ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

石のお話☆どうやって選ぶ?

c0347597_11571402.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
  ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。





みなさんは石を選ぶ時、どんな事を大切に選びますか?

色や形の美しさ、意味(よく言われている効能など)、ピンと来た、惹かれる感じがした…などなど、様々な理由がありますね。

何となく身に着けていると落ち着く…というような、相性の良さもあると思います。

今ほど石たちが“パワーストーン“としてもてはやされていなかった頃、私が相性の良さを初めて感じたのは
ローズクォーツでした。

会社勤めで忙しさから余裕が無く、イライラしがちな毎日を過ごしていた頃、ふと何気なくその優しいピンク色に惹かれて買った、ローズクォーツのピアス。丸い粒が付いただけの、特に高価な物でもない、シンプルないたって普通のピアスでした。
でも何となくそのピアスを着けている日は、女性らしさが引き出されるような、穏やかな気持ちでいられるような気がしたのです。

その後に読んだ誕生数について書かれた本でも、誕生数6の人はローズクォーツを持つといい、とあったので
誕生数6の私にやっぱりローズクォーツは合ってたんだ!と嬉しくなったりもしました。

ローズクォーツは今でも変わらずに大好きな石のひとつです(*^_^*)


写真のアクアレムリアとの出会いは、それまでの石選びとはちょっと違っていました。

2年前の夏頃でした。
その時親しくしていた人からこんな依頼がありました。
「○○な私になるために、状況を加速させてくれる石が欲しいんだけど、シータで聞いてみてくれない?」と。

それなら聞いてみるね、と聞いてみたところ…見えて来たのは黒い石でした。

「オニキスですか?」と問いかけると、創造主の答えはボソッとひと言、「オプシディアン」。

オプシディアンを知らなかった私は、早速パソコンで検索してみました。

すると、本当にあったのです!何色かあり、その中には黒もちゃんとありました!!

へぇ~、面白いな~。


すっかり気を良くし(^^;)、自分のも聞いてみよう!!と私の夢を後押ししてくれる石についても聞いてみる事にしました。

「こういう風になっていきたいんだけど、それを後押ししてくれるような、私にピッタリな石は何ですか?」と聞いてみると…

浮かんだのは、透明感あるブルーグリーンの石でした。

「これは何ですか?」と重ねて聞くと、
「アクアレムリア」。とまたもやひと言。

すかさず検索してみると…今度もちゃんとありました!
イメージで見たのと同じ、透明感あるブルーグリーンの石でした。

嬉しくなり、そのままいろんなサイトを見ながらピンと来るものを探していたら、アンダラクリスタル
を取り扱っておられるサイトに辿り着いたのです。

■『アンダラクリスタル』とは、
カリフォルニア北部、シャスタ山の麓でネリー夫人という方が発見されたというガラス質の石です。
“アンダラ”とはレムリア時代の寺院の名前を指すそうです。
アンダラの見た目はとても美しく、クリアー、グリーン、ブルー、ピンク、ブラウン、
透明にたくさんの泡が見えるシーフォーム…などがあり、特に鮮やかなグリーンの“マーリン”は目が覚めるような色合いで
とても美しいです。

アンダラは残念なことに偽物がたくさん出回っているらしく、アメリカ在住の鈴木美保子さんという方を通じて日本にやってくるアンダラが本物なのだそうです。私が辿り着いたサイトでは、鈴木美保子さんの元から直接アンダラを取り寄せてワイヤーペンダントに仕上げて販売をされていたので、安心してお問い合わせする事が出来ました。

その時アクアレムリアがちょうど美保子さんの元にひとつあると画像を送ってもらい、大きさも程よく色美しく、イメージ通りだ!と思ったものの、
お値段や色で散々迷ってしまいましたが(アクアレムリアはお値段高かったのと、つい他の色にも目移りしてしまったのです)、他の色を着けているイメージはやっぱり無く、変更したらきっと後悔するのはわかっていたので、当初の希望に沿ってアクアレムリアを取り寄せていただく事に決めました。

私が自分でもワイヤーを巻けるため、巻き代を省いた石のみのお値段で譲っていただけることになりました(^_^)

そうして私の元にやって来てくれたアンダラアクアレムリア。

2年経った今も、身に着けているとやっぱり一番しっくりきます。

ただ当初とデザインがもう違っていいな、と思えたので、再び一から巻き直してリフォームしました。


アンダラは持ち主を選ぶ石だと、またとてもおしゃべりだとも言われています。

アンダラを手にされた方々のエピソードもいろいろと検索して読んでみましたが、ずっとおしゃべりしてくる、という他に
勝手に移動したりいなくなったりする、またいなくなって見つかったと思ったら形が変形していた…なんてエピソードも…。
本当に不思議でユーモラス?な石のようです。

一度シータ仲間の方にリーディングしてもらった時も、「やっぱり家族団らんが一番ですな~」と世話好きのおばちゃんのような口調で、見守ってくれているようなイメージだったそうです(^^;)

ちなみに私のアンダラはまだ姿を消した事はありません☆

2年前の夏私が願った、“今自分がしている事、もの作りとヒーリングをひとつにしていくサポート”をしてくれているようです。

アンダラを身に着けて私が不思議に感じる事は、必ずと言っていいぐらいの確率で初対面の人などに
「それは何て言う石ですか?」
「とっても綺麗ですね!」
と驚いて質問される事です。
石好きの方はもちろん、石に関心なさそうな、百貨店のケーキ屋の店員さんや、その他コーナーの店員さんまでレジを済ませる僅かな合間に、吸い寄せられるように注目して聞かれたりします。

アンダラが特殊たる所以なのかな?

これからもいなくなったりせずに、ずっとそばに居て欲しいと思います(*^_^*)

お気に入りを選ぶ時、見た目の美しさも大事ですが、それをよく身に着けている自分がイメージできるかを基準に、
大切に決めると間違いないように思います。


お読みくださり、ありがとうございました。

by anandab4 | 2014-12-05 12:55 | クリスタルたちのこと | Comments(0)
<< 子宮は創造の源? 女性として生まれて、体調の変化... >>