絵、そしてジュエリー。時々日常なども絡めながら、制作についての背景や好きなものなどについてマイペースで綴っています。
by *あゆみ*
カテゴリ
全体
絵画
クリスタルジュエリー
ヒーリング
私自身の体験から思うこと
クリスタルたちのこと
シータを通じて出会った人たち
お知らせ
感想
好きなこと
家族のこと
友人のこと
オルゴナイトジュエリー
ワークショップ
制作のこと
日常のこと
アンダラクリスタル
身体のこと
映画・音楽
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ANANDA shop
最新の記事
お預かりした美しいクリスタルたち
at 2017-09-15 18:08
ラリマーのジュエリーとアクア..
at 2017-09-08 14:43
みずいろコンビ
at 2017-09-05 14:26
お取り寄せいろいろ
at 2017-08-30 14:51
定期的にしたくなる身辺整理
at 2017-08-28 16:56
古いものへの愛着が深まる今日..
at 2017-08-22 18:19
無事に終わった盆休み
at 2017-08-17 17:27
30年目の『嵐が丘』
at 2017-08-08 11:41
当たり前だけどやっぱり試着は大事
at 2017-07-31 16:25
写真で見る昔の風景・京都文化..
at 2017-07-29 15:25
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:家族のこと( 34 )

同性だからこそ、伝えておきたいと思ったこと

c0347597_12575842.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





うちの娘たちは、どちらかというと運動が苦手な方です。
私に似たのか、二人とも走るのは遅いです(^_^;)

向き不向きもやっぱりあり、長女は小学校時代に跳び箱なら8段を跳べた事があったり、縄跳びの2重跳びなんかは私は出来ませんでしたが娘たちはどちらも連続で出来ました。

二人が特に苦手で嫌いなのが、ドッジボール。ボール自体が苦手だし、男女混合のドッジボールは最悪だと★
男の子が投げるボールに当たると痛いので、嫌なんだそうです。
私はボールを打ったり投げたりするのは好きだったし、ドッジボールも好きでした。
娘たちが男の子の投げるボールに当たりたくない気持ちは、私も分かります。ただ、私たちの頃は本当に(女の子相手だからといって)手加減なんてありませんでした。

昔より、男の子たちはうんと優しくなっているように思います。

私が小学校高学年の頃は、休み時間は教室で男女がきっちり分かれていました。
男女で喋っていようものなら変な目で見られたり、ひやかされたりするような極端に互いを意識し過ぎた環境で、窮屈でした。


娘たちの環境は違います。

娘たちの小学校は男女分け隔てなく、本当に仲が良いのです。楽しそうでいいな~、と羨ましいです(^_^)

長女が小学生だった頃も「仲ええなー」とは思っていましたが、次女の学年は、更に皆仲の良い印象です。

同時に、“幼い”印象と言いましょうか☆

いつかの懇談で、先生も「そうですね。クラス皆仲が良いのはとてもいいことだと思うんですが、確かに子供たちは年々幼くなっていってる傾向があると思います」と仰っていました。

幼い分、互いをそれほど意識していないのでしょうか…?

全く意識していない事もないようです。

やはり女の子の方が大人びているので、ドラマや漫画の影響もあってか恋愛に関心も高く、好きな子に積極的にアタックする子もいるみたいです。
今の小学生だと女の子の読む漫画は恋愛もの、男の子はギャグ漫画が主流な感じなんでしょうか。

時々、そんな男の子と女の子の恋愛に対する精神年齢の差を感じさせるようなエピソードを聞いたりもします(^_^;)


私の見る印象では、娘たちの小学校はそんな環境にあります…。


そんな中で気になったのが、今は小学校で性教育の授業がないようだという事です。
次女が驚くほど何も知らないので、「学校では習わない?」と聞いたら「うん」と。
確か、私の時にはもう授業があったように思うのですが…。

私の高学年時代のように、変な下ネタを言って笑い合うような子たちもいなければ、(ここでは書きにくいようなエピソードもありました)
テレビも何かと細かく寄せられるクレームに備えてか、ゴールデンタイムに放映される映画の内容なども昔と比べて配慮されているように思います。
「配慮」が必要な時代の空気を所々で感じます。

そうした環境にあっても、これからネットなどを通して間違った知識を植え付けられるかもしれない可能性はあると思います。

小学校では林間学習に備えて先生から女の子たちにのみ、生理についてのお話があります。
不測の事態に慌てなくて済むよう、荷造りの段階で予め持ち物を準備しておけるようにという配慮からです。

でもそれぐらいで、授業というのは、特にないようです。

互いを大切に思いやれるよう、男女の違いについての最低限の基本の知識ぐらいはちょうどいろんな疑問が芽生えてくるだろう高学年で知っておいてもいいのでは、と思いました。


そして何も知らなくても、子供たちは成長する上でその基本の先にあることにもやっぱり自然と疑問を持つようになります。
自分はどうやって生まれてきたのかと。
人としての素朴な疑問です。

娘たちも、高学年に入った頃 やはりその素朴な疑問を私に問うてきました。(子供心にお父さんには訊き辛いのでしょうね^^;)

私は、普通に答えました。
子供でも男女で身体のつくりが違う事ぐらいは何となく分かっているので、それを踏まえて違う者同士が一緒になるために必要な事を最初にさらっと伝えました。

娘たちはそれぞれ、初めて事実を聞いた時「えーっ!」と驚きはしましたが、特に嫌悪感を示したりするような事はありませんでした。

そして、自分というのはすごい確率で生まれた存在なのだということを話しました。(次女とは体内の受精の様子を描いた動画を見たことがあったので、わかりやすかったようです。ただどうして別々に体内に持っているものが一緒になるのかが謎だったのだそうです)

最後にだからこそ命はとても大切なものであって、それを誕生させる過程は本当に愛情があって信頼出来る人としか出来ない事だから、女の子は特に自分を大切にするように覚えておいてほしい事などについて伝えました。



以前からもし子供たちが問うてくる事があれば、普通に話そうと考えていました。
いずれはどこかで耳に入って知る事だからです。

それは、私自身の育った環境にもあるかもしれません。
うちの家族は、テレビで気まずい場面があると急にチャンネルをサッと変えたり、沈黙するような雰囲気ではありませんでした。
割とオープンな家庭環境でした。


何らかの形で耳にする事になるのなら、まずは私の口から伝えておいてもいいと思いました。
話す上では変にやましく感じて言葉を濁す必要もないし、かと言って変に具体的である必要もないと思いました。
タブー色の強い家庭で育っていたら、こうは思えなかったかもしれませんね。


同性だからこそ訊きやすい・話しやすいというのもあるし、自分を大切にするために必要な事は知っておいていいと思います。



娘たちがそれぞれ将来出会う人と、互いを大切にし合える関係を築いていってくれるよう願っています。

気の早い話ですが(^^;)





お読みくださり、ありがとうございました☆

[PR]
by anandab4 | 2017-04-09 07:01 | 家族のこと | Comments(0)

田舎で過ごす、2年振りの春休み

c0347597_10252540.jpg

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)






昨年の春休み。
旦那さんと子供たちを田舎へ送り出し、1人自宅に残って二人展のための制作に集中する数日間を過ごしました。

家族が留守になったちょうどその夜、熊本で大きな地震が起きました。
あの直後に書いた記事はどんな言葉もしっくりこず、結局削除しました。
あれから1年になるのですね。
人生でこれ以上はない程の大きな出来事に遭遇する体験は、それまで過ごしてきたのとは確実に違った思いで一日一日を過ごす意識へと人を変えていきます。
この一年間も大勢の人が、様々な思いで過ごされたろうと思います。



私は冒頭のような理由で、今年は2年振りの田舎での春休みでした。

お昼過ぎに到着すると、おやつの時間に早速分家のミーちゃんが顔を出しました。(↑写真上です)
ミーちゃんは高齢で左耳が不自由なためか、お顔が若干左へ傾いています。

子猫の頃に、ミーちゃんは身寄りが無くなりました。
お母さんが子供たちを連れて移動する際にうっかりミーちゃんを忘れてしまったため、置いてきぼりにされてしまったのです。
取り残されて鳴いていたところを猫好きの分家のおばちゃんに拾われ、大事に可愛がられて大きくなりましたが、おばちゃんの入院後、程無くしてまたも独りぼっちに…。
住み慣れた土地を離れるのはミーちゃんにとって大きなストレスとなるため、半ノラの状態で父母の元へ通う生活を送るようになりました。

そんないきさつからか、炬燵の角のお布団の上がミーちゃんの場所なのですが、ミーちゃんは座る前にここを念入りに前足で“ふみふみ”します。
おばちゃんと一緒に寝る時も、おばちゃんの腋の辺りを前足で交互に押していたそうです。これは、お母さんのおっぱいをもらう時の子猫の仕草なんですね。
丁寧に“ふみふみ”するミーちゃんのまあるい背中が何とも可愛らしく、同時に何だかとてもいじらしく感じました。

基本自由に外で寝泊まりしているミーちゃんですが、外の世界はやはり敵がいっぱい。
噛まれた傷から炎症を起こしてしまったり、おできができて腫れたり。
体調が悪くなると食欲も落ちてしまうため、暑い夏や寒い冬を乗り切るのも精一杯…。
今のミーちゃんにとって、一年を無事に生き抜ける事は本当に奇跡なのです。

c0347597_10201846.jpg
そんなミーちゃん、私たちが来た日は落ち着かないのか遠慮がちな様子でした。
でも、私たちは猫好き一家なので大丈夫(^^)

リラックスしきっている長女の手に撫でられるうちに安心し、身を委ね…。

↓アンモナイトのように丸くなり、気持ち良く眠っていました(*^^*)

c0347597_10184418.jpg





帰省した際には必ずと言っていいほどよく寄るお不動さん(如意寺)へも行って来ました。
ものすごい風で、めちゃくちゃ寒かった!
c0347597_10240401.jpg
この4月1日は日切不動尊大祭だったので、いつもより大勢の人で賑わっていました。

境内に入ってすぐ上った所に鐘があるのですが、次女はマスクをしていたのもあり「お姉さんが鐘突くとこ撮らせてー」とおじさん(おじいさん?)から長女にリクエストが。「いいですよー」と長女、モデルを務めました。
全く普通のおじさんで怪しい人ではなさそうだったので、多分大丈夫と思われます…。
c0347597_10231416.jpg
柴灯大護摩供が始まる頃。人々の見守る中、四方へ向けて矢を放つ真言僧侶の方たち。
私が写真を撮っている間、娘たちは休憩所で屋台のたこ焼きにパクついていました(^^;)

私たちの今回のお参りの目的はお守りを返しに行く事だったので、点火するところまでは見届けませんでした(とにかく寒かった)★

c0347597_10215421.jpg
「花の寺」であるお不動さん。もう少ししたらみつばつつじなど様々な花が見頃になりますが、花はまだほんのまばらでした。
c0347597_10223533.jpg
↑大きな下駄は、仁王さんのもの。


留守番してくれた母へ回転焼きをお土産に買って帰り、おやつの時間にいただきました(^^)


田舎での1日は、用事をしているとあっという間です。ちょっと休憩したら、すぐにご飯の時間☆
母と一緒にこの春休みも旬の野菜を使ってご飯作りをしました。
よその人からは「家で作ったらめんどくさいでしょう~」と言われるそうですが、母にとって娘の私と一緒に台所に立つのが楽しみであり、「美味しい!」と孫たちが食べてくれるのが幸せなんだそうです(^^)

キッチンから元気で明るくなった父の姿を見ながら、母としみじみと「良かったね~」と言い合いました。

皆で食卓を囲んだり他愛のない話をしたり、そんな幸せを改めて実感出来た今回の春休み。
いい思い出になりました(*^_^*)

ゴールデンウイークには、春休みに予定が合わなかった姉一家が行く予定です。


私の春休みは終わりましたが、娘たちの春休みはまだもう少し続きます(^_^;)


お読みくださり、ありがとうございました☆




[PR]
by anandab4 | 2017-04-03 15:02 | 家族のこと | Comments(0)

今時の子供たち事情

c0347597_09521543.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)




昨日のバレンタイン。

朝 自転車を走らせて通学する女の子、鞄の他に大きな紙袋を腕に掛けていました。

多分中身は“友チョコ”でしょう。

我が家の娘たちは、高校生の長女は通常通り。チョコに関しては手ぶら。
小学生の次女は一応学校にチョコを持ってくる事は禁止されているため、友達とは放課後集まって交換し合う事に。担任の先生に渡す分のみ、こっそりと持って行きました。

先生も禁止している手前、受け取りは拒否されるのではないかな?と思っていたのですが、意外にためらいなく受け取ってくださったとか(*^^*)

放課後、用意しておいた人数分の包みを持っていそいそと出掛ける次女。
校門前に集合して皆で交換し合った後、一番仲良しのお友達の分は家に届けに行くとの事でした。
「何で?」と聞くと、次女の一番仲良しさんの子は集合する仲間の全員に配らないので、あげる子とそうでない子が居て気まずいからなんだそう(^^;)

なるほど、、いろいろ気を遣うんですね(ーー;)

喜んで帰宅した次女、すぐに貰ったお菓子を開封して少しずつ味見、残りは冷蔵庫へ。
ごく簡単なものから凝ったものまで様々ですが、「手作り」であることは暗黙のルールのようです。
手作りした方が費用が抑えられるというのもあるのでしょう。


それから暫くして、長女が帰宅しました。

何故か、片手にレッドブルの缶。

長女によると、下校時に“レッドブル”のトラックが走っていたので男の子たちが「レッドブルやー」と大きな声で言い合っていたところ、トラックが停まり、降りて来たお姉さんが「今日はバレンタインやから、皆にあげるわ~♪」と生徒たちにレッドブルを配り始めたそうなのです。それで、近くに居た長女も貰ったと。バレンタインのサービスですね(^_^)

そして長女、「これ、ヤバない?」と通学鞄を開けてみせると、中にたくさんのチョコが。
「私、1個も持って行ってへんのに…。『お返しはいいよ!』ってくれてん」と。

ちょっとモテる男の子並みに貰ってきたので、思わず写メを撮りました(↑)

今は男の子より、女の子の方が貰える率が高いですね(^^;)

「いつも優しくしてくれてありがとう」「大好き♡」など、微笑ましいメッセージ付きでチョコを贈り合う女の子たち。



夕方のメールで、「女の子は大変やね~。友達の多くない子は寂しいよね。こんな時代に子供じゃなくて良かった」と姉が。
確かに、そういう面では私たちの学生時代は変な気遣いも必要なく、楽でした(^_^)

でも長女の場合、友達は少ない方なのです。
自分から話す事もほとんどなく、一人の方が気楽だとよく言っています。

良く言えば好かれやすいのですが、小学生時代から何故か親しくなった子に依存され過ぎる傾向があり、大変な思いをしたので自然と人と距離を置くようになってしまったのです。

また、学校での友人関係が全てだと捉えていないのもあるようです。
趣味で繋がったTwitter仲間とのやり取りなど、私たちの時代には無かったツールもあります。

昔は、一人でいると否応なしに目立ってしまうような空気がありました。
休み時間に本ばかり読んでいたら、「変わってる」とか、インテリのような目で見られたり。

今は、一人でスマホばかり眺めていても、特に珍しがられません。
スマホばかり眺めている姿をあちこちで見かける今、それは特に珍しい光景でもなく、スマホなので、お堅いイメージで見られるような事もありません。

長女の学校は休み時間はスマホOKなので、人と話したくない時はイヤホンで音楽を聴きながらスマホを見ているそうです。


けれどもスマホがあるが故に、OFFにしない限りはプライベートな時間までも干渉されてしまうという面もあります。
これは、私たちの頃には無い悩みでした。

次女の友達にも、既にスマホを持っている子がいます☆
主に、共働きなど留守がちなところは早目に持たせているようです。

いつから持たせるのか、も親にとっては難しいところです(-_-;)

子供のよく言うセリフ、「みんな持ってるもん!」の「みんな」がどのくらいの割合を指しているのかは実に曖昧です。

長女のスマホデビューが電車通学になる高校からだったので次女も時期を同じくする予定ですが、これについては長女がそうだったように、また折に触れて不満を言ってくることでしょう★


多様な価値観や便利さが増すにつれて、複雑になってくる子供事情。
もしかして娘たちがお母さんになるような時が来たら、事態はもっと複雑になっているかもしれません。


けれども子供も大人も、人との距離を自分なりに考えて決めることが大事なのは、いつの時代もきっと変わりませんね。



お読みくださり、ありがとうございました☆










[PR]
by anandab4 | 2017-02-15 15:51 | 家族のこと | Comments(0)

“ウサギ好き”と至れり尽くせりのぬいぐるみメンテナンスサービス

c0347597_12373548.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)





いつの頃からか女の子たちの筆箱は“ペンポーチ”となり、まるで化粧ポーチのようなデザインの物が好まれるようになりました。

チェーンの持ち手が付いているものや、その大きさといい、私にはかさばるだけにしか見えないのですが…。
(特に小学生は大きなポーチに色とりどりのペンをたくさん入れて持って行きたがる傾向があるように思います)


高校生の長女のペンケースは、さすがにもうコンパクトです。

それが先日、通学用ローファーを新調しに行ったところ、「ヴィレヴァンに似た店(ヴィレッジヴァンガードの姉妹店)で見たいものあるから寄って」と。

店内を見て回り、「あったー♪」と娘が手にしたのが、写真↑のウサギポーチ(背中にチャックが付いています)。
ドイツのnici(ニキ)社が出しているフィギュアポーチで、キリン、ライオン、パンサー、クマ、ナマケモノなどがいます(^^;)

最近クラスメイトの間で流行っているそうな。

数人の子が持って来ている中 ウサギを持って来ている子はまだいないので、「私もウサギで便乗したい!」と娘。

珍しいなと思いました。私と娘はちょっとひねくれているので、流行りものにはあまり乗りたくない方です。
それが「便乗したい!」と娘自ら言うとは…余程気に入ったのでしょう。

しばらく手に取って見つめて、手触りの良さと出っ歯の可愛さ微妙な表情にすっかりやられたよう☆
「愛着が湧いた♡」と買って帰りました。

翌日、娘のウサギポーチは学校やアルバイト先で「歯、出てる~!」と言われ、大爆笑を巻き起こしました(^^;)
皆のポーチと並べて集合写真も撮ったとか(^^)



娘は、大のウサギ好きなのです。


娘のウサギ好きは、2歳の頃に遡ります。
お土産を買うのが好きな私の父が娘に何気なく買って帰ったウサギのぬいぐるみが、その始まりです。

淡いピンク色にシンプルな顔立ちの“ミミちゃん”は娘の大のお気に入りになり、心の拠り所となり、いつの間にか唯一無二の存在となっていきました。
今もこれからも、娘にとってなくてはならない家族なのです。
私が次女出産後に入院が長引いた時、寂しくて不安定だった心をミミちゃんに慰めてもらった事が何より大きいようです。



そんなミミちゃんは、タオル生地で出来ています。
所々にツギあてをしていますが、もろく、薄くなっている箇所は特にこれ以上の針と糸での修理は難しい状態です。
色も大分褪せてしまい汚れもありますが、生地が破れる恐れがあり、頻繁に洗うのは厳しくなってきています。

出来るだけそっと置いておくしかないかな…と思っていました。


それが今朝、「お母さん、これ見て!」と娘。差し出したスマホの画面には、ぬいぐるみメンテナンスサービスのサイト案内が。

“ぬいぐるみメンテナンス”で検索したのだそうです。


1件は届いたぬいぐるみをまずはブラシでゴシゴシ洗うと書かれていたため、それを読んだ時点で却下したと言っていました(>_<)

娘が気になっているのは、“ぬいぐるみ健康法人 もふもふ会”のぬいぐるみの病院です。
昨夜、涙ながらにそのホームページを眺めていたのだとか。

入院から退院までの様子を知らせてくれるシステムになっていて、リハビリを兼ねた散歩や相部屋のお友達との交流もあるそうで、何とICU(集中治療室)も新設されていました。

まさに至れり尽くせり(^^;)

費用の面ではアルバイト代をつぎ込む事もいとわないそうですが、入院させるとなれば長い間離れることになるので、その決心がつくかどうか…でちょっと迷っているそうです★

ウサギ好きだけあってウサギグッズはたくさん持っていますが、ミミちゃん以上の存在にはやっぱり巡り合えないのです。



そして娘と同じく、他に代えるものがないほど大切な存在としてぬいぐるみを愛する人たちも、たくさんいるのですね。


娘の心が決まり、入院させる事になったらまたレポートしたいと思います☆





お読みくださり、ありがとうございました☆

[PR]
by anandab4 | 2017-02-08 22:17 | 家族のこと | Comments(0)

懐かしい不思議エピソード・四天王寺のおもかる地蔵さん

c0347597_12575842.jpg
◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





後もう少しで子供たちも冬休み。
先日 姉とメールでやり取りしながら、年末年始の予定を立てました。

子供たちが大きくなった今 家族が一斉に集まるには実家はちょっと狭いので、日にちを分けて行こうという事に☆


初詣についての話題も出て、大体のプランがかたまりました(^_^)
思えば今年の初詣は大変な混雑でした(-_-;)
「一年の計は元旦にあり」という諺が本当ならば、あれは確実に残念な出だしだったと言えるでしょう★

結果としては振り返ってみたらまずまずの一年間だったので、気持ちの持ちようの問題かも(^_^)
けれど、新しい1年の始まりが幸先良いスタートであって欲しい気持ちには、やはり変わりありませんね。

来年は、やたらと人が押し寄せる中へ入って行くような初詣とは違う形にしたいと考えています。


私たちは特に「初詣と言えばここ!」という場所を決めていないので、その年の気分によって御参りする場所が変わります(^^)





あれは結婚3年目、まだ赤ちゃんがやって来ていなかった我が家のお正月。
夫婦2人で「今年の初詣は四天王寺へ行ってみようか」という事になりました。

四天王寺の広い境内を見て回りながら御参りしていたら、“おもかる地蔵”さんが祀られているのを発見。

見たところ、普通のお地蔵さんです。

「お願い事をした後、持ち上げてみて軽く感じたらその願い事は近々叶う。重く感じたら叶うまでに時間が掛かる」と説明書きがありました。

へえ~、やってみよう。さて、何をお願いしてみようかな?

旦那さんはそういうお試しはしてみない方なので、私の御参りが終わるのを少し後ろの方で待っています。

そこで咄嗟に「可愛い赤ちゃんが授かりますように」とお願いして持ち上げてみました。

すると、難なくひょいっと、軽々と持ち上がったのです。

「うわっ、えらく軽いな!」と自分でもびっくりしたぐらいに軽かったのです。
あまりに軽かったので、元々軽いのでは?と半信半疑でその場を離れようとしたところ、私の後ろに並んでいたおばちゃんたちのうち一人がトライしてみて「重っ!!全然上がらへんわ!!」と言っているのが聞こえました。

あんなに軽かったのに本気で言っているのだろうか?と思い、旦那さんに「めっちゃ軽かってんで!でも後ろのおばちゃん『上がらん』って言ってはった!!」と興奮気味で語ったのですが、「ふ~ん、オーバーだなあ」と言いたげな表情で、大したリアクションは返って来ませんでした(ーー;)

後日 姉にもこの時の話をしました。
すると姉、「おばちゃん『10キロ痩せますように!』とか無茶なこと願っとったんちゃう?」と。
二人して爆笑し、文字通り笑い話になりつつありました。


それが何とこの年の春 私は妊娠し、大晦日のお昼に無事長女を出産したのです(^_^)


親バカですが、願った通りの可愛い赤ちゃんを授かったのです☆彡


結婚1年目は二人で過ごそう、と気楽に構え望めばいつでも授かるだろうと思っていた赤ちゃん。
ところが、私は冷え性体質で基礎体温も低く、3年目を迎えても授かる気配が無かったのでした。

新婚初期は気持ちの上でも、いろんな場面でピリピリしていました。
そんな張りつめた状態の私の空気は旦那さんへも伝わっていたのでしょうね。
今のようにリラックスした幸せを感じられる状態であれば、もっと早く授かる事も可能だったかもしれません(^_^)


長女はいろいろ謎の多い子です。
やって来る前からこんな不思議エピソードがついてきてるのも、何だか彼女らしいです(^^;)



住吉大社にも、“おもかる石”が祀られていますね。
こちらはお地蔵さんの姿としてではなく、丸い石のまま祀られています。隕石なのだそうです。

住吉さんには友人と何度か行った事があり、おもかる石も試してみましたが…。
お地蔵さんよりうんと重かったです(-_-;)

その時のお願い事は、主にその時点でやっていきたいと思っていた仕事のことでした。
あの時は「叶わないのかな…」とモヤモヤしましたが、あれから環境も変わり、今では当時願った内容の実現を望んではいないので、それで良かったのだなと思っています。


石って不思議ですね。
そして、面白い(^_^)

数年前からガラスに代わって石に触れる機会が多くなっている私。
でも、アンダラたちもガラス質なのですよね。やはりこれまでやってきた事はずっと繋がっているようです☆
今は近々届く予定のオーシャンブルーアンダラの到着を心待ちにしています☆彡
届いたら、またジュエリーにしてお披露目しますね。


お読みくださり、ありがとうございました☆










[PR]
by anandab4 | 2016-12-19 16:38 | 家族のこと | Comments(0)

熱い夏休み

c0347597_14040679.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。





昨日から田舎にて家族全員揃っての夏休みに入りました。

父母、姉一家と分家のミーちゃん(写真↑寛いでいます^_^)も一緒に☆

こちらは抜けるような青空の下、空気はいいですが遮るものが無い分、日差しが痛い!

赤くなるまでもなくいっぺんに焼けてしまう肌質である私は、要注意です(ーー;)


そして身長180cmを超す甥っ子のハグで、更に熱い夏休みとなっています(^▽^;)

160cm足らずの私が小さな甥っ子を抱き上げていた日が遥か昔のことのよう。


アルバイトを始めた話も聴かせてもらい、大きくなったな~と感無量です(:_;)


山際なので、朝晩は寒さを感じるぐらいに涼しくなります。

そして、やっぱり電波届きにくいです(^^;)



そんなこんなで暫くの間、ブログは時々更新しつつ、SNSから距離を置いた日々を過ごす予定です☆


お読みくださり、ありがとうございました☆











[PR]
by anandab4 | 2016-08-12 14:39 | 家族のこと | Comments(0)

ノルマをこなして

c0347597_13090212.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月11日から8月20日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。







夏休み前から「絶対行こうね!」と催促されつつも、嫌だなあ~、気が進まないなあ~、おまけにお腹の調子も悪い…とずっと引き延ばしていたプール行き。

昨日、やっと決心して行って来ました(^^;)


今年は○パワールドのプールはやめて、違う屋内プールへ行こうという事になりました。

あの辛うじて水につかるだけの、プールとは名ばかりの身の置き場のない環境に、さすがに懲りたからです。

更衣室も日によって男女で階が入れ替わったりとややこしかったし、スライダーも入場料とはまた別料金でした。

…と、やたらとダメ出ししてしまいましたが(^^;)


昨日行った所も○パプーと同じくオープン前から並んで入ったけれど、中の混雑具合が全然違う!

平日だった事もありますが、最初は人がほとんどいない状態。
これまでものすごい人混みが当たり前のようになっていた分、一瞬目を疑ったほど(^^;)

空いているうちに、次女はお父さんから苦手な平泳ぎのコツを伝授してもらっていました(*^-^*)

流れるプールも楽に進めて、スライダーもチャレンジし放題。
ビーチボールで遊ぶスペースも確保出来て、大喜びの次女でした(^O^)♪


天井のUVガラスもしっかり日を遮ってくれている感じで荷物を置く椅子も確保出来たので、ちょっと遊んだ後 座って見ている私もうんと楽でした。


それにしても、ちっちゃい子の水着姿の可愛いこと(*^^*)

よちよち歩きなので、ひっくり返らないかとちょっとヒヤヒヤしますが(^▽^;)

小学生ぐらいの子たちは「走らないでね~」と管理員のお兄さんお姉さんに言われていました☆
早くいろんな所を回りたいばかりに、プールサイドをつい走ってしまう子供たち。


館内はタトゥー禁止と、撮影禁止が入場前から放送や注意書きで再三呼び掛けられていました。

見つけ次第退場願いますとの事なのでタトゥーをこれ見よがしに入れているような人はさすがにいませんでしたが、

やたらとスマホで記念撮影をする大人たち…(ーー;)
つい…ではなく確信しているだけに、何度注意されてもやめない姿は子供たちより手が掛かりそうでした(-_-)


防水カバーをつけたスマホを手に、画面を見ながら流れるプールを進む人も。
そうまでして片時も離したくないのか…と執念のようなものを感じました(-_-;)


そのような「うーん…」な光景もありましたが、次女の笑顔がたくさん見られた今年最初のプール行きでした(^^)


更衣室のシステムがややこしくないので、次回はお父さんと二人でも行けるとのこと、助かります(^-^)


何とか無事に、ノルマ完了です!(^^)!
(大袈裟か)


お読みくださり、ありがとうございました☆



[PR]
by anandab4 | 2016-08-06 14:52 | 家族のこと | Comments(0)

子供たちの知らない本物の夜の暗さ

c0347597_13090212.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)





夏休みに入った昨日の朝早く、次女を林間学習へと送り出しました。

たくさんの荷物が入った大きなリュックの他に、バスの中などでは家庭科の授業で作ったナップサックに必要な物を入れて持ちます。

こうした大きな荷物を持って行く子供たちを学校まで送って行くのです。但し、保護者が荷物を持ってやることは厳禁です。


送り届けてそのまま帰る保護者は稀です。校庭に集合した子供たちの「出発式」があるからです。

代表の子からの保護者への挨拶(主に『行って来ます』です^^)、担任の先生や校長先生からの挨拶もあります。お母さん方から子供たちへ一斉にスマホのカメラが向けられます。

校長先生から、「学校のホームページからリアルタイムで子供たちの様子が見られますので」と。

時代は変わったなあ~(^^;)

笑顔でバスへと向かう次女を見送ったので私は帰りましたが、ほとんどのお母さん方はバスの方へ。バスが出発するまで見送るのです。



帰って用事を済ませホームページを見てみると、出発式の様子などが早速upされていました☆

2泊3日の初日、昨日のイベントは魚つかみをして焼いて食べたり、キャンプファイヤーを楽しんだり。

キャンプファイヤーの後のナイトハイクは蚊に噛まれるだろうに…と旦那さんと話していたのですが
子供たちに本当の夜の暗さを体験してもらう意味があったようです。

「そうか!」と思いました。

確かに、都会の夜は明るく、本物の夜の暗さを知らない子がほとんどでしょう。

私が子供の頃、昼間の暑さや渋滞を避けるため、父が夜に車を走らせて田舎へ帰る事が多くありました。

もうすぐおばあちゃん家へ着くよ、という所で後ろを振り返ると、本当に真っ暗。闇ってこういうものなんだな、と感じた事を思い出します。だからこそ、車を降りて見上げた満点の星空の美しかったこと。正に「降るような星空」だったのです。

昨晩は星が見えたかな?


明日、次女が帰って来ます。

私はお姉ちゃん(長女)の林間学習の時、失敗をしてしまいました★

うち以外、ほとんどのお母さん方が迎えに来ていたそうなのです(-_-;)

私の小学校時代のキャンプは保護者の送り迎え・出発式なんて無く、各自で勝手に行って勝手に帰って来る。が普通だったので
朝早くに大きな荷物を持って出るから送りには行っとこうかな、とは考えても、迎えに行くという頭は無かったのです。


帰って来てひと言、「うち以外みんな来てたで」と長女。


帰りは向こうで掘った大根も1本持って帰って来るので、荷物も更に増えるのです。行ってやれば良かったな…と後悔したので、今回は行こうと思います。帰校式もあるようなので(ーー;)


もう自分の小学校時代の感覚で捉えられる事は減ってきたな、と実感する次第です★



お読みくださり、ありがとうございました☆

[PR]
by anandab4 | 2016-07-22 07:49 | 家族のこと | Comments(0)

父の日に便乗して希望を述べてみる☆

c0347597_13090212.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




昨日は父の日でしたね。

プレゼントや御馳走でお父さんを労われたお家もいっぱいあったのでは…と思います(*^-^*)


うちの娘たちは、と言うと…。

土曜授業の後 お友達とそのまま遊びに行った長女は、帰宅するなり「はい。あげる」とお父さんにハンカチを手渡していました。愛想のなさも、照れ隠しなのが見ていて微笑ましかったです(*^^*)


次女は、せっせと値札付けや袋詰めをしてリサイクルに出したおもちゃが全て売れて、臨時収入を得たばかり☆
プレゼントを用意するつもりでいたのですが、せっかくのお小遣いを使わせるのは…とお父さん。


「それなら、何か作ろうか!(^^)!」と次女に提案したところ、
「ケーキもクッキーも両方作る!!」と大喜び(*^▽^*)♡


そんなこんなで昨日の午後はお菓子作り。
「お母さんと何か作りたい」と言っていた次女の希望も叶い、皆で美味しくいただきました♪
私はお店のフワフワスポンジのケーキよりも、手作りのちょっと硬めであっさりしたスポンジが好き(^^)

見た目はスポンジはいい感じに膨らんだのですが、デコレーションが思うように行かず(~_~;)
写真には納めず仕舞いでした★


普段の我が家は外食率は低めなのですが、外食にも行きました。

焼き鳥レストランへ。(これまた不思議なチョイス^^;)


適当に頼んだら「ちょっと多かったね」となったところで、旦那さんと新婚旅行のハワイの料理は何でも量が多かったという話題になりました。

そこですかさず私の希望を述べてみました。

「子供らと一緒もいいけれど、もう一度二人で旅行に行きたい」と。

新婚旅行では親戚へのお土産探しにほとんどの時間を費やしてしまい、それ以外にも私が体調を崩したり、と散々。勿体ない過ごし方をしたのでした★


長女はお母さんまたそんな事言ってるわ~という感じで、「行って来たらええやん♪」と意外にも普通に言ってくれました。

次女はお姉ちゃんを真似る傾向にあるので、「二人で行ってきーやー」と同じように返します。

当のお父さんは、と言うと…。

「皆で田舎に行ってる時に、ちょっと抜けて行くぐらいなら出来るかな」と半分冗談のような口ぶりながら、まんざらではない様子でした(*^^*)



何となく皆揃っている場で宣言しておいた方が、叶いやすいかな…と思ったので私の希望を言ってみました。

伝えておけばインプットされるし、黙っていては伝わらないので(^^;)


父の日に便乗する形で、ちょっと言ってみました(*^^*)


実現させたいと思います☆



あっ、もちろん、父への贈り物と感謝の気持ちを伝える電話も忘れずしましたよ(*^▽^*)





他愛のないお話でしたが、お付き合いくださり、ありがとうございました☆




[PR]
by anandab4 | 2016-06-20 17:36 | 家族のこと | Comments(0)

それぞれのチャレンジ

c0347597_16534265.jpg
シータヒーリングを使って絵画、クリスタルジュエリー、オルゴナイトジュエリーなど
制作販売をメインに行っています☆Healing art support ANANDA あゆみです。

◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへは
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆ヒーリングメニュー、オーダーメイドについては
こちらから→
(リーディング、マリアライトアチューメント、
愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、
オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(上記ショップとは若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)




予定していたイベントが全て終わるのを待っていたかのように発症した左眼のアレルギー。

どうも、疲れてくると出るようなのです★

今回のはかなりしつこかった…。まだ若干腫れが残っている状態です(~_~;)

人相が変わってしまうのととにかく涙が溜まったような眼の感触が気持ち悪いのとで必要な外出以外は極力控え、
ジュエリーの発送に郵便局へ行くのも、小学校の林間学習説明会も帽子&マスクで。

眼帯にはちょっと抵抗があり、肝心の眼がそのままという矛盾した姿で過ごしました(-_-)



今年に入ってもう半年が経ちました。

前半の大きなイベントは何と言っても二人展。ここに取り組み始めてから、連動するように子供たちも変化していきました。

授業中にもなかなか手を挙げられないほど恥ずかしがりの次女は、クラブ活動にダンス部を選択。
お風呂上がりの柔軟体操、放課後の練習と発表する日に向けて張り切って臨んでいます。

長女も念願だった軽音楽部に入部。休日に部活がある時も、遠く電車に揺られて通っています。
エリア選択も音楽を迷わず選びました。

そんな長女が、唐突に「何とか行けるやろう」と遠方の姉宅へ泊りに行く事を決めました。
しばらく会えていないので、メールでやり取りするうち そんな話になったのだそうです。

姉宅へ遊びに行ったのは長女が小学校低学年の頃。私について来ていただけだったので、乗り継ぎなど覚えていません☆

私に似たのか?方向音痴なところがありますが、自分で決めて1人で行ったのです。


玄関で後ろ姿を見送りながら、「大きくなったな~」と実感した今日でした(^O^)


私はと言えば、“広島のおっちゃん”から送っていただいた本が面白くなってきて久し振りの読書中(^_^)

長女に「お母さん 読むの遅い!」と言われますが、じっくり読む場合はこうなります☆


今回は日常のお話でしたが
お読みくださり、ありがとうございました☆





[PR]
by anandab4 | 2016-06-11 18:08 | 家族のこと | Comments(0)