ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

“愛の広がりプロジェクト”第1弾の絵の完成した姿☆その③

c0347597_05475363.jpg

c0347597_05483043.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
 ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。




この写真上のNo.8【ディバインタイミングの女神の絵】は、《愛の広がりプロジェクト》第1弾で1番最後に仕上がった絵でした。

第1弾に携わった当初、 私はまだ自分の個性をそこに出すところまで行っていなかったと思います。

共同作業なのだから麻里奈さんが描いた部分はあまり大きく描き変えてはいけない、と思っていました。

私はそれを調和だと思っていたのです。

第2弾で個性を出し始めた自分に気づき、

第3弾で行き詰まった時、

麻里奈さんから遠慮は無しだと、自分らしさを自分で決めつけず、

もうやめよう!
こうして生きて行こう!
こうなっていい!
という決意を私たちがする事が大事だと、

その決断の色をのせていくのだと、

教えられました。

私の絵が本当に変わっていったのは、そこからだったと思います。

そんな第3弾の過程を経た後で描いたこの絵も、大きく変わりました。

写真下の、【女性性と男性性の融合の絵】に生まれ変わりました。

この絵の物語
この絵の女性は、これから真実の愛について多くを経験し、学ぶ道に
入ります。
彼女は愛について、自分なりの定義を持ち、それが故に悩み苦しんだ事も
あったでしょう。でもある時、彼女は気付きます。彼女が正しいと信じ続けてきた
定義が、「こうでなければならない」という意識に根差したものであったことに。
固定観念の壁が崩れ去り、愛し愛される本当の意味を理解し、彼女の中に存在する
女性性と男性性が架け橋で結ばれます。彼女は至福の涙を流し、今までに経験した
事のない幸せの感情に浸ります。
「私は幸せ」心からそう言える人生を、彼女はようやく手にしたのです。

この絵に描かれたシーンは、正に絵の主人公である女性の、ディバインタイミングを迎えた瞬間なのだと思います。

この絵を描き進める間に、私自身にも 大きな変容の波が訪れ、これまでにないかたちでの解放を迎えました。
プロジェクトの絵には、たくさんの祈りと、携わった私たちの変容のエネルギーがそこに込められています。

それぞれの価格の違いは、製作に費やされた期間の違いもありますが、変容の大きさの違いも含まれているのだと思います。

白いくちなしの花の花言葉は、“私は幸せ者”です。

この絵を迎えられる方の、それからが楽しみになりますね。






by anandab4 | 2015-01-13 15:35 | 絵画 | Comments(0)
<< 過去の自分を愛すること “愛の広がりプロジェクト”第1... >>