ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

素のままの自分で居られる場所



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




お正月も4日を過ぎましたが、みなさんはどんなお正月を過ごされましたか?

私は昨日、家族4人で初詣に行って来ました058.gif

バス1本で行ける簡単な初詣です^^

このお正月はとりたてて遠出をする事もなくほとんど我が家でのんびり、でしたが

私はそんな過ごし方が結構好きだったりします(^^)

それには、私なりの理由があったりします…。


昨年に引き続き、雪で交通の便が不自由になる事を心配した父の提案で、帰省は無しになりました。
がっかりしたのは、子供たち。

子供たちの気持ちはよくわかります。
長い時間電車に揺られながら、今か今かと待ち焦がれる間に車窓の景色がだんだんと
山や田畑に囲まれていき、そこに積もる雪を見つけて到着が近付くのを感じた時の
ワクワク感、
大好きなおじいちゃんおばあちゃんの笑顔、従兄弟たちとの合流、
大勢で賑やかに迎える年末年始の行事…。

私に母方の従兄弟はいませんでしたが、後は全て、私も子供たちと同じでした。

毎年長いお休みに入ると必ず田舎へ帰省し、それは大人になってからもずっと続く、
恒例行事でした☆

結婚して子供たちが生まれてからも、私にとって家族に会える事は何よりもの楽しみでした。

私にとって、家族(父母や姉)が、1番素のままの自分を受け入れてくれる唯一の
心許せる場所だと感じていたからです。

でも数年前からそこに、少しづつ違和感を感じるようになってきました。

大阪の我が家へ帰って来られるとホッとするようになりました。


それは何故か、考えてみると…。

本来生まれ育った環境である家族の中にいる時の方が、自分らしく振る舞えなくなっていたのです。

私の家族は、思っている事を何でも言い合います。そんな環境の中で育った私は、
それがベストだと思っていたので
家族間でも全てを言わない環境で育った旦那さんと、新婚当初些細な事からすぐ喧嘩になったりしていました"(-""-)"

私が困った時、辛かった時すぐに駆けつけてくれたのも家族でした。家族の支え無しには乗り越えられなかった事が、数えきれないぐらいいっぱいあります。
私にとって、ずっと掛け替えのない存在です。

でも、どこかかみ合わないのです。
無理をして、時に嫌な気持ちになっている自分がいます。

それは、家族の「こうあるべきだ」という型に私が、あるいは私たち一家がはまっていない時、指摘されたり否定されたりするところにありました。

毎日積み上げてきた価値観を、帰省する度覆されそうになるところにありました。




昨年の夏休みにそれをすごく感じさせられる事があり、夏休み明けからいろんな課題となる出来事がやって来ました。
昨年後半は、自分を律する事についてものすごく考えさせられ、それが私の中で
ひとつの大きなテーマとなっていきました。

この冬休みもこうしてじっくりと感情と向き合うチャンスを与えられたので、
自分を新たに見つめ直しつつメンテナンスをしてこれからに備えたいと思います。

年明け早々に長々と、少しネガティブな内容の記事になってしまいましたが、
お読みくださった方へ 
お読みくださり、どうもありがとうございました☆



by anandab4 | 2015-01-05 08:00 | 家族のこと | Comments(0)
<< ヒーリングとオーダーメイドについて 寄り添うことの大切さ >>