絵、そしてジュエリー。時々日常なども絡めながら、制作についての背景や好きなものなどについてマイペースで綴っています。
by *あゆみ*
カテゴリ
全体
絵画
クリスタルジュエリー
ヒーリング
私自身の体験から思うこと
クリスタルたちのこと
シータを通じて出会った人たち
お知らせ
感想
好きなこと
家族のこと
友人のこと
オルゴナイトジュエリー
ワークショップ
制作のこと
日常のこと
アンダラクリスタル
身体のこと
映画・音楽
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ANANDA shop
最新の記事
家籠り生活?
at 2017-10-23 16:06
過ぎてゆくイベント
at 2017-10-13 15:52
寂しさ感じる今日
at 2017-10-03 15:34
秋はメンテナンスの季節
at 2017-09-21 21:59
お預かりした美しいクリスタルたち
at 2017-09-15 18:08
ラリマーのジュエリーとアクア..
at 2017-09-08 14:43
みずいろコンビ
at 2017-09-05 14:26
お取り寄せいろいろ
at 2017-08-30 14:51
定期的にしたくなる身辺整理
at 2017-08-28 16:56
古いものへの愛着が深まる今日..
at 2017-08-22 18:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


当たり前だけどやっぱり試着は大事


◆絵画とクリスタルジュエリーのショップへはこちらから→
(愛の広がりプロジェクトの波及絵画、ミラクル ビュー ヒーリング(旧:奇跡の法則)の絵、絵画、マリアライトジュエリー、祈りの花ジュエリーを取り扱っています)

◆ショップの詳しい説明については
こちら→
(上記ショップにて取り扱っている商品についての説明です)

◆オーダーメイドについては
こちらから→
(愛の広がりプロジェクトのオーダー発起人、オーダーメイド絵画とジュエリー、マリアライトジュエリーのオーダーなどの受付)

◆ジュエリーのワークショップについては
こちら→
(“自分のためのマリアライトジュエリーを作ろう!”ワークショップの問い合わせと受付)

◆手仕事のサイトiichiへは
こちらから→
(基本 上記ショップと同じですが若干出品内容が異なり、 作品情報がより見やすく、伝わりやすくなっています。上記ショップの商品の他にプチジュエリーも取り扱っています)

〈お知らせ〉
ミラクル ビュー ヒーリング絵画技法の開発者・講師であり、“愛の広がりプロジェクト”や“マリアライトジュエリー”などの企画・プロデュースをされた西出麻里奈さんのブログが新しくなりました。
ameblo.jp/marinaart/
(※これまでリンクを貼っていた旧ブログは新しいブログの内容が充実した後、閉じられる予定です)

〈お知らせ〉
誠に勝手ながら、8月9日から8月16日までお取引はお休みさせていただきます。
お問い合わせやご注文はなるべくこの期間を避けてご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

c0347597_12575842.jpg



「たまにはお母さんと二人で」が口癖の次女と、昨日は近所のショッピングモールへ必要な物を探しに行きました。

私は物心ついた頃から出掛ける時などは大体 父や祖父とペアで、それが自然でした。
母にはあんまり甘えた記憶が無いので、つい次女の「お母さんと」という気持ちに気づいてやれない時があったりします(-_-)


二人で出掛けると、とても嬉しそうに笑顔を見せてくれる次女(^_^)



長女はすましていますが、「お母さんを誘おうと思って」と友達を誘うかのように何気なく言ったりします。

先日 京都へ行く際に、色が気に入って買ったウエストにリボンベルトが付いた(今年よく出てるタイプの)赤いスカートを白Tシャツに合わせたのですが、客観的な意見が聞きたくて「(母の)年齢的にどう思う?」と長女に訊いてみました。

「いいんちゃう、いつもそんな感じやし、普通にちゃんとしてて。いかにも普段着みたいなTシャツにGパンで頭ボッサボサとか、お母さんがそんなんやったら誘わへんし」との返事でした。

長女の中では、化粧が厚くて若作りとかも痛いけど、逆に格好に構わず老けて見えるようなのも自分を捨ててるみたいで、見ていて嫌だと感じるのだそうです。
長女言うところの「普通」は「ちょうどいい」を意味しているのだそう。

あと「もしお母さんがめっちゃ太ったら、5メートルぐらい離れて他人のふりするから」とも言い放ちました。女の子、容赦ないですね(←自分もいずれ年取るのに-_-;)

ある意味 新婚時代の旦那さんの「蒸発する…」発言を上回る残酷さかもしれません(-_-)


****


昨日の目的は次女の浴衣に合う履き物。

次女は背の割に足が大き目です☆
果たしていいのがあるかな?と見てみたところ、布の鼻緒にウェッジソールのサンダル型になったタイプがありました。下駄に慣れていない足にも履きやすく、すぐに決定^^
ついでに次女の欲しがっていたスカートも探します。娘たちのスラリと見事に伸びた脚に、短いスカートが似合う若さが眩しい☆
お父さんは娘たちが脚を出す事にあまり賛成ではありませんが、短いスカートは若さの特権、履かないのはもったいないと思います。

お昼はマクドナルド希望で、ぜひとも食べて帰りたいとの事★
休日の店内はすぐに席が埋まってしまいます。フードコートで、という手もありますが…。私はごった返して落ち着かないフードコートが嫌いなのです。

ダメ元で行ってみたら珍しく壁際の席が良い塩梅に空いていたため、店内でゆっくり食べられました(^_^)
満足した次女、「お母さんの買い物にも付き合うよ!」と。

それならと2つの店舗に絞り、カットソーとスカートを買いました。

バーゲンが始まってだいぶになるので、カットソーは気に入っても色やサイズがなかったり。
あれこれ見ながら考えていると「試着してみたら?お母さんが試着するの見たいし」と次女。次女は自分の服を選ぶ時もよく試着する方です。

カットソーなんかは試着の必要なしと思っていましたが、これがしてみて正解でした。
実際に着てみると意外と丈が長かったり、シルエットがイメージと違っていたり。
「さっき見てたのは?」との次女のアドバイスに、「どれですか?」と店員のお姉さんが一緒に取りに行ってくれるという連携の良さ(^^;)で、最終的に平置きでは大きく見えても着てみたら自然に身体に沿うものを持ってきてもらい、そちらに決めました。
話しやすいお姉さんだったので、いつもははにかみ屋の次女も会話が楽しかったようです^^
後で「『お母さん、細いんやね』って言ってはったよ」と、ちょっと嬉しそうに教えてくれました。


スカートも試着の結果、最初に見ていたものと違ったものになりました。
最初にカラフルなブルーのスカートを見ていたのですが、黒の麻のスカートを履いてみたら生地の広がり具合や裏地の無い裾の部分の透け具合がきれいで気に入ったのです。次女も「これがいい!」と太鼓判を押してくれました(*^^*)

どちらのお店も服の他に雑貨も置いてあり、「お父さんとだと、あんまりこういうお店とか入られへんから…」と次女、そんな中であれこれ一緒に選べるのが楽しかったようです☆彡


めんどくさかったりでつい敬遠しがちな試着ですが、古着屋のオーナーさんをしている友人も「試着をたくさんする人はお洒落な人が多い」みたいなこと言ってたな…。
これから服を買う時は一緒に試着を楽しんでくれる次女と行ったらいい買い物が出来そう、と思ったのでした☆

けれど趣味や服選びのどちらにしても、娘たちが一緒に出歩いてくれるうちが華なのかも。

そのうち「付き添ってあげてる」はずが「付き添ってもらってる」にならないとも限りませんからね(^^;)



お読みくださり、ありがとうございました☆





[PR]
by anandab4 | 2017-07-31 16:25 | 日常のこと | Comments(0)
<< 30年目の『嵐が丘』 写真で見る昔の風景・京都文化博物館 >>