ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

視点を変えてくれる言葉

c0347597_14434799.jpg
昨年の夏休み以来になる帰省。

長旅を終えてとりあえず先に送っておいた荷物の中から必要なものを取り分け、子供たちの成長に合わせて衣類を
整理したり、慌ただしく過ごした1日目でした042.gif

明けて次の日、母が会話の中でこんな事を言いました。

「玄関の蘭の花も見てやってくれた?あんなにきれいに頑張って咲いてるのに、誰も何も言ってあげてくれへんから」

「え?そう?」と見てみると、見事に花をつけた、大きな蘭がちゃんと居たのです。

全然気づきませんでした…(・_・)…ごめんなさい。

あ~、無事に着いた!お仏壇拝んだら、荷物整理しなきゃ!そんな事ばかり考えていたのです☆

そして、そんな母に近頃悩み多い長女とのやり取りについて話していた時。

「本当に(あの子は)○○だから…」と言う私に、母は「こうやから、って先に決めつけてしまうより、いいところをもっと見てあげてごらん」と。

そう、昨年の夏休みには私の家族は何でテンションを下げるような事を言うんだろう?なんて思っていた私ですが、

「いいところを見る」の意味を、改めて母から教わる形になったのです。

あ、私 いつの間にか長女の事、こうだからやりにくい、と決めつけて対応していたな…と(>_<)

先入観というやつです(>_<)

離れて住んでいても、家族を見る母の視点は、やっぱり大きいな…と感じさせられる出来事でした。

昨年 家族と今の自分との生活に対する考え方の違いを感じてから 私の中で帰省を渋る気持ちがありましたが、

今回 必要な時にこうして会えて話せたんだな…と帰省して良かったなと感じる事が出来ました。

子供たちのこと、もっと大らかな視点で見られる私に成りたい、と改めて感じたゴールデンウィークでした058.gif


写真は次女がスーパーボールすくいで持ち帰ったもの。何だか小さい地球みたいです(*^^*)

お読みくださり、ありがとうございました☆


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
◆ショップの詳しい説明についてはこちら→
◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについてはこちらから→

by anandab4 | 2015-05-05 14:51 | 家族のこと | Comments(0)
<< 様々な愛のかたち 関心を示すポイント >>