人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

秀逸なEテレ『デザインあ』の“デザイン問答”

c0347597_13090212.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




このところ、気が付いたら長女との趣味について書く事が続いていました。

確かに、私の好きなことのほとんどは長女と共有しているかもしれません。が、


次女とも、面白いと興味を持つものは結構あったりするのです(^^)


次女は、“仕組み”が気になるところがあります。

「これは何でこうなっているの?」「これはどうやって作られたの?」と
いろんな事に関心を持ち、知りたがるのです。

そんな次女がもの作りに関心を示すのも、自然な流れなのかもしれません。

今日は次女と私の「面白い」についてのお話です(^^)


子供たちが小さい頃、我が家はNHKを観る機会がうんと増えました。
1日でテレビを観る時間の大半はチャンネルを合わせていたぐらい。

NHKの子供向け番組(現在はEテレ)は1つ1つの時間が短めです。
まるで寸劇を観ているような感覚で楽しめるところがあります。
幼稚園の時なんかは「この番組が終わったら出ようね」と家を出る時間の目安にもしていました。

そして、ほとんどの番組は何度も再放送されるため
今ちょうど長女の世代からすると『ストレッチマン』や『がんこちゃん』を観ていた率が高く、時々それを懐かしむつぶやきでネット上でも盛り上がったりするようです☆

そんなEテレの番組、大人が観ても結構面白かったりします(^_^)

今、私と次女でよく観るのは『デザインあ』。

いろんな物をとことん細かいパーツに分解して見せてくれたり、標識など生活の中に活かされているデザインの成り立ちを会話形式で分かりやすく見せてくれたり。

生活の中で当たり前のように有るはずのもの、窓やドアや食器が無ければどんなに不便かをシミュレーションして見せてくれる「ない世界」が私は面白くて結構好き(絵も面白い)。


面白いコーナーはいろいろあるのですが、中でも私と次女が楽しみにしているのが「デザイン問答」。

それはいつも、少年と“こどもデザイン相談室”の先生との「先生!」「何だい?」という掛け合いから始まります。
電話相談形式で、物のデザインの仕組みや何故そうなっているのかなどの質疑応答が「先生」と少年の間で繰り広げられます。

少年の質問に対して、分かりやすく丁寧に解説してくれる先生。

でも最後に、何故かちょこっと先生の自慢話的なニュアンスが入ります。そこに来ると、すかさず「ありがとうございました」と(時には無言で)電話を切られてしまう。というオチ(^▽^;)

そのオチが分かっているだけに、先生がポッと頬を赤らめると「また始まったで」と楽しみな私たち(^^)

そんなちょっと笑えるポイントも織り交ぜながら、分かりやすくデザインについて見せてくれるのが『デザインあ』。
Eテレは秀逸な番組があって、侮れないな~と思います。

いろんな人が携わっているのも、面白いところ。
「先生」の声は、俳優の平泉 成さんです。


生活の中にあるものたちをデザインの視点で見ると、いろんな発見があるのですね。

形の格好良さだけでなく、人々の快適な暮らしを追求して考えられたデザインたち。

素晴らしいな、面白いな、と思うのです☆彡


お読みくださり、ありがとうございました☆

c0347597_20570374.jpg


by anandab4 | 2016-06-25 22:50 | 好きなこと | Comments(0)
<< 究極の表現の先にあるものは? 失われゆく自然のかたち >>