絵、そしてジュエリー。時々日常なども絡めながら、制作についての背景や好きなものなどについてマイペースで綴っています。
by *あゆみ*
カテゴリ
全体
絵画
クリスタルジュエリー
ヒーリング
私自身の体験から思うこと
クリスタルたちのこと
シータを通じて出会った人たち
お知らせ
感想
好きなこと
家族のこと
友人のこと
オルゴナイトジュエリー
ワークショップ
制作のこと
日常のこと
アンダラクリスタル
身体のこと
映画・音楽
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ANANDA shop
最新の記事
ロックと絵画
at 2017-07-19 14:40
“集めたくなる”ファン心理
at 2017-07-13 13:20
シエラ産ブルーアンダラの入荷予定
at 2017-07-09 13:32
好きな色で、少しずつ描いていく
at 2017-07-04 13:41
今年半年を終えて
at 2017-07-01 15:06
夏日の京都へ~デヴィッド・ボ..
at 2017-06-20 18:32
オーダーメイドジュエリーのご..
at 2017-06-16 11:53
拗ねていてもいいことなんてない
at 2017-06-09 13:21
7年前に描いた絵のその後
at 2017-05-31 17:18
内向きと外向き
at 2017-05-27 22:52
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夏日の京都へ~デヴィッド・ボウイ写真展『DAVID BOWIE by MICK ROCK』~

c0347597_13110652.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




今年に入ってからデヴィッド・ボウイがらみのイベントが続いている長女と、今度は写真展を観に再び京都まで行って来ました(^_^;)

一緒に東京行きを楽しんだ人とは写真展開催期間中に互いのスケジュールがかみ合わず、私が同行する事となったのです。


開催場所は、九条駅が最寄り駅の“ホテル アンテルーム 京都”。

実家時代ならほぼ京都寄り住まいだったので出やすかったですが、同じ大阪でもここ大阪市内からとなると京都行きはちょっと遠い…。
けれども、京都に住んでいた事もあったというデヴィッド・ボウイにとって、京都はゆかりの地となる場所。だからこその開催でもあるので、私たちは頑張って行くしかありません☆


長いこと電車に揺られ、やっと着いた地下鉄九条駅。
4番出口を出て右方向へと事前に調べてあったのでそちらへ進みましたが、周辺は目立つものはほとんど何も無く、目印となる烏丸札ノ辻交差点のローソンも、京都は景観を損なわないよう外観が通常の「青!」ではないので、気を付けないと見過ごしそうです。
交差点を右折してすぐ、ホテル前の目印となる赤いポストを発見。
うっかり素通りしてしまいそうな外観の建物ですが、ちゃんとホテル玄関横に↑の写真が大きく展示されているので、大丈夫です(^_^)

12時~とありましたが、もう観終わって出てくる人たちもいたので、私たちも中へ。
c0347597_13152696.jpg


最初、写真撮影は禁止かな?と思っていたのですがダメ元で尋ねてみるとあっさり「いいですよ」とのお返事。
遠慮なく撮らせていただきました(^_^)
一部をご紹介します。




c0347597_13115875.jpg

c0347597_13124786.jpg

↑お店前の映画ポスターも撮影する娘。他のアーティストたちの貴重な映像も見られるミック・ロックのドキュメンタリー映画『SHOT!』も観に行きたいんだそうです。
c0347597_13132971.jpg

c0347597_13155286.jpg

c0347597_13141561.jpg

c0347597_13162093.jpg

↑グッズコーナー。デヴィッド・ボウイ関連グッズはお洒落なものがいっぱいで羨ましい☆彡


東京でTシャツを買い漁った娘、今回はTシャツ以外のものをチョイス↓

c0347597_13145352.jpg



「いつまでも眺めてたくなる」と名残惜しそうに言っていた娘。
展示されているポートレイトは希望のサイズで購入も可能ですが、一番安いものでも5万円以上。ちょっと厳しいですね…(^^;)

来場者は、比較的 お洒落な若い人が多いように思いました。1人で来て、静かにじっくり観て帰っていく感じ。
ファンにとっては幸せな時間を満喫出来る空間となっています。



ホテルを出た後、京都駅方面へ足を延ばしてマクドナルドでお昼を済ませてから帰りました。またもや、マクドナルド。娘と出掛けると、お昼は大抵マクドナルド(ーー;)

お天気に恵まれましたが、晴天の京都は大阪より暑かったです。正に夏日でした(^_^;)



全ての瞬間がサマになってしまうデヴィッド・ボウイ。

長いキャリアの中には浮き沈みもありましたが、世代を問わず様々な分野のアーティストから尊敬され、慕われている事に本当に驚かされます。

娘があちこちから集めた画像をスマホにたくさん保存していますが、デヴィッド・ボウイと一緒に写っているアーティストたちは皆 瞳が輝いていて、本当に嬉しそうなのです。



歌だけでなく、演技や絵など表現する事全てにおいて素晴らしくて、その存在自体がまるで芸術だったかのように感じてしまいます。

かと思えば、『戦場のメリークリスマス』撮影時、「たけしのギャグにデヴィッド・ボウイあたりがゲラゲラ笑っていた」なんてエピソードも残っていたり(^_^)

確かに大きな口を開けて笑っている写真もとても多くて、表情豊かで、やっぱり笑い上戸だったのかな?明るい人柄が滲み出ているかのようです(^^)
周りの人たちも、自然につられて笑顔になるのかも。


全てのアルバムをチェックし、私なんかよりもうんと詳しい娘(^^;)
そんな娘のウォークマンを借りて聴いた中で、私はこちらのアルバム『スペース・オディティ』が好きです。
最初から最後まで飛ばす曲がない感じ。その中でも、特に好きな曲を↓




そしてやはり、こちらも忘れてはいけませんね。文句無しにかっこいい!↓



お読みくださり、ありがとうございました☆

[PR]
# by anandab4 | 2017-06-20 18:32 | 映画・音楽 | Comments(0)

オーダーメイドジュエリーのご依頼・アンダラアヴァロン

c0347597_12455299.jpg

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





つい先日、以前iichiにてご縁をいただいたY様から、オーダーメイドジュエリーのご依頼をいただきました(^_^)

お手持ちのアンダラアヴァロンのワイヤリングのご依頼です。
↑上の写真が、Y様の元より到着した直後のアヴァロン。

程よい大きさでコロンとした形状。何より驚いたのは、その抜群の透明度!所々に淡く虹も見られ(写真では見えないのが残念)、「美しいな~」としばし見とれ、旦那さんにも見せたり(*^^*)

「これは石?」と不思議そうに訊く旦那さん。アンダラは特に石に関心の無い人も注目させる何かがあるな、といつも感じます。


アヴァロンをいろんな方向から眺めつつ、表の顔をどこにするか思案しました。

形状からすると身に着けた際に衣服と擦れる事を考えて凹凸の多い面を表にした方がいいので、凹凸面を前にする事で輝きが増して見える場合は迷わずそうしますが、Y様のアヴァロンは滑らかな面を表に持ってきた時の方が虹がよく見えて美しかったのです。
そこで、滑らかな面を表の顔に決めてワイヤーを巻いていきました。

今回はシルバーワイヤーでとのご希望です。
何色のクリスタルビーズを添えようかな?と考えた時に一番に浮かんだのが黄色でした。黄色だけでは物足りないな…と赤味のある色もチョイス。ミックストルマリンたちです(^^)

そうして仕上がったのがこちら↓
c0347597_12470630.jpg
↓表の顔です。
c0347597_12462858.jpg
↓裏面です。
c0347597_12473940.jpg


お届けの後、Y様から嬉しいご感想をいただきました(^_^)


Y様のご感想より、一部をご紹介させていただきたいと思います↓
(※掲載許可をいただいています)


「一瞬わたしのお願いしたアヴァロンかしら??としばらく見とれましたほど一層輝きを増してもどってきたように思いました。トルマリンもかわいらしくて、サイドのワイヤーの様子もすべてが素晴らしいです。
お手紙、そして一緒につけて下さった袋とメッセージもどうもありがとうございます。ここのところ迷いがあったわたしの心にメッセージがすっと入ってきました。

本当にいつまででも眺めていたいほどの作品でデザインもよく、レインボーも輝いてまして、アヴァロンの美しい顔をぐっと引き出して下さりたいへん気に入っております」



Y様からのご感想より、一部を抜粋してご紹介させていただきました(^_^)


とても喜んでいただけて、私も感激です☆彡

個々のクリスタルの形状によって仕上がりデザインが様々に違ってくる分、気に入っていただけるかとお届けの際はいつもドキドキするので、こうして喜びのお声をいただけると私もとても嬉しいのです。

完成したアヴァロンからのメッセージも、ちょうど良いタイミングでお届け出来たようで、二重の嬉しさでした(*^^*)



自分で自由に作って出品したジュエリーを選んでいただけるのももちろん嬉しいですが、ご依頼くださった方のお顔を想像しながら制作する時間もまた特別です。

Y様、この度は誠にありがとうございました(*^_^*)




このところ制作についてあまり書いていなかったので、制作過程の内容にも触れながら
今回はお客様からのお声をご紹介させていただきました。
お読みくださり、ありがとうございました☆



















[PR]
# by anandab4 | 2017-06-16 11:53 | 感想 | Comments(0)

拗ねていてもいいことなんてない

c0347597_10182742.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





1人が結構好きな私は、あまり人に執着しない傾向があるようです。
オリジナルホロスコープを作ってもらった際にもそれが顕著に出ていたので、改めて自分でも実感、「やっぱりドライなのか?」と思ったほど☆

執着が無いからといって、決して冷たいわけではないというフォローはいただけましたが(^_^)


そんな私は恋愛に於いてもやはり、どちらかと言えば冷静だったように思います。

思春期特有の思い込みの激しい恋愛感情はまた別として、別れの際に揉めたとか、相手の目の前で泣いたという経験はありません。
情が移る程の深い付き合いでなかった事や、目の前の人に対して我を失くすぐらいの執着が無かったというのが本当のところかもしれませんが、取り乱した自分の姿を見せるなんて事はついぞありませんでした。


ただ1人、旦那さんを除いては…(^_^;)

私は、旦那さんが相手となると、何故かスマートな自分で通せなくなるのです。


「お母さんって、お父さんと喧嘩した事ある?」と無邪気に質問する次女は、今の私たちしか見ていません。
なので「うん、たくさんあるよ」なんて言おうものなら「えーっ、どんな事で!?」と、とても驚いて訊いてきます。
それに対して「うーん、いろいろ。でも、今更あんまり蒸し返したくないわ~」と答えると、心優しい次女、「あ、そうなんやね」と察して?くれます(^^;)

旦那さんとの喧嘩の数々は、私の中ではどん底の黒歴史なので★
とてもじゃないけど子供達には聞かせられません。

喧嘩をしてスッキリした事は一度も無いです。
疑問を投げ掛けるのはいつも私の方でした。親密になりたくて話し合おうと思うのに、かえって溝ができ、結局後に残るのはモヤモヤとした重い後悔だけ。そんな事の繰り返しでした。

ある時 決定的な擦れ違いを感じ、「もう、いいや」と諦めました。
「私の気持ちはどんなにしてもこの人には伝わらない。私は私で、夢中になれる事を見つけてそちらに集中しよう」。そう一人で勝手に決めたのです。

当時は私も必死でしたが、旦那さんにしてみれば、まるで“寝耳に水”な私の投げ掛けに毎回驚かされ、それを受け止めるだけで精一杯だった事でしょう。

心の片隅に寂しさを抱えたまま、そこを敢えて無視する事で割り切ってしまえば、それでも幸せに生きられるだろうと私は考えました。

それは、やっぱり現実逃避でしかありませんでした。

それから数年間、私は拗ねて生きていました。気付いてほしい、歩み寄ってほしい。心の奥でそう望みながら、表面上は平気なふりをして拗ね続けていました。
自分に嘘をついて拗ねていても、本当に幸せにはなれません。
やがて自分に嘘をついたままで生きたくはないと、もうこんな自分でいるのをやめようと決心するに至りました。

それでどうしたかというと…旦那さんに以前とは違う言葉で、素直な気持ちを伝えました。そこからやっと、通じ合えるようになっていきました。


今でも時々 言葉少なな旦那さんに対し、つい私の独り相撲状態になりかけてしまう事があります。

でもよくよく聞いてみたら、旦那さんの方に深い意味は全くなく、「単純にこうしたらいいと考えていただけやってんけど…」みたいな答えだったりします。
以前はそこへ辿り着く前に自爆していました(-"-)
要は、旦那さんに対してスマートでいられない私が、あれこれ深刻に考えを巡らせていただけだったりするのです。

めんどくさいですね、私…(-_-)

でも1人で拗ねていたって、何も伝わらないし何もいいことなんてないなと思ったのです。
旦那さんの変わらない気持ちに触れる度、勝手にいじけてしまわなくて良かったと感じるので、話してみる事はやっぱり大事だと思います。
※ここでお話している私の心配事とは、旦那さんが怪しいとか、そういう方面の内容ではありません。あくまでも私にとっての重大な事であり、他から見ると些細な事だったりします。

心に引っかかりを抱えたまま他事で紛らわせようとしても、何事もないふりをして作り笑いを続ける事に耐えられず、しんどくなってしまいます。少なくとも私はそうです。

「もう今更…」と夫に対して素直になれないまま、他の関心事で愛されたい気持ちをごまかしながら生活している女性は、意外とたくさんいるのではないかなと思うのです。
近い存在だからこそ勇気も要りますが、素直に心を伝えてみたら、嬉しい結果に繋がるかもしれませんよ^^
共に暮らす人から「あなたに関心がある」ということを示されて、嬉しくない人はいないと思うのです。

気恥ずかしくてなかなかきっかけがつかめないという人は、もうすぐ父の日なので、夫婦間での普段の感謝を伝えるという形に置き換えて気持ちを伝えてみてはどうでしょう(*^^*)




写真は、次女が贈ってくれた花。カーネーションがあまり好きでない私に、次女が希望の色を聞き、花は旦那さんが選んでくれました(*^^*)



お読みくださり、ありがとうございました☆


[PR]
# by anandab4 | 2017-06-09 13:21 | 私自身の体験から思うこと | Comments(0)

7年前に描いた絵のその後


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





先日の記事にて、7年前にグループ展用に描いた絵をご紹介しました。

↓こちらの絵です。タイトル『食べられない御馳走』(『鏡の国のアリス』より)。
c0347597_09560431.jpg
今 改めてじっくり眺めると、何だか全体に寂しい感じ…。

見れば見るほど、「今ならもっとこうする」という気持ちが湧いてきてしまい…。
この絵にあの頃には描き切れなかった部分を更に加えてみたくなりました。



この絵に描いたのは、『鏡の国のアリス』の終盤近く、ディナーパーティーの場面です。

赤の女王と白の女王の間の席に着いたアリスは、運ばれてきた羊の腿肉を紹介されます。いざ食べようとすると「お辞儀をした者を食べるなんて無礼です」というような注意を受けて腿肉はそのまま下げられてゆき、アリスは結局何も食べられない…といった場面。

夢ってこういう不条理なことがあるよな~と思います。赤の女王といえば、突然アリスの手を取って全速力で走った後に、喉が渇いているアリスにビスケットを勧めるような場面もあります(^^;)

そんなアリスの夢?の中の、筋が通っているようで通っていないような世界。

原作の世界に出来るだけ忠実にと目指して描いた当時の自分の絵に、今の自分のエッセンスも少し加えてみる事にしました。

そうしてリニューアルしたのが、こちら↓

c0347597_10075729.jpg
描いた当時を思い、あまりにガラッと変えてしまわぬよう、色を重ねていきました。
最初に取り掛かったのは、バックの色。黒だったのを紺色に変えました。

両脇に位置する女王たちに、もう少し立体感を。


c0347597_10385815.jpg
↑アリスもちょっぴりリニューアル。コントラストをつけました。
c0347597_10383960.jpg

c0347597_10381797.jpg
↑リニューアルした豚と兎の他に、新しく加わった動物たち。向かって左端に犬、右端にドードー。
これを見て、「何で皆こっち見てるん?」と当時アリスのモデルとなった長女。「何か増えてる~」と次女。

豚以外の動物たちがこちらを振り返っているかのようなカメラ目線なのは、その方がちょっと面白いかなと思ったからですが
「ほら、こんな感じで食べられないんだよ」と皮肉な表情で密かにこちらに訴えかけている、というような意味合いも少し込めています(^_^)




今回リニューアルしたこちらの絵、またピッタリの額縁が見つかったら、iichiかどこかに出品するかもしれません。

絵のリニューアルはこれまでした事が無かったのですが、当時の自分の描き方を思い出し、新鮮でした。



お読みくださり、ありがとうございました☆

[PR]
# by anandab4 | 2017-05-31 17:18 | 絵画 | Comments(0)

内向きと外向き

c0347597_10180633.jpg


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




ここ数年で随分開けてきたなあと感じる枚方。
昨日はお昼前にまあこさんと待ち合わせて、リニューアルした枚方市駅近辺を巡って来ました(^^)

まあこさんにホロスコープを作っていただいてから、直接会えるのは数か月振り。
会う度に「可愛くなったな~」と感じるまあこさん(*^^*)
昨日も待ち合わせ場所に現れたまあこさんを見て、また違った雰囲気に一瞬わからなかったぐらい☆
何でも、私と会うのでいつもより楽しみながら支度してきてくださったのだとか。同性の方からそんな風に言ってもらえるのもまた新鮮で、私も嬉しい☆彡

駅を出てT-SITE(写真上。うず高く並んだ本に圧倒される蔦屋書店。スタバも大人気↑)をちょっと覗いてから、まあこさんの案内で野菜が美味しいお店へ移動しました。


c0347597_10184367.jpg
↑オープンしたところだったので、限定10食の海鮮丼(野菜バイキング付き)を食べられました^^
“くら寿司”以外のお寿司を食べる機会が普段なかなか無いだけに、美味しさもひとしお。野菜も甘かったです。




食後、市役所近くの大きな公園をぐるっと回ってから再びT-SITEへ。
私は平日のいいお天気の日に公園を歩くと、いつも娘たちが小さかった頃の日々の感覚が蘇ってくるような気がしてしまいます。



c0347597_10191340.jpg

↑蔦屋にて、レコードがずらっと並べられた棚。

c0347597_10193851.jpg

↑スマパンレコードも。ビリーの曲解説が付いてる『サイアミーズ・ドリーム』のリマスター国内盤、いつか欲しい。

c0347597_10195886.jpg

↑『ブリーチ』は9000円以上もしてた!付加価値?



c0347597_10201974.jpg

↑連絡通路を渡って古いサンプラザ3号館へも行ってみましたが、あまりの昭和な雰囲気に(昭和生まれにもかかわらず)テンションが下がりかけ、T-SITE1階のパンケーキのお店に落ち着いたのでした(^^;)

それにしても、T-SITEはATMコーナーに至るまで、全てがお洒落な造り。あの閑散とした近鉄百貨店がこんなに生まれ変わるとは…。

パンケーキのお店に入りましたが、パンケーキはボリューミーなのでカフェモカのみにしておきました。
甘い飲み物が欲しかったのに、飲み終わってみると長い間胃に残っている感じが★
角砂糖も一緒に運ばれてきましたが、無しでも十分過ぎる甘さでした。ここに砂糖を更に投入していたら、帰りの京阪電車はグロッキーになっていた事でしょう。
会社帰りに同期の子とパフェやドーナツを梯子した、あの頃の若さ溢れる?胃袋の私は何処へ…。


寛いでお話しながら、まあこさんにこの間作ってもらったホロスコープの内容も詳しく解説していただけました。ホロスコープのデータからは、驚くほどいろんな事が読み解かれるのですね。星読みをされる人によっても、また違ってくるそうです。
カウンセリングを織り交ぜつつ、娘たちの特性などを掘り下げてもらいました。
星を読んだ感じでは、私は内向き、娘たちは外向きなんだそうです。

内向きとは…意識が外の世界より、内に向いている感じ(そのままですね)。
私の場合なら、意識が家庭に向いている傾向があるといった感じでしょうか。確かに、そうです。
そうですが、「何でも家族団らんでなければ!」とかいうのはありません。

子供の頃がそうだったように、私は単に「家が好き」なのかもしれません。
幼稚園でよく泣いていたのも、お母さんに会いたいというよりは ただひたすら家に帰りたかったからでした(-_-)

家でごそごそ、家族の居る時間も居ない時間も過ごすのが好きなんだと思います。だから、出掛けるのは“たまに”でちょうどなのです。
「空いてる日がないぐらいスケジュールが埋まっている」なんて、ゾッとするかも(-_-;)

子供たちも私に似て、どちらかというと出不精になるかな…と思っていましたが、外向きの傾向があるとどんどん外の世界へ出ていきたいと思うそうなので、ちょっと安心しました(^^)

そう、「子供たち元気で留守がいい」私としては、将来娘たちが身も心も、精神的にもしっかり自立してくれる事が一番の願いなのです。
家族皆がそれぞれ自分の生活を自ら充実させていける暮らしが、私の理想です。

たくさんの子供たちと関わりながらその一人一人の心に寄り添う仕事もされているまあこさんと話す中で、長女との関わり方で「これで良かったのかな?」と内心思っていたエピソードを肯定してもらえた事も嬉しかったです。

子育ては自分の思うように、自分のやり方でいいのだと思いながらも、全てに自信を持てるかというとそうではないので。

時には家族以外の人からの客観的な視点での捉え方や考えを聴かせてもらえる事は、自分を再確認出来るいい機会となったり、良いヒントを与えてくれるものとなったりします。
そしてそれは必ずしも子育てを経験されている人が相手でなければならない事はないと思います。
子育てしている同士だと、どうしても互いの日頃の愚痴や自虐的な話題で終わってしまう事もあり、発展的でなかったりもするので★

まあこさんとの時間、今の私にとてもいい時間でした(*^_^*)

c0347597_10160753.jpg
↑娘たちへのおみやげ、京宇治茶のポップコーンも1階で買いました(^_^)
試しにつまんでみたら、カリッとした軽い食感で美味しい!
キャラメル味は次女に、抹茶味は長女に。
抹茶大好き♡の長女はその美味しさに、「抹茶は日本が生んだ素晴らしい味」と絶賛していました(^^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆


[PR]
# by anandab4 | 2017-05-27 22:52 | 日常のこと | Comments(0)