ブログトップ

“創造する”という生き方☆ アートのある暮らし

anandaart.exblog.jp

ヒーリングアート・絵について②

c0347597_05563895.jpg
c0347597_05572664.jpg



◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
 ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。




芸術活動を始めるにあたって、まず必要になったのは屋号をどうするか、ということでした。

屋号と合わせて、何をしているのかが伝わるような肩書きを持った方がいいと。

うーん…何にしよう??

考えていた時、ふと目にとまったのが、ヒマラヤゴールドアゼツライトという石の証明書に書かれていた
古代ヒンドゥーの原理、サット・チット・アーナンダでした。

サットは「真実」、チットは「意識」、アーナンダは「無上の幸福」を意味していると。至福です。

これだ!と思い、アーナンダにちなんで屋号をANANDA(アナンダ)にすることに決めました。

次は肩書きです。
私のしたいことは、その時点では私の生み出すもの、芸術を通して持ち主となる人の幸せをサポート出来たら…ということでした。
そこで、肩書きをヒーリング アート サポートに決めたのです(そのまま、みたいな感じでベタですが)

何とか屋号も肩書きも決まり、麻里奈さんとの《愛の広がりプロジェクト》が始まりました。
このプロジェクトは、オーダー発起人となられる方の祈りから波及した、世界への祈りを絵に込めて広げていくプロジェクトです。


そうして始まったプロジェクト。
まずオーダー発起人となる方、麻里奈さん、私の3人がそれぞれ世界への祈りの10項目を書き出すところから、プロジェクトは始まります。オーダー発起人の方は、個人の祈り(自分自身の叶えたい願い)も別に書き出します。
その願いと、祈りの10項目が書かれた紙を画用紙の下に敷き、麻里奈さんが絵を描きます。その後、麻里奈さんが描いた絵を全部で9枚のハガキサイズに切り分け、それを受け取った私がそこに見えたものを絵に描き表します。
最後に、麻里奈さんが仕上げをして、完成です!

第1弾に始まり、これまでで第3弾まで描き上がりました。

第1弾と第2弾の仕上がりまでは早かったのですが、第3弾は、とてつもなく時間が掛かりました(>_<)

第3弾では、1枚につき、何度も絵が現れては消え、現れては消えの繰り返しでした。9枚のうちのほとんどが、どれだけ描いてもなかなか完成を見ませんでした。一度全てを塗り消したものもありました。
絵の主人公は、その絵を購入される方の至福の姿です。第3弾では、それを完成させることを極めるために、途方もない時間が必要だったのです。
描き上がった絵の下には、その方の至福に至るまでの過程が、実はたくさん描き重ねられています。

最初は、せっかく描いた絵を消すことに、強い抵抗を感じました。それが故に完成から遠ざかっていたのです。
そんな時、麻里奈さんがザッと大胆に画面に色を入れました。それを見た時、私もようやく消すことを決心します。
怖かったけど、不安だったけど、絵の主人公は姿を変えて、ちゃんとそこに存在していてくれました。
そこからどんどん筆が進み、最後にいくつかの絵に麻里奈さんが虹を入れ、
第3弾は完成したのでした。

写真は第3弾の中でも特に私の気に入っている2枚です。
奇しくも長女がそのうちの1枚【ユニコーンと女性の絵】を、
次女がもう1枚の【鳥と女性の絵】を気に入っています^^
2枚とも必要とされる方の元へと旅立ったので、娘たちは写真に収めてそれぞれ持っています。








by anandab4 | 2014-11-11 12:17 | 絵画 | Comments(0)
<< ヒーリングアート・ジュエリーに... ヒーリングアート・絵について① >>