絵、そしてジュエリー。時々日常なども絡めながら、制作についての背景や好きなものなどについてマイペースで綴っています。
by *あゆみ*
カテゴリ
全体
絵画
クリスタルジュエリー
ヒーリング
私自身の体験から思うこと
クリスタルたちのこと
シータを通じて出会った人たち
お知らせ
感想
好きなこと
家族のこと
友人のこと
オルゴナイトジュエリー
ワークショップ
制作のこと
日常のこと
アンダラクリスタル
身体のこと
映画・音楽
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ANANDA shop
最新の記事
7年前に描いた絵
at 2017-05-23 12:12
お気に入りの一点ものとの出合い
at 2017-05-18 16:22
“これから先”の更にもっと先..
at 2017-05-13 15:47
レコードはいいけどビデオテープは
at 2017-05-05 16:04
ほどほどが良い、と思うこの頃
at 2017-05-01 15:54
絵で辿るイエスの物語を読んで
at 2017-04-25 11:30
魔の季節
at 2017-04-15 15:50
同性だからこそ、伝えておきた..
at 2017-04-09 07:01
田舎で過ごす、2年振りの春休み
at 2017-04-03 15:02
レッドルチルクォーツ、アメト..
at 2017-03-26 13:21
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:身体のこと( 5 )

自身のメンテナンス・皮膚科手術編“フェノール法”

c0347597_10182059.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




先月末に書いた記事、「自身のメンテナンス・皮膚科編“巻き爪治療”」の続編になります。

続編と言っていいものか、間の記事でも度々皮膚科通いについては触れていたのですが、要はそのぐらい経過が長かったという事になります★


ちょっと長い内容になります。お暇でしたらおつき合いください(^_^)
私と同じような症状の方の参考になれば…と思って書きます。


元々巻き爪気味だった部分をこじらせ、徐々に症状が悪化していった左足の親指。
皮膚科に通い始め、朝晩薬を塗って出来るだけ安静に過ごしても一進一退の状態、自然に治る見込みはない様子。
出来てしまった肉芽腫も放っておいて治るものではなく、取らなければならないもの。
その部分も兼ねて、埋まっている爪の端を少し取り除く手術をする事になりました。そのままではまた爪の際の皮膚を傷つけてしまい、繰り返しになるからです。

手術の方法は“フェノール法”。

巻いている爪を縦に幅何mmか取り除き、再びその部分に爪が生えてこないよう、根元の細胞を薬で殺してしまいます。日帰りで簡単に出来、痛みもほとんど伴わない方法と言われています。

ただ、このフェノール法についてネットで調べてみたところ、リスクの方が大きいといった印象で「やって良かった」という感想をほとんど見ないのです。

リスクとして挙げられるのは、
再発の可能性も高い
薬で完全に処置出来ていなかったのか、再び角のような爪が生えてきて痛む
爪が細くなる分、見た目が不自然になるため素足になれない
など…。

「特に女性の方にはおすすめしません。失った爪は元には戻らず、後悔しかありません」なんて極端な意見も…。

すごく、すごく迷いました(>_<)

でも、このまま自然に完治する事はないだろう、と素人目にも思えました。酷く巻いているわけではないのに、ここ数年、爪が伸びてくる度痛みを感じていたのです。思い切って手術する事にしました。



そして、昨日は手術当日。朝も早くから目が覚め、とても緊張していました。

散々痛みを感じていた箇所であり、「爪を取る」という施術。麻酔をするとは分かっていても、「本当に痛みを感じないだろうか?」と不安になります。(先生を疑っているのではありません)

小雨の降る中、予め買っておいたスリッパを持参して家を出ました。

↑写真上のスリッパです。
看護師さんによると「手術後はガーゼを巻かれて指がハンマーのようになるので靴下は履いていただけますが、靴は入らないと思いますのでスリッパを持って来てくださいね」との事だったので。

LLだったら後々旦那さんも履けるな。という事で、近所のホームセンターで二人であれこれ吟味して最終的に決めました(^^)

黒のロングスカート(パンツは脱ぎ履きの面で暫く無理です)に黒レギンス&黒靴下なら冷えないし、このスリッパで外を歩いて帰っても色が統一されている分、不自然ではないかと☆


看護師さんからの説明で「麻酔注射だけ痛いです」と聞いてはいましたが、果たしてどのくらい痛いのか。

手術台に横になった私に、若い看護師さんが「これ、握っておかれます?」と柔らかいゴムボールのようなものを二つ渡してくれました。
どうやら、これを握って痛みに耐えるのだな…。

看護師さんは麻酔を打たれる間 それを持った私の手を更に両手で包み、「頑張ってくださいね!」と励ましてくださいました。
思いやりが有り難かったです(^_^)

と…。

麻酔注射は親指の根元二箇所でしたが、チクッとしたぐらい。ほとんど痛みは感じませんでした。

先生に揉まれている間に、段々と親指が何倍にも膨らんだような感覚になってきます。「これ、触ってるの分かりますか?」と訊かれる頃にはほとんど何も感じなくなってきていました。

「これで麻酔効いたんで、手術始めます」と言われ、「はい」と返事してから終わってガーゼを巻かれるまで、あっという間でした。10分ぐらいと聞いていましたが、もっと短かったような気がします。


事前にネットで見た術後にガーゼを巻かれた状態の画像よりもコンパクトで、靴下も普通に履けました(^^)

軟膏は出されていたものがまだあるため、費用は飲み薬とテープを入れて5000円ちょっとでした。次回の診察は1か月後です。

薬は院外処方ですが最寄り薬局にファックスを送ってもらっていたのと、他にお薬待ちの人もいなかったのですぐに受け取る事が出来、雨も止んでいてスムーズに家まで帰れました(^_^)

家に着く頃、少しずつ感覚が戻ってきていました。


ここで、第二段階の術後の痛みがどのくらいか?という一抹の不安が…。


帰宅後は早目に薬を飲んで休みました。
痛みはやはり少しあるので、旦那さんが晩御飯の支度はしなくて済むようにはからってくれたのが有り難かったです(*^^*)

旦那さんによると、辛味を感じる感覚は痛みの感覚と同じなのだとか。
ほとんど痛みを感じなかった事を話すと、「俺と違って辛いの好きやから、痛みにも強いんかも」と。

そう、私は甘党ですが辛党でもあるのです(^^;)

そう言えば、出産時も「痛みに強い方なの?」と立ち合った看護師さんに訊かれたな…。

但し決して鈍いわけではないので、これは覚悟をしている時限定なのではないかな、とも思っています(^^;)



明けて今日。残すは最大の山場、ガーゼを取る瞬間です。
正直、これが一番恐ろしかったかも…!!

今朝、意を決して取ってみました。
(翌日から朝晩ガーゼを外して患部をさっと洗い、軟膏をつけて新しいガーゼに取り替えなければならないのです)

心配していた爪の幅はほとんど変わらず、ちゃんと際まで皮膚もありました。(爪を取った下の皮膚が見えているのかと思うと恐ろしかったのです)

想像していたような違和感やグロテスクさはありませんでした(^_^)

美容外科の施術歴も多い先生なので、不細工な事にはならないだろうと思ってはいましたが、やはり見るまではどんな状態か分からないので…とても恐ろしかったのです(>_<)


やっと、緊張が解けた感じです。

後は、経過が良好である事を祈るのみです。
c0347597_10175525.jpg
↑写真は、友人がオーナーをしている古着屋さんで買ったブーツ。かれこれ5年ぐらい履いているお気に入りです。

爪先細めのデザインなのに、幅広の私の足にも馴染んで楽なんです(^^)
スペインの靴は割といい物が多いそうです。

これを履いていると、よくセレクトショップの店員さんなどにも「いい色ですね。どこで買われたんですか?」と聞かれたりします(^^)

毎年秋冬に欠かせないこのブーツ、今年もこれを履く季節が来た!と思っていたのに…当分お預けです★


残念ですが、スムーズに治すためにも経過は大事なので、無理はしないでおくつもりです☆




お読みくださり、ありがとうございました☆


[PR]
by anandab4 | 2016-11-15 14:29 | 身体のこと | Comments(0)

自身のメンテナンス・皮膚科編“巻き爪治療”

c0347597_12360409.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





以前に「自身のメンテナンス・歯科診療編」と題して、何年か振りで歯の検診を受けた事について書きました。

予定していた補修箇所のメンテナンス、歯科衛生士さんによる歯のクリーニングも全て終わり、スッキリしたのも束の間。


ここ数年 爪が伸びてくると痛みを感じていた左足の親指を、爪を切る際に傷つけてしまいました。

元々少し巻き気味になっていた箇所だけに、やっかいなのです(>_<)

「あっ」と思ったけれど、「小さな傷だから、そっとしておいたら数日で治るだろう」と人知れず治すつもりで家族にも特に言わずにおきました。

それが治りそうに見えて、なかなか一筋縄ではいかなかったのです。

治りかけても、靴を履いてちょっと外に出るとまた逆戻り。大き目のスニーカーでゆとりはあるはずでも、傷に全く当たらないわけではないのです。何より、足の指が靴の中で固定されるので、歩く度に傷も圧迫されます。

少しずつ、悪化している気がする…。

段々と不安になってきます。

でも、病院が嫌いなので、出来れば皮膚科へは行きたくない。
夏の間の赤いペディキュアも残ったままだし、これでは爪の状態も分からないだろうし…。傷に沁みないよう、除光液は使えないし。もうちょっと痛みが引いてから…。
などと自分都合の理由を頭の中で並べ立てては、グズグズしていたのでした(~_~;)

そんな風にして1週間が過ぎ、2週目に入った昨日。化膿もしているらしく、歩く度、ほんの少しの力が加わるだけで痛い。
じっとしていても痛い。もうこれ以上の様子見は無理だな、とようやく判断しました(諦めました)。

お風呂上りに旦那さんに見せたところ、「あぁ~、これはちょっとあかんな。化膿止めの飲み薬も出してもらった方がいいかも」と案の定 皮膚科行きを促され、結局 酷くなってから家族にカミングアウトするという羽目になったのでした(>_<)


痛みの他にも、理由が。
入荷待ちで頼んでいる新しい秋冬物の靴を痛み無く履きたいからです(^^;)

それならなおのこと もっと早く行っとけ!という話です(-_-;)


そんなこんなで今日、朝一でやっと受診してきたのです☆

かさぶたが無くなり、腫れが引かない事には始まらないので、化膿止めの塗り薬と飲み薬・痛み止めを処方され、また1週間後に受診となりました。

今さらですが、どうかスムーズに治りますように…。


以上、小さな症状を侮る事なく、早めに医療機関を受診しましょうという教訓?を込めた今回のメンテナンス記事でした。


お母さんは特に、自分の事は後回しになりがちです。
私も子供たちは早目に受診させるのに、自分の事となるとこんな状態なので、反省しきりです。


お読みくださり、ありがとうございました☆



[PR]
by anandab4 | 2016-10-25 14:28 | 身体のこと | Comments(0)

自身のメンテナンス・歯科診療編“定期検診”

c0347597_13090212.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




今朝7時前、大阪に暴風警報が発令されました。

いつもならなかなか目が覚めないのに、「やっとだ!」とばかりにテンションが上がる娘たち。気分はすっかり四連休。

小学校は7時、高校も11時まで待って警報が出ている時点でやっと休校が決まりました。

こんな日は、外出は控えるに限ります、が…。午前中に私1人、行って来ました。


5年以上振りの歯科検診に(^^;)


以前は1か月に1度 クリーニングに通っていたのですが、いつからか面倒くさくなり…さぼっていたのです★


久し振りに行ってみようという気になったのは何かしらの症状があったからではありません。

きっかけは、旦那さんのこんな話から↓
「大人の虫歯はほとんど痛みが無いらしいから、痛みを感じてから診てもらった時にはもう手遅れなんやて」

「手遅れ」というのはかなり進行しているため、抜かなければならなかったりと結果自分の歯が減る事を意味します。

そして自分の歯が減るという事は、老化にも繋がるという事なのです。


「検診行ったのいつ?診てもらっといた方がいいで」と旦那さん。


旦那さんは、歯にこだわる人です。
昔 麻酔が完全に効いていない状態で神経を抜かれるという恐ろしい体験をして以来、虫歯にならないよう気をつけるようになったのだとか(>_<)

私はそこまでの体験はありませんが、
虫歯治療の痛み、抜歯前の麻酔注射の強烈な痛みなどは嫌と言うほど経験し、大人になってからも、歯医者が恐ろしくて堪りませんでした。


そんな歯医者に対する恐怖心が無くなったのは、今の診療所を知ってから。

結婚して現在の住所に引越し、どこに掛かるのがいいのか分からず本に掲載されていた診療所に行ってみたところ、ここがとても良い先生だったのです。

現在はほとんどの診療所がそうかもしれませんが、レーザー治療など設備が整っていて従来のように見知らぬ人と並んで寝かされ治療される事もなく、個室のように分かれています。

隣の歯を横から押すようにして埋まって生えていた親知らずを、歯茎を切開して抜く大掛かりな治療をしてもらった事もありました。

先生からは初回にいつも治療の進め方について具体的な説明があり、「なるべく見た目良く、自然なままの自分の歯を残す」ことが第一という考え方です。

私がそれまでに掛かった歯医者は、全部真逆でした。



ある所は偉そうで説明は無し、ある所は「抜いてしまえ!」とばかりにやたらと抜くのでなかなか次の歯が生えて来ず、またある所は削る作業があまりに長いので口が閉じ掛かると「痛いの?痛いの??」と自信無さ気に訊いたり。(←ここは「痛かったら手を挙げてくださいね」が口癖でした)


レントゲン写真を見て先生がひと言、「大分削ってありますが、こんなに大きな虫歯があったのかなと不思議なんですが」。

もっと早くに今の先生に出会いたかったです(:_;)


娘たちも二人揃って治療、矯正などでお世話になっています(^_^)
二人とも今の先生しか知らないので、歯医者通いを怖がった事はありません。

あの虫歯治療の恐ろしい痛みを知らないなんて、本当に現代の子供たちは恵まれています(~_~;)


今日の検診で異常は見つかりませんでしたが、過去に治療した箇所のメンテナンスと、クリーニングに3~4回ほど通います。


忙しくなる前に済ませておくに限ります(^_^)


身体の健康診断も大切ですが、食べる以外にも何かの動作で喰いしばったりと歯は意外と健康の要となる部分です。


お忙しい時を避けてのメンテナンス、おすすめですよ(^_^)



雨だと自然光での撮影がきれいに出来ないため見合わせていますが、
お天気が良くなったら、プリマホワイトのアンダラジュエリーのup作業にも入りたいと思います。


お読みくださり、ありがとうございました☆




[PR]
by anandab4 | 2016-09-20 14:57 | 身体のこと | Comments(0)

身体のリズムとサイクル

c0347597_16212243.jpg
今年に入ってから自分の体調の波に左右される事が度々あり、これまでと変わらず規則正しく生活しているし、
暴飲暴食もしていないのになあ…と思ったりしていました。

食生活に関してはその時食べたいものを食べているので、あまり気を遣っているとは言えませんが(^^;)

身体は心とも密接に繋がっていますよね☆私はストレスがすぐにお腹に来る方です008.gif


この春には右側腰の辺りにしつこい痒みがあり、治る気配がないので皮膚科を受診したところ、帯状疱疹を発症していました★
話に聞いた事はあるけど、まさか自分がなるとは(ーー;)

ストレスと疲れを溜めないようにする事と、紫外線にあたらないよう家で安静にしてくださいと言われました。

子供たちが春休みに入るのとほぼ同時だったので、ほとんど何処にも連れて行ってやれず終いでした。


おばあちゃんの所へはゴールデンウイークに行こう、と約束して迎えたゴールデンウイーク。


今度は出発予定の前の晩から体調が悪くなり、急きょ病院で診てもらって1日延期しての出発となりました★


私は何をやっているのか…と思いながらも無事長旅を終えて帰省し、おばあちゃんに会えた子供たちの笑顔にホッとした次の日。
1週間前に終わったはずの生理がまた来た…Σ(゚Д゚)!!

昨年から変わらずに毎月判で押したように規則正しく来ていただけに、何で??とものすごくビックリしました。


母からは「更年期かもしれへんよ」と言われてしまう始末…(>_<)

確かに、年齢的に言えばそれも可能性がないとは言えません★

でもこの日に前後して、私と同じような状態になった人が周りに何人かいました。


私が驚くような事態になったその日は、何でも特別な満月、スーパームーンだったようです。

この地球上のものは皆、月の満ち欠けの影響を受けていると言いますもんね。

身体のリズムやサイクルはいろんな影響を受けたりしながら成り立ち、時に心の状態をも表しているんですね。


私の心の状態…。実はやりかけの仕事を途中で止めて1週間近くを電波状態の悪い帰省先で過ごす事に、抵抗があったのです。

ひょっとしたらその気持ちが、体調不良となって表れていたのかもしれませんね☆

でも今回 出発を延期して1日寝ていなければならなかった時、何か吹っ切れた感覚があったのです。

なるようになる、という事と家族の優しさが有難く、心に沁みる体験をしました012.gif


予測不可能な私の体調、心の状態も合わせて見ていった方が良さそうに感じた、今回の出来事でした☆

紫外線はよくないとは言われても、空気のきれいな緑の中で過ごす田舎はやっぱりいいですね^^


お読みくださり、ありがとうございました☆


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
◆ショップの詳しい説明についてはこちら→
◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについてはこちらから→


[PR]
by anandab4 | 2015-05-12 16:31 | 身体のこと | Comments(0)

女性として生まれて、体調の変化について、思うこと

c0347597_13290197.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップ
へはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、奇跡の法則の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明について
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについて
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについて
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichi
へはこちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)
  ※↓以下の記事を書いた後に整った活動内容をまとめて貼っています。





私はずっと、自分は健康だ!と思っていました。

でも今そう思っていた当時の事を思い返せば、健康管理は成り行き任せ、もっと言えば単に気にしていなかっただけのような
気がしています(ーー;)

もちろん当時は若かった、という事もあります(^^;)

よく女の人は40代前後が一番体調が不安定で、50代に入るとまたすごく元気になる人が多いのだそうです。
そして、女性にしかない事情(月経など)による体調不良に悩まされるような経験があるため、
体調の変化にも敏感で、それは自分のことだけに留まらず人を気遣うことも自然にできる思いやりにも繋がるんだそうです。

聞いた時、なるほど~と思いました☆
女性ならではの細やかな心遣いは、そんなところからも来ているんだな~って^^

私は結婚するまで、自分が冷え性だという自覚はありませんでした★
だからごく普通に、妊娠は可能な身体だと思っていたのです。

でも、結婚3年目になっても妊娠せず。

ある時精神的な事から生理が来なくなり(思い当たる出来事があったのです)、念のため産婦人科を受診したところ、
「赤ちゃんは欲しい?」と聞かれました。
そりゃもちろん、と単純に思ったので「はい」と普通に答えました。
すると…「次回からはこちらへ来てくださいね」と何故か別館の不妊内分泌センターの案内を渡されたのです(・・?
生理不順は元々あったので、これを機会に治療した方がいいのかな、そういう人はこちらへ通うのかな?と考えたので、一応
行く事にしました。

でも間もなく、どんどん不妊治療へと追い込まれていっている自分に気づき、違和感を覚えます。

受付のよく目に付く所には体外受精の成功件数が貼り出されており、成功する度その数字はこまめに書き換えられていました。
不妊治療はまるでノルマだ…とそれを見る度に、違和感が大きくなりました。

漢方薬に始まり、注射、卵管の検査…私の意志に関係なく、どんどん本格的になっていく治療…。


気が付けば、ストレスから過食気味になっていました(>_<)

冷え性である事を除けば他に悪い所があるわけではないとわかった事もあり、どう考えても自分のためになるとは思えず、
通院をやめる決心をしました。

それからしばらくの後、
実家近くの薬局で親身に相談にのってくださる薬剤師さんとの出会いがあり、酵素を中心とした体質改善を始めたところ、ガタガタにアップダウンしていた基礎体温のグラフが規則正しく整い、それにともなって自然に妊娠する事が出来たのでした056.gif

その薬剤師さんには、生まれて間もなくアトピーが発覚した長女の治療でもお世話になりました^^


私が自分の健康管理について真剣に考えたのは、この経験が初めてだったと思います。


子供の頃からはっきりと自覚していたのが扁桃腺肥大ですが、
シータ基礎・応用セミナーを修了した年の年末、かつて無いほど激しく扁桃腺が腫れましたΣ(゚Д゚)
それも最初は右、治ったところで今度は左…と入れ替わりで水も飲み込む作業が困難なほどの、激しい痛みを伴う腫れでした。
きっとそれだけ浄化が大きかったんだと思います…。

浄化作用の出方や症状は人それぞれだと思いますが、父に頼まれて初めてヒーリングをした際、
父も「久しぶりに喉が腫れた!」と言っていました★




身体の全ての症状は、何がしかのサインであったり、意味を持つと言われていますが、本当にそうだと思います。


女性に生まれたことにも、また体調の変化にも、意味があると考える事は、
更に自分を大切にする事に繋がるように、今では思います。

****

写真は奇跡の法則の絵を習って、初めて描いた絵です。

タイトル【愛から生まれるもの】

この絵を母に見せたところ、(長女と次女の間の)生まれられなかった子を描いたのかな…と言われました。
長女は、「産婦人科に飾ったらいいかも!」と(^^;)

どちらも不思議で、意味ありげな感想でした。

この絵をfacebookにupした際、絵を見て涙が出たと、嬉しい友達リクエストをいただきました(´艸`*)
東京にお住まいの、素敵な絵を描かれるアーティストであり、ヒーラーさんでもある方です。

お母さんと赤ちゃんが現れたこの絵には、こんな嬉しいエピソードも含まれています☆彡


お読みくださり、ありがとうございました。









[PR]
by anandab4 | 2014-12-02 16:12 | 身体のこと | Comments(0)