人気ブログランキング |
ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

絵と額縁の関係・意外と難しい画用紙八つ切サイズの額縁選び

c0347597_11043628.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)


■5月7日~10日の日程でいそべ初音さんとの二人展を開催致します■
ミラクル ビュー ヒーリング応用編の技法を使って描いた絵を展示します。
ギャラリー案内・アクセスなど詳細を書いた記事はこちら→





絵を展示する際に、必要になる額縁。

二人展の絵たちも、もちろん額縁に入れての展示となります。

まずは手元にある額縁を出してきて、絵と惹き合うものをチェック。うん、いい感じだ!

たくさんの額縁が手元にやって来た時、これはこの先 個展か何かをするということなのかな?と思っていましたが、
本当にそうなりました(^_^)

いい感じに収まっていく絵がある中、微妙なサイズの違いで収まらないものが。


それは、画用紙八つ切サイズ。


私はずっと、「八つ切サイズ」にもいろんな種類があることを知りませんでした(゜-゜)

デッサン、写真、押し花など…用途によって同じ「八つ切」と言っても、サイズが違うのです。

知らなかった…!

画用紙ならよく使われるからメジャーだろう、と根拠もなく考えていましたが

八つ切画用紙用の額縁って、ほとんど扱っていないようなのです★

検索しても、出て来るのは子供の工作用のものぐらい。


いつも気に入って利用しているお店にも、無い。

うーん…(~_~;)


悩んでいたら、いつものお店でマットを使って合わせる方法が提案されていました。

「ピッタリサイズの額縁がない時こそ、マットが真価を発揮」とあります。

これだ(^▽^)!!

そこで早速、オーダー方法を参考に計算していきます。
私の場合、絵のサイズは380×270です。

・マットの中抜きサイズ→絵の縦横10ミリ少ないサイズ(絵より5ミリ内側に窓抜き出来るように)
380×270→370×260

・マットの外寸→マットの中抜きサイズより縦横50ミリ大きいサイズ(窓の周りにマット幅は25ミリ必要となるため)
370×260→420×310

・マットが収まる規格サイズの額縁を選ぶ
デッサン額縁四つ切サイズ(424×348)


こんな風にしてマットと額縁がセットになるよう、オーダーしました。

届いた時には額縁にちゃんとマットがセッティングされていました。

写真は、その内のひとつに絵を入れてみたところ(^^)

私はマットを使ったのは初めてなのですが、いいですね♪

マットの色は黒っぽい色にしてもよかったかな?とちょっと思いました。カラーマットにもいずれトライしたいと思います☆


二人展には
『完全なるオリジナル』をテーマに描いた自画像の①と④(写真の絵です)、
『愛のある瞬間』をテーマに描いた7枚全ての絵、
あとミニサイズの下地絵を展示・販売予定です。


※写真の絵は、西出麻里奈さんが開発したミラクル ビュー ヒーリングの技法を使ってANANDAあゆみが制作した絵画です。
http://sha-sa.seesaa.net/


お読みくださり、ありがとうございました☆


by anandab4 | 2016-04-21 11:41 | 絵画 | Comments(0)
<< 小さな下地絵たち 「愛のある瞬間」をテーマとした絵⑦ >>