ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

関心を示すポイント

c0347597_14005124.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




あ、またこれを言ってるな、と自分の口癖を意識されている方はどれくらいいるでしょうか。

口癖って、自分では案外気づかないものだったりしますね。

“口癖”と聞くと“癖”とつくところからか、聞いている相手が「また出た」と思うような、そうでなければサラッと受け流されるようなイメージを連想しますが、

最近 旦那さんから口癖の指摘をされました☆

「『美味しい♪』はよく聞くな。本当によく言ってるで」と。それも面白そうに言うのです。

私は美味しいと感じた時はどんな気分の状態の時でも、ほぼ必ず言っているらしいのです。

そしてその「美味しい」発言が出るのは、主に大好きな甘いものを食べている時なのだとか…。

反対にいまいちだった時は無言が多いらしく、そんな私の様子を見ていて気に入ったと思えるもののみリピートして
買って来てくれていたんだそうです。

自分では全然意識していませんでした。

私たちは2人とも、甘いものが好き(^_^)

新婚時代は一度クリスマスにホールケーキではなくバラバラにケーキを6個買って、
味見と称して2人でいっぺんに全種類を食べた事がありました(^_^;)

今だったら途中でギブアップどころか、気持ち悪くなってしまったでしょう(~_~;)

あの頃に比べて量は減りましたが、ケーキや菓子パンなどが好きで、よく食べている私…^^

この間 体調を崩し甘いものが要らなくなり、いっさい食べなかった日がありました。

その様子を見た旦那さんに「(甘いものが要らないなんて)重症やな!」と言われました。

まるで健康バロメーター…(-_-;)


こんなやり取りは誰の間でもある事で珍しくはないのでしょうが、このやり取りの中で

自分の思う相手からの関心のある・ないの判断をする部分と、相手が関心ある気持ちを示してくれる部分とは違うんだな、という事を感じたのでした。

他の一か所だけを見て、あの人は私に関心がないと思い込む事をつい数年前までしてきていたので(>_<)

思いつめるあまり、些細な事から大きな事まで、何も見えなくなっていました★

以前なら同じ事を言われても、「そう?私そんなに美味しいって言ってるかなあ」で終わっていたと思います。

ここで示してくれてるんだなあとは受け取らず、さほど嬉しいとも感じられなかったと思うのです。

それは自然と相手にも伝わって、いつもどこかすれ違い、しらけたような空気が漂っていたでしょう…(゜-゜)

そうしてまた私は、自分の殻の中へと戻って行っていたでしょう。


視点を変えて見る事と気持ちに余裕を持つ事で、いろんな事が違って見え、変わってきます。

嬉しい事ほど敏感でいる方が、毎日は楽しいです(*^-^*)♪

自分が嬉しいと、相手もまた嬉しいのが伝わります。

今日も好物の菓子パンのおみやげに、「ありがとう」を言いました(*^^*)


写真は先日食べたかぼちゃのチーズケーキ。もちろん美味しかったです^^


お読みくださり、ありがとうございました☆



















by anandab4 | 2015-04-30 14:21 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)
<< 視点を変えてくれる言葉 “お母さんらしさ”って? >>