
日常のこと
アンダラクリスタル
身体のこと
映画・音楽
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ANANDA shop
最新の記事
出だしはちょっと変な感じ
at 2019-01-22 16:49
明日から新学期
at 2019-01-06 14:47
これまでになく早く感じた20..
at 2018-12-31 15:48
『THE BRITISH R..
at 2018-12-18 16:09
再販☆レッドオレンジ、スカイ..
at 2018-12-16 17:41
見方が変わると新鮮、商品画像
at 2018-12-06 13:59
今年の終わりに修正したこと
at 2018-12-02 16:23
“レディネリー”という名前の..
at 2018-11-25 17:46
グリム童話の絵【蜜蜂の女王】
at 2018-11-21 14:51
見逃したライヴエイドに感動『..
at 2018-11-18 05:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「女性らしくありたい」という気持ち

c0347597_09361659.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




昨日の夕刊に、気になるコラムがありました。

精神科医の香山リカさんが“発言小町”のトピを元に「女性として褒める大切さ」について書かれたコラムです。

その中で、こんな内容がありました。

診察室で、女性からよく「“家族化”してしまい、それを妻にも当然とする発言をする夫」についての訴えを耳にするそうです。
いつもパンツスタイルなのでたまには、とスカートを穿いたら夫に「気持ち悪い。早く着替えろ」と言われた、
化粧をしたら「色気づくなよ」と眉をひそめられた、
と傷ついた心を打ち明ける訴えもあったのだそうです。


これを読んで、何と心無い発言なんだろう、と驚きました。


ここまでとはいかなくとも、日本の男性は総体的に妻を女性として見ない男性が多いと聞きます。

私の身の周りではどうだろう?


対照的な祖母と母の姿が浮かびました。


祖母は、農家に嫁ぎましたが、日焼け対策もきっちりといつもお化粧を欠かさない美しい人でした。

素肌もとてもきれいで、お風呂上がりの頬はツルツル☆彡

賢くて周りへの気遣いも忘れない、才色兼備という言葉がぴったりな女性でした。

祖父は元々無口な方でしたが、私たちの前では、冗談めかしてよく祖母を褒めていました(*^^*)


農家の朝は早いです。
まだ外が薄暗いうちに田んぼへ出ます。

鏡台が寝ている姉と私の枕元にあるため、朝早くから電球を点けられまぶしい中、布団に潜って祖母の化粧が終わるのを待っていた記憶があります。

祖母は母に、いつも言っていたそうです。
「結婚したら、朝はちゃんとお化粧して旦那さんを見送らなあかんで。ずず黒いような顔のまま送り出したらあかんで」と。

ところが、母は…。

お化粧の後で微妙に白粉の匂いがする祖母のおにぎりが苦手だったとの理由で、朝は父を見送ってから化粧をしていたのです。
父が帰宅する頃には、落とした後。

と、ある日 父に
「朝も、帰って来ても化粧してへん。誰のためにしてるんや」と暗にきれいにした姿を自分のためにも見せて欲しいと言われたのだとか(^^;)

スカートもそう。

母はパンツスタイルが動きやすいと気に入っていますが、父はロングスカートが好きなので、たまには穿いて欲しいそうなのです。


いいですね!


でも、父はせっかちなので、新婚当初に「化粧の時間が長い」と言われた母は10分ほどで済ませるようになってしまいました。


善し悪しですね(^▽^;)


私の場合は…。

「俺に服の事とか訊かれても、一切分からへんで~」と特に何も言ってはくれませんが、「早くしろ」と急かされた事は一度もありません。基本は、私を尊重してくれているようです。

なので、いい方に考えれば、私の自由ですね(^▽^;)


最初の話に戻ると、奥さんが女性らしくあろうとする姿を否定するという事は、自分を男性として見るなと言っているのと同じだと思うのです。

俺も捨てたから、お前も捨てて人生を終えろ。と言っているかのようです。

その方が居心地がいいのか?見られることを諦めたら、人生から全ての色が無くなってモノクロの世界になってしまうように私は思います。

しがみつくような執着ではなく、捨てることなく、女性らしさをずっと大切にしたいと私は考えています。

それは自分のためでもあり、旦那さんのためでもあります(*^^*)

****

ついこの間、次女に「お母さんて、お風呂上りはお化粧してる?」と訊かれました。

長女にも以前同じことを訊かれました。

ONとOFF、ほとんど差が無いらしいです(-_-;)


娘たち曰く「化粧取って、全然顔ちゃうかったら嫌やもん!」という事なので、良しとしましょうか(^^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆






by anandab4 | 2016-06-29 12:40 | 日常のこと | Comments(0)
<< 暑い季節に怖い漫画☆ 究極の表現の先にあるものは? >>